【限定】間取りプランを無料で手に入れる方法

【三井のリパーク駐車場経営の評判は嘘】オーナーは本当に儲かるの?

三井のリパーク オーナー

「三井のリパークなら確実に儲かるって、本当なの…」

「オーナーからの苦情が多いのって、何が原因なのかしら…」

初めて駐車場経営に取り組む方に人気なのが「三井のリパーク」。

オーナーの数は年々増加、すでに16万台を超える運営実績を誇っています。

「三井のリパーク」について、あなたに伝えたいことは4つ。

POINT

  1. 毎月確実に収益が得られるので、リスクが驚くほど少ない
  2. 運営・管理はすべてお任せ、トラブルやクレームにもすべて対応
  3. 駐輪場運営もできるので、狭い変形地でも問題なし
  4. 工事期間はわずか1か月、すぐに駐車場経営を始められる

ただ、オーナーさん達の評判の中には、「手を出すのは危険」なんて気になる口コミも…。

公式サイトでは分からない、「三井のリパーク」の真実に迫っていくことにします。

「三井のリパーク」のオーナーさんって、実際にはどう思っているの?
三井のリパーク

目次

三井のリパークで駐車場経営しているオーナーの口コミを大公開

口コミ

「三井のリパーク」のオーナーさんの声を聞くと、良い口コミ悪い口コミの両方が…。

両方の口コミを包み隠さず明らかにします。

「三井のリパーク」の苦情やトラブル

思ったより出費がかさみました(40代の口コミ)

親から相続した土地を有効活用するために、「三井のリパーク」を始めることに。

「初期費用がほとんどかからない」と聞いていたんですが、解体費用はオーナー持ち。

家を取り壊すのに100万円もかかってしまったので、思った以上の出費になりました。

契約を断られました(50代の口コミ)

「三井のリパーク」に空き地の調査をお願いしたんですが、人通りがほとんどない地域なので契約を断られることに。

都市部や住宅街じゃないと駐車場経営は難しいかも。

仕方がないので太陽光発電でも始めようと思っています。

経営に口出しができません(30代の口コミ)

駐車場経営と言っても、実際には土地を「三井のリパーク」に貸し出しているだけ。

経営方針や駐車場の料金システムに口出しができません。

収益が確実にあるのは嬉しいんだけど、もっと私の経営アイデアを聞いて欲しいです。

POINT

  • 実際に駐車場を経営しているのは「三井のリパーク」側
  • 場所によっては「三井のリパーク」が利用できない

「三井のリパーク」の良いクチコミ

確実に儲かるのが嬉しいです(40代の口コミ)

以前にも駐車場経営をしたことがあったんですが、赤字ばかりが続いて辞めた経験が…。

でも「三井のリパーク」にしてからは黒字続き。

駐車する車が「0」の時でも、毎月同じ金額が振り込まれるからほとんどリスクなし。

来月には2つ目の駐車場もオープンする予定なので、これからの収益が楽しみです。

管理が行き届いていて、トラブル対応も早い(60代の口コミ)

「三井のリパーク」を始めたのは管理システムが整っているから。

すべての運営・管理を「三井のリパーク」がやってくれるから、正直ほとんどすることがない状態です。

機械にトラブルがあってもすぐに対応してくれるし、定期的に掃除や除草もしてくれるから、いつ見ても駐車場がキレイ。

あまりに簡単にお金が稼げるので、逆に不安になってしまいますよ。

狭小の変形地が自転車の駐輪場に(50代の口コミ)

駅前に土地を持っていたんですが、細長い変形地なのでほったらかし状態…。

そんな時「三井のリパークなら駐輪場経営もできる」と知って、さっそく申し込むことに。

最初は「本当に儲かるのかな?」と不安だったんですが、駅近ということで結果的にいつでも満杯状態。

駐輪場を造ったおかげで違法駐輪も少なくなり、地域の人からも喜ばれています。

営業さんが親身な人で安心しました(30代の口コミ)

「三井のリパーク」で1番嬉しかったのは、営業さんがとっても親身な人だったこと。

データを提示しながら説明してくれるから分かりやすいし、市独自の補助金システムまで把握していて細かい点までバッチリ。

駐車場経営が初めて不安だったんですが、安心してスタートすることができました。

POINT

  • 毎月同じ賃料が必ず振り込まれるので、リスクが驚くほど少ない
  • 運営・管理をすべて任せられるので、トラブルが起こっても安心

公式サイトへ【無料】「三井のリパーク」に資料請求

逆に、「三井リパーク」を利用している人はどう思っているの?

三井リパークは利用者にも評判

「三井リパーク」はツイッターなどのSNSでも評判を集めています。

「三井のリパーク」は料金も評判

「三井のリパーク」はバイク専用駐車場でも評判

「三井のリパーク」はイベント会場でも評判

POINT
「三井のリパーク」は利用者からの評判も高いので、駐車場経営も安心です。
どうしてみんな、駐車場経営に「三井のリパーク」を選ぶのかしら?

「三井のリパーク」のメリットは、賃貸料金が保証されていること

三井のリパーク

「三井のリパーク」を利用する大きなメリットは5つです。

  1. 収入が保証されている「一括借り上げ方式」
  2. 初期費用が無料
  3. トラブルやクレームにも対応
  4. 日本全国に展開できる巨大ネットワーク
  5. 解約は2か月前でOK

1 収入が保証される「一括借り上げ方式」

三井のリパーク

「三井のリパーク」では「一括借り上げ方式」を採用。

「一括借り上げ方式」とは

土地を一括して「三井のリパーク」に貸し出し、毎月決まった土地の使用料をもらうこと。

駐車場の売り上げが「0円」だったとしても、毎月賃料が支払われるので収益も安定。

「三井のリパーク」なら、赤字を心配することなく駐車場経営をすることが可能です。

駐車場がオープンするまでの賃料も支払われます

三井のリパークは「一括借り上げ方式」なので、駐車場ができるまでの賃料もお支払い。

「三井のリパーク」に貸し出した瞬間から、すぐに収益化できるようになっています。

2 初期費用が無料

三井のリパーク

本来、駐車場を開業するには初期費用が必要で、最低限の初期費用は次の通り。

項目 費用の目安
車止めブロック 10万円
ライン引き 5万円
フラップ板 10万円/1台
料金案内看板 10万円
満室表示器 20万円
監視カメラ 1万円/1台
料金精算機 65万円/1台
重機運搬費用 5万円/1回

ただ、「三井のリパーク」の場合は設備投資費用が無料。

お金をかけずに駐車場経営を始められるようになっています。

設計から施工まで「三井のリパーク」にお任せできるので、計画ミスなどの心配をする必要もありません。

電気代などのランニングコストも無料

駐車場の管理・運営はすべて「三井のリパーク」にお任せ。

  • 機械のメンテナンス
  • 電気料金
  • 集金

などのランニングコストも無料なので、追加費用を心配する必要がありません。

3 トラブルやクレームにも対応

三井のリパーク

機械トラブルや利用者からのクレームにも「三井のリパーク」がすべて対応。

コールセンターは24時間365日対応なので、問題が起こってもすばやく解決してくれます。

防犯カメラも標準設置

三井のリパーク

三井のリパークでは、「防犯カメラ」を標準設置。

人通りの少なくなる夜でも事故や犯罪が起きにくく、地域の治安も向上します。

4 日本全国に展開できる巨大ネットワーク

三井のリパーク

「三井のリパーク」は、北海道から沖縄まで日本全国で駐車場事業を展開。

これだけ大規模に展開できるのは、

  • 巨大ネットワークを活かした情報量
  • それぞれの地域で培った豊富な経験

を元に、あなたの土地に合う最適な駐車場活用案を提示してくれるから。

「三井のリパークが高い評価を受けている1つの証拠」だと言えますね。

停めやすい駐車場を追求

三井のリパーク

「三井のリパーク」の利用者が多いのは、駐輪場の設計にも力を入れているから。

  • 「乗り入れ」や「切り返し」のしやすいスペースの確保
  • 1週間に2度の定期的な清掃

など、豊富な実績から導き出された「三井のリパーク」だけの独自の基準で駐車場をデザインしてくれます。

5 解約は2か月前でOK

「三井のリパーク」は、2か月前に通知すれば解約することが可能。

すぐに解約できるので、アパートやマンション経営が始まるまでの短期間の土地活用としても有効です。

空き地のままだと、約6倍もの固定資産税がかかってくる場合があります。

POINT
「三井のリパーク」なら、どの駐車場経営よりも安定した収益を確保することが可能です。

公式サイトへ【無料】「三井のリパーク」に資料請求

「三井のリパーク」って、どんな駐車場を造ってくれるの?

三井のリパークは「月極」や「コインパーキング」まで対応

三井のリパーク駐車場

「三井のリパーク」の駐車場は、大きく3つの種類に分かれます。

  1. コインパーキング
  2. 月極駐車場
  3. 施設型駐車場

コインパーキング(時間貸し駐車場)

三井のリパーク コインパーキング

「三井のリパーク」では車室幅・車路幅に独自の基準を採用。

「とめやすい駐車場」としてリピーターが多いのが特徴です。

また、キャッシュレス化も進んでいて、利用する度に「Tポイントも貯められる」と評判になっています。

月極駐車場

三井のリパーク月極駐車場

三井のリパークは「ゲート式駐車場」を採用し、入出庫の不正を防いでいます。

状況によって、「コインパーキング」と「月極」を併用することも可能。

「料金滞納者への督促」も三井のリパークが代行してくれるので、わずらわしい作業も必要ありません。

施設型駐車場の実例

三井のリパーク施設型駐車場

「三井のリパーク」は、オフィスビルや病院など、施設型駐輪場の運営実績も十分。

最大の特徴は、稼働状況や利用状況を確認できる独自システム「Parking ProVision」を採用していること。

収益の最大化とコスト削減を同時に図ることが可能になっています。

POINT
経験と実績が豊富な「三井のリパーク」なら、どんな形の駐輪場経営にも対応することが可能です。
「三井のリパーク」って、どうしてあんなに利用者が多いの?

三井のリパークは予約サービス「toppi!」で使い方も簡単

三井のリパーク 予約

三井のリパークでは事前予約駐車場サービス「toppi!」を開始。

  • 1台分のスペースでも
  • 開いている日だけでも

駐車場経営が始められるようになっています。

事前予約システムのメリット

予約システム「toppi!」は利用者にも評判。

「予約システム」のメリット
  • 予約するだけで、すぐに駐車場を利用することができる
  • 予約は1日単位なので、何度も出し入れ可能
  • 連泊もできるので、旅行先での駐車場にもおススメ
  • 事前支払い制を採用、当日はお金のやりとりなし

事前予約システムは、「オーナー」にも「利用者」にもメリットの大きいシステムとなっています。

POINT
事前予約システムにより利用者が急増。空きスペースが少なくなり、さらに収益性がアップしています。

公式サイトへ「三井のリパーク」の事前予約システム

「三井のリパークなら駐輪場経営までできる」って、本当なの?

住宅街なら「三井のリパーク 駐輪場経営」もおススメ

三井のリパーク 駐輪場

三井のリパークは「時間貸し駐輪場経営」にまで対応。

  • 土地が狭く、形がいびつ
  • 全面道路が狭く、車が通りづらい
  • 線路沿いの長細い土地

など、活用しにくい土地でも収益を上げることが可能になっています。

「三井のリパーク」が「駐輪場事業」に乗り出したのは2003年から。すでに6万台以上の駐輪場を運営管理しています。

「セルフ式駐輪場機器」を導入

三井のリパーク 駐輪場

「三井のリパーク」では「セルフ式駐輪場機器」を導入。

  • ICカード・カードリーダー
  • 定期券発行・更新機
  • 月極ゲート機

などの最新機器の導入によって、24時間新規受付・更新が可能に。

無人化したサービスによって人件費の負担も少ないので、従来の駐車場経営よりさらに高い収益性を誇っています。

POINT
「駐車場」と「駐輪場」を併設すれば、さらに高い収益を上げることが可能です。

公式サイトへ「三井のリパーク」の駐輪場経営

「三井のリパーク」の問題点って、何なのかしら?

「三井のリパーク」のデメリットは収益が固定されていること

デメリット

「三井のリパーク」のデメリットは3つです。

  1. 収益が固定している
  2. 建物の解体費用がかかる
  3. 土地の状況に大きく左右される

1 収益が固定している

「三井のリパーク」では、駐車場の状況に関係なく決まった賃料をお支払い。

駐車場が満杯の状態で多くの収益を上げても、賃料が変わることがありません。

駐車場経営に絶対の自信があるなら、自分で経営した方が儲けが大きくなる可能性もあります。

三井のリパークでは、「業務委託方式」も採用しています。

2 建物の解体費用がかかる

駐車場を造るためのすべての費用を「三井のリパーク」が負担する訳ではありません。

  • 建物解体費
  • アスファルト塗装費
  • 外構費

の3つは、オーナー(あなた)が費用負担をすることに…。

特に大きいのが「解体費用」。

住宅を解体する場合、100~200万円ほどお金がかかるのが一般的です。

土地に建物がある場合は、思わぬ出費につながる可能性もあります。

3 契約を断られる場合がある

すべての土地で「三井のリパーク」が利用できるとは限りません。

駐車場経営は周辺環境に左右されるので、

  • 車や人の往来が少ない
  • 周辺に集客施設が少ない

地域だと、駐車場を造っても収益を確保することは不可能。

田舎の土地などでは、「三井のリパーク」を断られる場合も多くあります。

駐車場経営以外の土地活用をお考えなら「タウンライフ土地活用」の利用がおススメです。

POINT
「三井のリパーク」に心配するようなデメリットはなし。安心してお任せできます。

公式サイトへ【無料】「三井のリパーク」に資料請求

「三井のリパーク」を利用して、自分で経営していくことはできないの?

三井のリパークは『業務委託方式』も採用

チェック

三井のリパークでは「業務委託(管理受託)方式」を選ぶことも可能。

管理受託方式とは

管理業務だけを業者に委託。毎月の収入は契約数に比例するので、収益は変動します。

『一括借上方式』と『管理受託方式』の違いは次の通りです。

横にスクロールできます。

一括借上方式
(賃貸借契約)
管理受託方式
(業務委託契約)
運営主体 三井のリパーク オーナー
売上 三井のリパーク オーナー
初期費用の負担 三井のリパーク 三井のリパーク
賃料 一定額をお支払い なし
業務委託 なし 業務委託量をお支払い
(固定or変動)
日常管理 三井のリパーク 三井のリパーク
機器のメンテナンス 三井のリパーク 三井のリパーク
トラブル対応 三井のリパーク 三井のリパーク

業務委託方式になると、経営責任はオーナーに。

儲けは大きくなりますが、駐車料金が少なければ赤字になるリスクも出てきます。

POINT
駐車場経営に慣れていない方は、リスクの少ない「一括借上方式」をおススメします。

「三井のリパーク」って、どんな会社が運営しているの?

運営会社は「三井不動産リアリティグループ」

三井不動産リアリティグループ

「三井のリパーク」を運営するのは「三井不動産リアリティグループ」。

全国に「19か所の拠点」・「281店舗」を誇る巨大ネットワークを構築しているのが特徴。

など、様々な事業を展開している不動産業界のリーディングカンパニーでもあります。

「三井不動産リアリティグループ」のお問い合わせ先

会社名 三井不動産リアルティ株式会社
住所 〒100-6019
東京都千代田区霞が関3丁目2番5号 霞が関ビルディング9階
電話番号 03(6758)4060
資本金 200億円
社長 山代 裕彦
地図
POINT
大手企業のノウハウが詰まっているののが「三井のリパーク」の特徴です
「三井のリパーク」を始めようとしたら、どうしたらいいの?

三井のリパークの『お問い合わせ』から『明け渡し』までの流れ

「三井のリパーク」で駐車場経営を始めるまでの流れは次の通り。

POINT
  1. 無料申し込み
  2. 無料相談
  3. 調査・分析
  4. プランの提案
  5. 契約
  6. 着工から完成
  7. オープン・運営管理

「三井のリパーク」は工事期間が短いことでも評判。

契約から1か月ほどで駐車場をオープンすることが可能になっています。

工事期間中も「三井のリパーク」が賃料をお支払いします。

相談料は完全無料

「三井のリパーク」では無料相談を実施。

  • 駐車場経営って本当に儲かるの?
  • 駐車場業務の負担はないの?

など、経験豊富な専門家が、親身になって相談にのってくれます。

しつこい営業活動は禁止されているので、「契約を迫られる」なんて心配も一切ありません。

POINT
無料相談を実施しているので、駐車場経営の悩みや不安を気軽に相談することが可能です。

公式サイトへ「三井のリパーク」で無料相談

【まとめ】三井のリパークで土地活用する評価

駐車場

「三井のリパーク」の特徴をまとめます。

POINT

  1. 毎月確実に収益が得られるので、リスクが驚くほど少ない
  2. 運営・管理はすべてお任せ、トラブルやクレームにも安心
  3. 駐輪場にも対応しているので、狭い変形地でも問題なし
  4. 工事期間はわずか1か月、すぐに駐車場経営を始められる

初めての方でも安心して駐車場経営ができるのが「三井のリパーク」の特徴だと言えますね。

 

▼公式サイトへ▼
>>>「三井のリパーク」の資料請求してみる

三井のリパーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。