【火災保険選び方の決め手】マンション・戸建て・賃貸の5つのポイント

火災保険

「火災保険って、金額以外にどうやって比較したらいいの…」

「コスパのいい火災保険って、どうやったら見つかるの…」

家に住む時に必要になってくるのが「火災保険」。

保険に入れば確かに安心ですが、金額や補償が頭を悩ませることになってしまいます。

火災保険の選び方について、あなたに伝えたいことは5つ。

POINT

  1. 一戸建てなら「割引制度」が利用できる
  2. マンションで欠かせない補償は「水漏れ」
  3. 賃貸アパートでも、自分で選べば保険料が安くなる
  4. 地震保険の内容は、どの保険会社も変わらない
  5. 共済はデメリットが多いので注意が必要

ブログをチェックしてみると、火災保険の選び方に失敗してしまって、保険料に悩まれている方が多いのが現実。

公式サイトでは分からない、火災保険の選び方について迫っていくことにします。

みんなは火災保険について、どう思っているのかしら?

ブログでは「火災保険の選び方」への悩みがいっぱい

口コミ

ブログをチェックすると、火災保険に対する不安や悩みであふれています。

火災保険に悩まれている方の声を集めてみました。

どこが良い火災保険か分かりません…

保険会社がたくさんありすぎて、どの火災保険を選んだらいいかが分かりません。

補償をたくさん付けた方が安心な気がするんだけど、保険料が驚くほど高くなってしまって…。

我が家に合った補償が分からず、悩んでばかりです。

家財保険って、どれくらいの金額にしたらいいの…

家財保険に入りたいんだけど、どれくらいの保険料にしたらいいのか迷っています。

被害に合わなかったら保険なんてムダになるし、保険料を考えたら安い方が負担が軽いし…。

保険に入らず、貯金に回した方がお得な気がしています。

地震保険は入らないって本当なの…

私の住んでいる所は地震が起きたことがないから、地震保険に入ろうか悩んでいます。

高台に住んでいるから津波も来そうになし、周りに聞いても「地震保険」には入っていない人ばかり。

ただ、震災の映像を見ていると不安で、やっぱり地震保険って必要なのかしら…。

POINT
火災保険の1番の悩みは「補償」のつけ方。補償の選び方で、保険料は大きく変わってきます。

>>>キャンペーン中!火災保険の見積もりを取ってみる

火災保険の補償って、どうやって考えたらいいの?

火災保険の選び方の決め手 ~基本編~

チェック

どの住宅タイプであっても、次の5つのポイントが選び方の基本になります。

  1. 補償の範囲を選ぶ
  2. 建物の補償金額を選ぶ
  3. 家財保険に入るかどうか
  4. 家財保険の補償金額を決める
  5. 短年より10年契約がお得

1 補償の範囲を選ぶ

雨水

火災保険は、

  • 台風や雷など自然災害による損害
  • 盗難や破損など日常生活による損害

も補償することができるのが特徴。

具体的な補償は次の通りです。

火災、落雷、破裂、爆発(ガスなど)、風災、雹災、雪災、水災、建物外部からの物体の落下、飛来、衝突、漏水などによる水濡れ、集団行動に伴う暴力・破壊行為、盗難、予測不可能かつ突発的な事故、地震、噴火、津波による損害(地震保険を付けた場合)

周囲の環境によっては、

  • 水災
  • 風災
  • 雪災

の3つの災害補償を対象外にすることをおすすめします。

水害のリスクは要注意

マンションの高層階に住んでいるのであれば、水害のリスクは少なくなります。

ただ、高台に住んでいるからといって水害がないとは限りません

国土交通省が出しているハザードマップで、リスク確認をすることが大切です。

関連 【火災(家財)保険の内容ガイド】どこまで補償してくれるか徹底解説

2 建物の補償金額を選ぶ

住宅ローン

火災保険の保険料は、建物の価値(建物評価額)によって大きく変わってきます。

1000万円の価値しかない建物に、3000万円の保険をかけることはできません。

建物の評価額が下げれば保険料を安くすることができますが、補償額も少なくなってしまうので危険です。

建物評価額は「新価」がおすすめ

建物の価値(建物評価額)の決め方は2種類。

新価 新品に建て直すための価額
時価 新価-時間経過による消耗分

新価のことを「再調達価格」や「再取得価格」とも言います。

「時価」で保険料を決めてしまうと、修理費用が全額補償されないケースも…。

「新価」で保険料を計算すると、同じ金額のモノを建築・購入できるようになります。

3 家財保険に入るかどうか

インテリア

火災保険に入る時は、「保険の対象」を決めることが大切。

「保険の対象」というと難しく感じますが、簡単に言うと、

  • 「建物」だけにかけるか
  • 「建物」と「家財」両方にかけるのか

ということです。

賃貸であれば「建物」は対象にできません。

建物と家財の具体例

「建物」と「家財」の具体的な対象物は次の通り。

建物の対象 家財の対象
  • 建物の基礎部分
  • 車庫
  • 浴槽
  • 床暖房
  • 地デジ、アンテナ
  • 便器
  • 調理台
  • 物置
  • 門、塀
  • 現金(※盗難の場合)
  • テレビ
  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • パソコン
  • テーブル
  • 洋服
  • 生活雑貨
  • カーテン
  • 自転車

注意しなければならないのは、

  • エアコン
  • 備え付けのオーブン
  • 庭木

など、どちらに入るか保険会社によって違いがあること。

「建物」と「家財」の両方に保険をかけると安心ですが、保険料は上がってしまいます。

関連 【持ち家なら家財保険がおすすめな5つの理由】地震保険との違いは?

4 家財保険の補償金額を決める

簡易保険表
出典:あいおいニッセイ同和損保

家財の補償額は、保険会社ではなく、自分自身で決めることになります。

全部焼失した場合に、

「いくらあれば再び買い揃えることができ、新しい住まいを探すことができるのか」

を考えた上で設定することが大切。

設定が難しい場合は、上の表のような簡易保険表を目安にするのがおすすめです。

4人家族の場合、家財保険の補償金額の目安は500万円だと言われています。

注意が必要なのは、家財の合計金額を上回る補償を受けられないこと。

自宅にある家財の合計金額が800万円なのに、1000万円の補償は受けられません。

5 短年より10年契約がお得

保険料を安くしたいなら、契約期間を10年することが大切。

契約期間が長くなると、保険料が大幅に割引されることになっています。

一般的な割引率
2年 7.5%
5年 14%
10年 18%

支払額が大きいので負担に感じるかもしれませんが、トータルで考えると断然お得です。

35年契約という長い契約期間が設定できたのは2015年まで。現在は最長10年と決まっています。

長期払いもおすすめ

一括の支払いが難しいなら、「長期払い」という選択肢もあります。

長期年払いとは…

保険期間は長期だが、保険料を1年ごとに払うやり方

長期一括払より少しだけ保険料は上がりますが、それでも割安です。

途中解約でも「解約返戻金」で安心

火災保険 解約返戻金
出典:セゾン自動車火災保険

10年などの長期契約でも、「解約返戻金」という制度があるので安心。

途中解約となっても、かなりの金額が返金されるので、解約のリスクは低いと言えます。

POINT
保険料だけを考えて補償を外してしまうと、万一の時に役に立たない保険になってしまいます。

>>>キャンペーン中!火災保険の見積もりを取ってみる

一軒家の火災保険って、どんなことに気を付けたらいいの?

新築一戸建て火災保険の選び方

家

戸建て用火災保険の選び方のポイントは2つです。

  1. 金額の相場を知る
  2. 割引制度を利用する

1 金額の相場を知る

保険を選ぶ時、保険料を相場を知っておくことが大切。

一戸建ての火災保険は、

  • 建物の構造(木造か鉄骨か)
  • 家の大きさ
  • 補償内容

など、条件によって大きく金額が変わってきます。

補償内容 木造
(H構造)
鉄骨・2×4
(T構造)
火災・風災・水災・破損 25~30万 12~15万
火災・風災・破損 17~20万 8~11万
火災・風災 15~18万 7~10万
火災のみ 7~10万 4~6万

建物補償額「1500万円」・家財補償額「300万円」で計算しています。

鉄骨造(T構造)だと、保険料は約1/2になるのでお得です。

2 割引制度を利用する

高くなりがちな戸建ての火災保険ですが、割引制度を利用することができます。

割引の種類 割引の条件
新築割引 新築から11か月後までに契約
築浅割引 築10年未満の建物であること
耐火割引 外壁に耐火性能のある建物であること

 割引率は保険会社によって違います

割引の条件や割引率は保険会社によって違うので、個別に確認することが大切。

どんな割引を受けれられるかは、見積もりを確認すればすぐに分かりますよ。

span style=”background-color: #0013c2; color: #ffffff;”>関連 【新築火災保険のおすすめランキング】一戸建て相場はいくら?

分譲マンションだと、どんな補償を付けたらいいのかしら?

マンション火災保険の選び方

新築家 マンション

マンション用火災保険の選び方のポイントは2つです。

  1. マンションは「水漏れ」の補償が大切
  2. 建物評価額は「購入価格」ではない

1 マンションは「水漏れ」の補償が大切

マンションで起こるトラブルで一番多いのが「水漏れ」。

ただ、

  • 「火災のみ」の補償
  • 「建物のみ」の補償

にしてしまうと、水漏れに対応できなくなります。

築古の中古マンションほど「水漏れ」のリスクが高まるので、注意が必要です。

2 建物評価額は「購入価格」ではない

火災保険の保険料は、建物の価値(建物評価額)によって決まります。

ただ、「マンションの購入価格が評価額」だと考えるのは、大きな間違い。

というのも、マンションの購入価格は6つの価格の合計で成り立っています。

  1. 宣伝費用
  2. 不動産会社の利益
  3. 土地の価格
  4. 消費税
  5. 共用部分
  6. 専用部分

6つの価格のうち、火災保険の対象になるのは「専用部分のみ」。

一般的には、購入価格の1/4が評価額になると言われてます。

関連 【マンション火災保険の金額ガイド】分譲や賃貸ではどこが良いの?

賃貸アパートも、火災保険が自分で選べるって本当なの?

賃貸アパートの火災保険の選び方

火災保険

賃貸アパート用火災保険の選び方のポイントは2つです。

  1. 大家さんのすすめる火災保険は割高
  2. 原状回復に必要な「借家人賠償責任保険」が大切

1 大家さんのすすめる火災保険は割高

賃貸住宅に住む方の多くは、大家さんにすすめられた火災保険に入っています。

ただ、

  • 必要のない補償が付いている
  • 特定の保険会社と契約し、マージンを取っている
  • キリのいい値段設定にしている

など、割高な保険料を払っている場合がほとんど。

自分で火災保険を選べば、お得な価格の商品が見つけることができますよ。

2 原状回復に必要な「借家人賠償責任保険」が大切

借家賠償責任保険
出典:SBI日本小短

賃貸住宅の借り手には「原状回復の義務」があり、「借りた時と同じ状態」で返す必要があります。

ところが、火事によって建物が全焼してしまったりすると、損害額は恐ろしいほどの金額に…。

「借家人賠償責任保険」があれば、建物に与えた損害を賠償してくれるので、万一のリスクに備えることができますよ。

関連 【賃貸アパートの火災保険っていくら?】地震保険が必要ないの嘘

地震保険って、火災保険とどう違うのかしら?

火災保険と地震保険の違い

地震

火災保険では、

  • 地震
  • 噴火
  • 津波

による損害までは補償してくれません。

日本は自然災害のとても多い国。

地震保険を付ければ、安心して生活することができますよ。

地震の保険の相場

地震保険の保険金額は、火災保険の30~50%の範囲内と決められています。

火災保険の補償が1000万円なら、地震保険の補償は300~500万円となります。

保険金額1000万円の場合、保険料の目安は次の通り。

構造 保険料(年間)
鉄骨
コンクリート造
5000~2万円
木造 1~3万円

保険料が大きく違うのは、都道府県ごとで地震の危険性が違うから。

地震の危険性によって、保険料は3倍以上変わってきます。

地震保険は、民間と国が共同で運営している保険。補償や保険料が保険会社によって変わることはありません。

家財にも地震保険をつけるべき?

建物よりも家財の方が地震の損害を受けやすいのが現実。

災害時に少しでも早く生活再建をするために、ファミリー世帯では家財にも地震保険を付けるのがおすすめ。

単身世帯で、必要なものを少しずつ買い足していく方法で十分なら、家財にまで地震保険を付ける必要はありません。

POINT
地震保険は、ファミリー世帯にこそ付けて欲しい保険の1つです。

関連 【火災保険と地震保険の違いは5つ】賃貸マンションでも必要なの?

火災保険の代わりに、共済に入ったらダメなの?

県民共済は火災保険に比べデメリットが多い

賃貸 県民共済

火災保険の代わりに、『全労済』や『都道府県民共済』などの「共済火災」に加入される方もいます。

共済とは…

非営利団体が「助け合いの精神」にもとづいて運営する保険事業のこと

保険料が安いのでお得に見えがちですが、3つのデメリットに注意が必要です。

  1. 組合員しか加入できない
  2. 補償額が制限されている
  3. 地震保険に入れない

1 組合員しか加入できない

火災共済に入れるのは、組合員のみ。

組合員になるには、手続きをして、出資金まで払う必要があります。

2 補償額が制限されている

火災共済は、民間の火災保険ほど補償が充実していません。

  • 借家人賠償責任保険は1000万円まで
  • 風水害の損害は600万円まで

と、補償額が少ないので、万一のリスクにまで対応しきれないのが現状です。

3 地震保険に入れない

地震保険は火災保険の特約なので、県民共済では加入できません。

県民共済にも地震の補償はありますが、被害額の5%が上限

地震保険が被害額の50%まで補償してくれるのを考えると、寂しい内容となっています。

POINT
県民共済は安い掛金で加入できますが、補償には不安が残ってしまいます。

関連 【火災保険vs共済】公務員(教職員)や全労済の評判が悪い5つの理由

どんな火災保険が人気があるのかしら?

コスパのいい火災保険ランキング

ランキング

火災保険に入ろうとする場合にまず迷うのが、「どの保険会社にしたらいいの?」ということ。

コスパのいい人気の火災保険をランキング形式で紹介します。

一戸建て・マンションおすすめランキング

1位 ホームアシスト/楽天損保

ホームアシスト楽天損保

楽天損保「ホームアシスト」の特徴は5つです。

  1. 築浅物件の保険料がリーズナブル
  2. 損害保険だけでなく、費用保険金も充実
  3. 補償を組み合わせられる自由設計
  4. 24時間・365日の事故対応
  5. トラブルに対しての作業料や出張料が無料

>>>楽天損保「ホームアシスト」の資料請求

2位 セコム安心マイホーム/セコム損保

セコム安心マイホーム/セコム損保

「セコム安心マイホーム保険」の特徴は4つです。

  1. 3つのプランが用意されていて、選びやすい
  2. 特約を自由に選択できる
  3. 割引が充実していて、保険料が安い
  4. 免責金額を設定することができる

>>>セコム損保「安心マイホーム保険」の資料請求

3位 ホームプロテクト総合保険/AIG損保

ホームプロテクト総合保険/AIG損保

「ホームプロテクト総合保険」の特徴は3つです。

  1. 6つの契約プランが用意されていて分かりやすい
  2. WEB申し込みで割引が受けられる
  3. 実際の損害額を払ってくれるので、事故でも安心

>>>AIG損保「ホームプロテクト総合保険」の資料請求

4位 「住自在」すまいの保険/日新火災

「住自在」すまいの保険/日新火災

「住自在(すまいの保険)」の特徴は3つです。

  1. 補償が選べる自由設計
  2. 実際の損害額を払ってくれるので、事故でも安心
  3. 家財の保険金額がライフスタイルに合わせて選べる

>>>日新火災「住自在」の資料請求

5位 トータルアシスト住まいの保険/東京海上日動

トータルアシスト住まいの保険/東京海上日動

「トータルアシスト住まいの保険」の特徴は3つです。

  1. 東京海上日動は100年以上の歴史があり、信頼度が高い
  2. 盗難や事故など、トラブルへの補償が手厚い
  3. 付帯サービスが充実しているので、日常生活が安心

>>>東京海上日動「トータルアシスト」の資料請求

賃貸の火災保険おすすめランキング

ランキング

賃貸住宅の火災保険人気ランキングは次の通りです。

1位 お部屋を借りるときの保険/日新火災海上保険

お部屋を借りるときの保険/日新火災海上保険

「お部屋を借りるときの保険」の特徴は4つです。

  • 弁護士相談費用も補償
  • 24時間・365日サポート
  • 住所変更・解約も、ネットで簡単手続き
  • 保険料の見積もりが3秒でできる

>>>「お部屋を借りるときの保険」の資料請求

2位 リビングアシスト/楽天損保

リビングアシスト/楽天損保

「リビングアシスト」の特徴は3つ。

  • お手頃な保険料で、しっかり補償
  • 24時間365日受付の無料サービスで安心
  • ネットで手続きが完了

>>>「リビングアシスト」の資料請求

3位 愛ある家財保険/アイアル保険

愛ある家財保険/アイアル保険

「愛ある家財保険」の特徴は3つ。

  • ネットで手続きが完了
  • 必要な補償のみに限定
  • 自分で家財保険の内容が選べる

>>>「愛ある家財保険」の資料請求

4位 ミニケア賃貸保険/チューリッヒ保険

「ミニケア賃貸保険」の特徴は3つ。

  • ネットでいつでも簡単に手続きできる
  • 最短で翌日からの補償が可能
  • 安心のチューリッヒグループ

>>>「ミニケア賃貸保険」の資料請求

5位 新すまいRoom保険/ジャパン保険

新すまいRoom保険/ジャパン保険

「新すまいRoom保険」の特徴は4つ

  • ルームシェアにも対応
  • 「免責なし」なので、自己負担金ゼロ
  • 旅行や出張中の、事故や盗難も補償
  • 事故後のホテル代まで補償

>>>「新すまいRoom保険」の資料請求

ランキングには問題点も…

ランキングは参考にはなりますが、単純な順位だけを見て選ぶのは危険。

というのも、

  • 保険会社によって、得意不得意がある
  • 同じ保険会社でも、商品によって補償やサポートが全然違う

など、ランキングでは分からない点もたくさん。

1つ1つの保険商品を細かく見ていくことが大切です。

POINT
1つの火災保険でも補償の付け方は様々。見積もりを取れば、必要な補償が分かりますよ。

>>>キャンペーン中!火災保険の見積もりを取ってみる

もっと保険料を安くする方法ってないのかしら?

火災保険の見積もりを少しでも安くする方法

高い 安い

住宅メーカーからも火災保険をおすすめされますが、割高な保険料を取られることがほとんど。

保険料を少しでも安くするなら、「火災保険の一括見積もり」を利用するのが1番。

特におすすめなのが「火災保険の窓口」です。

火災保険の窓口

実際に「火災保険の窓口」を利用して分かったメリットは5つ。

「火災保険の窓口」の評判
  1. 最短で当日に見積もりが届く
  2. 専門のコンサルタントに無料相談ができる
  3. 最大29商品の見積もりができる
  4. 契約実績が豊富なので、信頼度が高い
  5. 期間限定キャンペーン実施中

あまりに早く見積もりが届くので、ビックリすること間違いなしです。

関連 【火災保険一括見積もりランキング】デメリットやキャッシュバック情報は?

火災保険の見積もりを比較

新築火災保険見積もり

ハウスメーカーの勧める火災保険の見積もり

火災保険見積もり

「火災保険の窓口」の見積もり

私は一条工務店で家を建てましたが、ハウスメーカーの火災保険と比べると次の通り。

内容 一括見積もり ハウスメーカー
建物の保険料 19万9670円 21万9470円
地震保険(建物) 3万6900円 3万6900円
家財保険 3万7010円 3万6810円
地震保険(家財) 4500円 4500円
合計 27万8080円 29万7680円

一括見積もりを利用することで、2万円近い保険料の削減に成功しています。

POINT
住宅メーカーがすすめる火災保険は必ずしもお得とは限りません。

>>>キャンペーン中!火災保険の見積もりを取ってみる

【まとめ】火災保険は不要な補償を外すことがポイントです

家族

火災保険の選び方についてまとめます。

POINT

  • 一戸建てなら「割引制度」が利用できる
  • マンションで欠かせない補償は「水漏れ」
  • 賃貸アパートでも、自分で選べば保険料が安くなる
  • 地震保険の内容は、どの保険会社も変わらない
  • 共済はデメリットが多いので注意が必要

保険選びが苦手な人にこそ、一括見積もりがおすすめだと言えますね。

 

大切な家族を守る火災保険が手に入ります。

▼公式サイトはこちら▼