【限定】間取りプランを無料で手に入れる方法

【設計事務所(建築家)の選び方ガイド】探し方のおすすめ方法は?

設計事務所 建築家

「どうやったら、理想の建築家に出会えるのかしら…」

「いい建築家を見分けるには、どこをチェックしたらいいのかしら…」

よりデザインにこだわった家を建てたいなら、建築家に依頼するのがおススメ。

私も多くの建築家と会って話をすることで、理想の家を完成させることに成功しています。

建築家の探し方や選び方について、あなたに伝えたいことは3つ。

POINT

  1. 「一級」・「二級」など、資格で実力を判断するのは間違い
  2. 建築家が見つかりにくいなら、「マッチングサイト」の利用がおすすめ
  3. 建築家選びで1番重要なのは「コミュニケーション能力」

ただ、建築家の選び方を間違えてしまい、裁判などのトラブルに発展する方が多いのも事実…。

事務所のホームページでは分からない、建築士の真実に迫っていくことにします。

建築家に依頼すると、どんなことをしてくれるの?

「設計事務所(建築家)」の特徴とは

設計事務所とは、「建築士」の国家資格をもつ建築家が運営する事務所のこと。

設計事務所では、主に次の3つの業務をこなしています。

設計事務所の仕事
  • 設計業務
  • 工事完了業務
  • 手続き申請業務

設計士事務所の家づくりでは、

  • 設計⇒建築家
  • 施工⇒工務店

というように、設計と施工で別々の契約を結ぶのが特徴。

つまり、設計事務所に仕事を依頼すると、地域の工務店とタッグを組んで家づくりを進めていくことになります。

【ハウスメーカーvs建築家】どっちに依頼したらいいの?

チェック

「ハウスメーカー」と「建築家」の主な違いは次の通り。

横にスクロールできます⇒

メリット デメリット
ハウスメーカー 安心感がある
工期が早い
品質が安定している
建築費が高い
設計の自由が低い
実際に施工するのは下請け
建築家 設計の自由度が高い
変形地にも対応可能
設計料が別に必要
打ち合わせに時間がかかる

ハウスメーカーは基本プランをベースに家づくりをするので、設計の自由度は低いのが現実…。

逆に、建築家は建主の要望を元に一から設計図を仕上げていくのが特徴。

打ち合わせに多くの時間はかかりますが、「細部までこだわりたい」と思う方は設計事務所への依頼がおすすめです。

「一級建築士」と「二級建築士」の違いは?

チェック

「建築士」の資格には、

  • 一級建築士
  • 二級建築士
  • 木造建築士

の3つがありますが、主な違いは次の通りです。

資格 設計できる建物 認可
一級建築士 制限なし 国土交通省
二級建築士 戸建住宅
(木造なら3階建てまで)
都道府県知事
木造建築士 2階建て以下の木造住宅
(延床面積300㎡以下)
都道府県知事

「一級建築士」は、大規模な国家的プロジェクトに必要な資格。

一般的な戸建て住宅については、「一級建築士」と「二級建築士」に違いはありません。

むしろ、戸建て住宅を専門に扱う「二級建築士」の方が経験豊富な場合も多くあるので、「資格のみ」で判断するのは間違いです。

POINT
建築士を選ぶ時には、資格よりも「どんな経験を積んで来ているか」に注目することが大切です。

どうやったら、いい建築家に巡り会えるのかしら?

「設計事務所(建築家)」の探し方

建築家設計事務所探し方

建築家を自分で探すなら、次の4つの手段がおすすめです。

  1. 「建築士紹介(マッチング)サイト」を利用する
  2. ネットワークで建築家のホームページを探す
  3. 「インスタグラム」や「Pinterest(ピンタレスト)」を利用する
  4. 住宅雑誌をチェックする

1 「建築士紹介(マッチング)サイト」を利用する

sumika

ネットで探す場合は、「建築家紹介サイト」を利用するのが便利。

建築家の評判や口コミも掲載されていて、選ぶ時の大切な材料にもなっています。

ただ、建築家紹介サイトを利用すると「紹介料」などの料金が発生する場合があるので注意してください。

2 ネットワークで建築家のホームページを探す

設計事務所 探し方

googleなどの検索サイトに「○○市 建築家」と打ち込めば、それぞれの地域にある設計事務所の情報を得ることができます。

設計事務所のホームページを見る時は、建築家が手掛けた過去の作品をチェックすることが大切。

過去の作品集を見れば、建築家が得意としている家づくりの特徴を知ることができますよ。

3 「インスタグラム」や「Pinterest(ピンタレスト)」で事例を探す


最近では、建築家の多くが「インスタグラム」や「Pinterest」を利用して、自分の設計した住宅を発信しています。

SNSで検索するなら、「#(ハッシュタグ)」の利用がおすすめ。

  • #建築家の個人名
  • #設計事務所の名前
  • #建築家
  • #注文住宅
  • #吹き抜け

など、あなたの気になるテーマで検索すると、好みの建築家が見つかるはずです。

4 住宅雑誌をチェックする

建築家 住宅雑誌

住宅雑誌にも建築家の作品が掲載されているので、探す時のアイテムとしておすすめです。

おすすめの住宅雑誌
  • CasaBRUTUS(カーサブルータス)
  • 建築知識
  • モダンリビング(MODERN LIVING)
  • I’m home(アイムホーム)
  • 商店建築
  • 日経アーキテクチュア

特に売上№1の「建築知識」は要チェック。

著名な建築家の間取りのポイントも載っているので、設計に悩んでいるならぜひ目を通してください。

POINT
過去に手掛けた住宅を見れば、「あなたに合った建築家かどうか」がすぐに分かります。

建築家の仕事ぶりを知りたい時って、どうしたらいいの?

優良な「設計事務所(建築家)」の選び方

設計事務所建築家選び方

建築家を選ぶ時には、次の3つのポイントをチェックすることが大切です。

  1. 設計能力は「オープンハウス」で分かる
  2. 実際に会って「コミュニケーション能力」を知る
  3. スケジュールや管理能力を知る

1 設計能力は「オープンハウス」で分かる

リビング

サイトで過去の作品をチェックすることは大切ですが、ネットの情報に頼りすぎるのも問題。

本当の設計能力を知りたいなら、「オープンハウス」に参加すること1番。

実際の家を見学して、

  • 風の流れ・光の入り方
  • 素材の手触り・匂い
  • 間取り・動線の細かい配慮

などをチェックすれば、写真では分からない建築家の本当の実力を知ることができます。

オープンハウスは事前予約制

オープンハウス見学には、「事前申し込み」が必要なことがほとんど。

設計事務所のオープンハウスは開催の1週間~2週間前に決まることが多いので、ホームページの情報をこまめにチェックすることが大切です。

2 実際に会って「コミュニケーション能力」を知る

住宅

建築家との付き合いは家を建て終わった後も続くので、性格や相性はとても重要。

実際に会って話をし、建築家の「コミュニケーション能力」を知ることは、理想の家づくりには欠かせません。

契約を結ぶのは実際に設計をする段階になってからなので、面談をしたからと言って契約する必要は一切ありません。

また、「最初の面談は無料」にしていろ設計事務所がほとんどです。

たとえ、設計する家がステキでも

  • 話を聞いてもらえない…
  • 緊張して本音で語れない… 

など、「会話がしにくい」と感じたなら、設計士を変えた方がいいかもしれません。

ファッション(服装)で判断するのはNG

服装

大手建築事務所であれば、スーツやオフィスカジュアルな服装の方がほとんど。

ただ、小規模な設計事務所だと自由な服装が多く、

  • Tシャツや短パン
  • 茶髪でボサボサな髪型

など、ラフな格好の建築士を見かけることも。

建築家はクリエイティブな仕事なので、見た目や恰好で判断しても意味はありません。

3 スケジュールや管理能力を知る

カレンダー

建築家との最初の面談では、次の6つの点を確認することも大切です。

建築家に確認すべき内容
  1. 土地探しの相談にのってもらえるか?
  2. 打ち合わせの回数は何回か?
  3. 現場監督はやってくれるのか?
  4. 家づくりのスケジュールや工期は?
  5. 設計料はどれくらいか?
  6. 支払いのタイミングは?

① 土地探しの相談にのってもらえるか?

建築家によって、

  • 土地探しから付き合ってくれる
  • 土地の契約が済んでから設計を受ける

という、2つのパターンに分かれます。

家づくりに土地選びは欠かせない要素なので、土地探しを依頼できる建築家だと安心です。

② 打ち合わせ回数や間取りの変更は何回?

設計事務所によって対応の仕方は様々で、

  • 上限を〇回までと決めている
  • 基本的には〇回、要望によって増減
  • 納得がいくまで何回でも

など、打ち合わせの回数も大きく違ってきます。

「あなたが設計にどれだけ時間をかけたいか」も、建築家選びの大きな要素になっています。

③ 現場監督はやってくれるのか?

建築家にとって「工事の施工管理」は大切な仕事ですが、設計しか請け負わない事務所も…。

家の完成まで責任をもってくれるのか」は、必ず確認したいポイントの1つです。

④ 家づくりのスケジュールや工期は?

ハウスメーカーと建築事務所では、家づくりにかかる期間が大きく違います。

家が完成するまでの期間
  • 建築事務所:1年~1年半
  • ハウスメーカー:3ヶ月~6か月

完成までのおおまかな流れと時間を確認しておくと、安心して家づくりに取り組めます。

⑤ 注文住宅の設計料はどれくらいか?

建築事務所の場合、設計料(設計管理料)は工事費の10~15%ほどが相場。

ハウスメーカーの場合、設計料は5%前後が相場です。

ただ、有名建築家になるほど高い設計料がかかり、最低設計料を設けている場合も。

事務所が「どんな料金体系を設定しているのか」を確認しておくことが大切です。

全体的な予算も把握しておく

実例を見せてもらいながら、実際の工事費用を聞いておくことも大切。

おおまかな相場を知っておけば、見積もりが出てから慌てることもなくなります。

⑥ 支払いのタイミングは?

設計事務所に家づくりを依頼する場合、

  • 設計料⇒設計事務所
  • 工事費⇒工務店

と、お金の支払い先が2つになります。

建築費は3~5回に分けて費用を支払うのが一般的です。

「どの時点で・どれくらいの費用を支払うのか」まで確認しておくと、住宅ローンを組む時にも役立ちます。

POINT
建築家と「きちんとコミュニケーションできる関係を築けるかどうか」が、最重要ポイントです。

【まとめ】優良な「設計事務所(建築家)」の選び方・探し方

契約
建築家の探し方や選び方についてまとめます。

POINT

  1. 「一級」・「二級」など、資格で実力を判断するのは間違い
  2. 建築家が見つかりにくいなら、「マッチングサイト」の利用がおすすめ
  3. 建築家選びで1番重要なのは「コミュニケーション能力」

注文住宅の価格が高くなるのは、広告費や人件費も大きな原因。

ただ、広告費や人件費分は値引きもされやすく、300万円以上の値引きをされることも…。

相見積もりを取れば、安くて品質の高い注文住宅を建てることができますよ。

>>>【注文住宅一括見積もりランキング】口コミに隠されたデメリットは?

あなたに合った理想の注文住宅を手に入れる方法

家

注文住宅を建てると生活が快適になりますが、デメリットも多く失敗しがち。

失敗しやすい注文住宅を成功に導く一番のコツは

設計にとことん時間をかけること。

 

特に間取りは大切で、家族の要望に合わせた部屋の配置が大切になってきます。

思い悩み、家づくりがなかなか進まなかった私が頼ったのが「タウンライフ家づくり」。

タウンライフ

「タウンライフ家づくり」では、あなただけの「オリジナルの家づくり計画」を複数のハウスメーカーが提案してくれます。

実際に「タウンライフ家づくり」を利用してみて、あなたに伝えたいメリットは5つ。

POINT

  1. 無料でわずか3分、すべてネットで申し込むことができる
  2. 大手22社を含む600社以上のハウスメーカーから選べる
  3. 注文住宅専用の間取り図や資金計画、土地情報まで手に入る
  4. 見積もりを他社に見せることで、大幅な値引きを引き出せる
  5. 期間限定のプレゼントキャンペーン実施中

 

しかも、選べる600社の中には大手22社のハウスメーカーも含まれています。
ハウスメーカー

 

私が何よりもうれしかったのは、要望をくみ取った間取りを作成してくれる所。

タウンライフ

 

実際に、積水ハウスさんからこんなステキな間取りをいただいています。

積水ハウス間取り図

強引な勧誘がないか」と心配していましたが、私の所には1本の電話もかかってきていません(メールでの勧誘はあります)。

▼私の体験談▼
【タウンライフ家づくり】の評判や口コミは?資料請求で分かる5つのメリット・デメリット

 

他社の見積もりがあるおかげで、700万円以上の値引きに成功した人もいて話題になっていますよ。

 

あなたが理想の注文住宅を手に入れたいのなら、おすすめできます!

▼公式サイトはこちら▼

参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。