新築注文住宅【坪単価】建築費の相場平均に隠された3つの問題点

お金

「注文住宅を建てると、どれくらいの建築費がかかるの…」

「みんなは、どれくらいの坪単価を選んでいるの…」

ハウスメーカーや工務店を選ぶときの参考になるのが「坪単価」。

ただ、ハウスメーカーや工務店によっても坪単価は様々で、どれぐらいの坪単価を選べばいいのか迷ってしまいます。

そんな時に参考になるのが、坪単価の相場や平均。

坪単価の平均相場を知れば、家づくりにかかるおおよその金額が分かってきます。

注文住宅の坪単価の平均相場について、あなたに知ってほしいことは5つ。

POINT

  1. 坪単価の全国的な相場は50~60万円
  2. 大手ハウスメーカーと工務店では、坪単価が20万円以上違う
  3. 建てる家の工法によって建築費用は1500万円以上違う
  4. 住む都道府県によって、坪単価にはかなりの差がある
  5. 坪単価の平均相場では、建築費用のすべては分からない

ただ、坪単価の平均相場をそのまま信じるのはとっても危険なので注意が必要です。

みんなは、だいたいどれくらいの坪単価を選ぶのかしら?
▼キャンペーン中▼

【新築の注文住宅】坪単価や建築費の相場や平均は?

住宅ローン

国土交通省の住宅着工統計データによると、新築注文住宅の坪単価の全国平均は50万~60万円

だた、坪単価の全国平均を見る時は、3つの違いに注意してください。

  1. ハウスメーカーと工務店の違い
  2. 工法による建築費の違い
  3. 地域による坪単価の違い

1 ハウスメーカーと工務店で違う!坪単価の平均相場

「坪単価の平均」と言っても、「大手ハウスメーカー」と「地域の工務店」では、坪単価に大きな違いがあります。

大手ハウスメーカー 70~80万円
地域の工務店 40~50万円

大手ハウスメーカーの坪単価が高い理由は、

  • CMなどの広告費用
  • 営業マンの人件費
  • モデルハウスの費用

など、直接家づくりに関係のない費用が上乗せされるから。

POINT
大手ハウスメーカーの坪単価が高いからといって、単純に「良い家が建つ」とは限りません。

「坪単価が安いから」という理由で工務店を選ぶのも危険です。工務店のデメリットには十分に注意してください。

関連 【工務店のデメリット】家を建てる注意点や費用の真実

2 工法による坪単価の相場平均

注文住宅の工法は、大きく分けると次の3つ。

  • 木造
  • 鉄骨造
  • 鉄筋コンクリート造

一番建築費が高いのが「鉄筋コンクリート造」。

「鉄筋コンクリート造」になると、「木造」よりも1500万円以上建築費が高くなることが分かっています。

工法 平均建築費 坪単価の平均
木造(全体) 2087万円 56.1万円
木造(ツーバイフォー) 2215万円 59.4万円
木造(プレハブ) 2686万円 69.3万円
鉄骨造 3063万円 75.9万円
鉄筋コンクリート造 3730万円 76.1万円

出典:日本経済新聞

3 都道府県別、坪単価平均相場の違い

住宅金融支援機構の調査によると、

  • 最も坪単価が高いのは東京都(91.7万円)
  • 最も唾単価が安いのは宮崎県(57.9万円)

と、地域によって坪単価に約24万円もの差があることが分かっています。

都道府県 坪単価の平均
北海道 62.2
青森 59.7
岩手 66.5
宮城 66.8
秋田 58.7
山形 65.6
福島 66.5
栃木 69.0
群馬 69.0
新潟 66.4
長野 72.7
東京 91.7
神奈川 84.8
茨城 68.5
埼玉 76.9
千葉 76.0
山梨 69.9
静岡 75.4
岐阜 72.7
愛知 78.2
三重 71.4
富山 63.5
石川 65.4
福井 69.5
滋賀 75.3
京都 76.7
大阪 78.9
兵庫 74.3
奈良 75.5
和歌山 73.1
鳥取 67.0
島根 71.9
岡山 74.6
広島 70.5
山口 72.7
徳島 64.1
香川 67.4
愛媛 68.8
高知 68.9
福岡 68.2
佐賀 64.3
長崎 63.7
熊本 61.4
大分 65.7
宮崎 57.9
鹿児島 65.1
沖縄 69.7
坪単価で選べるハウスメーカーってどうなっているのかしら?

坪単価40万円、50万円で新築を建てられるハウスメーカー一覧

全国に数あるハウスメーカーや工務店の坪単価を4つの価格帯に分けて紹介します。

  1. 坪単価30~50万円
  2. 坪単価51~60万円
  3. 坪単価61~70万円
  4. 坪単価71万円以上

1 坪単価30・40・50万円のハウスメーカー・工務店一覧

 

「1000万円代で建てられます」など、ローコスト住宅をアピールするハウスメーカーや工務店が数多く並びます。

ローコスト住宅の中には、最低限の設備しか付けず、高額なオプションで稼ごうとするハウスメーカーも…。

ハウスメーカーが「どうやって坪単価を抑えているか」

  • ホームページ
  • 完成見学会
  • 営業担当の話

などで、しっかりチェックすることが欠かせません。

2 坪単価51~60万円のハウスメーカー・工務店一覧

坪単価51~60万円のハウスメーカーになると、システムキッチンなど「グレードの高い住宅設備」が付いてくるところが多くなります。

また、

  • 素材へのこだわり:イムラ、無添加住宅、日本ハウスホールディングス、桧屋住宅
  • 性能へのこだわり:一条工務店、土屋ホーム

など、特徴で差別化を図るハウスメーカーも出てきています。

3 坪単価61~70万円のハウスメーカー・工務店一覧

大手ハウスメーカーが中心となる坪単価帯。

木造だけでなく

  • 鉄骨造
  • 鉄筋コンクリート(RC住宅)

など、工法にこだわったハウスメーカーも数多く見受けられます。

4 坪単価71万円以上のハウスメーカー・工務店一覧

「高級住宅」と呼ぶにふさわしいハウスメーカーが並びます。

  • 無垢の床材
  • 最新の住宅設備

など、お金にこだわらない家づくりをされる方が多く、坪単価が100万円を超えることも珍しくありません。

大手ハウスメーカーの坪単価ランキング

ランキング

住宅産業新聞が発表した、大手ハウスメーカー8社の実際の坪単価は次の通りです。

ハウスメーカーランキング 平均本体価格 平均床面積 平均坪単価
1 三井ホーム 3954万 42.2㎡ 93.8万
2 住友林業 3770万 40.5㎡ 93.1万
3 積水ハウス 3700万 42.5㎡ 87.0万
4 ヘーベルハウス 3074万 36.2㎡ 84.9万
5 大和ハウス 3370万 40.0㎡ 84.3万
6 積水ハイム 3030万 37.6㎡ 80.6万
7 パナホーム 3473万 43.2㎡ 80.3万
8 ミサワホーム 2712万 37.2㎡ 72.9万

大手ハウスメーカーの坪単価の平均相場

ちなみに、大手ハウスメーカー8社のデータを単純に平均すると、

  • 本体価格:約3400万円
  • 床面積:約40㎡
  • 坪単価:約84.6万円

になります。

関連 ハウスメーカー【坪単価ランキング】比較が危険な3つの理由

坪単価以外にかかる費用ってないのかしら?

坪単価とは何?計算方法における3つの注意点

家 太陽光発電

坪単価とは、床面積1坪(約3.3㎡/タタミ2枚分)当たりの建築費のこと。

計算方法は

家の本体工事費 ÷ 延床面積 = 坪単価

で表すことができます。

延床面積とは…

建物の各階の床面積を合計した面積のこと。2階建ての家なら、1階と2階の床面積を合わせた数字になります。「玄関ポーチ」や「吹き抜け」など壁で囲まれていない部分は延床面積には含まれません。

もし

  • 家の本体工事費:3000万円
  • 延床面積:40坪

だとすると

3000万円 ÷ 40坪 = 75万円

というようになり、坪単価は75万円になります。

ただ、坪単価の計算方法に決まりはありません(なかに、わざと坪単価を安くみせようとしているハウスメーカーも…)。

坪単価の平均相場を見る時には次の3つのことに注意する必要があります。

  1. 坪単価を施工面積で計算することも…
  2. 本体工事に含まれるものに差がある
  3. 坪単価に含まれるもの、含まれないものがある

1 坪単価を施工面積で計算することも…

実は、坪単価の計算方法に決まりはなく、ハウスメーカー各社によって基準はまちまち。

一般的には、延床面積で計算しますが、住宅メーカーによっては「施工面積」で計算するところもあります。

施工面積とは…

延床面積に

  • 玄関ポーチ
  • 吹き抜け
  • ベランダ

など、延床面積に含まれないを合計したもの

施工面積の方が延床面積よりも大きくなるので、坪単価は安くなります。

POINT
坪単価がやたらと安いハウスメーカーは、施工面積で計算していることがよくあるので、注意が必要です。

2 本体工事に含まれるものに差がある

家の本体工事にも、ハウスメーカーによって差があります。

本体工事費に

  • 「照明器具」
  • エアコン
  • 床暖房の有無
  • システムキッチンのグレード [/aside]

などがどこまで含まれているかによっても、坪単価は変わってきます。

含まれないものが多いほど、坪単価は安くなりますが、実際の建築費用はより高価になってしまいます。

POINT
坪単価を見る時は、ハウスメーカーごとの標準仕様もチェックすることが欠かせません。

3 坪単価に含まれるもの、含まれないものがある

坪単価を計算する時の「本体工事費」とは、家そのものを作るための工事費のこと。

本体工事には普通

  • 基礎・土台
  • 構造体
  • 外装・内装
  • キッチン・浴室・トイレなどの設備
  • 建物を建てる人件費

などが含まれるますが、ハウスメーカーによって差があります

また、本体工事以外にも「家づくり」には多くのお金が必要になってくるのが現実。

本体工事以外に必要になってくる主な費用は次の通りです。

① 本体以外の建築工事費

  • 外構工事費
  • 解体・伐採費
  • 建築確認申請手数料
  • 引き込み工事
  • 敷地測量費
  • 地盤調査費
  • 地盤改良工事費
  • 設計・監理料

② 税金・住宅ローン

  • 印紙税
  • 登録免許税
  • 不動産取得税
  • 登記手数料
  • 融資手数料
  • 団体信用生命保険
  • 火災保険料:5万円~30万円
  • 固定資産税
  • 都市計画税

3 家の工事以外の費用

  • 引っ越し費
  • 地鎮祭や上棟などの式典費
  • カーテンや新しい家具などの費用
  • ご近所さんへの新築祝い

POINT
坪単価以外にも、本体工事費の2~3割程度の費用が家づくりにはかかってきます。

関連 【坪単価とは】2階建てだと安い?計算方法や含まれるものの真実

【まとめ】坪単価の平均や相場

家

坪単価の平均相場の特徴についてまとめます

POINT

  1. 坪単価の全国的な相場は50~60万円
  2. 大手ハウスメーカーと工務店では、坪単価が10万円以上違う
  3. 建てる家の工法によって建築費用は1500万円以上違う
  4. 住む都道府県によって、坪単価にはかなりの差がある
  5. 坪単価の平均相場では、建築費用のすべては分からない

注文住宅の価格が高くなるのは、広告費や人件費も大きな原因。

ただ、広告費や人件費分は値引きもされやすく、300万円以上の値引きをされることも…。

相見積もりを取れば、安くて品質の高い注文住宅を建てることができますよ。

>>>【無料】700万円以上の値引きと間取りプランを手に入れる方法

あなたに合った理想の注文住宅を手に入れる方法

家

注文住宅を建てると生活が快適になりますが、デメリットも多く失敗しがち。

失敗しやすい注文住宅を成功に導く一番のコツは

設計にとことん時間をかけること。

 

特に間取りは大切で、家族の要望に合わせた部屋の配置が大切になってきます。

思い悩み、家づくりがなかなか進まなかった私が頼ったのが「タウンライフ家づくり」。

タウンライフ

「タウンライフ家づくり」では、あなただけの「オリジナルの家づくり計画」を複数のハウスメーカーが提案してくれます。

実際に「タウンライフ家づくり」を利用してみて、あなたに伝えたいメリットは5つ。

POINT

  1. 無料でわずか3分、すべてネットで申し込むことができる
  2. 大手22社を含む600社以上のハウスメーカーから選べる
  3. 注文住宅専用の間取り図や資金計画、土地情報まで手に入る
  4. 見積もりを他社に見せることで、大幅な値引きを引き出せる
  5. 期間限定のプレゼントキャンペーン実施中

 

しかも、選べる600社の中には大手22社のハウスメーカーも含まれています。
ハウスメーカー

 

私が何よりもうれしかったのは、要望をくみ取った間取りを作成してくれる所。

タウンライフ

 

実際に、積水ハウスさんからこんなステキな間取りをいただいています。

積水ハウス 間取り

強引な勧誘がないか」と心配していましたが、私の所には1本の電話もかかってきていません(メールでの勧誘はあります)。

▼私の体験談▼
【タウンライフ家づくり】の評判や口コミは?資料請求で分かる5つのメリット・デメリット

 

他社の見積もりがあるおかげで、700万円以上の値引きに成功した人もいて話題になっていますよ。

 

あなたが理想の注文住宅を手に入れたいのなら、おすすめできます!

▼公式サイトはこちら▼

参考文献
藤井イツキ

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

感想や質問、お気付きの点などがあれば、Twitterからお気軽にご連絡ください!