【限定】間取りプランを無料で手に入れる方法

【ワードプレステーマ「ハミングバード」の評判は嘘】使い方が簡単って本当なの?

ハミングバード

「ハミングバードって、どうしてあんなにSEOに強いの…」

「”ストーク”や”アルバトロス”との違いって、何なのかしら…」

ワードプレスで今最も人気のテーマが「ハミングバード」

私も無料テーマから「ハミングバード」に変えたことで、驚くほどサイト運営がスムーズになりました。

「ハミングバード」について、あなたに伝えたいことは5つ。

POINT

  1. 有名ブロガーや企業サイトも「ハミングバード」を採用
  2. 複雑な操作が一切不要、初期設定も簡単
  3. 美しいアニメーションが読者を引きつけてくれる
  4. 便利すぎるショートコードで、さらに読みやすい文章に
  5. 使えるのは1サイトのみ、アフィリエイトに向かない

ただ、実際に「ハミングバード」を使っている人の評判を聞くと、「役に立たない」なんて口コミも…。

公式サイトでは分からない、「ハミングバード」の真実に迫っていくことにします。

ブログにお金をかけたくないんだけど…。無料テーマじゃダメなのかしら?


目次

WordPressテーマ「ハミングバード」の口コミを大公開

口コミ

実際に「ハミングバード」をテーマに選んでいる人の声を聞くと、良い口コミ悪い口コミの両方が…。

両方の口コミを包み隠さず明らかにします。

WordPress「ハミングバード」の悪い口コミ

アフィリエイトには不向き(悪い口コミ)

「ハミングバード」は1サイトにしか使えない規約だから、たくさんのサイトを量産したい人には不向き。

ブロガーとか、1つのサイトを丁寧に作っていきたい人向けですね。

ストークの方が高機能(悪い口コミ)

最初の内は「ハミングバード」で満足していたんですが、だんだんと物足りなさを感じることに…。

そこで「ストーク」に乗り換えたんですが、驚くほど高機能。

初心者には「ハミングバード」で十分ですが、中級者以上なら「ストーク」がおすすめです。

目次の作成にプラグインが必要(悪い口コミ)

ハミングバードには目次作成機能がないから、プラグインが必要なのがちょっとめんどくさいかな。

ただ、プラグインの方がカスタマイズしやすいから、デザインにこだわりたい人は「ハミングバード」の方がおススメですよ。

POINT

  • 1サイトにしか使えないので、アフィリエイトには不向き
  • 「ハミングバード」で物足りなくなったら、「ストーク」がおすすめ

WordPress「ハミングバード」の良いクチコミ

使い方が驚くほど簡単(良い口コミ)

ずっと無料テーマを使ってきたんですが、設定が難しくて、何度も何度もやり直すのが大変で…。

でも、テーマを「ハミングバード」に変更すると、設定にかける時間が驚くほど短縮。

「ハミングバード」のおかげで、文章を書くのに専念できるようになりました。

ショートコードがめちゃくちゃ便利(良い口コミ)

ハミングバードの特徴は、「吹き出し」や「ボタン」のデザインがたくさんあること。

しかも、ショートコードが設定されているから、複雑な操作もなし。

文章ばっかりで読みにくかったブログが、ハミングバードのおかげでデザイン性豊かなサイトに生まれ変わりました。

カスタマイズ情報がたくさんあって大助かり(良い口コミ)

「ハミングバード」を選んだ理由は、使っている人が多いから。

デザインの参考になるサイトがたくさんあるし、カスタマイズ情報もたくさんあって、設定が苦手な私にはピッタリ。

ワードプレス初心者にこそ、「ハミングバード」はおすすめだと思います。

検索順位が上がりました(良い口コミ)

記事をたくさん書いてるはずなのに、全然アクセスが集まらず困っていました。

ところが、テーマを「ハミングバード」に変えてから検索順位が上昇し、狙ったワードで1位を獲得。

「ハミングバード」がSEOに強いことがよく分かりました。

POINT

  • 設定が簡単、文章を書くことに専念できる
  • SEOに強いから、テーマに選んだだけで検索順位が上がる

⇒公式サイトへ「ハミングバード」の最新キャンペーン情報

ワードプレステーマ「ハミングバード」の評判

「ハミングバード」は、ツイッターなどのSNSでも評判。

初心者の方~上級者の方まで、多くの人が「ハミングバード」を愛用していることが分かっています。

POINT
初心者から上級者まで満足させるWordPressテーマが「ハミングバード」
「ハミングバード」って、どんなサイトが利用しているの?

「ハミングバード」のデザインが光るブログ使用例を紹介

ワードプレスハミングバード

数ある「ハミングバード」を使ったサイトの中で、特にデザイン性が光る3つの有名サイトを紹介します。

  1. 有名ブログ「bridge」
  2. 情報サイト「和光市/朝霞市ナビ」
  3. 企業サイト「クレインアンドトー」

1 有名ブログ「bridge」

ハミングバードサイト

bridge」は、「ハミングバード」制作者の矢野ヨシキさんが運営するブログ。

制作者自身が使い続けていていることから、「ハミングバード」の完成度の高さが分かりますね。

2 情報サイト「和光市/朝霞市ナビ」

ハミングバードサイト

和光市/朝霞市ナビ」は、その名の通り埼玉県の「和光市」と「朝霧市」を紹介しているサイト。

ハミングバードの機能を活用しているおかげで、「とても見やすい、分かりやすい」と評判です。

3 コーポレートサイト「Crane & to」

ハミングバードサイト

株式会社「Crane & to」は、ホームページ作成とウェブサイト集客を専門に扱っている会社。

WEB専門の企業サイトが「ハミングバード」を選んでいることからも、「ハミングバード」が機能性の高さが分かりますね。

POINT
トップブロガーはもちろん、企業サイトも信頼して利用しているのが「ハミングバード」

公式サイトへ「ハミングバード」の最新キャンペーン情報

ハミングバードって、どうしてこんなに人気なの?

WordPressテーマ「ハミングバード」を導入する5つのメリット

ハミングバード

これほどまでに「ハミングバード」が人気の理由は次の5つです。

  1. ブログマーケッター「松原潤一」さん監修
  2. 初期設定が驚くほど簡単
  3. 有料テーマとして価格が安すぎる
  4. プロフィールの設定も簡単
  5. アニメーションが逸脱すぎる

1 ブログマーケッター「松原潤一」さん監修

松原潤一ストーク

ハミングバードは、

  • ブログマーケッター松原潤一さん
  • OPENCAGE社

が共同開発したWordPressテーマ。

松原潤一 氏とは

デジタルマーケティングで有名な株式会社「ファンファーレ」の代表取締役。

「セミナー講師」や「企業へのコンサルティング活動」でもよく知られた、ブログ運営の第一人者です。

松原潤一氏が監修しているので、SEOに強いのは当たり前

「ハミングバード」にテーマを変えただけで、googleの検索順位が上昇することがあるぐらいです。

2 初期設定が驚くほど簡単

ハミングバード
「ハミングバード」の初期設定の状態

「ハミングバード」を使ってまず感じるのは、最初の設定が驚くほど簡単なこと。

無料テーマの時は1週間かかってもできなかったモノが、「ハミングバード」だと数分で終わることも珍しくありません。

というのも、「スハミングバード」は表示されている所に文字や写真を当てはめていくだけだから。

実際、最初の状態から下の状態になるまでわずか30分

ハミングバード

しかも、HTML/CSSの操作は必要なし。

複雑な操作が苦手な人にこそ、「ストーク19」はおすすめです。

3 プロフィールの設定も簡単

ストーク19 プロフィール

「ハミングバード」は、簡単にプロフィール情報を載せられるになっています。

【管理画面のユーザー>プロフィール情報】を入力するだけで、上のような「ライター情報」を表示させることが可能に。

もちろん、プロフィールを非表示にすることも可能ですよ。

4 有料テーマとして価格が安すぎる

「ハミングバード」以外にも有料テーマはありますが、問題なのはどの有料テーマも値段が高いこと!

有名なテーマのほとんどは2万円以上で、3万円を超えるモノも珍しくありません。

WordPressテーマ 価格
賢威 2万4,800円
ELEPHANT2 2万9800円
Diver(ダイバー) 1万7980円
GENSEN 3万4800円

値段が高いテーマほど機能は豊富ですが、細かすぎて必要のない機能もたんさん…。

必要な機能が過不足なく揃っているのが「ハミングバード」の特徴です。

無料テーマは危険

ワードプレスには無料テーマもありますが、安いからと利用するのは危険。

「無料テーマ」の問題点
  • カスタマイズが難しく、使うのに時間がかかる
  • アップデートが少なく、セキュリティ面が不安
  • サポートが受けられない
  • スマホ対応しておらず、デザインが崩れる

ワードプレスに慣れてない方こそ、有料テーマがおすすめです。

5 アニメーションが逸脱すぎる

ハミングバードの最大の特徴は「アニメーション」。

アニメーション機能の一例
  • 動きのあるサイトタイトル
  • オリジナルデザインのSNSボタン
  • お勧め記事のスライドショー

アニメーションで読者を引き込むことができれば、より多くの人に文章を読んでもらうことができますよ。

POINT
ハミングバードは、アニメーションにこだわった究極のモバイルファーストのWordPressテーマ。

公式サイトへ「ハミングバード」のアニメーションを試してみる

「ハミングバード」って、どんなショートコードが使えるの?

「ハミングバード」はショートコードで使い方も簡単

PC

「ハミングバード」を利用すると、ショートコードを使って簡単にコンテンツの質を高めることができます。

ショートコードとは

色々な動作を短いコードで表現させられる機能のこと。無料テーマの多くにはショートコードがありません。

1 「吹き出し」のショートコード

吹き出しは、文章を読みやすくしてくれるので効果的なアイテム。

サイトのキャラクターなどを登場させて、ブランディングに役立てることもできますね。
Facebook風にもすぐにできちゃいます
line風にももちろんできちゃいます

2 「カード式関連リンク」のショートコード

記事内に表示させたい記事IDを入力するだけで、キレイなリンクがつくれます。

ビューティーオープナー美容液

【ビューティーオープナーの口コミは嘘】毛穴へは効果なしって本当?

3 「補足説明」や「注意書き」のショートコード

文書の下などに「補足」や「注意」のコメントを入れることができます。

少し小さなフォントで少し目立つような補足説明を追加することができます。
少し小さなフォントでかなり目立つ感じで注意説明を追加することができます。

4 「ボタン」のショートコード

ブログの収益化に欠かせないのがボタンデザイン。

目立つボタンでクリック率アップ間違いなし!

ショートコードは、オープンケージ製のテーマでのみ利用可能。テーマを変更すると使えなくなります。

POINT
ショートコードを使えば、ブログを書くのが驚くほど楽しくなります。

⇒公式サイトへ:ハミングバードの使い方/OPENCAGE

「ハミングバード」って、カスタマイズも簡単なのかしら?

WordPressのカスタマイズは「ハミングバードの子テーマ」で

ストーク子テーマカスタマイズ

ハミングバードをカスタマイズする時は、「子テーマ」を使用することが重要。

親テーマを使用すると、アップデートした時に、あなたのカスタマイズ情報が消えてしまいます。

子テーマのダウンロードは必ず公式サイトから行ってください。

⇒公式サイトへ:子テーマのダウンロード・導入

公式サイトのカスタマイズ情報も豊富

ハミングバードカスタマイズ

ハミングバードが安心なのは、公式サイトからカスタマイズ情報が発信されること。

カスタマイズの一例
  • カエレバ・ヨメレバ・トメレバのデザインCSS
  • アドセンスの「記事内広告」を設置
  • インフィード広告を記事一覧に表示
  • トップページの記事一覧をランダムで表示
  • アニメーションを使わずにヘッダー画像を表示 など

公式サイトの情報なので、安心してカスタマイズすることが可能です。

POINT
「ハミングバード」は発売以来、使いやすさを求めて日々情報が更新されています。

公式サイトへ:ハミングバードのカスタマイズ

「ハミングバード」に欠点って、ないのかしら?

ワードプレステンプレート『ハミングバード』のデメリットは3つ

悩み

「ハミングバード」を実際に使ってみて分かったデメリットは3つです。

  1. デザインが被りやすい
  2. 複数のサイトに使えない
  3. 目次作成には「プラグイン」が必要

1 デザインが被りやすい

ハミングバードは人気なので、デザインが被ることも。

ただ、愛用している人が多いということは、それだけ「ハミングバード」が信頼されている証だとも言えますね。

2 複数のサイトに使い回しできない

「ハミングバード」が使えるのは1サイトのみ。

別サイトでも「ハミングバード」を使う場合は、もう一度購入する必要があります。

3 目次作成には「プラグイン」が必要

ストーク19目次

「ハミングバード」のテーマ自体には、目次作成機能はありません。

「ハミングバード」で上のような目次を自動作成するには、「Table of contents plus」というプラグインが必要になってきます。

ただ、有料テーマの中には目次機能が付いたモノもありますが、「Table of contents plus」のプラグインを使った方がカスタマイズしやすいのが現実…。

よりブログのデザイン性にこだわるなら、目次機能のないテーマをおススメします。

「Table of contents plus」の詳しい設定方法については、次の記事をご覧ください。

参考 Table of Contents Plusで目次を設置する方法

POINT
『ハミングバード』に大きなデメリットはなし。ブログを書く上で必要な機能はすべて揃っています。

公式サイトへ「ハミングバード」の最新キャンペーン情報

「ストーク」や「アルバトロス」との違いって何なの?

OPENCAGEテーマを比較!「アルバトロス」vs「スワロー」vs「STORK(ストーク)19」

WordPressテーマストーク

販売元「OPENCAGE」社は、

  • ALBATROS(アルバトロス)
  • STORK19(ストーク)
  • SWALLOW(スワロー)

などの有料テーマも人気。

そこで、ハミンハミングバードとの比較をしてみました。

項目 ハミングバード アルバトロス ストーク スワロー
おすすめ度 ★★★★★ ★★★ ★★★★ ★★★
価格 7980円 7980円 11000円 9900円
ショートコード
機能
アニメーション
デザイン性

正直言うと、「アルバトロス」や「スワロー」を選ぶメリットはほとんどなし。

ハミングバードより充実した機能が欲しいなら「ストーク」がおススメです。

POINT
「ストーク」はプロのブロガー向け。価格が高い分、機能も豊富です

関連 WordPressテーマ「storkストーク」の評判は嘘!デザインが分かるサイトやブログは?

【まとめ】WordPress theme「hammingbird」の評価

ハミングバード

ハミングバードについてまとめます。

POINT

  • 初心者でも安心して使いたいなら「ハミングバード」
  • 充実した機能で、プロの仕上がりなら「ストーク」

初心者から上級者まで安心してつかえるテーマが「ハミングバード」だと言えますね。

 

あなたが質の高いサイトを作成したいなら、おススメできます。

▼公式サイトへ▼


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。