【限定】間取りプランを無料で手に入れる方法

【文賢の評判は使えない】お試しして分かった本当の使い方とは?

文賢

「文賢を使ったら、本当に分かりやすい文章が書けるの…」

「無料で文賢をお試しする方法って、どこかにないのかしら…」

文章表現に苦手意識のある方に人気のツールが「文賢」。

私も「文賢」を使っているおかげで、人を惹きつける文章が書けるようになっています。

「文賢」について、あなたに伝えたいことは5つ。

POINT

  1. 100を超える独自のチェックを瞬時に行ってくれる
  2. 「校正・校閲・推敲」のストレスが減るので、書くのが楽しくなる
  3. 3,500を超える文章表現から、あなたにおススメの表現を提案してくれる
  4. 無料の体験版などはなし、ただ価格に見合うだけの価値はある
  5. 定期払いはいつでも解約可能なので安心

ただ、文賢の評判の中には「使えない…」なんて声があるのも事実。

公式サイトでは分からない、「文賢」の真実に迫っていくことにします。

「文賢」を実際に使っている人は、どう思っているのかしら?


目次

文賢は使えない?オーナーの口コミを大公開

口コミ

文賢を実際に使った人の評価のなかには、良い口コミ悪い口コミの両方が…。

両方の口コミを包み隠さず明らかにしますね。

文賢の悪い口コミ

価格が高いので勇気がいります(20代の口コミ)

「文賢」で1番気になったのでは、料金が月額制なこと。

毎月2000円も払わないといけないから、最初はかなり心配していました。

ただ、機能的には大満足!

コスパはかなり高いので、日頃から文章を書いている人にはかなりおすすめのツールです。

「お試し版」がないから機能が分かりにくい(40代の口コミ)

文献には無料のお試し版がないので、実際に使ってみることができないのが問題点かな。

体験会も実施しているんだけど、東京とか大都市だけなので体感する機会はほとんどなし。

口コミを見て判断するしかないので、評判はちゃんとチェックした方がいいですよ。

使えないなと思うところも…(30代の口コミ)

基本的には満足している「文賢」ですが、やっぱり「足りないな~」と思う所も正直あります。

特に残念なのが、文章構成まではチェックしてくれないこと。

あくまでAIによるチェックなので、やっぱり本人の文章力の方が大切だと思います。

悪い口コミのまとめ

  • お金はかかるが、値段以上の価値がある
  • 文賢を使っても完璧な文章が書けるわけではない

「文賢」の良いクチコミ

AIのチェック精度に驚き(40代の口コミ)

雑誌で編集をしているんですが、目視でチェックすると、どうしてもミスを見逃してしまって…。

正直言うと、最初は「文賢」に期待していなかったんですが、実際に使ってみると見事に予想が裏切られました。

「文賢」はAIが自動でチェックしてくれるから、コピペだけでチェックしてくれるから5秒もかからずに校閲が終了。

精度も驚くほど高いので、もう手放せない状態です

アフィリエイトの収益がアップ!(30代の口コミ)

アフィリエイトを始めたんですが、人を惹きつける文章が書けずに悩んでいました。

そんな時、あの有名なウェブライターさんが「校閲ソフト」を開発したと知り、すぐに購入。

誤字・脱字はもちろん、文章表現までチェックしてくれるので、今まで悩んでいたことが見事解決!

文賢のおかげでサイトのアクセス数も右肩上がり、収益が100万円超えるようになりました。

レポートや論文にも使えます(20代の口コミ)

たくさんの論文を書くんだけど、何百枚もあるレポートを見返すのは本当に大変。

ただ、文賢を使うと瞬時に誤字脱字をチェックしてくれるから、読み返す時間が驚くほど少なくなりました。

「文賢」のおかげで研究に集中できるから、本当に嬉しいです。

小説に必要な機能が満載(40代の口コミ)

「文賢」は小説家にこそ使って欲しいツール。

というのも、「文賢」は読者に響く表現方法も提案までしてくれるので、今まで考え付かなかったような文章が書けるように。。

「文賢」のおかげで、いちいち辞書を引く手間が減って助かっています。

さすがウェブライターだと感心(30代の口コミ)

私が文賢を使い始めたのは、「ウェブライダー」が作ったツールだから。

発売当初から「文賢」を使っていますが、定期的にバージョンアップしているのが嬉しい所。

最近は作りっぱなしのソフトが多い中、やっぱり「ウェブライダー」の商品は他とは違いますね。

良い口コミのまとめ

  • 時間のかかる文章チェックを、一瞬ですませてくれる
  • 誤字・脱字だけでなく、相手に信用してもらえる文章が書けるようになる

⇒公式サイトへ:「文賢」の最新キャンペーン情報

大手企業も「文賢」を導入しているって、本当なの?

「文賢」はSNSでも評判

文賢は、SNS上でも評判を集めています。

会社の編集部も「文賢」

WEBマーケティングでも「文賢」

アフィリエイターも「文賢」

大手企業でも「文賢」を導入

文賢 評判

文賢の評判を聞きつけて、大手企業もこぞって導入を開始しています。

POINT
POINT
編集者や企業が「文賢」は導入するのは、驚くほど簡単に人を惹きつける文章が書けるから
「文賢」をもっと詳しくを知る方法って、どこかにないのかしら?

文賢マガジンを読めば、「文章作成アドバイスツール」としての魅力が分かる

文賢マガジン

ウェブライダーは、オフィシャルブログ「文賢マガジン」も開設。

「文賢マガジン」を読めば、人に寄り添う言葉の大切さがよく分かりますよ。

「文賢マガジン」の内容
  • 文賢を使った「分かりやすい文章術」
  • 文賢を使った「メールのリライト方法」
  • 文賢を使った「プレスリリースの校閲・推敲」
  • 著名人によるリレー連載

⇒公式サイトへ:文賢マガジン

文賢を開発した「ウェブライダー」って、どんな会社なの?

文賢を開発したのは「株式会社ウェブライダー」

文賢 ウェブライダー
画像出典:ウェブライダー

文賢を開発したのは「株式会社 ウェブライダー」。

「ウェブライター」

ウェブライダーは、社長 松尾茂起 氏を中心とした『マーケティング支援』と『コンテンツ制作』のプロ集団。

「SEOコンサルティング」や「企業内研修」でも評判を集めています。

「ウェブライダー」の質の高さが分かる3つのコンテンツを紹介します

  1. WordPressテーマ「賢威」
  2. 書籍「沈黙のWebライティング」
  3. サイト「ナースが教える仕事術」

1 WordPressテーマ「賢威」もウェブライダー

「ウェブライダー」で真っ先に思い浮かべるのは、やっぱりWordPressテーマ「賢威」。

有料テーマは数多くありますが、「賢威」が根強い人気を誇っている理由は4つです。

POINT
  1. 専用フォーラムから、プロフェッショナル集団のアドバイスがもらえる
  2. デザインやカラーバリエーションが豊富
  3. 追加料金なしでずっとバージのョンアップしてくれる
  4. 賢威購入者限定のSEOマニュアルがついてくる
「SEO」に強いWordPressのテーマを探しているなら、「賢威」は間違いなくおススメですね!

⇒公式サイトへ:SEOに強い「賢威」をチェック

2 書籍「沈黙のWebライティング」もウェブライダー

沈黙のWEBライティング

「ウェブライダー」が培ってきたSEOの技術が読める書籍が「沈黙のwebシリーズ」の2冊。

中でも、「沈黙のwebライティング」は文章に悩む人のバイブルとして評判。

POINT
  1. 読者を満足させるコンテンツの作り方が分かる
  2. 読む人を惹きつける文章の書き方が分かる
  3. 漫画のようなストーリー形式で話が進むので、分かりやすい
「沈黙のwebライティング」を読めば、サイトに対する考えた方が180°変わりますよ。

3 サイト「ナースが教える仕事術」もウェブライダー

文賢 ウェブライダー

「ウェブライダー」が実際に運営するサイトの1つが「ナースが教える仕事術」。

「ナースが教える仕事術」は、わずか43記事で月間100万PVを達成したバケモノサイト。

「ウェブライダー」の信念である「コンテンツは量よりも質」の意味が良く分かりますね。

POINT
文賢が信頼されているのは、あの「ウェブライダー」が技術が詰まったツールだから

「文賢」って使い方が難しそうなんだけど、簡単に使えるかしら?

文賢の使い方はとっても簡単


「文賢」はブラウザ上で使えるツールで、使い方はとっても簡単。

あなたが書いた文章を「文賢」の画面に貼りつけるだけで、自動的にAIがチェックを開始してくれます。

「文賢」の具体的な機能は次の4つ。

  1. 校閲支援機能
  2. 文章表現機能
  3. 推敲支援機能
  4. アドバイス機能

1 誤字・脱字をチェックする「校閲(こうえつ)機能」

文賢 使い方

校閲とは、日本語の間違いを見つけること。

文賢の「校閲支援機能」では、11のチェックポイントを元に、あなたに正しい本語の使い方をアドバイスしてくれます。

「校閲支援機能」の11チェック
  1. 誤字脱字
  2. 誤った言葉
  3. 誤った敬語
  4. 気をつけるべき商標と固有名詞
  5. 誤用しやすい言葉
  6. 話し言葉・砕けた表現
  7. 重複表現
  8. 半角カタカナ
  9. 機種依存文字
  10. 差別語・不快語
  11. ポリティカル・コレクトネス

2 心に響く文章が書ける「類語表現機能」

文賢 使い方

いくら正しい日本語を使っても、相手の心に響かなければ意味がありません。

あなたの文章をより深く読んでもらうためには、表現を豊かにし、読み手の想像力に訴えかけることが最も大切。

「文賢」には3,500を超える

  • 類語・言い換え
  • 慣用句・ことわざ
  • たとえ話

が用意されているので、あなたの文章が豊かになること間違いなし!

文賢の類語表現
  • アリーナ1列目をゲットしたときのようなうれしさ
  • カップラーメンを待っている間にとった電話で「あ、これ長くなる」と察したときのような焦り
  • まだ半月もあるのにパケット制限されたときのような絶望感
  • アナゴさんがマスオさんよりも年下だと知ったときのような衝撃
  • 給食を配るときに汁物の配分に失敗し、自分の分の味噌汁がなくなってしまうような切なさ
しかも、わずかワンクリックで挿入できるので本当に便利ですよ。

3 読みやすい文章になる「推敲(すいこう)支援機能」

文賢 使い方

文章が読みやすくなるかどうかは、推敲にかかっています。

推敲とは、文章の精度を高めるために何度も練り直す作業のこと。

文賢では14のチェック項目であなたの文章を自動的に推敲可能。

推敲のポイント
  1. 接続詞をハイライトし、論理展開がスムーズかどうか
  2. 同じ助詞の連続使用
  3. 同じ文末表現の連続使用
  4. 二重否定表現
  5. 一文に読点が4つ以上存在していないかどうか
  6. 50文字以上の文に読点がないかどうか
  7. 漢字で書くほうがよい言葉
  8. ひらがなで書くほうがよい言葉
  9. カタカナで書くほうがよい言葉
  10. 句点や記号のあとに改行がないかどうか
  11. 句点や記号以外で改行しているかどうか
  12. 記号が全角に統一されていないかどうか
  13. 英数字が半角に統一されていないかどうか
  14. ユーザーが設定した任意の文字列を使っていないかどうか

4 文章の質を高める「アドバイス機能」

文賢 使い方

「アドバイス」の項目では、最後の詰めのポイントを表示してくれます。

あなたの文章をもう一度読み返してみる時に、どんな点に気をつけたらいいかが一目瞭然。

アドバイス機能があることで、あなた自身の文章力もアップすること間違いなしです。

文賢のアドバイス例
  1. 【箇条書き】を用いて、スッキリと整理できる箇所はありませんか?
  2. もっと短くシンプルに表現できる文章はありませんか?
  3. 読み手が共感できるよう、【感情表現】は入っていますか?  など

Google Chromeの拡張機能を使えば「文賢」がさらに便利に

文賢使い方

「文賢」には、Google Chromeの拡張機能も用意されています。

「拡張機能」を使えば、

  • チェックしたい文章を選択し、右クリック
  • 「文賢に送る」をクリック

という2つの動作で文章がチェックできるので、わざわざ「文賢」を立ち上げる必要がなくなり便利です。

「Google Chrome拡張機能」の詳しい使い方は公式サイトで確認してください。

【文賢】文章の校閲・推敲支援ツール/Chromeウェブストア

POINT
文賢は最先端のAIによって、様々な角度からあなたの文章をチェックしてくれます。

⇒公式サイトへ:「文賢」の最新キャンペーン情報

「文賢」を使ったら、本当にミスが見つかるのかしら?

実際に「文賢」をブログでお試しするとこうなります

文賢 評判

この記事を公開前に「文賢」でチェックすると、なんと147もの指摘が…(私が下手すぎかもしれませんが)。

恥ずかしいですが、実際に指摘されたチェックポイントの一部を公開します。

チェックされた文章 指摘されたポイント
文章を書く仕事を 同じ助詞を連続使用しています
良い 「『よい』もしくは『いい』」とひらがなで書くほうがよいかもしれません
やれないこともない 2重否定表現です
~ます。 同じ文末表現を3連続以上使用しています
こちらがビールになります 敬語の使い方に注意
POINT
わずか3秒で大量の間違いが発覚。自分では気づかないミスも指摘してくれるので、表現能力が飛躍的に向上します。
文賢にもダメな点ってあるのかしら?

【レビュー】文賢を試用して分かったメリット・デメリット

メリット・デメリット

実際に「文賢」を使い続けてみると、良い所ダメな所がハッキリ。

「文賢」について、特に欲しいことは次の4つです。

  1. わずか3秒でチェックが終わる
  2. 人に伝わる文章書き方が分かる
  3. 間違いではない表現もチェックしてしまう
  4. 文章構成までは教えてくれない

メリット1 AIのチェックはわずか3秒

私は1つの記事に5000文字以上書くことが多いですが、チェックが終わるまでの時間はわずか3秒。

自分の目で確かめていた時は30分もかかっていました。

文章を書く負担が減り、記事作成により集中できるようになりました。

メリット2 人に伝わる文章の書き方が分かる

文賢を使い続けていくと、

  • この表現は分かりにくいな
  • この漢字は”ひらがな”で書いたほうが読みやすいな

など、自分の書き方のクセや悪い所に気づくように。

「文賢」を使い続けれていくと、ミスが減るだけでなく、書くことに自信がもてるようになりますよ。

デメリット1 正しい使い方がチェックされることも

「文賢」のデメリットの1つが、正しい使い方まで「間違いの可能性があります」と指摘されてしまうことです。

「~になります」の指摘が特に多い

文賢が指摘してくる表現に「~になります。」がありますが、正しい使い方まで「間違いの可能性があります」と指摘してくることに…。

間違った使い方 正しい使い方
  • こちらがビールになります
  • 〇〇円になります
  • もう5歳になります
  • 〇ヵ月使用したものがこちらになります

バージョンアップするごとに精度は高くなっていますが、まだまだ完ぺきではありません。

デメリット2 文章構成までは教えてくれない

1つの文にたくさんの内容を詰め込むと、何が言いたいのか分かりくい文章に…。

下のAとBの文章はどちらも同じ意味ですが、一文を短く切ったBの文章の方が伝わりやすく感じませんか?

A

画面サイズを従来モデルから大きくし、通常モデルのiPhone 6は4.7インチ、大画面モデルのiPhone 6 Plusは5.5インチのディスプレイを搭載、広視野角でコントラストが高い「Retina HD display」を採用しています。

B

画面サイズは従来モデルより大きくなりました。通常モデルのiPhone 6は4.7インチ、大画面モデルのiPhone 6 Plusは5.5インチのディスプレイを搭載。どちらも広視野角でコントラストの高い「Retina HD display」が採用されています。

ただし、文賢ではどちらの文章にもチェックが入りません。

人間の感覚までは読み取れないのが「文賢」のデメリットです。

POINT
文賢には足りない点もあり。ただ、機能のアップデートは頻繁に行われているので、精度はどんどん高くなっています。

⇒公式サイトへ:「文賢」の最新キャンペーン情報

「文賢」って高そうなんだけど、いくらするのかしら?

文賢のライセンス価格はいくら?

「文賢」では定期払い制を導入しています。

「文賢」の価格
  • 初期費用:10,800円
  • 月額費用:1,980円

一番のネックは初期費用の1万円ですが、実際に利用してみると1万円分以上の価値は間違いなくあり。

文賢の性能を実感できれば、月額1,980円の費用は安すぎるほどです。

文賢はライセンス制を導入

「文賢」が使用できるのは、1つのライセンスで1人のユーザー

複数のユーザーで使おうとすると、人数分のライセンス費用を支払う必要があります。

POINT

ライセンスの追加費用:一人1,980円(月額)

ライセンスの追加には初期費用10,800円はかからないので、個人よりも企業や部署で導入した方がお得になっています。

まとめ買い割引プランが登場

文賢では、新しく「まとめ買い割引プラン」も登場。

さらに「文賢」が導入しやすくなっています。

まとめ買い数 5ライセンス以上 15ライセンス以上 30ライセンス以上
初期費用 10,800円
月額費用 1881円
(5%オフ)
1782円
(10%オフ)
1683円
(15%オフ)

文賢の支払い方法

分賢の支払い方法は2つから選択可能。

支払い方法
  • 銀行振込
  • クレジットカード決済(PayPal決済)

ただ、銀行振込だと手数料がかかるので、クレジットカード決済(PayPal決済)がおススメです。

PayPalペイパル)はクレジットカード決済をかんたん&安全にできるサービス。世界2億人以上のユーザーが日々国内外で利用しています。

PayPal | 公式サイト‎

POINT
初期費用が高いのに多くの人が導入するのは、「文賢」がそれだけの価値があるツールだから。

⇒公式サイトへ:「文賢」の最新キャンペーン情報

「文賢」を無料で試せる方法って、ないのかしら?

文賢には「無料の体験版」はありません

PC

残念ながら、「文賢」には無料の体験版などはありません。

文賢が「体験版」を作らない理由は、使い続けて初めて価値が分かるモノだから。

実際に使った立場から言うと、「お金を払うだけの価値な間違いなくある」と断言できます。

「文賢」は体験会を実施中

文賢 体験会

文賢では、参加費無料の体験会を実施中。

体験会に参加すれば、実際に「文賢」を見て触って実感することができるようになっています。

どうしても体験したい人は、下の公式サイトから申し込んでくださいね。

【参加費無料】文賢の体験会

POINT
体験版が無いのは残念ですが、文章に悩むあなたを満足させることは間違いありません。
「定期払い」って何だか不安…。解約ってすぐにできるのかしら?

文賢の解約はいつでもOK

チェック

試したことのない商品の「定期払い」は不安に感じますが、「文賢」の場合は心配なし。

というのも、文賢の定期払いには「最低〇か月使用」なんて縛りが一切ないんです

しかも、解約しても次回の更新日までは利用を続けることができるようにもなっているんですよ。

  • PayPal定期支払いはお客様ご自身でいつでもキャンセル(停止)することができます。
  • PayPal定期支払いキャンセル後も、次回ライセンス契約更新日までは本ツールを引き続き利用できます。

引用:文賢/利用規約

「文賢」の具体的な解約方法

文賢の解約は簡単、わずかテップで完了です。

① ライダーストアのマイページにログインする

文賢 解約

文賢を解約するには、まず「ライダーストアー」にログインすることが必要です。

文賢のページからは解約できないので注意してださい。

⇒公式サイトへ:ライダーストア/ログインページ

② 『定期支払をキャンセルする』をクリック

文賢 解約

中央にある注文履歴内の「定期支払いをキャンセルする」をクリック。

当てはまる解約理由をチェックし、「キャンセルする」ボタンをクリックすれば解約です。

PayPalに連携されているので、一度キャンセルを行うと取り消すことはできません。

③ 文賢から解約メールが届く

ライダーストアーから「文賢の定期お支払いのキャンセルを承りました」というメールが届きます。

念のためにメールを確認してくださいね。

POINT
定期払いに回数縛りがないのは、「文賢」に絶対の自信がある証拠です。

【まとめ】オンライン校閲推敲ツール「文賢」の評価

文賢

文賢の特徴をまとめます。

POINT

  1. 100を超える独自のチェックを瞬時に行ってくれる
  2. 「校正・校閲・推敲」のストレスが減るので、書くのが楽しくなる
  3. 3,500を超える文章表現から、あなたにおススメの表現を提案してくれる
  4. 無料の体験版などはなし、ただ価格に見合うだけの価値はある
  5. 定期払いはいつでも解約可能なので安心

完璧なツールではありませんが、あなたの書く負担を減らしてくれることは間違いありません。

 

心に届く文章を書きたいなら、おススメします。

▼公式サイトへ▼


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。