【無料】700万円以上の値引きと「間取りプラン」を手に入れる方法

【組体操をやめろの声が届かない3つの理由】国連の勧告以上の問題点とは?

運動会

「どうして、学校の運動会から組体操がなくならないのか…」

怪我や事故が相次ぎ、危険性が叫ばれている「組体操」。

様々な方面から批判を浴びているにも関わらず、「組体操」がなくなる様子がない。

組体操について、あなたに知って欲しいことは3つ。

POINT

  • 事故が最も多発するのは2人技、死亡者も出ている
  • 組体操の実施については、国連から勧告を受ける可能性がある
  • 組体操に学習上の根拠はなく、学習指導要領違反である

組体操には怪我や事故以上の問題が隠されていることを明らかにしていくことにする。

組体操は「死亡事故」や「後遺障害」と隣り合わせの競技

組体操の事故や怪我が大きく報道されるようになったのは、2015年に大阪府八尾市の「市立大正中学校」の運動会での事故から。

10段ピラミッドが完成後に崩れ、1人が骨折したことが大きく報道させてからである。

組体操の事故は年間8000件以上だったことも

組体操事故件数


出典:学校安全部

平成26年までは毎年8000件以上もの事故が発生していたが、危険性が大きく報道されたこともあって、今ではほぼ半減

ただ、今だに年間4000件以上もの事故が発生しているのが現実で、相も変わらず巨大なタワーやピラミッドを実施している学校も少なくない。

倒立やサボテンといった2人技が最も事故が多い

組体操 事故

「巨大ピラミッドやタワーが危険」というのは正しい認識ではない。

組体操による事故数が最も多いのは倒立

サボテンや肩車といった技の事故数も多いことから、2人技こそ最も注意しなければならないことが分かる。

ただ、限られた教師の数ですべての2人技を支援することは不可能。

基本的な2人技さえ習得していない子供達にピラミッドやタワーさせているのだから、事故が発生するのは当然とも言える。

組体操は死亡事故や後遺障害につながることも

組体操

昭和45年以降の統計上、組体操の事故で

  • 9人が死亡
  • 92人に後遺障害

という結果になっている。

倒立の事故でさえ命を落としていることを忘れてはならない。

「組み体操」は国連の審査対象にも

国連

組体操問題は、今や国連の審査対象にもなっている事案である。

きっかけは、人権団体「ヒューマンライツ・ナウ」が

「極めて危険で重大な事故も起きているのに、日本政府は子供を守る方策を十分に講じてこなかった」

とする報告書を国連の「子どもの権利条約」委員会に提出したこと。

「ヒューマンライツ・ナウ」の報告書では、組体操の実施見直しを日本政府に勧告するよう委員会への提言も盛り込まれている。

つまり、組体操を実施することは、虐待や傷害から保護を定めている「子ども権利条約」に違反しているのではないか?」と指摘されている訳である。

組体操の問題が、国連委員会の勧告に含まれるかどうかは不透明な状況ではある。

参考 子供の権利条約 全文/日本ユニセフ協会

組体操が禁止や廃止にならない理由

デメリット

これほど危険性が指摘されているにも関わらず、組体操がなくならない理由は3つだ。

  1. 保護者や地域に求められている
  2. 教師の指導力をアピールする場にもなっている
  3. スポーツ庁(文部科学省)の通知にも原因

1 保護者や地域も感動を求めている

運動会のプログラムを見ても分かる通り、組体操は最終種目となっていることがほとんど。

つまり、組体操は運動会の花形演技とも言える。

実際、運動会で1番大きな拍手を受けるのが組体操であり、子供達の様子を見て涙を浮かべる保護者もいる

また、どの運動会も真正面の観覧場所は「来賓席」となっていて、

  • 首庁
  • 教育委員会
  • 町内会長

など、地域の有力者が陣取っている。

彼ら地域の有力者にとっても、最もうけのいい演技が組体操なのは間違いない。

2 教師の指導力をアピールする場にもなっている

組体操は他の競技と違って「静」の演技である。

組体操を実施するためには、

  • 動きを止め、姿勢を正して待つ
  • 痛くても声に出さず我慢する

ということを指導しなければならず、ある程度の指導力がないと組体操は成り立たない。

つまり、

「技の難易度を下がると、教師の指導力が低い」と周りに思われてしまう

前年度より難度の高い技に挑戦する

というスパイラルに陥り、どんどん巨大化の方向に向かっていってしまう。

実際、高いピラミッドやタワーが完成したことを自慢する教師がいるのも事実なのだ。

3 スポーツ庁(文部科学省)の通知にも原因

多発する組体操での事故を受けて、スポーツ庁の学校対策室も

  • 危険度の高い技については慎重に選択すること
  • 事故が発生しないように安全対策を講じること
  • 児童生徒の状況により内容や計画を見直すこと

などの内容を各教育委員会に通知。

ただ、組体操の禁止や廃止については一切言及していない

参考 組体操等による事故防止について

POINT
文部科学省が求めているのはあくまで「安全対策」。組体操の判断は各学校に委ねられている。

1人技なら組体操は問題ないのか

運動会

「ケガや事故が問題なら、技の難易度を下げればいい」ということになってしまうが、問題は単純ではない。

組体操の1番の問題点は、学習指導要領に一切明記されていない活動であるということなのだ。

組体操はダンス(表現運動)に位置づけられるのか?

学校での教育活動は、すべて学習指導要領に基づいたモノでなくてはならない。

そのため、組体操が体育のダンス(表現運動)領域に組み入れらる場合が多い。

では、組体操を表現領域に組み入れるのは可能なのか?

小学校高学年における表現活動の主な目標は次の3つである。

  • リズムやイメージの世界に没入してなりきって踊る
  • 身近な生活などから題材を選んで表したいイメージや思いを表現する
  • 伝承された踊りを見につけ、みんなで一緒に踊る

見て分かる通り、どの目標も組体操には合致しない。

本来の表現活動はそれぞれの児童が思い思いに踊ることであり、教師の決めたとおりに動く集団行動では断じてない。

その証拠に、ほとんどの学校で組体操が行われているにも関わらず、組体操の研究発表がされることは一切ない。

つまり、本来体育としてすべきでない活動を無理やり位置付け、子供に怪我や事故を負わせているのが実態なのだ。

「体つくりの運動」としても不適切

学校によっては、組体操を「体つくりの運動(体力を高める運動)」と位置付けている所もある。

しかし、「体のつくりの運動」の目的は「体の柔らかさや巧みな動きを高めること」

組体操とはかけ離れた内容で、こちらも到底位置付けられるものではない。

組体操が認められたのは昭和24年まで

昭和24年度の学習指導要領には、「組体操」が簡単に記載されている。

ただ、次の改訂である昭和28年度の学習指導にはすでに内容が削除され、それ以降は1度の起債もない。

60年以上も学習指導要領にない「組体操」を無理やり続けているのである。

指導時間にも大きな問題

組体操は1時間や2時間で指導できるモノではない。

全体として10~15時間ほど時間は必要であり、運動会自体も合わせると20時間以上に膨れ上がることも珍しくない。

それに対して、体育の時間は年間90時間程度(小学校高学年)。

つまり、年間の1/5もの時間を費やして教育外の内容を指導しているのである。

男子・女子を明確に分けることも問題

組体操は体と体が触れ合う演技でもある。

そのため、男子・女子を明確に分けて技を組み立てていかなければならず、LGBT(性的マイノリティ)への配慮も考えられていない。

ある意味、長時間かけて性差別を子供たちに植え込んでいるとも言えるではないだろうか?

POINT
本来教えるべき内容を省略・削除して、組体操の指導に時間が費やされていることこそが問題。

【まとめ】組体操の代わりなどいくらでもある

運動会

組体操の問題点をもう一度まとめる

POINT

  • 事故が最も多発するのは2人技、死亡者も出ている
  • 組体操の実施については、国連から勧告を受ける可能性がある
  • 組体操に学習上の根拠はなく、学習指導要領違反である

学習指導要領にのっとらない活動を実施している以上、怪我や事故の責任を負うのは指導者の教師である。

それでもなお「組体操」を続けていくのが正しいのか、教育者としての見識が問われている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。