ワードプレステーマ【ハミングバード】簡単な使い方と豊富なカスタマイズ

口コミ

「ハミングバードって、どうしてあんなに人気なの…」

「ワードプレスってテーマがいろいろありすぎて、どれを使ったらいいの…」

私がワードプレスでブログを始めるにあたって選んだテーマが『 Hummingbird (ハミングバード)』

無料テーマを使っていた時もありましたが、『ハミングバード』に変えてビックリするほどブログ運営ががスムーズに。

『ハミングバード』をお勧めする理由は6つ。

POINT

    1. HTML/CSSの操作が一切不要
    2. 使いやすさとデザイン性が両立している
    3. 記事に集中できる
    4. アニメーションが目を引きつける
    5. 便利すぎるショートコード
    6. 他のテーマに比べコスパが高い

でも、人気の『ハミングバード』にも弱点が…。

そこで、実際に使ったからこそ分かるハミングバードの魅力に迫っていくことにします。

ブログにお金をかけたくないんだけど…。無料テーマじゃダメなのかしら?


ワードプレス「無料テーマ」は危険!3つの問題点

悩む

ワードプレスでブログを始めようと思う時にまず悩むのが、有料テーマにするか無料テーマにするか。

最初、私はお金をかけたくなかったので、無料のテーマで始めることに…。

でも、無料テーマには3つのデメリットがあるとに気づきました。

  1. カスタマイズに時間がかかる
  2. スマホに対応しにくい
  3. サポートが受けられない

1 カスタマイズに時間がかかる

どれだけ、素晴らしい文章を書いても相手に伝わらなければ意味がありません。

有名ブロガーのような見栄えの良いブログは、文章だけでなくサイト自体が見やすいことも特徴の1つ。

  • デザイン
  • アイキャッチ画像  など

有名ブログは、細部まできちんとこだわった作りになっています。

ただ、無料テーマの場合、読む人に優しいブログにしようとすると、細かいカスタマイズに時間がかかってしまいます。

細かいカスタマイズのためには、HTML/CSSを一から勉強し直さなければならず、かなりの知識がないと、無駄に時間を費やすばかり…。

私自身、

  • googleで検索して
  • コードを設定して
  • うまくいかず…
の繰り返し。

無料テーマの時は記事を書くこと以外で消耗していました。

2 スマホに対応しにくい

最近ブログを読む人のほとんどは、PCからではなく、スマホからがほとんど。

私のブログも、80%以上はスマホで読まれています。

ただ、無料テーマだとデザインがスマホに対応していない場合が多く、PCだとキレイに見えても、スマホだとデザインが崩れる場合が…。

  • PC用のカスタマイズ
  • スマホ用のカスタマイズ

無料テーマの時は、両方のカスタマイズをしなければならず、時間ばかりとられていました。

3 サポートが受けられない

ワードプレスの特徴は、使いやすさを求めて頻繁にアップデートすること。

有料テーマは制作者が責任をもって、アップデートに対応してくれますが、無料テーマの場合は更新がほとんどないのが実情。

無料テーマによっては、開発された後アップデートせずに放置状態のものも…。

アップデートが適切に行われないと、

  • デザインが崩れる
  • セキュリティ面で狙われる

などの問題が表れます。

POINT
初心者ほど、有料テーマがお勧め。安心してブログが書けます。
有料テーマがお勧めなのは分かったけど、どうして『ハミングバード』が人気なのかしら?

WordPressテーマ『ハミングバード』の意味

ハミングバード

ハミングバードは日本語で「はちどり」

「はちどり」は、空中に羽ばたきながら止まって、花の蜜を吸う、世界一小さな美しい鳥です。

ネイティブ・アメリカンの間では、ハミングバードは「愛と美と幸せのシンボル」と信じられています。

「はちどり」の美しさを再現するかのように、シンプルなデザインながら、アニメーション効果で、さり気なくパワフルにコンテンツを目立たせてくれます。

テーマのコンセプトは「誰が使っても簡単に美しいブログサイトを!」

コンセプト通り、初心者から上級者まで誰もが満足のいく美しいサイトが、HTML/CSSの操作がなしに可能になっています。

HTML/CSSの知識なんてないんだけど、本当にハミングバードって使い方が簡単なの?

ワードプレステーマ『ハミングバード』は簡単な使い方で評判

メリット

ハミングバードを実際に使ってみて分かったメリットは3つです。

  1. 初期設定が驚くほど簡単
  2. アニメーションが逸脱
  3. ショートコードで思い通り

1 初期設定が驚くほど簡単

使ってまず思ったのは簡単すぎなんだけど大丈夫?」

無料テーマの時は1週間かかっても満足のいくモノが出来なかったのに比べて、『ハミングバード』だと驚くほど簡単に出来上がります。

しかも、HTML/CSSの操作は必要なし。

ハミングバード

初期設定の状態

初期設定の状態から、表示されている所に文字や写真を当てはめていくだけ。

下の状態になるまでわずか30分。

ハミングバード

私のような初心者でもできるぐらいですから、慣れた方ならもっとオシャレにすることも簡単!

もちろん、『モバイルファースト』でスマホからも非常に見やすいのは当たり前。

2 アニメーションが逸脱

ハミングバードの最大の特徴は「アニメーション」。

  • 動きのあるサイトタイトル
  • オリジナルデザインのSNSボタン
  • お勧め記事のスライドショー

目立たせようと、文字色を赤や黄にする人は多くいますが、やり過ぎは逆効果。

アニメーションで読者を引き込むことができれば、より多くの人に文章を読んでもらうことができます。

実際の動きはデモサイトで確認してください!

公式サイトへ「ハミングバード」のアニメーションを試してみる

3 ショートコードで思い通り

ハミングバードでは、OPEN CAGEテーマ限定の専用ショートコードを使うことできます。

吹き出しのバリエーションが豊富

吹き出しは、文章を読みやすくしてくれるので効果的

サイトのキャラクターなどを登場させて、ブランディングに役立てることもできますね。
Facebook風にもすぐにできちゃいます
line風にももちろんできちゃいます

カード式の関連リンクも簡単

記事内に表示させたい記事IDを入力するだけで、キレイなリンクがつくれます。

【ビューティーオープナーの嘘】ほうれい線への口コミは効果なし?

2017.08.06

補足説明や注意書きで文章のアクセントに

文書の下などに補足や注意のコメントを入れることができます。

意外とこれがよく使う機能なんですよ。

少し小さなフォントで少し目立つような補足説明を追加することができます。
少し小さなフォントでかなり目立つ感じで注意説明を追加することができます。

豊富なボタンデザイン

ブログの収益化に欠かせないのがアフィリエイト。

目立つボタンでクリック率アップ間違いなし!

ショートコードは上記以外にもたくさんありますが、オープンケージ製のテーマでのみ利用可能。テーマを変更すると使えなくなります。

ハミングバードテーマの使い方は公式サイトが一番

ハミングバードの使い方は公式サイトで丁寧に説明されています。

  • トップページのデザイン変更
  • ヘッダーフッターメニュー
  • サイトカラーの設定
  • 背景画像の設定
  • ランディングページをつくる
  • ロゴ画像の設定
  • テーマ独自のショートコード
  • ウィジェット

「ハミングバード」の使い方で迷われたら、公式サイトが一番分かりやすく、確実です。

公式サイトへ:ハミングバードの使い方

POINT
「ハミングバード」は使い方が簡単で、私のような初心者でも安心。ショートコードの使い方も簡単で、あなたのブログが華やかになること間違いなし!
人気のテーマだとデザインがかぶっちゃうのよね。ハミングバードで個性を出すにはどうしたらいいの?

ワードプレステーマ「ハミングバード」ならカスタマイズ情報も豊富

ハミングバードカスタマイズ

「ハミングバード」のように、多くの方が使っているテーマになると、デザインが被ってしまうこともしばしば。

デザインで特徴を出したいなら、テーマをカスタマイズしていく必要があります。

ただ、googleなどの検索サイトの情報の中には、誤ったモノや、サイト自体を壊しかねない危険な情報も…

ハミングバードのカスタマイズ情報は公式サイトへ

ハミングバードが安心なのは、公式サイトからカスタマイズ情報が発信されること。

具体的には

  • カエレバ・ヨメレバ・トメレバのデザインCSS
  • アドセンスの「記事内広告」を設置
  • インフィード広告を記事一覧に表示
  • トップページの記事一覧をランダムで表示
  • アニメーションを使わずにヘッダー画像を表示 など

これだけのカスタマイズ情報が公式サイトから発信されるのは、滅多にありません。

公式サイトへ:ハミングバードのカスタマイズ

POINT
「ハミングバード」は発売以来、使いやすさを求めて日々情報が更新されています。

有名ブロガーも愛用!『ハミングバード』のサイト例

チェック

『ハミングバード』は、有名ブロガーである松原潤一(ブログマーケッターJunichi)さんが制作を監修。

そのため、『ハミングバード』にはブロガーが欲しいと思う機能が盛りだくさん。

『ハミングバード』を利用されている有名ブロガーや企業サイトの一部を紹介しますね。

  1. bridge
  2. 和光市/朝霞市ナビ
  3. Crescita
  4. クレインアンドトー株式会社

1 bridge

ハミングバードサイト

「brige」は、「ハミングバード」制作者の矢野ヨシキさんが運営するブログ。

制作者自身が使い続けていていることから、「ハミングバード」の完成度の高さが分かりますね。

2 和光市/朝霞市ナビ

ハミングバードサイト

「和光市/朝霞市ナビ」は、その名の通り「和光市」と「朝霧市」を紹介しているサイト。

「和光市/朝霞市ナビ」は、ハミングバードの機能を活用しているおかげで、「とても見やすい、分かりやすい」と評判です。

ハミングバードの特徴は、過去の記事をピックアップして載せることができること。

ハミングバードを利用すれば、人気記事が埋もれることがなく、サイト訪問者に分かりやすい構成にすることができますね。

3 Crescita

ハミングバードサイト

「Crescita」はトップブロガーの1人である、松本圭一郎氏が運営するサイト。

「Crescita」の月間PV数はなんと270万。

記事の質はもちろんですが、「ハミングバード」自体に集客を最大化する機能が備わっているからこそ、達成できる数字ですね。

4 クレインアンドトー株式会社

ハミングバードサイト

クレインアンドトー株式会社は、ホームページ作成とウェブサイトの集客を専門に扱っている会社。

WEB専門の企業サイトが「ハミングバード」を選んでいることからも、「ハミングバード」が機能性の高さが分かりますね。

記事執筆時の情報です。今はもう別のテーマを使っている可能性があります。

POINT
トップブロガーはもちろん企業サイトも「ハミングバード」愛用しているのは、「機能の高さ」と「使いやすさ」が両立しているから。
でも、『ハミングバード』以外を使う人も多いんだけど、『ハミングバード』の問題点って何?

ワードプレス有料テーマ『ハミングバード』のデメリット

悩み

ハミングバードは決して完璧なテーマではありません。

実際に使ってみて分かったデメリットは2つです。

  1. デザインが被りやすい
  2. 複数のサイトに使えない

1 デザインが被りやすい

ハミングバードは人気なので、多くの人が愛用していて、デザインが被ることが多々あります。

ただ、愛用している人が多いということは、それだけ信頼されている証ですし、カスタマイズ情報も多いので、初心者には安心です。

2 複数のサイトに使えない

1つのライセンスで使用できるブログは一つだけ。

アフィリエイトが主目的で、複数のブログを運営したい方には、お勧めできません。

POINT
『ハミングバード』のデメリットを初心者は気にする必要なし。ブログを書く上で必要な機能はすべて揃っています。
同じ値段で『アルバトロス』って有料テーマもあるけど、どこが違うのかしら?

WordPressテーマ『アルバトロス』と『ハミングバード』の違い

アルバトロス

opencage(オープンケージ)社からは、『ハミングバード』と同じ値段で、『アルバトロス』という有料テーマがあります。

opencage(オープンケージ)社の有料テーマはどれも人気ですが、一番最初に販売されたのが『アルバトロス』。

アルバトロスの特徴は、なんと言っても『シンプル』。

具体的には、下のような特徴があります。

  • アニメーションなどの機能がない
  • ヘッダーに「お問い合わせボタン」が置ける
  • トップページに「おすすめ記事」が大きく映し出される

「おすすめ記事」が大きく映し出される代わりに、ヘッダー画像が使えません。

POINT
シンプルなデザインが好みで、とにかくお勧めしたい記事があるなら『アルバトロス』がお勧め!
『ストーク』も人気って聞いたんだけど、『ハミングバード』とどこが違うのかしら?

ワードプレステーマ『ストーク』と『ハミングバード』の違い

ストーク

同じオープンケージ社が制作している有料テーマで『ハミングバード』と同じくらい、イヤ、それ以上に人気なのが『ストーク』

でも、なかなか『ストーク』と『ハミングバード』の違いが初心者には分かりにくいのが現実。

そこで、『ストーク』と『ハミングバード』の違いをまとめてみます。

  1. ストークの方が少しだけ高い
  2. ウィジットをより細かく設定できる
  3. ショートコードがより豊富

1 『ストーク』の方が少しだけ高い

簡単に言うと、『ハミングバード』をさらに進化させたWordPressテーマが『ストーク』。

『ハミングバード』は、スマホから見たときの読みやすさ・美しさにこだわって作られていますが、さらに読みやすくするために細部までこだわったテーマが『ストーク』。

そのため、ストークの方が少しだけ価格が高くなっています。

  • ハミングバード    7,980円(税込)
  • ストーク    10,800円(税込)

2 ウィジッドをより細かく設定できる

ウィジッドの設定が細かいので、『ストーク』の方がアドセンスや広告を、思い通りの場所に貼りつけることができます。

ストークウィジッド

ストークのウィジッド画面

ハミングバードウィジッド

ハミングバードのウィジッド画面

3 ショートコードがより豊富

ハミングバードよりショートコードが豊富に用意されています。

ボックスデザイン

ポイントをまとめたい時に役立つボックスも、ショートコードで簡単

ストークショートコード

吹き出し機能

ストークはアイコン周りに色を付けることができます。

ストークショートコード
POINT
『ストーク』はプロのブロガー向け。ブログに必要な機能がすべて欲しいなら『ストーク』で間違いなし!

関連 WordPressテーマ【STORKストーク】超簡単な設定と使い方で評判

ワードプレス有料テーマ【ハミングバード】まとめ

ブログ

ワードプレスのテーマに『ハミングバード』をお勧めする理由をまとめます。

POINT

  • HTML/CSSの操作が一切不要
  • 使いやすさとデザイン性が両立している
  • 記事に集中できる
  • アニメーションが目を引きつける
  • 便利すぎるショートコード
  • 他のテーマに比べコスパが高い

オープンゲージのWordPressテーマはどれもおススメですが、

  • シンプルなブログを目指すなら『アルバトロス』
  • 美しいブログをつくりたいなら『ハミングバード』
  • ブログに必要なすべての機能が欲しいなら『ストーク』
と考えて、あなたに合ったテーマを選んでください。

▼公式サイトはこちら▼