【ソニー(SRE)不動産の評判と口コミは嘘】失敗やデメリットが多いから最悪?

ソニー不動産

「ソニー不動産って、どうしてこんなに評判が悪いの…」

「ソニー不動産のAI査定って、どういうことなの…」

不動産業界で今最も注目を集めているのが「ソニー不動産」。

この度、「ソニー不動産」から「SRE不動産」に名前を変更、サービス内容がさらにパワーアップしています。

「ソニー不動産」について、あなたに伝えたいことは5つ。

POINT

  1. AIが査定をしてくれるので、審査の精度が高い
  2. エージェント制を採用、売主(あなた)の立場に寄り添ってくれる
  3. 割引制度があるので、仲介手数料がお得
  4. 対応地域が狭く、実際には利用しずらい
  5. 査定が安い場合があるので、ソニー不動産だけに頼るのは危険

ただ、「ソニー不動産」を利用した方の評判には、「最悪」なんて口コミも…

公式サイトでは分からない、ソニー(SRE)不動産の真実に迫っていきます。

実際に「ソニー不動産」を利用した人は、どう思っているのかしら?
▼キャンペーン中▼

最悪?「ソニー(SRE)不動産」の口コミを大公開

口コミ

「ソニー不動産」を実際に利用された方の声を聞くと、良い口コミ悪い口コミの両方が…。

両方の口コミを包み隠さず明らかにしていきます。

ソニー不動産の良い口コミ

担当者が信頼できました(青山店の口コミ)

ソニー不動産を利用してよかったのは、サポ―トがしっかりしていること。

査定から契約まで同じ人が担当してくれるので、他の不動産会社のようにコロコロ変わることがありません。

不動産を売りに出すのは初めてだったので心配だったんですが、親身になって相談に乗ってくれたのが嬉しかったです。

査定内容に納得(吉祥寺店の口コミ)

ソニー不動産は「AI」が相場を元に価格を割り出してくれるから、担当者によって価格に差が出ることがありません。

査定の理由がハッキリしていて分かりやすかったので、安心して取引することができました。

手数料が安くすみました(銀座店の口コミ)

マンションを売りに出したんですが、すぐに買い手がついたので、1か月で売却することに。

5000万円の物件だったので手数料が気になっていたんですが、早く売れたので手数料が割引になるとのこと。

結局、相場の半額ぐらいの手数料になったので、本当に助かりました。

ソニー不動産の悪い口コミ

対応地域が狭すぎる…(埼玉県在住)

ソニー不動産が評判だったので、査定を頼んでみたら対象地域外でした。

営業マンに話を聞くと、東京周辺でしか対応していないとのこと…。

すばらしいシステムがあるんだから、「他の不動産屋とも提携したらいいのに」と思いました。

見積もりが安すぎる(神奈川県在住)

AIが見積もりをしてくれると聞いたので楽しみにしていたんですが、希望額には届きませんでした。

納得がいかなかったので、他の不動産屋でも見積もりを依頼したら、100万円以上高い査定額に。

AIも完璧じゃないし、ソニー不動産の査定だけだと後悔する気がします。

「おうちダイレクト」は使いにくいです(東京都在住)

仲介手数料が無料と聞いていたので「おうちダイレクト」を利用することに。

物件の掲載はしてくれたんだけど、実際の売却活動は自分達で進めていかなければならいことが判明。

大手企業にしては、サポート内容に不満が残りました。

POINT

  • 関東の一部地域でしか業務を行っていない
  • 他の不動産屋の方が査定額が高い場合がある
どうしてこんなにソニー不動産って評判なの?

「ソニー(SRE)不動産」が評判な4つの理由

ソニー不動産 評判

顧客満足度92%という高い評価を受けているのが「ソニー不動産」。

「ソニー不動産」が、これほどまでに評判を集める理由は4つです。

  1. エージェント(代理人)制を導入
  2. 仲介手数料が安い
  3. 不動産査定に「AI」を活用
  4. 「おうちダイレクト」でヤフー不動産と連携

1 エージェント(代理人)制を導入

普通の不動産会社の場合、営業マンは「売主」と「買主」の両方を担当。

両手取引をすることが多く、会社の利益のために行動する問題点も…。

取引 担当の仕方 仲介手数料
両手取引 「売主」と「買主」の双方の担当 両方から受け取る
片手取引 「売主」と「買主」のどちらか一方を担当 片方からのみ受け取る

対して、ソニー不動産は「エージェント制」を導入。

売主の方しか担当しないので、あなたの利益のためだけに動いてくれます。

日本では「両手取引」が許されていますが、海外では禁止されている場合がほとんどです。

2 ソニー不動産は仲介手数料が安い

仲介手数料は、法律によって「売買価格×3%+6万円(税別)」が上限と決められています。

法律で決められているのは上限ですが、通常の取引では上限額を支払うのが一般的。

1000万円の物件なら、「1000万円×3%+6万円=36万円」が仲介手数料となります。

ただ、ソニー不動産の場合、「仲介手数料はかかっただけ」が原則。

一律の手数料を取らないので、仲介期間が短いほど手数料がお得になるシステムになっています。

手数料の割引制度も充実

ソニー不動産は、手数料の割引制度も充実

  • 専任割引
  • 早期成約割引
  • コンサルティング不実施割引
  • 内覧物件数割引
  • 平日ご案内パック割引
  • キャッシュ割引

などの制度があるので、さらに手数料はお得になりますよ。

3 不動産査定に「AI」を活用

ソニー不動産では、不動産査定や取引に「AI」を活用。

どこのどんな物件が、いくらで売れたのか」の情報を元に不動産を査定してくれるので、

  • 価格の透明性・信頼性が高い
  • 担当者の力量による違いが出ない

などのメリットが得られます。

4 「おうちダイレクト」でヤフー不動産と連携

おうちダイレクト

「おうちダイレクト」は「ソニー不動産」と「ヤフー不動産」が連携して行っているサービス。

  • 「ヤフー不動産」は情報を掲載、売り手と買い手のマッチング
  • 「ソニー不動産」は実際の取引や内覧、契約を担当

という形での共同運営となっています。

「売主の仲介手数料が無料」というのが「おうちダイレクト」最大のメリットですが、

  • 売却活動を自分でやらなければならない
  • 専門家のアドバイスがもらえない

など、初心者にはハードルが高いのが現実です。

POINT
ソニー不動産は、今までの不動産業界になかった取り組みが評判を呼んでいます。

ソニー不動産って、売却以外のサービスはないのかしら?

ソニー(SRE)不動産は、「物件購入」や「賃貸管理」も評判

チェック

「ソニー不動産」は、売却や査定だけでなく、「物件購入」や「賃貸管理」も展開しています。

ソニー不動産「物件購入」の評判

ソニー不動産 購入
「ソニー不動産購入」の特徴
  • 独自システム(AI技術)により物件価格を推測、購入をサポートしてくれる
  • 割引制度により、仲介手数料がお得になる
  • 専門のコンサルタントが中立的な立場でサポート
  • ライフスタイルに応じた資金計画を考えてくれる

⇒公式サイトへ:不動産購入/ソニー不動産

ソニー不動産「賃貸管理」

ソニー不動産の賃貸管理
「ソニー不動産賃貸管理」の特徴
  • 賃貸のわずらわしい業務を丸ごとサポート
  • 貸出期間を自由に設定可能
  • 管理専門なので、入居者が早く見つかる
  • 家賃滞納や原状回復など、補償内容が充実
  • 提携のコールセンターが、24時間365日サポート

⇒公式サイトへ:賃貸管理/ソニー不動産

いつ会社の名前が変わったのかしら?

2019年、ソニー不動産は「SREホールディングス株式会社」に社名変更

ソニー不動産 社名変更

ソニー不動産株式会社は、2019年6月に「SREホールディングス株式会社」に社名変更。

会社名を変えた理由は、

  • ITプラットフォーム事業
  • AIソリューション事業

にも本格的に乗り出すため。

ソニー不動産が培ってきた「AI技術」が高く評価されている証だと言えますね。

ソニー不動産の社長は「西山知良」氏

ソニー不動産の社長は「西山知良」氏

左:ソニー不動産「西山知良」

出典:ニュースイッチ

ソニー不動産を社長として引っ張っているのは「西山知良」氏です。

「西山知良」氏の経歴

  • 1975年生まれ、東京都出身
  • 一橋大学商学部を卒業後、2001年にアビタスUSCPAコースに入学
  • 2003年、ソニー株式会社に入社
  • 2014年、ソニー不動産株式会社を設立し、代表取締役社長に就任

「風戸裕樹」氏はソニー不動産を退職

ソニー不動産と言えば、執行役員であった「風戸裕樹」氏も有名ですが退職。

現在は、シンガポールにて不動産関連ビジネスで活躍されています。

「SREホールディングズ」の会社概要

社名 SREホールディングズ株式会社
本社 〒107-0061
東京都港区北青山3丁目1-2 青山セント・シオンビル 2F
電話番号 0120-213-919
社長 西山 和良
資本金 18億2245万円
主要株主 ソニー株式会社
ヤフー株式会社

POINT
ソニー不動産は、「西山知良」氏のリーダーシップによって成長を続けている会社です。

ソニー不動産の業績が悪いって、本当なの?

失敗は嘘!2018年ソニー不動産の決算は黒字

2018年 ソニー不動産決算

ソニー不動産の取り組みは、今までの業界にないモノだったので、当社は「失敗するのでは…」と考えられていました。

実際、なかなか評価してもらえず、立ち上げ時から3年間も赤字が続くことに…。

ところが、サービス内容は徐々に定着。

業績は着実に伸び続けていて、とうとう黒字化を達成するまでに成長。

2019年3月の決算では、

  • 売上高:28億5000万円
  • 営業利益:3億8000万円
  • 純利益:2億2000万円

と、最高益を更新しています。

業績拡大により「上場」の可能性も

各年の売上高の推移は次の通り。

決算年 売上高
2016年 11憶6000万円
2017年 20億6000万円
2018年 25億9000万円
2019年 28億5000万円

ソニー不動産の売上高は「右肩上がり」。

営業黒字化も達成しているので、「年内に上場する」というのが一般的な見方になっています。

POINT
ソニー不動産の新しい取り組みは、不動産業界のスタンダードになりつつあります。

どうして、ソニー不動産に悪い評判があるのかしら?

ソニー(SRE)不動産のデメリットは4つ

メリット・デメリット

画期的な取り組みで評判の「ソニー不動産」ですが、4つのデメリットには注意が必要です。

  1. 東京、神奈川、埼玉、千葉エリア限定
  2. AIシステムが発展途上
  3. 不動産業界からの評判が悪い
  4. 見積もりの比較ができない

1 東京、神奈川、埼玉、千葉エリア限定

ソニー不動産の活動エリアは、1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)のみ。

関東地域に住んでいないと、「ソニー不動産」を利用するのが機会がほとんどありません。

2 AIシステムが発展途上

AIシステムを運用していくには、膨大なビッグデータが必要。

ただ、ソニー不動産は2014年開業と歴史が浅く、「AIシステムが完璧」とは言い難い状態…。

実際には、エージェント(代理人)の力量に左右されることが多いのが現実です。

3 不動産業界からの評判が悪い

両手取引を禁止しているソニー不動産は、同業者からの評判が良くありません。

不動産取引はネットワークが何よりも大切

他の会社からの情報が入手しにくいので、「買い手がなかなか見つからない」可能性も出てきます。

4 見積もりの比較ができない

ソニー不動産は、1社単独運営。

見積もりを比較することができないので、本当に適正な価格なのか判断することができません。

今は、「不動産の一括査定」が常識。

ソニー不動産だけでなく、複数社で見積もりを取ることが何よりも大切です。

不動産査定なら「イエウール」がおすすめ

イエウール

「ソニー不動産」と同時に利用して欲しいのが、不動産査定サイト№1の「イエウール」。

「イエウール」が評判な理由は4つです。

「イエウール」のポイント
  1. 机上査定を選べば、当日見積もりも可能
  2. 利用者数は1000万人越え、実績№1
  3. 加盟店の数は1800社以上、農地の査定まで対応
  4. 不動産会社への審査が厳しく、しつこい営業の心配がなし
POINT
「イエウール」を合わせて利用すれば、信頼のできる査定が実現します。

関連 【不動産一括査定サイトおすすめランキング】イエウールをやってみた結果は?

【まとめ】「ソニー(SRE)不動産」の評価とは

家 お金

ソニー不動産の特徴をまとめます。

POINT

  1. AIが査定をしてくれるので、審査の精度が高い
  2. エージェント制を採用、売主(あなた)の立場に寄り添ってくれる
  3. 割引制度があるので、仲介手数料がお得
  4. 対応地域が狭く、実際には利用しずらい
  5. 査定が安い場合があるので、ソニー不動産だけに頼るのは危険

「ソニー不動産」にはデメリットが多いのが現実。

「イエウール」も合わせて利用するのが、おすすめです。

参考文献