【火災(家財)保険の内容ガイド】どこまで補償してくれるか徹底解説

災害

「火災保険って、どんなケースで利用できるの…」

「私にはどんな補償が必要なのかしら…」

家に住む時に必要になってくるのが「火災保険」。

保険に入れば確かに安心ですが、金額や補償が頭を悩ませることになってしまいます。

火災保険の補償について、あなたに伝えたいことは3つ。

POINT

  1. どこまで補償を付けるかによって、保険料は大きく変わる
  2. 火災保険は子供やペット、外出先での損害まで補償してくれる
  3. 家財保険や地震保険も考えて、加入することが大切

金額だけで火災保険を選んでしまい、後悔する人が多いのも事実…

公式サイトでは分からない、補償内容の真実に迫っていくことにします。

火災保険って、どれくらいのお金がかかるのかしら?

火災保険の補償内容で相場は大きく変わる

家

火災保険は、

  • 建物の構造(木造か鉄骨か)
  • 家の大きさ
  • 補償内容

などの条件によって、大きく保険料が変わってきます。

補償内容 木造
(H構造)
鉄骨・2×4
(T構造)
マンション
(M構造) 
火災・風災・水災・破損 25~30万 12~15万 8~10万
火災・風災・破損 17~20万 8~11万 6~8万
火災・風災 15~18万 7~10万 5~7万
火災のみ 7~10万 4~6万 4~5万

建物補償額「1500万円」・家財補償額「300万円」で計算しています。

鉄骨造(T構造)だと、保険料は約1/2になるのでお得です。

補償の加入率は?

実際に火災保険に入っている人の補償内容は次の通りです。

内容 補償する 補償しない
水災 20% 80%
風災 78% 22%
破損 67% 33%

実態調査により

  • 水災の補償を外している人が多い
  • 火災のみの補償は少ない

ことが分かりますね。

POINT
補償によって保険料が大きく変わるのが火災保険です。

>>>キャンペーン中!火災保険の見積もりを取ってみる

火災保険って、どんな時に利用できるの?

火災保険はどこまで補償してくれるの?

火災保険の補償内容
出典:スミリンエンタープライズ株式会社

火災保険の補償内容は、大きく4つに分けて考えることが大切です。

  1. 火災、落雷、破裂・爆発
  2. 風災・雹災・雪災
  3. 破損・汚損
  4. 水災

1 「火災、落雷、破裂・爆発」の補償内容

火災

火災保険の基本的な補償が「火災、落雷、破裂・爆発」です。

① 「火災」の支払い事例

失火やもらい火、放火による火災で生じた損害を補償してくれます。

「火災」の事例
  • 天ぷらを調理中に鍋に引火、壁紙が黒焦げに
  • 隣の家で火事が発生、自宅に燃え移った
  • 電子レンジがショートして、火事が発生
  • 放火が原因で家が全焼

② 「落雷」の支払い事例

落雷が原因の損害を補償してくれます。

「落雷」の事例
  • 落雷によって、電化製品が故障
  • 落雷で自宅の屋根が壊れた
  • 落雷が原因で、火事が発生

③ 「破裂・爆発」の支払い事例

ガス漏れなどによる破裂・爆発の損害を補償してれます。

「破裂・爆発」の事例
  • キッチンのガス漏れが原因で爆発、建物が被害に
  • 近くの工場で爆発が発生、窓ガラスが割れてしまった

2 風災・雹災・雪災の補償内容

台風

全体の78%の人が、火災保険に「風災・雹災・雪災」の補償をプラスしています。

① 「風災」の支払い事例

強風や竜巻、台風などの損害を補償してくれます。

「風災」の事例
  • 強風でアンテナが倒れ、壁に穴が開いた
  • 竜巻でモノが飛んできて、窓ガラスが割れた
  • 台風でカーポートが倒壊してしまった

② 「雹災(ひょうさい)」の支払い事例

雹(ひょう)だけでなく、霰(あられ)の損害も補償してくれます。

直径5㎜以上の氷の粒が「雹(ひょう)」、5㎜未満が「霰(あられ)」になります。

「雹災」の事例
  • 霰(あられ)が飛んできて窓ガラスにヒビが
  • 雹(ひょう)が降って、太陽光パネルが割れた

③ 「雪災」の支払い事例

雪が原因の損害を補償してくれます。

北海道や東方地方など、雪が多く降る地域では欠かせない補償ですね。

「雪災」の事例
  • 雪の重みでカーポートの屋根が破損
  • 雪崩に巻き込まれて家が倒壊した
  • 水道管が凍結、破裂してしまった
  • 自宅の屋根から落雪、隣の家が壊れた

3 破損・汚損の補償

窓ガラス 破損

全体の67%の人が、火災保険に「破損・汚損」をプラス。

「破損・汚損」は主に5つのケースに分かれます。

① 「水濡れ」の支払い事例

漏水(ろうすい)による給排水設備の事故だけでなく、他人の家からの損害も補償してます。

「水濡れ」の事例

トイレの排水管が破裂し、家が汚水まみれに
マンションの上の階で水漏れが発生、部屋が水浸しに

② 「盗難」の支払い事例

強盗や窃盗の被害を補償。

家の中だけでなく、外出先でのトラブルも補償してくれます。

「盗難」の事例
  • 泥棒が侵入、現金や宝石を盗まれた
  • 駐車場に置いていた自転車やバイクが盗まれた
  • 空き巣のせいで窓やドアが壊れたので、取り換えた
  • 外を歩いていた時、バッグをひったくられた

③ 「建物外部からの物体の落下・飛来・衝突」の支払い事例

自動車の突っ込みなど、外からの事故による損害を補償してくれます。

「落下・飛来・衝突」の事例
  • お年寄りが運転する車が家に突っ込んできた
  • 飛んできた野球ボールで窓ガラスが割れた
  • 自動車の当て逃げでフェンスが壊れた

④ 「不測・突発的な事故」の支払い事例

日常生活で起きた、偶発的な事故が対象。

子供やペットまで、かなり幅広いケースの被害を補償してくれます。

被害にあったとして、機能に支障がなければ補償の対象となりません。

「不測・突発的な事故」の事例
  • 子供が友達の家で遊んでいて、オモチャを壊した
  • 子供がお店の商品に当たって、落ちてしまった
  • 相手とぶつかって、骨折させてしまった
  • 飼っていた犬が、隣の人に噛みついた
  • 自転車を運転中、止まっていた車にぶつかってしまった
  • 車の運転をミスして、ガレージが壊れてしまった

⑤ 「騒擾(そうじょう)・集団行為等による暴力行為」の支払い事例

デモなど集団行動による暴力・破壊行為の損害を補償してくれます。

「騒擾(そうじょう)・集団行為」の事例
  • デモの参加者が投げた石で、自宅の窓ガラスが割れた
  • 学生運動の暴徒が家に侵入、家財を壊された

4 水災の補償内容と支払い事例

雨水

集中豪雨による洪水などの被害を補償してくれます。

ただ、「水災」の補償をプラスしている人は全体の20%しかいません。

「水災」の事例
  • 洪水で家が床上浸水に、畳がボロボロに
  • 台風で山崩れが発生、土砂で家の中がドロドロに

水害のリスクは要注意

マンションの高層階に住んでいるのであれば、水害のリスクは少なくなります。

ただ、高台に住んでいるからといって水害がないとは限りません

国土交通省が出しているハザードマップで、リスク確認をすることが大切です。

POINT
保険料だけを考えて補償を選ぶのは危険。いざという時に役に立たない保険なってしまいます。

>>>キャンペーン中!火災保険の見積もりを取ってみる

家財にはどれくらいの補償をつけたらいいの?

火災保険は家財にも必要?

家財保険
出典:家財保険を知る

火災保険に入る時は、「保険の対象」を決めることが大切。

「保険の対象」というと難しく感じますが、簡単に言うと、

  • 「建物」だけにかけるか
  • 「建物」と「家財」両方にかけるのか

ということです。

賃貸であれば「建物」は対象にできません。

建物と家財の具体例

「建物」と「家財」の具体的な対象物は次の通り。

建物の対象 家財の対象
  • 建物の基礎部分
  • 車庫
  • 浴槽
  • 床暖房
  • 地デジ、アンテナ
  • 便器
  • 調理台
  • 物置
  • 門、塀
  • 現金(※盗難の場合)
  • テレビ
  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • パソコン
  • テーブル
  • 洋服
  • 生活雑貨
  • カーテン
  • 自転車

注意しなければならないのは、

  • エアコン
  • 備え付けのオーブン
  • 庭木

など、どちらに入るか保険会社によって違いがあること。

「建物」と「家財」の両方に保険をかけると安心ですが、保険料は上がってしまいます。

家財保険の補償金額は?

簡易保険表
出典:あいおいニッセイ同和損保

家財の補償額は、保険会社ではなく、自分自身で決めることになります。

全部焼失した場合に、

「いくらあれば再び買い揃えることができ、新しい住まいを探すことができるのか」

を考えた上で設定することが大切。

設定が難しい場合は、上の表のような簡易保険表を目安にするのがおすすめです。

4人家族の場合、家財保険の補償金額の目安は500万円だと言われています。

注意が必要なのは、家財の合計金額を上回る補償を受けられないこと。

自宅にある家財の合計金額が800万円なのに、1000万円の補償は受けられません。

POINT
小さい子供のいる家庭ほど、家財保険が重要になってきます。

関連 【持ち家なら家財保険がおすすめな5つの理由】地震保険との違いは?

地震保険って、本当に必要なの?

火災保険と地震保険の違い

地震

火災保険では、

  • 地震
  • 噴火
  • 津波

による損害までは補償してくれません。

日本は自然災害のとても多い国。

地震保険を付ければ、大きな災害が起きたとしても安心して生活することができます。

地震の保険の相場

地震保険の保険金額は、火災保険の30~50%の範囲内と決められています。

火災保険の補償が1000万円なら、地震保険の補償は300~500万円となります。

保険金額1000万円の場合、保険料の目安は次の通り。

構造 保険料(年間)
鉄骨
コンクリート造
5000~2万円
木造 1~3万円

保険料が大きく違うのは、都道府県ごとで地震の危険性が違うから。

地震の危険性によって、保険料は3倍以上変わってきます。

地震保険は、民間と国が共同で運営している保険。補償や保険料が保険会社によって変わることはありません。

家財にも地震保険をつけるべき?

建物よりも家財の方が地震の損害を受けやすいのが現実。

災害時に少しでも早く生活再建をするために、ファミリー世帯では家財にも地震保険を付けるのがおすすめ。

単身世帯で、必要なものを少しずつ買い足していく方法で十分なら、家財にまで地震保険を付ける必要はありません。

POINT
地震保険は、ファミリー世帯にこそ付けて欲しい保険の1つです。

関連 【火災保険と地震保険の違いは5つ】賃貸マンションでも必要なの?

補償以外に、どんなことに気を付けたらいいの?

【火災保険の選び方】新築や賃貸マンションでのポイントは?

新築家 マンション

住宅のタイプによっても、火災保険の選び方のポイントは変わってきます。

  1. 新築一戸建てなら割引制度を利用する
  2. 分譲マンションは「水漏れ」の補償が大切
  3. 賃貸アパートは「借家人賠償責任保険」が重要

新築一戸建てなら割引制度を利用する

高くなりがちな戸建ての火災保険ですが、割引制度を利用することができます。

割引の種類 割引の条件
新築割引 新築から11か月後までに契約
築浅割引 築10年未満の建物であること
耐火割引 外壁に耐火性能のある建物であること

 割引率は保険会社によって違います

割引の条件や割引率は保険会社によって違うので、個別に確認することが大切。

どんな割引を受けれられるかは、見積もりを確認すればすぐに分かりますよ。

関連 【新築火災保険のおすすめランキング】一戸建て相場はいくら?

分譲マンションは「水漏れ」の補償が大切

マンションで起こるトラブルで一番多いのが「水漏れ」。

ただ、

  • 「火災のみ」の補償
  • 「建物のみ」の補償

にしてしまうと、水漏れに対応できなくなります。

築古の中古マンションほど「水漏れ」のリスクが高まるので、注意が必要です。

関連 【マンション火災保険の金額ガイド】分譲や賃貸ではどこが良いの?

賃貸アパートは「借家人賠償責任保険」が重要

借家賠償責任保険
出典:SBI日本小短

賃貸住宅の借り手には「原状回復の義務」があり、「借りた時と同じ状態」で返す必要があります。

ところが、火事によって建物が全焼してしまったりすると、損害額は恐ろしいほどの金額に…。

「借家人賠償責任保険」があれば建物に与えた損害を賠償してくれるので、万一のリスクに備えることができますよ。

関連 【賃貸アパートの火災保険っていくら?】地震保険が必要ないの嘘

POINT
住宅のタイプによって、必要な補償は違います。特に、マンションやアパートはお隣からの影響が大きくなっています。

関連 【火災保険選び方の決め手】マンション・戸建て・賃貸の5つのポイント

もっと保険料を安くする方法ってないのかしら?

火災保険の見積もりを少しでも安くする方法

高い 安い

住宅メーカーからも火災保険をおすすめされますが、割高な保険料を取られることがほとんど。

保険料を少しでも安くするなら、「火災保険の一括見積もり」を利用するのが1番。

特におすすめなのが「火災保険の窓口」です。

火災保険の窓口

実際に「火災保険の窓口」を利用して分かったメリットは5つ。

「火災保険の窓口」の評判
  1. 最短で当日に見積もりが届く
  2. 専門のコンサルタントに無料相談ができる
  3. 最大29商品の見積もりができる
  4. 契約実績が豊富なので、信頼度が高い
  5. 期間限定キャンペーン実施中

あまりに早く見積もりが届くので、ビックリすること間違いなしです。

関連 【火災保険一括見積もりランキング】デメリットやキャッシュバック情報は?

火災保険の見積もりを比較

新築火災保険見積もり

ハウスメーカーの勧める火災保険の見積もり

火災保険見積もり

「火災保険の窓口」の見積もり

私は一条工務店で家を建てましたが、ハウスメーカーの火災保険と比べると次の通り。

内容 一括見積もり ハウスメーカー
建物の保険料 19万9670円 21万9470円
地震保険(建物) 3万6900円 3万6900円
家財保険 3万7010円 3万6810円
地震保険(家財) 4500円 4500円
合計 27万8080円 29万7680円

一括見積もりを利用することで、2万円近い保険料の削減に成功しています。

POINT
住宅メーカーがすすめる火災保険は必ずしもお得とは限りません。

>>>キャンペーン中!火災保険の見積もりを取ってみる

【まとめ】火災保険は台風まで補償してくれる保険です

家族

火災保険の補償内容についてまとめます。

POINT

  1. どこまで補償を付けるかによって、保険料は大きく変わる
  2. 火災保険は子供やペット、外出先での損害まで補償してくれる
  3. 家財保険や地震保険も考えて、加入することが大切

保険選びが苦手な人にこそ、一括見積もりがおすすめだと言えますね。

 

大切な家族を守る火災保険が手に入ります。

▼公式サイトはこちら▼

参考文献