【限定】間取りプランを無料で手に入れる方法

【30坪のアパート建築費用は嘘】賃貸併用住宅の間取りは?

アパート

「30坪の土地でも、アパートって建てられるのかしら…」

「賃貸併用住宅にする場合、どんな間取りにしたらいいの…」

狭い土地の活用方法して、今評判を集めているのが「アパート建設」。

アパートを建設すれば、資産価値も上昇し、毎月安定収入を得ることができるようになります。

敷地30坪のアパートについて、あなたに伝えたいことは3つ。

POINT

  • 同じ30坪の土地でも、地域によって建てられるアパートの大きさが違う
  • 都市部で建てようとすると、ワンルーム条例に引っかかる可能性大
  • 賃貸併用住宅にすれば、安い金利の住宅ローンが借りられる

ただ、狭い土地には制約も多く、思うようなアパートを建てられない方が多いのも事実…。

建築会社が教えない、狭小アパートの真実に迫っていくことにします。

30坪の土地だと、どれくらいのアパートが建てられるのかしら?

土地30坪のアパート建設は「建ぺい率」に注意

マンション容積率建ぺい率
出典:SEIWA

「建ぺい率」とは、「土地面積の何%まで建物を建てていいか」を定めたもの。

同じ30坪の土地でも、

  • 建ぺい率30%⇒9坪
  • 建ぺい率80%⇒24坪

と、「建ぺい率」によってマンションの大きさが全く違ってきます。

「建ぺい率」は地域によって差がありますが、

  • 都市部:80%
  • 住宅街:30~60%

に設定されていることがほとんどです。

土地の「容積率」にも注意

「容積率」とは、「土地面積の何%まで延べ床面積が認められるか」を定めたもの。

同じ30坪の土地でも

  • 容積率200%⇒延床面積60坪まで
  • 容積率500%⇒延床面積150坪まで

と、「容積率」によってマンションの高さが全く違うモノに。

住宅街ほど「建ぺい率」・「容積率」が低いので、低層アパートしか建てられない地域も多くあります。

POINT
土地の広さが同じでも、地域によって建てられるアパートは大きく違ってきます。
実際にアパートを建てたら、どれくらいのお金がかかるのかしら?

30坪のアパート建築費用(木造や軽量鉄骨造)は?

アパートの坪単価は、構造体によって大きく違ってきます。

骨組構造 坪単価
木造(W) 40~60万円
軽量鉄骨造(S) 50~70万円
重量鉄骨造(S) 60~80万円
鉄筋コンクリート造(RC) 70~100万円
鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC) 60~80万円
コンクリートブロック造(CB) 80~100万円

3階建てアパートの建築費用

30坪の土地(建ペイ率60%)に、3階建てのアパートを建てた時の費用相場は次の通りです。

構造 土地30坪
木造 2160~3240万円
軽量鉄骨 2700~3780万円
重量鉄骨 3240~4320万円
鉄筋コンクリート造 3780~5400万円
鉄骨鉄筋コンクリート造 3240~4320万円
コンクリートブロック造 4320~5400万円

POINT
30坪のアパートの場合、「木造」か「軽量鉄骨」を選ばられる方がほとんどです。

関連 【50坪のアパート建築費用は嘘】軽量鉄骨に最適な間取りは?

30坪のアパートの部屋数は?

インテリア

30坪の土地でアパートを建てると、1フロアの床面積は約18坪(約60㎡)となるのが一般的。

18坪(60㎡)の床面積なら

  • ワンルームや1K(25㎡):1フロアで2戸
  • 1LDK(40~50㎡)以上:1フロアで1戸

の部屋数を確保するのがやっと。

特に「変形敷地」の場合には、土地の形を活かした間取りのプランニングは欠かせなくなります。

ワンルーム条例に注意

東京などの都市部では、ワンルームアパート建設が条例で規制させている場合があります。

というのも、大学生や年収の低い住人が多くなってしまうと、住民税が地方に入ってこないから。

東京の豊島区など、1戸あたり50万円の課税をされる場合もあります。

地域によって規制の有無や内容が違うので、それぞれの自治体に確認することが大切です。

POINT
30坪の土地にアパートを建てる場合は、地域のニーズに合った間取りにすることが大切です。
賃貸併用住宅にしようと思うんだけど、どんな間取りにしたらいいの?

賃貸併用住宅のおすすめ間取り集

家 間取り

30坪のアパートの場合、賃貸併用住宅を建てられる方が多くなっています。

賃貸併用住宅とは…

自分が住む居住スペースと人に貸す賃貸スペースが共存している物件のこと

賃貸併用住宅を建てる時に、ぜひ参考にして欲しい間取りは次の3つです。

① 18坪の賃貸併用住宅の間取り

30坪賃貸併用住宅間取り
出典:BLISS

建築費用 3500万円
工法 軸組工法(在来工法)
敷地面積 60㎡(18坪)
延床面積 126㎡(38坪)

18坪の敷地を利用した都市部に建つ賃貸併用住宅で、

  • 1階に2部屋の賃貸住宅
  • 2階・3階をオーナーの住居

という間取りになっています。

賃貸部分はコンパクトな1ルームながら、独立型のバスルームを設置。

ロフトベッドを採用することで、ベッド下のスペースを有効活用することが可能になっています。

② 30坪の賃貸併用住宅の間取り

賃貸併用住宅間取り
出典:nomu.com

建築費用 9500万円
構造 鉄骨造(4階建て)
土地面積 87㎡(26坪)
延床面積 166㎡(50坪)

2階・3階の1部分を「1K」の賃貸住宅としている間取り。

狭い土地ながら、鉄骨造にすることで4階建てを実現し、

  • 駐車スペースのある地下室
  • サンルームのある屋上

と、スペースを最大限有効活用しているのが特徴です。

③ 60坪の賃貸併用住宅の間取り

賃貸併用住宅間取り
出典:サンヨーホームズ

工法 鉄骨造(3階建て)
敷地面積 207㎡(62坪)
延床面積 302㎡(91坪)

60坪の敷地に建つ賃貸併用住宅で、

  • 1階に1LDKを2つ
  • 2階に2LDKを2つ

の間取りとなっています。

1階に賃貸4邸分の共有ポーチを設置。

共有部分を最小限にすることで、部屋を広く取ることができ、管理費の負担も少なくなります。

また、「1LDK」や「2LDK」の少し広い間取りにすれば、家賃も高く設定可能。

カップルやファミリーなら長期間入居してくれるので、アパート経営も安定します。

POINT
「賃貸併用住宅」にすれば、金利の低い住宅ローン融資も受けられ、費用負担を軽くすることもできます。
「建築費」以外に、どんなお金が必要になってくるのかしら?

アパート経営にはさらに多くの費用が必要

建築費 内訳

坪単価で計算される建築費は、あくまで本体工事費のみ(全体の70%ほど)。

本体工事費とは、アパートやマンションなどの建物を建てる際の工事費用のこと

実際にアパートを建てようとすると

  • 別途付帯工事費(全体の20%ほど)
  • 諸費用(全体の10%ほど)

が別に必要になってきます。

本体工事費の内訳(全体の70%)

仮設工事費、基礎工事費、木工事費、屋根・板金工事費、外装工事費、サッシ・ガラス工事費、タイル・左官工事費、断熱・気密工事費、木製建具工事費、金物工事費、電気・水道工事費空調工事費、防腐・防蟻工事費、内装仕上げ工事費、住宅機器設備工事

別途工事費の内訳(全体の20%)

外構工事費、解体・伐採費、建築確認申請手数料、引き込み工事、敷地測量費、地盤調査費、地盤改良工事費、設計・監理料

諸費用の内訳(全体の10%)

印紙税、登録免許税、不動産取得税、登記手数料、融資手数料、団体信用生命保険、火災保険料、固定資産税、都市計画税

POINT
本体工事費(坪単価)の2~3割増しの費用を見積もっておくことが大切です。

関連 【マンション建設費用の内訳ガイド】建築費や坪単価以外に必要なお金とは?

建築費をもっと安くする方法って、ないのかしら?

「シュミレーション」をすれば、アパートがいくらで建てられるか分かる

タウンライフ土地活用

坪単価で建築費用を考えても目安にしかならず、実際にはほとんど役に立ちません。

本当の建築費用を知りたければ、それぞれの建築会社に見積もりを取ることが大切。

今、アパートの見積もりを取りたい方に人気のサービスが、3分で一括請求できる「タウンライフ土地活用」。

「タウンライフ土地活用」を利用すれば、

  • 地域に合った「土地活用プラン」
  • 建築費用などの「お見積り・収支計画書」
  • 活用地周辺の「市場調査書」

という3つの土地活用計画書を無料で、全国200以上の建築会社から取り寄せることができます。

実際に「タウンライフ土地活用」を利用して分かったメリットは5つ。

POINT

  1. 資料がもらえるだけでなく、経験豊富なプロに相談まで出来る
  2. 土地を持っていない方には、土地の提案までしてくれる
  3. マンション経営から土地売却まで、幅広いプランに対応
  4. 優良企業しか加盟できないので、安心して利用できる
  5. 期間限定キャンペーン実施中なので、今が最大のチャンス

サポート体制が充実しているので、初心者でも安心して利用できるのが「タウンライフ土地活用」の特徴です。

関連 【安い建築費のアパートは危険】相場より格安になる理由とは?

相見積もりを取れば建築費も安くなる

タウンライフ土地活用

アパートの価格が高くなるのは、広告費や人件費も大きな原因。

大手建築会社になれば、建設費の半分は広告・宣伝費だと言われています。

ただ、広告費や人件費分は値引きもされやすく、相見積もりを取れば3000万円以上の値引きも可能になってきます。

POINT
「タウンライフ」で相見積もりを取れば、安くて品質の高いマンションを建てることができます。

関連 【タウンライフ土地活用の評判・口コミは嘘】土地探しから可能って本当なの?

【まとめ】アパートはいくらで建てられる?


アパートの建築費についてまとめます。

POINT

  • 同じ30坪の土地でも、地域によって建てられるアパートの大きさが違う
  • 都市部で建てようとすると、ワンルーム条例に引っかかる可能性大
  • 賃貸併用住宅にすれば、安い金利の住宅ローンが借りられる

本当の建築費用を知りたいなら、「タウンライフ土地活用」の利用は必須だと言えますね。

 

信頼できるパートナーを見つけたいなら、おすすめできます。

▼公式サイトへ▼

参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。