【工務店のデメリット】家を建てる注意点や費用の真実

工事

「工務店に家づくりを頼んでも大丈夫なの…」

「優良な工務店を選ぶ方法って何…」

注文住宅を建てようと思ったら、3つ会社の中からパートナーを選ぶことになります。

  • 大手ハウスメーカー
  • 地元の工務店
  • 設計事務所

上の3つの中で、一番会社の数が多いのが「工務店」。

ただ、工務店は大手ハウスメーカーのように情報がないので、家づくりに不安を感じてしまいます。

工務店の家づくりについて、あなたに知って欲しいことは4つ。

POINT

  1. ハウスメーカーより工務店の方が自由度が高い
  2. ハウスメーカーより安く家を建てられる
  3. 小さな工務店は倒産の心配も…
  4. 優良な工務店を選びたいなら、地元の評判をチェック

最近は、大手ハウスメーカーにはない特徴を売りにしている工務店も数多く出てきていて、さらに魅力が広がっています。

そもそも、工務店とハウスメーカーってどんな違いがあるのかしら?

工務店とは何?ハウスメーカーと違いは?

チェック

一般的に工務店とは、営業網を狭い地域に限定し、地域に密着した建築会社のこと。

もともと日本の家づくりは、棟梁(大工の親方)が、設計から施工まで一貫して家づくりを取り仕切ってきましたが、棟梁制度が発展した形が「工務店」。

ただ、最近では様々な特徴をもった工務店も出てきています。

  1. 地域に密着した工務店
  2. フランチャイズ型の工務店
  3. 建売分譲を中心に請け負う工務店
  4. 準大手ハウスメーカーとしての工務店

1 地域に密着した工務店

工務店は全国に数多くありますが、

  • 社長
  • 数人の大工
  • 事務員

というような小規模な形がほとんど。

社長自らが職人として現場に立ったりなど、昔ながらの「町の工務店」イメージになりますね。

2 フランチャイズ型の工務店

大手ハウスメーカーの下請けだったり、大手ハウスメーカーのフランチャイズ加盟店として施工する工務店タイプ。

  • 建築材料を一括して仕入れられるので低コスト
  • 大手ハウスメーカーや他の加盟店から、技術や情報を共有することができる

などのメリットがあります。

3 建売やリフォーム中心の工務店

工務店の中には、建売やリフォームを中心にしているところもあります。

注文住宅を建てるより、建売やリフォームの方が、工事が簡単で、利益も出しやすいと言われています。

注文住宅を依頼することもできますが、リフォームや建売とは仕事の質が違うので、おススメできません。

4 準大手ハウスメーカーとしての工務店

大手ハウスメーカーのように、全国規模で営業展開する工務店もあります。

  • 一条工務店
  • スウェーデンハウス など

最新の建築技術や住宅の省エネ技術にも対応していて、ハウスメーカーとの違いはほとんどありません。

関連 【超まとめ】一条工務店で知るべき9つのメリット・デメリット

POINT注文住宅を建てるなら、新築を主業務としている工務店を選ぶのが大切です。

工務店で家を建てる注意点やデメリット

悩む

工務店で家を建てる場合は、6つのデメリットに気をつける必要があります。

  1. 倒産の危険
  2. 設計の自由度やデザイン性
  3. 品質のバラツキが多い
  4. 工期が長い
  5. チェックが甘くなる可能性も
  6. アフターメンテナンス

1 倒産の危険がある

地元に密着した工務店は、規模が小さく、経営基盤が安定していないことが少なくありません。

工務店が倒産してしまうと、

  • 工事がストップしてしまう
  • 着手金などの一時金が返ってこない
  • アフターサービスが受けられない

など、大変な事態に…。

長い間営業していたり、実績のある工務店なら、倒産の可能性も少ないと言えます。

2 設計の自由度やデザイン性

大手ハウスメーカーの場合、何種類かのプランをもとに家づくりをしていくことになります。

ハウスメーカーで建てる家は、規格化された製品の組み合わせでつくられるので、プランによる制限が多くなります。

対して、工務店は自由設計が主体。

法律や予算以外の制限はありません。

  • 気に入ったシステムキッチンを入れたい
  • 床材は無垢材にしたい

など、あなた(建て主)の希望や条件に合わせて設計してくれるので、より自由にプランニングすることができます。

実際の自由度は少な目?

工務店はもともと棟梁主体の小規模な建築会社なので、得意・不得意がハッキリしています。

施工のしやすさから、使い慣れた資材やデザインを優先することが多く、結果的には設計が大幅に制限されることも…。

よりデザイン性にこだわった家づくりをしたいなら設計事務所に家づくりを依頼するのがおススメです。

関連 【設計事務所で家づくり】高い新築費用や5つのデメリットの真実

3 品質のバラツキが多い

大手ハウスメーカーの場合、工場で規格化された資材を大量生産するので、精度が高く、仕上りのバラツキは少なくなっています。

工務店の場合、職人さんの手作業で家づくりをしていくことが多いので、工務店によって当たり外れがあるのが現実です。

4 工期が長い

  • 大手ハウスメーカーの工期:約3か月
  • 工務店の工期:約5か月

工務店は一から家づくりをしていくことになるので、大手ハウスメーカーより工期が長くなります。

またハウスメーカーの場合、自社工場で部品を組み立てて運ぶので、現場の工事が少ないのも工期が短い理由になっています。

5 チェックが甘くなる可能性も

欠陥住宅を防ぐには工事の施工管理が欠かせません。

工務店で家を建てると、同じ会社内で

  • 施工する側
  • 工事を監理する側

に分かれるので、チェック体制が甘くなる可能性があります。

6 アフターメンテナンス

すぐ近くにある工務店は、連絡がとりやすいく、不具合があればすぐに駆けつけてもらえます。

また、工務店で建てようがハウスメーカーで建てようが、10年間は法律により保証が義務付けられています(住宅瑕疵担保履行法)。

ただ、点検などのサービス体制は会社によってかなりの差があるのが現実。

大手ハウスメーカーのような30年以上の長期保証を実現している工務店はまだまだ少ないと言えますね。

「工務店だと安く家を建てられる」って聞いたけど本当なの?

【工務店で家を建てる費用】ハウスメーカーとどっちが安い?

住宅ローン

ハウスメーカーと工務店の坪単価を比べると次のようになります。

坪単価の目安
工務店 45万円~
ハウスメーカー 70万円~

全国展開しているハウスメーカーで家を建てると、

  • CMなど広告費用
  • 営業マンの人件費
  • モデルハウスの費用

など、家づくりと直接関係のない費用が坪単価に上乗せされてしまいます。

しかも工務店には、大手ハウスメーカーのようにプランによる制限がないので

  • 工法
  • 外観
  • 設備

など、予算に応じて細やかにプランニングできるのも、工務店の費用が安くなる1つの理由になっています。

費用が不明瞭ことも

大手ハウスメーカーに比べ工務店の経費率は低くく、コストが安くなっていますが、見積もりが大雑把なところも…。

「〇〇一式」というように、中身が分かりにくい見積もりを出してくる工務店もあるので注意が必要です。

工務店ってどこに注目して選んだらいいのかしら?

【工務店の選び方】決め手は5つのポイント

チェック

工務店の多くは住宅展示場やカタログがないので、積極的に情報を収集する必要があります。

優良な工務店選びに欠かせないポイントは5つです。

  1. 地元の評判
  2. 工事現場をチェックする
  3. 会社案内をチェック
  4. インターネットの情報
  5. 住宅完成保証制度への登録

1 地元の評判

大きな広告の出せない工務店を支えるのは「地元の評判」です。

地域で長く営業して、実績のある工務店ならまずは安心。

地元に密着している分、手抜き工事などの問題点があれば、すぐに口コミとして地域中に広がってしまいますからね。

また、近所に建てられた家を実際に見て回り、

  • 住んでいる方は満足されているか
  • 仕上げは丁寧に工事されているか

など、住んでいる方の話を聞くのも大切なポイントです。

2 工事現場をチェックする

工事現場の様子を見れば、その工務店の家づくりに対する姿勢が見えてきます。

  • ゴミの始末がされているか
  • 駐車の仕方はどうか
  • 道具が出しっぱなしになっていないか など

優良な工務店ほど、現場の管理が行き届いているので、現場がしっかり整理整頓されています。

3 会社案内をチェック

カタログがなくても、会社案内のパンフレットを用意している工務店は多くあります。

パンフレットでは、

  • 業務経歴
  • 保証制度

などを確認することが大切です。

4 インターネットの情報

最近では、ネットに情報を載せる工務店も増えてきています。

仕事や社員の様子を知ることができるので、一度チェックしてみましょう。

5 住宅完成保証制度への登録

倒産が不安な方は、工務店が住宅保証機構の「住宅完成保証制度」に登録しているか確認することが大切です。

「住宅完成保証制度」に登録していれば、工事途中で倒産した場合でも、代わりの業者が引き継いで家を完成させてくれます。

工事の引継ぎだけでなく、

  • 前払い金の損失
  • 追加で必要な工事費用

についても、保証してくれるので安心です。

住宅保証機構は、国土交通大臣指定の住宅に関する保険法人です

【工務店の家づくり】まとめ

工務店の家づくりの特徴をまとめます

POINT

  1. 工務店には様々なタイプがある
  2. 大手ハウスメーカーより自由度が高い
  3. ハウスメーカーより安く家を建てられる
  4. 小さな工務店は倒産の心配がある
  5. 優良な工務店を選びたいなら、地元の評判をチェック

職人の腕が大きく関わってくる工務店は、大手ハウスメーカーより慎重に選ぶことが大切です。

あなたに合った理想の家を建てる方法

家

家造りって悩むことばかりですよね!

私は一条工務店のアイスマートで家を建てましたが、家造りで一番難しかったのが『間取り』

つまり、自分だけの理想の家を実現する方法は、

自分の希望に合った間取りをどれだけ集められるか

にかかっています。

ただし、間取りの打ち合わせは契約が始まらないと出来ませんし、時間も限られているのが現実。

思い悩み、家造りがなかなか進まなかった私が利用したのはタウンライフ家づくり

タウンライフ

「タウンライフ家づくり」では、あなたに合った【オリジナルの家づくりプラン】を複数のハウスメーカーが提案してくれます。

実際に「タウンライフ家づくり」を利用して分かったメリットは6つです。

POINT

  • 間取りのプラン作成を簡単に依頼できる
  • プランの比較によって、新しい発想や間取りの問題点に気づく
  • 見積もりと資金計画書が届くので、家づくりの費用が分かる
  • ハウスメーカー独自の土地の提案までしてくれる
  • すべてネットから無料でできる
  • 他社の見積もりを見せることで、大幅な値引きが可能

 

しかも、600社の中から選べ、その中には大手22社のハウスメーカーも入っています。
ハウスメーカー

 

私が何よりもうれしかったのは、要望をくみ取った間取りを作成してくれる所。

タウンライフ

 

実際に私は、積水ハウスさんからこんなステキな間取りをいただいています。

積水ハウス間取り

実際に積水ハウスからいただいた間取り

 

一番心配していたのは「強引な勧誘がないか」ですが、私の所には1本の電話もかかってきていません(メールでの勧誘はあります)。

▼私の体験談▼
【タウンライフ家づくり】の評判や口コミは?資料請求で分かる5つのメリット・デメリット

うれしいことに、担当者に他社の見積もりを見せることで、大幅な値引きを引き出すことも可能になってきます。

 

もしあなたが理想の家を実現したいのなら、お勧めできます!

▼公式サイトはこちら▼