【限定】間取りプランを無料で手に入れる方法

【大木製作所布団バサミをレビュー】ニトリステンレスばさみとの違いは?

大木製作所ステンレス布団バサミ

「大木製作所の布団バサミって、『ニトリ』とどこが違うの…」

「ステンレス製に変えると、何がいいのかしら…」

生活雑貨にこだわる方に人気なのが大木製作所「ステンレス布団バサミ」。

私も実際に大木製作所の商品を愛用、10年以上1度も壊れることなく使い続けています。

大木製作所「ステンレス布団バサミ」について、あなたに伝えたいことは3つ。

POINT

  1. 質の高いステンレス製なので、20年以上使い続けられる
  2. 挟む力が強力で、太い手すりでも問題なく使うことができる
  3. 上品なデザインなので生活感が出ず、インテリアに溶け込んでくれる

ただ、「大木製作所」の評判の中には、「使いずらい」なんて気になる口コミも…。

公式サイトでは分からない、「大木製作所」の魅力に迫っていくことにします。

実際に使っている人は、どう思っているのかしら?

目次

ブログで判明!大木製作所「ステンレス布団バサミ」の口コミを大公開

口コミ

実際に大木製作所「布団バサミ」を使用している人の声を聞くと、良い口コミ悪い口コミの両方が…。

両方の口コミを包み隠さず明らかにしていきます。

大木製作所「布団バサミ」の悪い評判・口コミ

日本製ではありませんでした(30代の口コミ)

製造国を調べてみると「日本製」ではなく「台湾製」。

外国製なので最初は少し心配でしたが、とっても使いやすく品質も申し分なし。

安価な中国製とは全然違いますよ。

収納場所に困ります(40代の口コミ)

大型の布団バサミなので、収納には注意してください。

まず必要数分が入る収納場所を確保してから、買った方がいいかな。

それと、ステンレス製なので、プラスチック製よりも重たいのは事実です。

やっぱり値段が高いです(20代の口コミ)

製品には満足していますが、「プラスチック製の布団バサミ」に比べるとやっぱり高いです。

家族全員分の布団を干すためにたくさん買ったんですが、10個で1万円を超えてしまいました。

POINT

  • 大型の布団バサミなので、収納場所に困ってしまう
  • 全部揃えようとすると、かなりの金額になる

大木製作所「布団バサミ」の良い評判・口コミ

劣化しないから割れる心配もなし(40代の口コミ)

プラスチック製だと何度も買い替えないといけないので、大木のステンレス製にすることに。

もう10年以上使っていますが、サビや劣化もなく、新品の時と同じように使えています。

値段が高いのは確かですが、結果的には安上がりですよ。

片手でも扱えます(30代の口コミ)

大木製作所の中でも、私が特に気に入っているのが「DX」タイプ布団バサミ。

片手で布団を挟むことができ、取り外すのも片手で十分。

サッと使えるから、家事を時短したい人には特におススメです。

挟む力も強いから、強風でも安心(40代の口コミ)

マンションの高層階に住んでいるんですが、「布団が落ちないか」がいつも心配でした。

ただ、大木の布団バサミは挟む力が強いので、風の強い日でも安心して干せています。

強力なのに軽い力でも開いてくれるから、使い勝手もいいですよ。

生活感が出ないのがいいですね(20代の口コミ)

プラスチック製の安っぽい雰囲気が嫌で、ステンレス製にすることに。

他のメーカーとも比べてみたんですが、正直言ってステンレス製の質が全然違います。

シンプルで上品なデザインだから、外から見られても全く気になりません。

POINT

  • 10年以上使えるので、何度も買い替えるより結果的には安上がり
  • 挟む力は強いのに、軽い力で簡単に扱うことができる
大木製作所(Ohki) 布団ばさみ シルバー 8.5×15×H31cm

大木製作所(Ohki) 布団ばさみ シルバー 8.5×15×H31cm

1,426円(09/28 16:23時点)
Amazonの情報を掲載しています
ステンレス製にすると、どんなメリットがあるの?

大木製作所「ステンレス布団バサミ」vs「プラスチック布団ばさみ」

布団バサミ

大木製作所「ステンレス布団バサミ」と、一般的な「プラスチック布団ばさみ」の違いは次の3つです。

  1. ステンレスは割れる心配がない
  2. ステンレスの耐用年数は20年以上
  3. ステンレスの質も違います

1 ステンレスは割れる心配がない

プラスチックは、

  • 太陽の紫外線
  • 雨水
  • 気温の変化

などの外部刺激に弱いのが特徴。

最初はキレイな見た目も次第にボロボロになり、ある突然パキッと割れる事態に…。

しかも、安価なプラスチック製品ほど質が悪いので、すぐに買い替えることになってしまいます。

2 ステンレスの耐用年数は20年以上

「ステンレス」と「プラスチック」では耐用年数が大きく違います。

耐用年数の目安
  • プラスチック:3~4年ほど
  • ステンレス:20年以上

しかも、ステンレス製は外からの刺激に強いので、屋外の使用でも長持ち。

1度購入すれば、何十年も使い続けることができます。

3 ステンレスの質も違います

大木製作所は、ステンレスに「ニッケル」を配合しているのが特徴。

ニッケルはステンレスの表面に膜を作ってくれるので、さらに耐久性がアップ

しかも、ニッケルには「消臭効果」も期待できるので、嫌なニオイも軽減してくれます。

横にスクロールできます⇒

大木製作所
18-8ステンレス(SUS304)
一般的なステンレス
18ステンレス(SUS430)
構成 鉄+クロム18%+ニッケル 鉄+クロム18%
サビ 非常にサビにくい サビにくい
消臭効果 あり なし
強度 とても強い 強い
他のメーカーのモノと比べて、何が違うのかしら?

ニトリと違い「大木製作所布団バサミ」は強力で飛ばない

大木製作所「布団バサミ」の特徴はバネの力が強いこと。

しかも、挟む力は強いのに広げる時は軽い力でOK。

布団を直接挟む部分も幅広設計なので、しっかり布団をホールドしてくれます。

POINT
  • プラスチック製:3~4㎝
  • 大木製作所:8.5㎝

幅広だから「太い手すりで挟めない」心配もなし

大木製作所「布団バサミ」の最大開き幅は25㎝。

太い手すりでも、問題なく使えるようになっています。

また、上部の厚みが

  • プラスチック製:5㎝
  • 大木製作所:2㎝

と薄く出来ているので、布団の奥までしっかり挟み込むことが可能に。

先端が丸い形状になっているので、布団に跡が残ることもありません。

POINT
実用性とデザイン性を兼ね備えているのが「大木製作所」の特徴です。
大木製作所の「布団バサミ」って、どんな種類があるのかしら?

大木製作所「ステンレス布団バサミDX」は使い方が簡単

大木製作所ステンレス布団バサミDX

「DX」タイプの特徴は、左右のアーム部分の長さが違い、片手で操作できるようになっていること。

また、長い方が家の外側になるので、ベランダから布団が落ちる心配も少なくなってます。

ただ、

  • 同じバネを使っているので、挟む力は変わらない
  • 最大開き幅は同じ25㎝

と、性能自体は一緒です。

大木製作所布団バサミのサイズ

大木製作所ステンレス布団バサミ

2つの布団バサミのサイズは次の通り。

普通タイプ DXタイプ
寸法 幅 8.5×奥行 15×高さ 31㎝ 幅 8.5×奥行 15×高さ 43cm
重さ 380g 390g
開き幅 25㎝ 25㎝

布団バサミは2個セットが基本

大木製作所ステンレス布団バサミ

風で飛ばされないようにするためには、布団の両側を挟むことが重要。

出来れば2個セットで買うことをおすすめします。

POINT
高層マンションなど、布団が飛ぶ心配が大きいなら「DX」タイプがおすすめです。
「ステンレスハンガー」の注意点って、何があるのかしら?

「ステンレス布団バサミ」のデメリットは2つ

デメリット

ステンレス布団バサミを買う時の注意点は2つです。

  • 値段(価格)が高い
  • 大型なので収納が難しい

1 値段(価格)が高い

他社のステンレスハンガーに比べて、大木製作所は約2倍の価格

アマゾンでの価格は次の通りです。

種類 価格(参考)
一般的な「ステンレス布団ばさみ」 1400円
大木製作所「ステンレス布団ばさみ」 2100円

高いように感じますが、1度買えば10年は持つのが「大木製作所」。

プラスチック製のハンガーを何回も買い替えるより、実は断然お得です。

2 大型なので収納が難しい

大木製作所「布団バサミ」は、他の布団バサミに比べて大型。

たくさん揃えるほど、収納場所の確保が難しくなってしまいます。

重さにも注意

プラスチック製に比べて重いのは確か。

1つ1つでは気になりませんが、1度にまとめて運ぶのは大変です。

POINT
大きなデメリットはなし。1度使うと他社の製品が使えなくなるほど高品質です。
大木製作所って、「布団バサミ」以外の商品はないのかしら?

大木製作所は「ステンレスハンガー」もおすすめ

大木製作所布団バサミ竿ピンチ

「布団バサミ」以外にも、大木製作所にはたくさんの人気商品があります。

実際に使って良かった商品をランキング形式で6つ紹介します。

1位 無印以上の「ステンレスピンチハンガー」

特許技術により、ピンチが絡みにくいのが大木製作所「ステンレスハンガー」

挟む部分が線状になっているので、布団に跡が付きにくいデザインとなっています。

関連 【大木製作所「ステンレスハンガーDL」の口コミは嘘】無印との違いは何?

2位 おしゃれな「ランドリーバスケット」

ランドリーバスケット

ランドリーバスケット

5,014円(09/28 16:23時点)
Amazonの情報を掲載しています
シンプルなデザインなので、お部屋のインテリアにも馴染みやすいのが特徴。

足が付いているので、衣類がベランダの床についてしまうこともありません。

3位 室内物干しに欠かせない「ランドリースタンド」

梅雨時花粉症など、外に干せない時に活躍するのが「ランドリースタンド」。

コンパクトに折りたため組み立ても簡単。

キャスター付きなので移動もスムーズです。

4位 コンパクトに折りたたみできる「バスタオルハンガー」

大木製作所(Ohki) 洗濯物ハンガー シルバー 15×47cm

大木製作所(Ohki) 洗濯物ハンガー シルバー 15×47cm

1,302円(09/28 16:33時点)
Amazonの情報を掲載しています
幅が70㎝以上あるので、バスタオルをシワなく広げて干すことが可能。

コンパクトに折りたためるので、収納場所に困ることもありません。

5位 使い勝手のいい「2段水切りかご」

大木製作所 水切りカゴ2段 シルバー

大木製作所 水切りカゴ2段 シルバー

9,900円(09/28 16:23時点)
Amazonの情報を掲載しています
高品質なステンレス製なので、キッチン用品にもおススメ。

角に丸みがあり切断面もないので、手を傷つける心配もありません。

6位 強風でも安心「竿用ピンチ(洗濯ばさみ)」

大木製作所(Ohki) 洗濯ばさみ シルバー 4.5×2×H9cm

大木製作所(Ohki) 洗濯ばさみ シルバー 4.5×2×H9cm

840円(09/28 16:23時点)
Amazonの情報を掲載しています
竿にそのまま挟めるので、風の強い日でも洗濯物がよれる心配なし。

凹凸がないピンチなので衣類を痛めることなく、しっかり挟むことができますよ。

POINT
ステンレスの質が高いので、水回りで使う時には間違いなく活躍します。
大木製作所の商品って、どこで造られているのかしら?

大木製作所のステンレス製品は「台湾製」

大木製作所 台湾製

大木製作所はステンレス加工の老舗メーカーです(1947年創業)。

大木製作所では、高い品質の製品をより安く提供するために、ステンレス商品の製造国を台湾に変更(2016年5月から)。

現在は、

  • 製造:台湾
  • 検品・最終仕上げ:日本

という形で販売しています。

大木製作所の会社概要

会社名 株式会社 大木製作所
住所 〒179-0081
東京都練馬区北町1-32-4
営業時間 月~金曜日 8:00~17:00
(土・日・祝休み)
電話番号 03-3931-0140
FAX 03-3931-0142
メール info-010955@ohki-tokyo.com
社長 大木和利
地図
POINT
日本で最終チェックをしているので、製造国が違っても品質は全く変わりません。

【まとめ】大木製作所「布団ばさみデラックス」を買うなら楽天やAmazonで

大木製作所「ステンレス布団バサミ」の特徴をまとめます。

POINT

  1. 質の高いステンレス製なので、20年以上使い続けられる
  2. 挟む力が強力で、太い手すりでも問題なく使うことができる
  3. 上品なデザインなので生活感が出ず、インテリアに溶け込んでくれる

生活用品にこだわりたい方にこそ、「大木製作所」はおススメ

大木製作所の商品は様々な店舗で取り扱っていますが、「楽天」や「Amazon」で購入するのが1番お得になっています。

 

人気商品のため、売り切れが続出!
お急ぎください。

大木製作所(Ohki) 布団ばさみ シルバー 8.5×15×H31cm

大木製作所(Ohki) 布団ばさみ シルバー 8.5×15×H31cm

1,426円(09/28 16:23時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。