ハウスメーカー【坪単価ランキング】比較が危険な3つの理由

ランキング

「ハウスメーカーの坪単価ってどれくらいなの…」

「坪単価のランキング比較って、本当に信じていいの…」

ハウスメーカーを選ぶ基準は

  • 建築方法
  • 家の性能
  • 設備のグレード
  • デザイン

など、人によって様々。

ただ、やっぱり気になるのは坪単価ではないでしょうか?

実際、ハウスメーカーを坪単価で単純にランキングしているサイトも数多くあります。

ハウスメーカーの坪単価について、あなたに知って欲しいことは4つ。

POINT

  1. 工務店よりハウスメーカーの方が坪単価は高い
  2. 大手ハウスメーカーになると、坪単価が90万円を超えることも…
  3. 坪単価ランキングは目安にしかならない
  4. 坪単価以外にも、実際には多くのお金がかかる

坪単価ランキングをそのまま信じると、絶対に後悔することになるので、十分に注意してくださいね。

「ハウスメーカー」や「工務店」の坪単価って、どれくらいなのかしら?

【2018年】ハウスメーカー・工務店の坪単価一覧

家 太陽光発電

ハウスメーカーや工務店の坪単価を4つの価格帯に分けて紹介します。

  1. 坪単価30~50万円
  2. 坪単価51~65万円
  3. 坪単価66~75万円
  4. 坪単価76万円以上

1 坪単価30~50万円のハウスメーカー・工務店一覧

「1000万円代で建てられます」など、ローコスト住宅をアピールするハウスメーカーや工務店が数多く並びます。

ローコスト住宅の中には、最低限の設備しか付けず、高額なオプションで稼ごうとするハウスメーカーも…。

ハウスメーカーが「どうやって坪単価を抑えているか」

  • ホームページ
  • 完成見学会
  • 営業担当の話

などで、しっかりチェックすることが欠かせません。

アーデンホーム アーデンホームは、の輸入住宅を全国的に販売しているハウスメーカー。レンガの家のデザインが特徴です。
アイフルホーム アイフルホームは、「株式会社LIXIL住宅研究所」が運営する、住宅業界では最大規模を誇るフランチャイズ形式のハウスメーカー。
アエラホーム アエラホームは、ローコスト住宅の中でも坪単価の安さで光るハウスメーカー。次第に販売エリア(東北・関東・東海・九州)が拡大しています。
アキュラホーム 1万棟以上の施工実績を誇るハウスメーカー。日本最大の工務店ネットワーク組織「JAHBnet(ジャーブネット)」を主宰していることでも有名です。
穴吹工務店 「サーパス」などマンション販売で有名。現在は、大手マンション分譲業者である大京に完全子会社されています。
インターデコハウス ヨーロピアンテイストの輸入住宅を扱うハウスメーカー。大都市を中心に全国展開しています。
インデュアホーム フレンチスタイルやアメリカンハウス、イングリッシュスタイルなど、幅広く輸入住宅を扱っています。
菊池建設 国産檜(ヒノキ)にこだわった木造注文住宅メーカー。神社や仏閣の建築も得意としています。
クレバリーホーム 1998年からフランチャイズ方式で展開しています。木造の在来工法が主体ですが、ツーバイフォー工法も扱っています。
セルコホーム カナダの輸入住宅で全国№1ハウスメーカー。強度の高いツーバイシックス工法が特徴です。
タマホーム ローコスト住宅の代表とも言える「タマホーム」。「ハッピーライフ ハッピーホーム タマホーム」のCMで知名度は抜群です。
富士住建 関東一円を中心に販売していて、「完全フル装備の家」として、エアコンやカーテン住宅に必要なモノを含めた、分かりやすい販売価格が好評です。
ブルースホーム 全国で輸入住宅を販売しているハウスメーカー。企画住宅も扱っています。
三浦工務店 住宅だけでなく、マンションから神社仏閣まで幅広く扱う工務店。
ヤマト住建 関西を中心に販売網を広げているハウスメーカー。ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2017 ”大賞”を受賞しています。
ユニバーサルホーム フランチャイズ展開しているハウスメーカー。外壁材「ALC」と地熱床システムが特徴です。
ロビンスジャパン 関東を中心に輸入住宅を扱うハウスメーカー。リフォームも手掛けています。
レオハウス 木造軸組みの工法で坪25万円という安さが売りのハウスメーカー。タマホームと似た特徴があり、以前はタマホームの家を販売していたこともあります。

2 坪単価51~65万円のハウスメーカー・工務店一覧

坪単価51~60万円のハウスメーカーになると、システムキッチンなど「グレードの高い住宅設備」が付いてくるところが多くなります。

また、

  • 素材へのこだわり:イムラ、無添加住宅、日本ハウスホールディングス、桧屋住宅
  • 性能へのこだわり:一条工務店、土屋ホーム

など、特徴で差別化を図るハウスメーカーも出てきています。

アップルヤードデザイン 関東を中心に輸入住宅を手掛けるハウスメーカー。第三者機関「ジャパンホームシールド」によるダブルチェックも受け付けています。
イシンホーム フランチャイズ展開しているハウスメーカー。「ECO-I工法」という独自の工法を採用しています。
イムラ 吉野杉や吉野ヒノキなど、自然材料を多用した木造住宅が特徴で、グッドデザイン賞を3年連続で受賞しています。
一条工務店 性能にこだわった家づくりが特徴のハウスメーカー。「気密性・断熱性」は全ハウスメーカー中№1となっています。
木下工務店 「木造軸組構法」や「2x4工法」を主体としたハウスメーカー。下請けによる施工を行わず、直接自社管理による設計・施工を行っています。
クラフトメイドハウス 関東を中心に輸入住宅を扱う地域密着型のハウスメーカー。石膏ボードと塗装された壁による「ドライウォール工事」を特徴としています。
サーラ住宅 愛知県に本社を置く住宅メーカー。もともとは「株式会社ミサワホーム中部」として設立されています。
スキャンDホーム スキャンDホームは、「ログハウスHONKA」の代理店が立ち上げた住宅メーカー。輸入住宅の中でも、北欧住宅を得意としています。
サンヨーホームズ 技術力の高いクボタハウスを引き継いでできたハウスメーカー。電気メーカー「三洋電機(SANYO)」の製品を取り込んだ住宅が特徴です。
住友不動産 マンション販売でも有名ハウスメーカー。「住友林業」と同じ住友グループの一員です。
土屋ホーム 北海道に本社を置くハウスメーカー。省エネ住宅への取り組みが評価されており、「省エネルギー住宅コンクール」で建設大臣賞を受賞しています。
東急ホームズ もともとは北米の高級住宅街の開発を行ってきた住宅メーカーで、輸入住宅を専門に扱っています。
日本ハウスホールディングス 大工を準社員と抱えている「棟梁システム」が特徴のハウスメーカー。構造材には、厳選されたヒノキの集成材が使われています。
桧家住宅 柱に桧の4寸を採用。特許を取得している新冷暖房システム「Z空調」が特徴で、全棟「耐震等級3級」を実現しています。
フジ住宅 大阪に本社を置く不動産デベロッパー。注文住宅だけでなく、オフィスビルの建設やマンション分譲も手掛けています。
無添加住宅 身体に良くないものは使わない。健やかな無添加住宅の提供に努める。
ヤマダ・エスバイエル 「ヤマダ電機」が親会社のハウスメーカー。規格住宅が主力ですがスマートハウスに力を入れています。
ヤマヒサ もともとは、エクステリアの企業として創立されたハウスメーカー。システムバスやシステムキッチンの販売にも力を入れています。
レジェンダリーホーム アンティークな輸入住宅を中心に扱っているハウスメーカー。独自に開発したオリジナルの漆喰「厚塗り漆喰」が特徴です。

3 坪単価66~75万円のハウスメーカー・工務店一覧

大手ハウスメーカーが中心となる坪単価帯。

木造だけでなく

  • 鉄骨造
  • 鉄筋コンクリート(RC住宅)

など、工法にこだわったハウスメーカーも数多く見受けられます。

JPホーム 鉄筋コンクリート(RC住宅)が特徴。一邸ごと、現場で職人がコンクリートを流し込むので、継ぎ目がない美しい外観が評判です。
住友林業 国内に「自社保有林」を持っていて、木にこだわりを持つハウスメーカー。柱や壁を少なくできる「ビッグフレーム構法」が有名です。
セキスイハイム 積水化学工業が販売している住宅ブランド。ほとんどの建材を工場でつくる「鉄骨系プレハブ」と「木質系プレハブ」が特徴。積水ハウスとは別会社です。
積水ハウス 鉄骨造、木造住宅だけでなく、分譲アパートなども数多く手がけていて、業界№1の販売戸数を誇っています。
大成建設ハウジング(パルコン) コンクリートパネル工法が主流で、火災に強く、頑強な構造の家づくりが特徴です。
大和ハウス 戸建住宅の販売棟数では第3位のハウスメーカー。木造もありますが、「Xevo」などの鉄骨造が販売の主流です。
トヨタホーム トヨタグループの住宅販売部門。鉄骨造の自由設計を特徴にしていて、構造材の防サビ技術が有名です。
パナソニックホームズ(パナホーム) パナソニックグループの住宅総合メーカー。環境性能の高いパナソニック商品を多く取り入れた住宅が評判です。
細田工務店 東京を中心に販売しており、35年保証システム、24時間電話対応、定期巡回などのメンテナンスサービスが評判です。
ミサワホーム パネルを接着剤でひっつける「木質パネル接着工法」を採用。グッドデザイン賞を20年以上連続で受賞しており、デザイン性が評判です。
三菱地所ホーム 木造のツーバイフォー工法のみですが、全館空調システムを標準装備しているのが特徴です。
無印良品の家 無印良品が手掛ける住宅シリーズ。有名な建築家が開発協力や監修をしていて、デザイン性が高く、間取りの変更が可能な「SE工法」を採用しています。
レスコハウス コンクリートパネル工法で火災に強く、頑強な構造の家づくりが特徴。35年の無償点検などメンテナンスが評判です。
リンダルシーダーホーム 本社はシアトルにある、アメリカ発の輸入住宅メーカー。耐久性や耐熱性に優れたヒノキ科の「ウェスタンレッドシーダー」を使用しているのが特徴です。
ユーロJスペース 北欧住宅をメインに輸入住宅を手がけているハウスメーカー。「年間30棟まで」という制限があり、品質の高くデザイン性に優れた住宅が評判です。
ユニバーシス 関西を中心に販売している北米輸入住宅専門の工務店。「全館空調システム」が標準装備なっていることで評判です。

4 坪単価76万円以上のハウスメーカー・工務店一覧

「高級住宅」と呼ぶにふさわしいハウスメーカーが並びます。

  • 無垢の床材
  • 最新の住宅設備

など、お金にこだわらない家づくりをされる方が多く、坪単価が100万円を超えることも珍しくありません。

床暖房の家(ウェルダン) 北欧・北米の輸入住宅メーカー。「高機密高断熱」な家づくりが特徴で、ウェルダンオリジナルの床暖房システム「蓄熱式温水床暖房」が評判です。
スウェーデンハウス スウェーデンに工場を持ち、生産もスウェーデンで行っている輸入住宅メーカー。「高気密・高断熱住宅」が売りで、木製サッシや24時間換気システムが評判です。
フロンヴィルホーム千葉 こだわりの本格派輸入住宅メーカー。高級感のある本格的なオーダーメイド設計が評判です。
ヘーベルハウス 高層ビルと同じ「重量鉄骨造」で、非常に頑強な家づくりが特徴。30年間メンテナンスフリーの外壁「へーベル」が評判です。
三井ホーム デザイン性の高さが評判で、外部の建築士やインテリアコーディネーターと家づくりができるのが特徴。内装やデザインの選択肢が非常に豊富なことでも有名です。
実際の坪単価はどれくらいになるのかしら?

大手ハウスメーカーの坪単価ランキング【2017】

ランキング

住宅産業新聞が発表した、大手ハウスメーカー8社の実際の坪単価は次の通りです。

ハウスメーカーランキング 平均本体価格 平均床面積 平均坪単価
1 三井ホーム 3954万 42.2㎡ 93.8万
2 住友林業 3770万 40.5㎡ 93.1万
3 積水ハウス 3700万 42.5㎡ 87.0万
4 ヘーベルハウス 3074万 36.2㎡ 84.9万
5 大和ハウス 3370万 40.0㎡ 84.3万
6 積水ハイム 3030万 37.6㎡ 80.6万
7 パナホーム 3473万 43.2㎡ 80.3万
8 ミサワホーム 2712万 37.2㎡ 72.9万

ちなみに、大手ハウスメーカー8社のデータを単純に平均すると、

  • 本体価格:約3400万円
  • 床面積:約40㎡
  • 坪単価:約84.6万円

になります。

あくまで本体価格なので、家づくりには他にも多額の費用がかかってきます。実際、私は坪単価60万円の一条工務店で家を建てましたが、最終的な坪単価は+20万円になっています。

関連 【2018年】一条工務店の坪単価格!アイスマート40坪を総額いくらで建てたか

みんな家を建てるのに、どれくらいのお金をかけているのかしら?

注文住宅の坪単価、相場や平均は?

住宅ローン

国土交通省の住宅着工統計データによると、新築注文住宅の坪単価の全国平均は50万~60万円

ただ、「大手ハウスメーカー」と「地域の工務店」では、坪単価に大きな違いがあります。

  • 大手ハウスメーカー:70~80万円
  • 地域の工務店:40~50万円

大手ハウスメーカーの坪単価が高い理由は、

  • CMなどの広告費用
  • 営業マンの人件費
  • モデルハウスの費用

など、直截家づくりに関係のない費用が上乗せされるから。

POINT
坪単価が高いからといって、単純に「良い家が建つ」とは限りません。

「坪単価が安いから」という理由で工務店を選ぶのも危険です。工務店のデメリットには十分に注意してください。

関連 【工務店のデメリット】家を建てる注意点や費用の真実

そもそも「坪単価」って、どうやって計算しているのかしら?

坪単価とは何?計算方法ってどうするの?

家 太陽光発電

坪単価とは、床面積1坪(約3.3㎡/タタミ2枚分)当たりの建築費のこと。

計算方法は

家の本体工事費 ÷ 延床面積 = 坪単価

で表すことができます。

延床面積とは…

建物の各階の床面積を合計した面積のこと。2階建ての家なら、1階と2階の床面積を合わせた数字になります。「玄関ポーチ」や「吹き抜け」など壁で囲まれていない部分は延床面積には含まれません。

もし

  • 家の本体工事費:3000万円
  • 延床面積:40坪

だとすると

3000万円 ÷ 40坪 = 75万円

というようになり、坪単価は75万円になります。

坪単価は2階建てより平屋の方が高い

坪単価は、建てる家の「大きさ」や「形」にも影響されます。

  • 小さい家ほど、坪単価は高くなる
  • 総2階建ての方が、坪単価は安い
  • 平屋の方が、坪単価は高くなる

坪単価が変わる理由は、2階床コストより屋根や基礎のコストの方が高いからです。

平屋の方が坪単価は高くなりますが、階段スペースが必要ないので、総額では安くなる可能性の方が高くなります。

関連 【坪単価とは】2階建てだと安い?計算方法や含まれるものの真実

でも、坪単価のランキングって本当に信じていいいのかしら?

ハウスメーカーを坪単価で比較する3つの問題点

悩む

坪単価の計算方法に決まりはないので、坪単価を見る時には、3つのことに注意する必要があります。

  1. 坪単価を施工面積で計算することも…
  2. 本体工事に含まれるものに差がある
  3. 坪単価に含まれるもの、含まれないものがある

1 坪単価を施工面積で計算することも…

実は、坪単価の計算方法に決まりはなく、ハウスメーカー各社によって基準はまちまち。

一般的には、延床面積で計算しますが、住宅メーカーによっては「施工面積」で計算するところもあります。

施工面積とは…

延床面積に

  • 玄関ポーチ
  • 吹き抜け
  • ベランダ

など、延床面積に含まれないを合計したもの

施工面積の方が延床面積よりも大きくなるので、坪単価は安くなります。

POINT
坪単価がやたらと安いハウスメーカーは、施工面積で計算していることがよくあるので、注意が必要です。

2 本体工事に含まれるものに差がある

家の本体工事にも、ハウスメーカーによって差があります。

本体工事費に

  • 「照明器具」
  • エアコン
  • 床暖房の有無
  • システムキッチンのグレード [/aside]

などがどこまで含まれているかによっても、坪単価は変わってきます。

含まれないものが多いほど、坪単価は安くなりますが、実際の建築費用はより高価になってしまいます。

POINT
坪単価を見る時は、ハウスメーカーごとの標準仕様もチェックすることが欠かせません。

3 坪単価に含まれるもの、含まれないものがある

坪単価を計算する時の「本体工事費」とは、家そのものを作るための工事費のこと。

本体工事には普通

  • 基礎・土台
  • 構造体
  • 外装・内装
  • キッチン・浴室・トイレなどの設備
  • 建物を建てる人件費

などが含まれるますが、ハウスメーカーによって差があります

また、本体工事以外にも「家づくり」には多くのお金が必要になってくるのが現実。

本体工事以外に必要になってくる主な費用は次の通りです。

① 本体以外の建築工事費

  • 外構工事費
  • 解体・伐採費
  • 建築確認申請手数料
  • 引き込み工事
  • 敷地測量費
  • 地盤調査費
  • 地盤改良工事費
  • 設計・監理料

② 税金・住宅ローン

  • 印紙税
  • 登録免許税
  • 不動産取得税
  • 登記手数料
  • 融資手数料
  • 団体信用生命保険
  • 火災保険料:5万円~30万円
  • 固定資産税
  • 都市計画税

3 家の工事以外の費用

  • 引っ越し費
  • 地鎮祭や上棟などの式典費
  • カーテンや新しい家具などの費用
  • ご近所さんへの新築祝い

POINT
坪単価以外にも、本体工事費の2~3割程度の費用が家づくりにはかかってきます。

【ハウスメーカー・工務店の坪単価】まとめ

ハウスメーカーの坪単価の特徴についてまとめます。

POINT

  1. 工務店よりハウスメーカーの方が坪単価は高い
  2. 大手ハウスメーカーになると、坪単価が90万円を超えることも…
  3. 坪単価ランキングは目安にしかならない
  4. 坪単価以外にも、実際には多くのお金がかかる

坪単価でハウスメーカーを比較しても、あまり意味はなく、参考程度にしかなりません。

一生に一度の買い物である「家づくり」に後悔しないためにも、ハウスメーカー選びには十分に注意してくださいね。

ハウスメーカーの本当の坪単価を知る方法

家

ハウスメーカーが公表している坪単価は、目安にしかなりません。

実際の建築費用を知るには、

必要な間取りを実現するために、どのぐらいの費用がかかるか

を考えなければなりません。

ただし、ハウスメーカーと契約を結んでからでないと、間取りの打ち合わせは始まらないのが現実です。

そんな家づくりのお金に悩んでいるあなたにおススメなのは、「タウンライフ家づくり」。

タウンライフ

「タウンライフ家づくり」では、あなたに合った【オリジナルの家づくりプラン】を複数のハウスメーカーが提案してくれます。

実際に「タウンライフ家づくり」を利用して分かったメリットは6つです。

POINT

  • 間取りのプラン作成を簡単に依頼できる
  • プランの比較によって、新しい発想や間取りの問題点に気づく
  • 見積もりと資金計画書が届くので、家づくりの費用が分かる
  • ハウスメーカー独自の土地の提案までしてくれる
  • すべてネットから無料でできる
  • 他社の見積もりを見せることで、大幅な値引きが可能

 

しかも、600社の中から選べ、その中には大手22社のハウスメーカーも入っています。
ハウスメーカー

 

私が何よりもうれしかったのは、要望をくみ取った間取りを作成してくれる所。

タウンライフ

 

実際に私は、積水ハウスさんからこんなステキな間取りをいただいています。

積水ハウス間取り

実際に積水ハウスからいただいた間取り

 

一番心配していたのは「強引な勧誘がないか」ですが、私の所には1本の電話もかかってきていません(メールでの勧誘はあります)。

▼私の体験談▼
【タウンライフ家づくり】の評判や口コミは?資料請求で分かる5つのメリット・デメリット

うれしいことに、担当者に他社の見積もりを見せることで、大幅な値引きを引き出すことも可能になってきます。

 

もしあなたが理想の家を実現したいのなら、お勧めできます!

▼公式サイトはこちら▼