4Kテレビをおすすめしない3つの理由!本当の買い時と必要性は?

テレビ

「まさか、4Kテレビにそんな問題点が隠されていたなんて…」

新しいテレビを買おうと考えた時、やっぱり映りがキレイなテレビがいいですよね。

下の画像のように、我が家もテレビが壊れてしまって、テレビを買い替えることに。

テレビ

液晶がバリバリに壊れたテレビ

液晶がボロボロで、何の番組が流れているか全く分からない状態です。

「もうこれは新しいテレビを買うしかない!」と考え、4Kテレビについて調べていくことに。

ただ、4Kテレビについて調べていくと、とんでもない事実が分かったんです。

4Kテレビについて、あなたに知って欲しいことは4つ。

  1. 4Kテレビは価格破壊が進んでいる
  2. 4Kテレビは画素の粗さが気にならないので、映像がキレイに映る
  3. 4Kテレビだと、小さな部屋にも大きなが置ける
  4. 4Kテレビの買い時は今じゃない

4Kテレビには、「偽物の4Kテレビ」「本物の4Kテレビ」があるので注意してくださいね。

テレビが壊れた時、「買い替える」のと「修理する」の、どちらが安いの?

テレビが壊れた原因

我が家の液晶テレビをボロボロにした犯人は、私のやんちゃ息子2人。

実は2人、今「ウルトラマン」にドはまりしています。

録画して何度も同じ「ウルトラマン」を見るし、私とも「ウルトラマンごっこ」をして遊びます(もちろん、私が怪獣役ですが…)。

2人ともウルトラマンになったつもりで、テレビ台の上からジャンプをした瞬間にテレビを巻き込んで倒してしまったのです。

幸い子ども達にはケガはありませんが、私達夫婦泣きそう…。

実はこのテレビ、私達夫婦が結婚した時に買ったもの。

5年ぐらい前に買った東芝レグザの40型ですが、まだ液晶テレビが高く10万円以上しました。

「もっと大きなテレビを買おうかな?」と思っていたのですが、まさかこんな形で壊れるとは…。

普段はやんちゃ盛りの息子2人も、さすがに反省したみたいで、テレビを直そうと必死。

テレビにセロテープを付けていってます。

もちろん、そんな事で直る訳ありませんが、思わず笑っちゃいます。

テレビの液晶修理代は?

早速、家電量販店に行って液晶修理の値段を聞いてみたらビックリ!

なんと、テレビの液晶割れの修理費用は5万円以上!

今は液晶の値段がかなり下がっていますし、5万円以下で買えるテレビも周りにたくさんあるのに、どうして液晶割れの修理代がこんなに高くなるのか疑問です(もしかして、ふっかけてない…)。

5万円以上かかる理由を聞いてみると、下の通りでした。

  • 技術料や出張料、引取料などが加算されてしまう
  • 発売から時間が経ってしまうと生産数が少なくなってしまうため、修理部品の値段が割高に

しかも、液晶だけでなく他の部品も壊れている可能性があるので、値段はもっとかかるかもしれないとのこと。

「見積もりを出すのに1万円かかります」と言われたので、修理は諦めて新しいテレビを買うことに。

テレビが壊れたことを火災保険の会社に連絡したら、8万円もお金がもらえました。テレビが壊れて悩んでいる方はぜひ!

関連 【家財保険の請求のコツ】テレビの液晶割れの原因は子供でも?

POINT
テレビが壊れた場合は、下手に修理するより、買い替えた方が安くすみます

テレビを買うならやっぱり4Kテレビよね!でも、4Kテレビって本当に必要なの…

4Kテレビとは?必要性って何?

修理を諦めて買おうと思ったテレビはもちろん「4Kテレビ」。

フルハイビジョンと4Kテレビを比べると、画質の差は一目瞭然。

テレビでも4KテレビのCMをしているので、なんとなく4Kテレビを知った気になっていますが、みなさんは4Kテレビが何なのか知っていますか?(恥ずかしながら、私は知りませんでした…)

実は、4Kテレビはフルハイビジョンの4倍のきめの細かさで表現できるテレビなんです。

出典:パナソニック

テレビは、大画面になるほど1画素あたりの面積が大きくなるので、画素の粗さが目立つ問題がありました。

ただ、4Kテレビはフルハイビジョンの4倍の画素数なので、大画面で見ても画素の粗さが気になりません。

POINT
店頭でぜひ近づいて見比べてください。画素の粗さの違いがよくわかりまよ!
確かに4Kテレビはキレイだけど、値段が気になるのよね…。今買うのはお得なのかしら?

4Kテレビを買い替える時に知っておいて欲しい3つの注意点

チェック

いくら4Kテレビがキレイでも、映像だけでテレビを買い替える人は少ないはず。

そこで、4Kテレビを買おうと思っているあなたに注意して欲しい3つのことを載せます。

  1. 4Kテレビは価格破壊が進んでいる
  2. リビングテレビの適正サイズ
  3. テレビの迫力を楽しめる視聴距離

1 4Kテレビの価格崩壊の原因はオリンピック?

4Kテレビ価格推移

出典:価格.com

4Kテレビは今価格が一気に下がっています。

価格破壊の原因は、2016年8月5日~8月21日にかけて開催されたリオ五輪。

「オリンピックがある時はテレビが売れる」と言われていたが、思った以上に4Kテレビが売れなかったためこんなに下がっているのだとか。

やっぱり価格が安いと欲しくなりますよね!

実際私も、「新モデルでも半額程度に値を下げています」と言われ、一瞬心がグラッと動きちゃいました(笑)。

2 リビングテレビの適正サイズ

テレビを買う時に、まず考えないといけないのはテレビのサイズ。

リビングに置くテレビであれば、家族全員が楽しめる大きさが必要になってきますよね。

部屋のサイズと適正な大きさは下の画像の通りです。

テレビのサイズ表

出典:パナソニック

POINT
テレビの
  • 迫力を楽しみたい方は大きなモノを
  • 目立たせたくない方は小さいモノを

がおすすめです。

3 テレビの迫力を楽しめる視聴距離

テレビのサイズと同様に大切になってくるのが視聴距離。

どんなに大きなテレビを買っても、それに見合うだけの大きな部屋がないと宝の持ち腐れです。

でも、4Kテレビはあまり視聴距離を気にする必要はありません。

4K対応テレビはとても高精細なため、視聴に必要な距離は画面の高さの約1.5倍程度で十分なんです。

1.5倍の距離で視聴した場合、視野いっぱいに映像が映し出されるので、 臨場感あふれる映像を楽しめます。

フルHDテレビだと、画面の高さの約3倍程度の視聴距離が一番迫力の映像を見られると言われています。

POINT
たしかに4Kテレビはすばらしい商品だが、絶対におすすめできません。
じゃあ、4Kテレビにどんな問題があるの?

4Kテレビが意味がない3つの理由

悩む

4Kテレビを買おうと思っている方の多くが

  • 4Kテレビは買いか待ちか
  • 4Kテレビは必要か

で悩んでいるよう思いますが、はっきり言って「今4Kテレビを買う意味はなし!」

  1. チューナーが内蔵されていない4Kテレビがある
  2. 4Kテレビを楽しむなら専用アンテナが必要
  3. 地デジ(地上波)で4K放送は予定されていない

1 チューナーが内蔵されていない「4Kテレビ」がある

2020年の東京オリンピックに備えて、2018年からBSの4K放送が始まる予定です。

東京オリンピックを4Kテレビの高画質・高迫力で楽しもうと思う人は多いはず。

でも、4Kテレビには

  • 4Kテレビ
  • 4K対応テレビ

の2種類があるのはあまり知られていません。

「4Kテレビ」と「4K対応テレビ」は名前は似ていて混同されがちなんですが、まったく違う代物。

どういうことかと言うと、

4K対応テレビは4Kチューナーが搭載されていないので、4K表示ができるテレビでしかないんです。

今安価で売り出されているモノの多くは「4K対応テレビ」。

4K対応テレビで4K放送を楽しもうとしたら、テレビとは別に対応のチューナーを買う必要があります。

しかも、BS 4K/8K実用放送については、まだ規格もビジネスモデルも固まっていないので、テレビメーカーも手探りの状態。どんな番組編成になるのかは全くの不透明。

2 4Kテレビを楽しむなら専用アンテナが必要

チューナー以上に問題なのは、視聴するためのアンテナの設置が必要なこと。

BSのアンテナをすでに持っている人も、実はBSアンテナも買い替えが必要になってくるんです。

少し難しくなりますが、

  • 現在のBS放送は右旋円偏波(電波が右に回転)
  • 予定されている4Kの放送では左旋円偏波(電波が左に回転)

で計画を進めているんです。

POINT
現在パラボラアンテナを利用しているBS視聴者の場合、4K放送を観るには

  • 対応チューナーに加え
  • BS左旋円偏波が受信可能なアンテナ

が必要になってきます。

3 地デジ(地上波)で4K放送は予定されていない

出典:総務省|放送政策の推進|4K・8K放送の推進

上の図は、総務省が発表しているロードマップ。

注目して欲しいのは、図の下の「地デジ」の箇所

2025年まで現行放送が続くことを、あの総務省が示しています。

4K放送に切り替えると、今ある家庭用のすべてのテレビを買い替えないといけません。

この前、地デジ化で買い替えたばかりなのに、また買い替えるって・・・。

国民が納得するはずがありませんよね。

4Kテレビでの楽しめるモノは?

逆に、4Kテレビで何が楽しめるかというと

  • インターネットの動画配信
  • ビデオカメラや一眼レフなどを使って自分で撮影した4Kムービー

だけしかありません。

POINT
4Kテレビは必要性なし。もし、必要と言うなら教えて欲しいぐらいです。

4Kテレビのまとめ

テレビ

4Kテレビの特徴をまとめます。

POINT

  • チューナー内蔵の4Kテレビを買わないと意味がない
  • 専用のアンテナが必要になってくる
  • 地上波が4K放送になるのは、2025年までは絶対にない。

CMでは4Kテレビの宣伝をしていますが、問題点はあまり報道されていません。

問題点を報道すると、だれも4Kテレビを買わなくなってしまいますからね。

何を楽しむかによって必要なテレビは決まってきますが、多くの方にとって4Kテレビは買い時とは言えません。

今はフルハイビジョンのテレビを買っておいて、東京オリンピックに合わせて買い替えるのが賢明な判断と言えます。

ちなみに、4Kテレビを諦めた私が買ったのが、maxzen(マクスゼン)の55型。

マキシゼン55

我が家の「maxzen(マクスゼン)」55型

日本製でありながら、55型の大画面テレビが5万円台で買えたので大満足です。