【限定】間取りプランを無料で手に入れる方法

【地鎮祭の準備ガイド】榊を用意するのは自分?ハウスメーカー?

地鎮祭

「地鎮祭をするなら、どんなモノを用意しないといけないの…」

「全部用意するのに、どれくらいの費用が必要なのかしら…」

神様を迎える大事な地鎮祭では、当然様々な準備が必要

ただ、準備物の確認ができておらず、トラブルに巻き込まれている人が多いのも事実です。

地鎮祭の準備物について、あなたに伝えたいことは3つ。

POINT

  1. 地鎮祭は総額で10万円前後の費用が必要になる
  2. 個人宅であれば、工務店へのお礼や食事代は必要なし
  3. 誰が・何を用意するのかの決まりはないので、事前確認が必須

建築会社が教えてくれない、「準備物」の真実に迫っていくことにします。

自分で用意するなら、どれくらいの費用がかかるのかしら?

地鎮祭で自分で準備するモノと費用

地鎮祭お供え物

地鎮祭で行う場合は、主に次の6つを用意するのが一般的です。

用意するモノ 費用
お供え物セット 5000円
初穂料 35000円ほど
お車代 1万円
工務店へのお祝い・お礼 1人3000円ほど
参加者への食事 1食2000円ほど
挨拶回りでの粗品・手土産 1つ500円

1 お供え物セット(5000円)

神様へのお供え物は、施主が用意するのが古くからの慣習

具体的には、次の7つのモノを準備します。

横にスクロールできます⇒

お供え物 中身
お酒 清酒(一升)に祝儀用の「のし紙」をつける
お米 洗米したお米を一合ほど
塩を一合、土地の清めにも使います
海の幸 尾頭付きの鯛+乾物(昆布・スルメなど)
山の幸 季節の果物(キノコ類でもOK)
野の幸(野菜) 地面の上にできるモノ(トマトなど)
地面の下にできるモノ(大根など)
水一合(180㏄)ほどをキレイな容器に入れる

お供え物を揃えるのにかかる費用は5000円~1万円ほどです。

最近は、ハウスメーカーや神主の方でお供え物を準備することが多くなっています。

関連 【地鎮祭のお供え物セットは7つ】魚や乾物はその後どうするの?

2 初穂料・のし袋(35000円)

初穂料は「神様にお供えするお金」のことで、神職への謝礼金の意味合いも。

初穂料の相場は2万円~5万円ほど。

お金を渡す時は、「のし袋(お祝儀袋)」に入れて渡すのがマナーです。

のし袋の書き方
  • のし袋の表面には「初穂料」と「氏名」を書く
  • 連盟にする場合は3名まで
  • 中袋の表面には「入れた金額」、裏面には「住所」と「氏名」

関連 【地鎮祭のし袋ガイド】ご祝儀用封筒の書き方は?中袋なしはOK?

3 お車代(1万円)

神職が自分の車で現地に来られる場合は、交通費として「お車代」を渡すことに。

お車代の相場は5000円~1万円。

ただ、「お供え物」を神職に用意してもらっているなら合わせて2万ほど渡すのが一般的です。

お車代は「初穂料」とは別に渡すがマナー。祝儀袋ではなく、「白封筒」に包むのが通例です。

関連 【地鎮祭のお金マナー】初穂料を渡すタイミングや両家へのお車代は?

4 工務店へのお祝い・お礼(1人3000円)

地鎮祭では、住宅メーカーの担当者も参列します。

ただ、参加者も地鎮祭で安全を祈願する立場なので、本来はお礼を渡す必要はありません。

どうしてもお礼を渡したい場合は、お金を直接渡すよりも、

  • 日本酒・ビールなどの酒類
  • 果物
  • 菓子折り

などを「手土産」として渡す方がスマートです。

5 参加者への食事(1食2000円)

地鎮祭後には「直会」を開くのが本来の流れ。

直会とは

神事の最後に、お供え物をおろし参加者でいただく行事。

お供え物を飲食することで、神様との結びつきを強くする意味もあります。

直会では、1食2000円ほどの仕出し弁当オードブルを頼むのが一般的です。

個人宅での地鎮祭は簡略化しているので、「直会」を開くことはほとんどありません。

関連 【地鎮祭の流れを完全ガイド】時間帯や挨拶の意味とは?

6 挨拶回りでの粗品・手土産(1軒500円)

地鎮祭後は、施工業者とご近所への挨拶回りをするのが通例。

「粗品」は施工業者が用意するのが一般的ですが、施工業者と別で挨拶回りをする場合は自分で「手土産」を用意することに。

粗品の相場は1つ500円~1000円ほどで、タオルなどの消耗品が人気です。

関連 【地鎮祭の挨拶回りガイド】言葉やご近所さんへの粗品も徹底解説

POINT
「参加者へのお礼」や「食事」まで合わせれば、10万円もの費用が必要になります。
施工業者や神主さんは、どんなモノを用意してくれるの?

地鎮祭で使う榊などは「ハウスメーカー(神主)」が用意

地鎮祭

ハウスメーカー(神主)が用意するモノは大きく2つです。

  1. 祭壇周り、式典用祭具
  2. テント・イス

1 祭壇周り、式典用祭具

地鎮祭を設営・運営するために必要なモノは、施工業者(神主)が用意するのが一般的です。

横にスクロールできます⇒

祭壇 神様を祀り、お供え物を捧げる壇のこと
榊(さかき)5本 祭壇の左右に立てたり、玉串として使います
升・湯呑 地鎮祭の最後にお神酒を参列者で頂く時に使います
紙コップで代用することも可能
半紙 お供え物下に置きます
半紙1帖(20枚)ほどが必要です
青竹・注連縄(しめ縄) 土地の四方を竹で囲い、注連縄を張り、神様をお迎えする聖域であることを示します
盛り砂(砂山) 土地に見立て砂を高く盛り上げたもの
バケツ3杯ほどの砂が必要です
鎌・鍬(くわ)・鋤(すき) 刈初・穿初の用具として使います
鎮め物 基礎工事の時に埋め、工事の安全を祈念します

セットでレンタルできます

祭壇回りの品や式典用具を自分で用意する場合も。

最近はセットや単品でレンタルできるようになっていて、費用相場は1万~5万円ほどになっています。

2 テント・イス

地鎮祭は屋外で行われるので、雨天の場合はテントを張ることになります。

  • 地面がぬかるむ場合はブルーシートを敷く
  • 大規模になると、テント回りを紅白幕で覆う

などをすることも。

レンタル費用としては3万円前後が相場となっています。

雨の日は縁起がいい

地鎮祭の日が雨だと憂鬱な気分になりそうですが、実は縁起がいいもの。

「雨降って地固まる」のことわざにもあるように、雨が止めば地面はより強固なものに。

海外では、雨の日を「神様が涙を流してくれている」と表現する場合もあります。

POINT
誰が・何を用意するのかを、事前に確認しておくことが大切です。

関連 【地鎮祭の費用ガイド】工務店が支払う取得価額や仕訳は?

地鎮祭って、どんな服を着たらいいの?

自宅での地鎮祭なら服装の準備は必要なし

服装

個人宅の地鎮祭の場合、施主(あなた)の家族のみで行うことがほとんど。

地鎮祭自体も略式化されたモノなので、カジュアルな服装で問題ありません。

ただ、神事ではあるので、

  • 「Tシャツ」より「襟のついたポロシャツ」
  • 「ジーンズ」より「チノパン」

の方が好ましいのは事実です。

関連 【地鎮祭の服装マナー】春夏秋冬の女性のおすすめは?自宅と会社の違いもチェック

地鎮祭って、挨拶を考えたりしないといけないの?

自宅の地鎮祭なら挨拶の準備も必要もなし

スピーチ挨拶

個人宅での地鎮祭の場合、神主さんが取り仕切って進行するのが一般的。

施主が挨拶をするケースはほとんどありません。

地鎮祭の出番は2回

地鎮祭での施主(あなた)の出番は2回だけです。

POINT
  1. 刈初(かりそめ)
    盛り土に鍬を3回入れ、「エイ、エイ、エーーイ!」と声を出す
  2. 玉串奉典(たまぐしほうてん):
    玉串を祭壇に供えて2礼2拍手1礼で参拝する

関連 【地鎮祭の流れを完全ガイド】時間帯や挨拶の意味とは?

【まとめ】地鎮祭では流れや時間帯にも注意が必要

挨拶

地鎮祭の準備についてまとめます。

POINT

  1. 地鎮祭は総額で10万円前後の費用が必要になる
  2. 個人宅であれば、工務店へのお礼や食事代は必要なし
  3. 誰が・何を用意するのかの決まりはないので、事前確認が必須

最近では、住宅メーカーや神主が準備してくれることが増え、以前より用意が楽に。

後は、地鎮祭を行う日程を調整し、事前に打ち合わせをすることが何より大切です。

>>> 【これで分かる!】地鎮祭のマナー完全ガイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。