【レビュー】文賢は「使えない」の評判も!価格や解約方法をチェック

文章

「文賢を利用すると本当に分かりやすい文章が書けるの…」

「使えないって評判は本当なのかしら…」

  • ライター
  • ブロガーやアフィリエイター
  • 編集者
  • マーケッターや広報

など、文章を書く仕事をしていると、「文章の表現ってこれでいいの…」と不安になることはありませんか?

ライティングが必要なすべての人に、勇気と自信を与えてくれるツールが「文賢」。

文賢を実際に利用してみて、あなたに伝えたいことは6つです。

POINT

  1. 読者に信頼される文章が書ける
  2. 100を超える独自のチェックを瞬時にしてくれる
  3. 「校正・校閲・推敲」のストレスが減るので、書くのが楽しくなる
  4. 3,500を超える文章表現から、あなたにおススメの表現を提案してくれる
  5. 「文賢」には価格を上回る機能がある
  6. 定期払いはいつでも簡単に解約可能

ただ、文賢には残念な点や、評判のなかには「使えないの声も…」

そこで、文賢を使い続けて分かった真実の姿を明らかにしていくことにします。

文賢は「使えない」って声もあるらしいけど、本当なのかしら?


文賢は使えない?評判や口コミを大公開

口コミ

文賢を実際に使った人の評価のなかには、良い口コミと悪い口コミが…

文献を安心して使ってもらうために、両方の口コミを包み隠さず公開することにします。

文賢の良い評判・口コミ

上司に怒られなくなりました

A・Dさん(29歳 千葉県)

会社で企画書を出すたびに、誤字・脱字で怒られていました。

「気を付けないと…」と何度もチェックするんですが、どうしても細かいところでミスが発覚。誤字・脱字が続くと、文章の内容まで信用してもらえなくなるので、ずっと悩んでいました。

そんな時「文賢」の評判を聞き、思い切って買ってみることに!

自分が書いた文章をコピペするだけでチェックしてくれるので、ビックリするほど簡単。

自分でチェックしていたときはあんなに時間がかかっていたのに、文賢だとわずか2・3秒。

今では単純ミスで怒られることがなくなり、上司からも信用されているなと感じます。

アフィリエイトの収益がアップ!

E・Wさん(31歳 埼玉県)

1年前からブログを始めたんですが、記事を書いても書いてもアクセス数が伸びず、全然稼げない状態が続いていました。

一度、稼いでいるアフィリエイターの方にブログをチェックしてもらったことがあるんですが、「文章が堅苦しくて読みにくい」とのこと。

でも、どうやったら人を惹きつける文章が書けるのかまったく分からず、悩みが解決しないまま…。

そんな時、あの有名なウェブライターさんが「校閲ソフト」を開発したと知り、すぐに購入。

誤字・脱字はもちろん、読者に響くような表現方法も提案してくれるので、今まで悩んでいたことが見事解決!

文賢のおかげか、ブログのアクセス数も右肩上がりで、収益も少しずつアップしています。

ライターさんの記事のチェックも簡単

H・J(47歳 東京都)

雑誌で編集をしているので、毎日ライターさんの記事のチェックに追われていました。

間違いがあると刷り直しをしたりと後で大変なんですが、目視だとどうしても見逃しちゃう点も…。

会社が「文賢」を購入してくれたんですが、最初は正直ほとんど期待していませんでした。

ただ、実際に使ってみると見事に予想が裏切られることに。

文賢は自動でチェックしてくれ、あとは指摘されている所を修正するだけ。もう手放せません!

良い口コミのまとめ

  • 時間のかかる文章チェックを、一瞬ですませてくれる
  • 誤字・脱字だけでなく、相手に信用してもらえる文章が書けるようになる
  • 文賢のおかげで、ブログやアフィリエイトの収益が上がる
  • 仕事の効率もアップ!
  • 文賢の開発者は、あのウェブライダー

文賢の悪い評判・口コミ

価格が高いので勇気がいります

T・Sさん(32歳 神奈川県)

ライティングに悩んでいたので「文賢」が欲しくかったんですが、値段が高く、ずっと「買おうか、止めとこうか…」と悩んでいしました。

でも、ウェブライダーさんのことを信頼していたので、奮発して買ってみることに。

価格は高いですが、機能には大満足!コスパはかなり高いので安心してください。

使えないなと思うところも…

E・Dさん(37歳 福岡県)

基本的には満足している「文賢」ですが、やっぱり「足りないな~」と思う所も正直あります。

特に残念なのが、文章構成まではチェックしてくれないこと。

文賢を使ったからといって、人を惹きつける文章が書けるとは限りません。

悪い口コミのまとめ

  • 値段が高いが、それをだけの機能はもっている
  • 文賢を使ったからといって、完璧な文章は書けるわけではない
文賢って「ウェブライダー」って会社が開発したらしんだけど、信用できるのかしら…

文賢を開発した「ウェブライダー」の評判

文賢 ウェブライダー

画像出典:ウェブライダー

文賢を開発したのは株式会社「ウェブライダー」。

「ウェブライダー」は、Webを通じて、モノ・コトの価値を分かりやすく伝えるプロ集団です。

「ウェブライダー」の主な事業内容

  • webマーケティング支援
  • コンテンツ制作
  • webライター育成

Webに関わる仕事をする人で「ウェブライダーを知らない人はいない」と言えるぐらいの有名。

「ウェブライダー」が手掛けた作品で特に有名なのが次の4つです。

  1. WordPressテーマ「賢威」
  2. 書籍「沈黙のWebライティング」
  3. サイト「ナースが教える仕事術」
  4. 文賢は企業も導入

1 WordPressテーマ「賢威」の評判

「ウェブライダー」で真っ先に思い浮かべるのは、やっぱりWordPressテーマ「賢威」。

有料テーマは数多くありますが、「賢威」が根強い人気を誇っている理由は3つです。

POINT

  • 専用フォーラムから、プロフェッショナル集団のアドバイスがもらえる
  • デザインやカラーバリエーションが豊富
  • 追加料金なしでずっとバージのョンアップしてくれる
  • 賢威購入者限定のSEOマニュアルがついてくる

WordPressのテーマに悩んでいるなら、「賢威」は間違いなくおススメですね!

▼公式サイトへ▼
>>>SEOに強い「賢威」をチェックしてみる>>>

2 書籍「沈黙のWebライティング」の評判

「ウェブライダー」が培ってきたSEOの技術が読める書籍が「沈黙のwebシリーズ」の2冊。

  • 沈黙のwebマーケティング
  • 沈黙のwebライティング

ブログ運営に悩んでいた私が読んだ本の中で、一番分かりやすかったのが「沈黙のwebライティング」。

「沈黙のwebライティング」のポイントは3つです。

POINT

  • 読者を満足させるコンテンツの作り方が分かる
  • 読む人を惹きつける文章の書き方が分かる
  • 漫画のようなストーリー形式で話が進むので、分かりやすい

「沈黙のwebライティング」を読めば、ブログに対する考えた方が180°変わりますよ。

3 サイト「ナースが教える仕事術」

文賢 ウェブライダー

「ウェブライダー」が実際に運営するサイトの1つが「ナースが教える仕事術」。

「ナースが教える仕事術」は、わずか43記事で月間100万PVを達成したバケモノサイト。

「ウェブライダー」の信念である「コンテンツは量よりも質」の意味が良く分かりますね。

⇒公式サイトへ:ナースが教える仕事術

4 文賢は企業も導入

文賢 評判

文賢の評判を聞きつけて、大手企業もこぞって導入を開始しています。

  • JTB
  • KDDI
  • flier(本の要約サイト「フライヤー」)
  • OChuo(理学療法機器の株式会社「チュウオー」)

POINT
企業からの信頼されるほど、「ウェブライダー」がつくるコンテンツは、検索エンジンに評価され続けています。

なんだか、文賢って使い方が難しそうなんだけど、私でも使えるのかしら…

超簡単!文賢の基本的な使い方

チェック

文賢の使い方はとっても簡単。

あなたが書いた文章を「文賢」の画面に貼りつけるだけで、自動的にチェックを開始。

文賢では、あなたの文章に対して4つのチェックをしてくれます。

  1. 校閲(こうえつ)支援機能
  2. 文章表現機能
  3. 推敲(すいこう)支援機能
  4. アドバイス機能

1 校閲(こうえつ)支援機能

文賢 使い方

校閲とは、日本語の間違いを見つけること。

つまり、文賢の「校閲支援機能」では、11のチェックポイントをもとに、あなたに正しい本語の使い方をアドバイスしてくれます。

「校閲支援機能」の11チェックポイント

  1. 誤字脱字
  2. 誤った言葉
  3. 誤った敬語
  4. 気をつけるべき商標と固有名詞
  5. 誤用しやすい言葉
  6. 話し言葉・砕けた表現
  7. 重複表現
  8. 半角カタカナ
  9. 機種依存文字
  10. 差別語・不快語
  11. ポリティカル・コレクトネス

2 文章表現機能

文賢 使い方

いくら正しい日本語を使っても、相手の心に響かなければ意味がありません。

あなたの文章をよりより深く読んでもらうためには、表現を豊かにし、読み手の想像力に訴えかけることが重要。

文賢には3,500を超える

  • 類語・言い換え
  • 慣用句・ことわざ
  • たとえ話

が用意されています。

文賢に用意されている文章表現

  • アリーナ1列目をゲットしたときのようなうれしさ
  • カップラーメンを待っている間にとった電話で「あ、これ長くなる」と察したときのような焦り
  • まだ半月もあるのにパケット制限されたときのような絶望感
  • アナゴさんがマスオさんよりも年下だと知ったときのような衝撃
  • 給食を配るときに汁物の配分に失敗し、自分の分の味噌汁がなくなってしまうような切なさ

わずかワンクリックで挿入できるので、かなり便利です。

3 推敲(すいこう)支援機能

文賢 使い方

文章が読みやすくなるかどうかは、推敲にかかっています。

推敲(すいこう)って…

推敲とは、文章の精度を高めるために何度も練り直す作業のこと。

文賢では14のチェック項目であなたの文章を推敲してくれます。

文賢のチェックポイント

  1. 接続詞をハイライトし、論理展開がスムーズかどうか
  2. 同じ助詞の連続使用
  3. 同じ文末表現の連続使用
  4. 二重否定表現
  5. 一文に読点が4つ以上存在していないかどうか
  6. 50文字以上の文に読点がないかどうか
  7. 漢字で書くほうがよい言葉
  8. ひらがなで書くほうがよい言葉
  9. カタカナで書くほうがよい言葉
  10. 句点や記号のあとに改行がないかどうか
  11. 句点や記号以外で改行しているかどうか
  12. 記号が全角に統一されていないかどうか
  13. 英数字が半角に統一されていないかどうか
  14. ユーザーが設定した任意の文字列を使っていないかどうか

4 アドバイス機能

文賢 使い方

「アドバイス」の項目では、最後の詰めのポイントを表示してくれます。

もう一度文章を読み返してみる時に、どんな点に気をつけたらいいかが一目瞭然です。

文賢のアドバイス例

  1. 【箇条書き】を用いて、スッキリと整理できる箇所はありませんか?
  2. もっと短くシンプルに表現できる文章はありませんか?
  3. 読み手が共感できるよう、【感情表現】は入っていますか?  など

さらに詳しい文賢の使い方は動画で

POINT
文賢は様々な角度からあなたの文章をチェックしてくれます。

実際に文賢をお試しするとこうなります

文賢 評判

この記事を公開前に「文賢」でチェックすると、なんと147もの指摘が…(私がヘタすぎかもしれませんが)。

恥ずかしいですが、実際に指摘されたチェックポイントの一部を公開します。

  • 文章を書く仕事を・・・同じ助詞を連続使用しています
  • 良い・・・「『よい』もしくは『いい』」とひらがなで書くほうがよいかもしれません
  • やれないこともない・・・2重否定表現です
  • ~ます。・・・同じ文末表現を3連続以上使用しています
  • こちらがビールになります・・・敬語の使い方に注意
POINT
わずか3秒で大量の間違いが発覚。自分では気づかない間違いも指摘してくれるので、リライトが楽しくなります。
文賢にもダメな点ってあるのかしら?

【レビュー】文賢をお試しして分かったこと

ヒント

実際に文賢を使い続けてみると、良い所とダメな所がよく分かります。

文賢の特徴で特に知っておいて欲しいことは次の4つです。

  1. わずか3秒でチェックが終わる
  2. 人に伝わる文章書き方が分かる
  3. 間違いではない表現もチェックしてしまう
  4. 文章構成までは教えてくれない

1 わずか3秒でチェックが終わる

私は1つの記事に5000文字以上書くことが多いですが、チェックが終わるまでわずか3秒。

自分の目で確かめていた時は、30分かけても間違いに気づかないこともあったので、文章を書く負担が減り、記事作成により集中できるようになりました。

2 人に伝わる文章の書き方が分かる

文賢を使い続けていくと、自分の文章のクセや悪い所に気づくようになります。

  • この表現は分かりにくいな
  • この漢字はひらがなで書いたほうが読みやすいな

だんだんと文賢に引っかかる項目が少なくなってくるので、書くことに自信がもてるようになります。

3 間違いではない表現もチェックしてしまう

文賢が特に指摘してくる表現が「~になります。」

  • 「こちらがビールになります」
  • 「〇〇円になります」

という使い方は間違いですが、

  • 「もう5歳になります」
  • 「〇ヵ月使用したものがこちらになります」

という正しい使い方まで、「間違いの可能性があります」と指摘されてしまいます。

4 文章構成までは教えてくれない

1つの文にたくさんの内容を詰め込むと、何が言いたいのか分かりくくなってしまいます。

下のAとBの文章はどちらも同じ意味ですが、一文を短く切ったBの文章の方が伝わりやすく感じませんか?

A

画面サイズを従来モデルから大きくし、通常モデルのiPhone 6は4.7インチ、大画面モデルのiPhone 6 Plusは5.5インチのディスプレイを搭載、広視野角でコントラストが高い「Retina HD display」を採用しています。

B

画面サイズは従来モデルより大きくなりました。通常モデルのiPhone 6は4.7インチ、大画面モデルのiPhone 6 Plusは5.5インチのディスプレイを搭載しています。どちらも広視野角でコントラストの高い「Retina HD display」が採用されています。

ただし、文賢ではどちらの文章にもチェックが入りません。

人間の感覚までは読み取れないのが、文賢のデメリットです。

POINT
文賢は完璧ではない。ただ機能のアップデートは頻繁に行われているので、精度はどんどん高くなっています。

これだけ高機能だと文賢って高そう…。いくらするのかしら?

文賢をお試しするための価格はいくら?

お金

文賢を利用するには「定期払い」をする必要があります。

  • 初期費用:10,800円
  • 月額費用:1,980円

一番のネックは初期費用の1万円ですよね。

ただ、実際に利用してみると分かるのですが、1万円分以上の価値は間違いなくあります。

文賢の性能を実感できれば、月額1,980円の費用は全く気にならなくなりますよ。

文賢の支払い方法

分賢の支払い方法は2つから選択できます。

  • 銀行振込
  • クレジットカード決済(PayPal決済)

ただ、銀行振込だと手数料がかかるので、クレジットカード決済(PayPal決済)がおススメです。

PayPal決済って…

PayPalペイパル)はクレジットカード決済をかんたん&安全にできるサービス。世界2億人以上のユーザーが日々国内外で利用しています。

文賢はライセンス制

文賢は1つのライセンスで1人のユーザーしか使用できません。

複数のユーザーで使おうとすると、人数分のライセンス費用を支払う必要があります。

ライセンスの追加費用:一人1,980円(月額)

ライセンスの追加には、初期費用の10,800円はかかりません。

「定期払い」って何だか不安…。解約ってすぐにできるのかしら?

文賢の解約について知って欲しい2つのポイント

悩み

文賢を使用するには定期払いをする必要があります。

ただ、「定期払い」ってやっぱり不安に感じるモノですよね。

文賢の解約について知って欲しいことは2つです。

  1. 文賢の解約はいつでもOK
  2. 具体的な文賢の解約方法

1 文賢の解約はいつでもOK

文賢の定期払いには、「最低3か月使用」などの条件がないので、いつでも解約が可能です。

うれしいことに、解約しても次回の更新日までは利用を続けることができるようになっています。

  • PayPal定期支払いはお客様ご自身でいつでもキャンセル(停止)することができます。
  • PayPal定期支払いキャンセル後も、次回ライセンス契約更新日までは本ツールを引き続き利用できます。

引用:文賢/利用規約

2 具体的な文賢の解約方法

文賢の解約は、わずか2ステップで完了です。

1 ライダーストアのマイページにログインする

文賢 解約

⇒公式サイトへ:ライダーストア/ログインページ

文賢のページからは解約できません。

2 定期支払をキャンセルするをクリックする

文賢 解約

無事にキャンセルが完了と、ライダーストアーから「文賢の定期お支払いのキャンセルを承りました」というメールが届きます。

【文賢の評判】まとめ

文賢の特徴をまとめます。

POINT

  1. 読者に信頼される文章が書ける
  2. 100を超える独自のチェックを瞬時にしてくれる
  3. 「校正・校閲・推敲」のストレスが減るので、書くのが楽しくなる
  4. 3,500を超える文章表現から、あなたにおススメの表現を提案してくれる
  5. 文賢には価格を上回る機能がある
  6. 定期払いはいつでも解約可能

完璧なツールではありませんが、あなたの書く負担を減らしてくれることは間違いありません。

 

あなたが、相手の心に届く文章を書きたいならおススメします。

▼公式サイトへ▼