【無料】700万円以上の値引きと「間取りプラン」を手に入れる方法

【火災保険の教科書】注意すべき9つのメリット・デメリットとは?

火災保険

「火災保険って、どんなことに気を付けたらいいの…」

「保険料をもっと安くすることって可能なのかしら…」

住宅で必要になってくる保険が「火災保険」。

確かに火災保険に入れば安心して生活できますが、金額や補償が頭を悩ませることになってしまいます。

火災保険について、あなたに伝えたいことは次の6つです。

POINT

  1. 一戸建て、マンション、賃貸アパートで選び方のポイントは変わってくる
  2. 家財保険を知るには、支払い事例をチェックすることが大切
  3. 地震保険の中身は、どの火災保険でも同じ
  4. 「共済火災」はデメリットが多いので注意が必要
  5. 今注目を集めている火災保険は楽天損保「ホームアシスト」
  6. 一括見積もりすれば、保険料が大幅に安くなる

必要のない補償を付けてしまい、ムダな保険料を支払っている方が多くいるのが現実…。

公式サイトでは分からない、火災保険の真実に迫っていくことにします。

1 火災保険の選び方の決め手

チェック

火災保険を選ぶ時には、不要な補償を見極めることが大切。

特に次の5つのポイントに気を付けると、あなたに最適な火災保険が見つかるはずです。

POINT

  1. 一戸建てなら「割引制度」が利用できる
  2. マンションで欠かせない補償は「水漏れ」
  3. 賃貸アパートでも、自分で選べば保険料が安くなる
  4. 地震保険の内容は、どの保険会社も変わらない
  5. 共済はデメリットが多いので注意が必要

詳しくは次の記事で!

>>>【火災保険選び方の決め手】マンション・戸建て・賃貸の5つのポイント

2 新築一戸建て火災保険の相場はいくら?

家

火災保険の保険料は、建物構造や補償内容によって金額が大きく変わってきます。

補償内容 木造
(H構造)
鉄骨・2×4
(T構造)
マンション
(M構造) 
火災・風災・水災・破損 25~30万 12~15万 8~10万
火災・風災・破損 17~20万 8~11万 6~8万
火災・風災 15~18万 7~10万 5~7万
火災のみ 7~10万 4~6万 4~5万

火災保険には新築割引があるので、上手に活用すれば、負担を大幅に減らすことが可能です。

詳しくは次の記事で!

>>>【新築火災保険のおすすめランキング】一戸建て相場はいくら?

3 マンションで火災保険に加入すれば「水漏れ」も安心

新築家 マンション

マンションで問題が発生すると、すぐに隣近所に被害を与えることに。

しかも「失火責任法」があるので、相手が起こした火事で被害に合っても、相手に責任を問えないことになっています。

マンションの場合、火災保険の注意点は次の3つ。

POINT

  1. マンショントラブルで多い「水漏れ」にも対応してくれる
  2. 対象になるのは、マンションの「専有部分」のみ
  3. 建物評価額は、「新価」で計算するのがおすすめ

詳しくは次の記事で!

>>>【マンション火災保険の金額ガイド】分譲や賃貸ではどこが良いの?

4 大家さんのすすめる賃貸アパートの火災保険は割高

火災保険

賃貸アパートの場合、大家さんのすすめる火災保険に加入して、割高な保険料を払っている場合がほとんど。

自分で火災保険は入れば、保険料を節約することができます。

賃貸アパートの火災保険の特徴は4つです。

POINT

  1. 賃貸の場合、火災保険の相場は1~2万円
  2. 不動産会社の火災保険は割高、自分で加入すれば安くできる
  3. 更新し忘れが心配なら、自動更新がおすすめ
  4. 引っ越しする場合、途中解約すればお金が返ってくる

詳しくは次の記事で!

>>>【賃貸アパートの火災保険っていくら?】更新や解約の注意点は5つ

5 火災(家財)保険の支払い事例

家財

火災保険は、建物だけなく家財も補償対象にすることが可能。

分かりにくい家財保険ですが、支払い事例を見れば「どこまで補償してくれるか」がよく分かります。

家財保険の特徴は、次の4つ。

POINT

  1. テレビやパソコンは補償してくれるが、自動車は対象外
  2. 子供やペット、外出先での損害まで補償してくれる
  3. 4人家族の補償額は「500万円」が目安
  4. 持ち家だけでなく、賃貸マンションでも家財保険は必要

詳しくは次の記事で!

>>>【火災(家財)保険の内容ガイド】どこまで補償してくれるか徹底解説

6 火災保険と地震保険の違いは5つ

地震

火災保険で迷うのが、「地震保険に加入すべきかどうか」。

地震保険の加入率は約60%ですが、災害の多い日本では欠かせない保険の1つです。

地震保険の特徴は次の5つ。

POINT

  1. 火災保険では、地震や津波の補償が受けられない
  2. 保険料は、都道府県によって3倍以上の差がある
  3. 保険金額は、損害によって4つのパターンに分けられる
  4. 地震保険の内容は、どの保険会社でも同じ
  5. 賃貸アパートでも、地震保険に加入できる

詳しくは次の記事で!

>>>【火災保険と地震保険の違いは5つ】賃貸マンションでも必要なの?

7 【火災保険vs共済】お得なのは公務員だけ?

全労済「住まいる共済」

火災保険に加入する代わりに、「火災共済」に加入する方もいます。

ただ、「火災共済」はデメリットが多いので注意が必要。

「共済火災」の特徴は次の5つです。

POINT

  1. 補償を自由に選べないので、ムダが多い
  2. 補償金額に上限があり、被害がカバーできない時もある
  3. 地震保険に加入できない
  4. 一般の人も共済に入れるが、毎月の掛金が必要
  5. 「共済が安い」のは、特定の条件の時だけ

詳しくは次の記事で!

>>>【火災保険vs共済】公務員(教職員)や全労済の評判が悪い5つの理由

8 火災保険のおすすめは楽天?損保ジャパン?

ランキング


火災保険の契約数ランキングは次の通り。
火災(家財)保険の契約数
1位 東京海上日動
「トータルアシスト」
2位 損保ジャパン日本興亜
「THE すまいの保険」
3位 あいおいニッセイ同和損保
「タフ・住まいの保険」

ただ、契約件数の多い火災保険が優れているとは限りません。

実際、今最も人気を集めているのは楽天損保「ホームアシスト」になっています。

楽天損保「ホームアシスト」の特徴

  1. 築浅物件の保険料がリーズナブル
  2. 損害保険だけでなく、費用保険金も充実
  3. 補償を組み合わせられる自由設計
  4. 24時間・365日の事故対応
  5. トラブルに対しての作業料や出張料が無料

詳しくは次の記事で!

>>>【新築火災保険のおすすめランキング】

9 火災保険のシュミレーションなら「一括見積もり」がおすすめ

高い 安い

シュミレーションサイトもありますが、査定があいまいで、ほとんど意味がありません。

正確な金額を知りたいなら、「火災保険の一括見積もり」がおすすめ。

私も一括見積もりを利用することで、保険料を2万円も安くすることに成功しています。

POINT

  1. 一括見積もりサイトは「火災保険の窓口」が人気№1
  2. キャンペーンを利用すれば「一括見積もり」がさらにお得に
  3. 新築一戸建てだけでなく、賃貸マンションにも利用できる
  4. 一括見積もりには、2つのデメリットがある

詳しくは次の記事で!

>>>【火災保険一括見積もりランキング】デメリットやキャッシュバック情報は?

参考文献

先着50人限定で無料公開


家
「家を建てるとたくさんのお金がかかる」と思っていませんか?

実は、ハウスメーカーに支払う金額の半分以上は「広告費」。

つまり『ある方法』を使えば、驚くほどの値引きが可能になるんです。

実際に700万円以上も建築費を下げた方法を、期間限定で公開します!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。