【限定】間取りプランを無料で手に入れる方法

【2021年】二世帯住宅の補助金は4つ!国土交通省が教えない真実とは?

二世帯住宅 補助金

「補助金を利用して、二世帯住宅の費用をもっと安くできないの…」

「中古やリフォームでも、税金が安くなったりするのかしら…」

二世帯住宅を建てる時に心配になるのが「建築費用」。

ただ、補助金や税金の優遇措置を上手く活用すれば、驚くほど安く二世帯住宅を建てることが可能です。

二世帯住宅の補助金について、あなたに伝えたいことは4つ。

POINT

  1. 新築の木造住宅なら、最大140万円の補助金がもらえる
  2. 中古住宅やリフォームになると、最大300万円の補助金がもらえる
  3. 消費税が10%にアップしたので、「すまい給付金」が増額中
  4. 完全分離タイプを選べば、住宅ローン控除も大きくなる

ただ、制度によって中身が大きく違うので、条件を知らないと補助金がもらえない事態にも…

建設会社が教えない、補助金制度の真実に迫っていくことにします。

二世帯住宅の補助金って、どんな種類があるの?[/voice]

二世帯住宅の補助金は「条件」に注意

二世帯住宅補助金条件

二世帯住宅を建てると、単世帯の一戸建てより多くの建築費用が必要。

最近人気の完全分離タイプの二世帯住宅なら、さらに価格は高騰してしまいます。

二世帯住宅の建築費用
  • 完全同居タイプ:2,000~3,000万円
  • 部分共有タイプ:3,000~4,000万円
  • 完全分離タイプ:3,800~4,300万円

少しでも建築費用を抑えるために有効な手段が「補助金」の活用。

二世帯住宅の補助金は次の4種類があり、それぞれ受給条件が大きく違うので注意が必要です。

横にスクロールできます⇒

事業名 条件 補助金の上限
住宅グリーン化事業 新築木造 110万円
リフォーム推進事業 中古・リフォーム 300万円
地域の住宅補助 定住 10万円前後
すまい給付金 年収 50万円
POINT
制度を有効活用すれば、最大で500万円もの補助金がもらえます。

二世帯住宅を新築する時って、どんな補助金が利用できるの?

新築二世帯住宅の補助金は国土交通省「地域型住宅グリーン化事業」

二世帯住宅補助金国土交通省

新築の二世帯住宅を建てる時に利用できる補助金が「地域型住宅グリーン化事業」

「地域型住宅グリーン化事業」とは

省エネルギー性能に優れた木造住宅に対して、工事費の一部を国が補助する制度。

三世代同居に対応している住宅だと、補助金の額がアップします。

「地域型グリーン化事業」では、次の4つの点に注意してください。

  1. 補助金を受ける条件
  2. 補助金の額は110万円+α
  3. 中小工務店で家を建てた場合のみ
  4. 業者が申請手続き

1 条件は「木造の長期優良住宅」

チェック

「地域型グリーン化事業」は木造住宅を推進する事業なので、補助金の対象者や住宅条件は次のようになっています。

補助金がもらえる人
  • 木造住宅を新築する人
  • 新築木造住宅を購入する人
  • 木造住宅を省エネ改修する人
住宅の条件
  • 住宅の主要構造部が木造であること
  • 地域木材を積極的に使用している
  • 決められた省エネ条件を満たすこと

つまり、「鉄骨造の住宅」や「中古木造住宅の購入」などは補助金の対象外となっています。

建売住宅・賃貸住宅・請負住宅は補助金の対象になります。

2 補助金の額は110万円+α

お金

「地域型住宅グリーン化事業」では、認定される住宅の種類によって補助金の額が違ってくるのが特徴です。

住宅タイプ 補助金
①長寿命型(新築) 110万円(上限)
②高度省エネ型(新築) 110万円(上限)
③ゼロ・エネルギー住宅型(新築) 140万円(上限)
④省エネ改修(リフォーム) 50万円(定額)

① 長寿命型(新築) 補助金上限:110万円

長寿型とは、国土交通省による「長期優良住宅」の認定を受けた住宅のこと。

補助金は、一戸当たり110万円(上限)ですが、

  • 主要構造材に地域材を使用:+20万円
  • 三世代同居対応住宅:+30万円

と、補助金が加算されることになります。

② 高度省エネ型(新築) 補助金上限:110万円

高度省エネ型とは、「低炭素建築物」「性能向上計画」のどちらかの認定を受けた住宅のこと。

補助金は、一戸当たり110万円(上限)ですが、

  • 主要構造材に地域材を使用:+20万円
  • 三世代同居対応住宅:+30万円

と、補助金が加算されることになります。

③ ゼロ・エネルギー住宅型(新築) 補助金上限:140万円

ゼロ・エネルギー型とは、「ZEH」の要件(またはそれと同等以上の水準の省エネ性能)を満たす住宅のこと。

補助金は、一戸当たり140万円(上限)ですが、

  • 主要構造材に地域材を使用:+20万円
  • 三世代同居対応住宅:+30万円

と、補助金が加算されることになります。

④ 省エネ改修型(リフォーム) 補助金定額:50万円

省エネ改修型とは、リフォーム後に「建築物エネルギー費性能基準」を満たすことが条件。

補助金は定額50万円で、「地域材」や「三世代同居対応住宅」による加算はありません

3  中小工務店で家を建てた場合のみ

ビル店舗

地域型住宅グリーン化事業の目的の1つは「中小住宅生産者」を支援すること。

「中小住宅生産者」になるためには、地域の工務店や建材業者がグループで公募し、国に認定される必要があります。

つまり、

  • グループを作っていない地域の工務店
  • 大手ハウスメーカー

など、認定を受けていない業者で家を建ててしまうと補助金を受けることはできません。

採択を受けたグループについては、公式サイトで確認することが可能です。

4 業者が申請手続き

ステップ

「地域型住宅グリーン化事業」の申請手続きをするのは業者なので、施主が行うことはありません。

また、補助金は住宅メーカーに交付されるシステムなので、施主は間接的に補助金を受け取ることになっています。

補助金は施主に全額還元されることになっているので、補助金の使われ方には注意してください。

POINT
登録された工務店で新築木造住宅を建てると、最大140万円の補助金がもらえます。

参考 地域型住宅グリーン化事業(評価)

中古の二世帯住宅を購入する時って、どんな補助金が受け取れるの?

中古二世帯住宅の補助金なら、国土交通省「長期優良住宅化リフォーム推進事業」

二世帯住宅リフォーム補助金

二世帯住宅をリフォームする時に利用できる補助金が「長期優良住宅化リフォーム推進事業」。

「リフォーム推進事業」とは

耐久性があり、省エネ性能が高い住宅へのリフォームに対して、工事費等の一部を国が補助する制度。

親との同居や、子育てしやすい住宅へのリフォームにも活用できます。

「長期優良住宅化リフォーム推進事業」では、次の3つの点に注意してください。

  1. 対象はリフォーム住宅のみ
  2. 補助金は最大300万円
  3. リフォーム工事が限定される

1 対象は住宅のリフォーム(建て替え)のみ

リフォーム

補助金をもらえるのは「長期優良住宅化の発注者」で、

  • 今住んでいる戸建てやマンションをリフォームする場合
  • 中古住宅を購入し、リフォームする場合

のどちらでも、補助金を受け取ることが可能です。

新築住宅や、「事務所」・「店舗」など住宅以外の建物は対象外です。

2 補助金は最大300万円

お金

「リフォーム推進事業」では、高機能な家にリフォームするほど補助金を多くもらうことができます。

横にスクロールできます⇒

住宅タイプ 補助金 詳しい条件
評価基準型 100万円(上限) 長期優良住宅の認定を受けないもの
認定長期優良住宅型 200万円(上限) 長期優良住宅の認定を受けるもの
高度エネルギー型 250万円(上限) 認定長期優良住宅の中で、さらにエネルギー性能を高めたもの

双方の親と一緒に住む「3世帯同居」に対応している家なら、補助金が最大50万円加算

つまり、「3世帯同居」+「高度エネルギー型」のリフォームで、最大300万円の補助金が受け取れる訳です。

リフォーム内容への審査があります

「住宅の性能を高めるリフォーム工事」が対象なので、補助金を受けるには3つの条件をクリアする必要があります。

POINT
  • 専門家による事前調査(インスペクション)
  • リフォーム(劣化対策工事・耐震工事)
  • 維持保全計画の作成

補助対象にならないリフォーム工事でも、同時にリフォームすることで補助金がおりる場合があります。

リフォームする前には、まずは業者に相談するようにしてください。

3 補助金を申請するのはリフォーム業者

ステップ

補助金を申請できるのはリフォーム業者で、補助金を受け取るのもリフォーム業者。

つまり、「リフォーム推進事業」に対応できる施工業者を選ぶことが大切です。

補助金はリフォーム工事の発注者に全額還元されることになっているので、補助金の使われ方には注意してください。

POINT
様々なリフォーム工事が補助金の対象になるので、まずは施工業者に相談することが大切です。

参考 長期優良住宅化リフォーム推進事業/国土交通省

住んでいる地域ごとにも補助金があるって、本当なのかしら?

自治体でも二世帯住宅の購入に補助金

二世帯住宅補助金

各自治体では、定住促進のために独自の住宅補助金制度を設けている場合がほとんど。

補助金の内容は様々ですが、ここでは「大阪市」や「京都市」・「新潟市」での補助制度を紹介します。

新潟市ではリフォーム工事に補助金

新潟市二世帯住宅補助金

出典:新潟市

新潟市では「健幸すまいリフォーム」として、

  • バリアフリーリフォーム工事
  • 子育て対応リフォーム工事
  • 温熱環境改善リフォーム工事

のリフォーム工事を支援。

リフォーム工事費の10分の1(上限額10万円)の助成金をもらうことが可能です。

大阪市では住宅ローンに助成金

二世帯住宅補助金大阪市

出典:大阪市

大阪市では、子育て世代を呼び込むために住宅ローン利子を補助しています。

大阪市の特徴
  • 支給額は年間最大10万円(最長5年継続)
  • 結婚5年以内または小学生以下の子育て世帯
  • 初めての住宅取得など
  • 前年の収入が1,200万円以下 など

京都市での「すまいの補助金」

京都市二世帯住宅補助金

出典:京都市

京都市では「すまい補助金」として、省エネリフォームへの支援事業を行っています。

POINT
  • 耐震・防火リフォーム:最大150万円
  • 省エネリフォーム:最大50万円
  • 太陽光・蓄電池など:最大40万円
POINT
地域ごとの補助金は条件が緩やかなのが特徴。ただ、申請は「個人(施主)」でする場合がほとんどです。

他にも利用できる補助金ってないのかしら?

二世帯住宅も「すまい給付金」から補助金がもらえる

二世帯住宅補助金

住宅ローンの負担を少しでも減らしたいなら、「すまい給付金」の利用がおススメ。

「すまい給付金」とは

消費税引き上げの負担を軽減するために、国土交通省が設けた制度が「すまい給付金」。

年収が低い人ほど多くの給付金を支給される仕組みで、場合によって最大50万円まで支給されます。

「すまい給付金」では次の2つ点に注意してください。

  1. 対象は年収制限あり
  2. 申請方法は3つ

1 年収による制限

お金

「すまい給付金」の基本的な受給条件は次の通り。

受給条件
  • 令和3年(2021年)12月31日までに引き渡し・入居が完了している
  • 年収が775万円以下で、購入した住宅に自身で住んでいる
  • 床面積が50m²以上ある
  • 住宅の一定の品質が担保・保証されている
  • 住宅の引き渡しを受けてから1年3ヵ月以内に申請している

また、年収によってもらえる補助金の額が大きく違ってくる点にも注意してください。

年収 補助金(最大)
~450万円 50万円
~525万円 40万円
~600万円 30万円
~675万円 20万円
~775万円 10万円

2 申請方法は3つ

資料 カタログ

「すまい給付金」を受け取るには、所定の用紙に記入し届け出することが必要。

申請方法
  • 「すまい給付金 申請窓口」に持参か郵送
  • 「すまい給付金 事務局」に郵送申請
  • 住宅メーカーによる代行

申請期限は引き渡しから1年3か月以内なので、まだの方はお急ぎください。

申請に必要な用紙は、公式ホームページからでもダウンロードできるようになっています。

すまい給付金/国土交通省

POINT
「すまい給付金」は引き渡し後でも申請可能。「もらい忘れ」には十分に注意してください。

二世帯住宅を建てると、やっぱり税金も高くなるのかしら?

完全分離型二世帯住宅にすると「住宅ローン控除」も有利

完全分離二世帯住宅固定資産税

最近人気を集めている二世帯住宅の形が「完全分離タイプ」。

「完全分離タイプ」とは

親世帯と子世帯の暮らす住空間が完全に独立しているタイプの二世帯住宅のこと。

すべてのスペースが別々になっているので、お互いに気兼ねなく過ごせるのがメリットです。

完全分離タイプは建築費用も高くなりますが、税金の優遇措置が大きいのも特徴。

横にスクロールできます⇒

税金 完全分離タイプ 単世帯
不動産取得税 控除額2400万円 控除額1200万円
固定資産税 土地の減税:400㎡
建物の減税:200㎡
土地の減税:200㎡
建物の減税:120㎡
相続税の特例 80%減額 なし
住宅ローン控除 二世帯分 一世帯分

間取りを工夫すれば、不動産取得税や相続税を「0円」にすることも可能です。

関連 【二世帯住宅の固定資産税はいくら?】完全分離になると誰が払うの?

【まとめ】「住宅ローンがきつい」なら、二世帯住宅の補助金を利用すべき

家

二世帯住宅についての補助金をまとめます。

事業名 条件 補助金の上限
住宅グリーン化事業 新築木造 140万円
リフォーム推進事業 中古・リフォーム 300万円
地域の住宅補助 定住 10万円前後
すまい給付金 年収 50万円

注文住宅の価格が高くなるのは、広告費や人件費も大きな原因。

ただ、広告費や人件費分は値引きもされやすく、300万円以上の値引きをされることも…。

「タウンライフ」を利用して相見積もりを取れば、安くて品質の高い注文住宅を建てることができますよ。

>>>【タウンライフ家づくりの評判・口コミは嘘】6つのデメリットを暴きます

2世帯住宅の間取り集を手に入れる方法

家

二世帯住宅は本当に魅力的な家の形ですが、デメリットも多く失敗しがち。

失敗しやすい二世帯住宅を成功に導く一番のコツは

設計にとことん時間をかけること。

 

特に間取りは大切で、家族の要望に合わせた部屋の配置が大切になってきます。

思い悩み、家づくりがなかなか進まなかった私が頼ったのが「タウンライフ家づくり」。

タウンライフ

「タウンライフ家づくり」では、あなただけの「オリジナルの家づくり計画」を複数のハウスメーカーが提案してくれます。

実際に「タウンライフ家づくり」を利用してみて、あなたに伝えたいメリットは5つ。

POINT

  1. 無料でわずか3分、すべてネットで申し込むことができる
  2. 大手22社を含む600社以上のハウスメーカーから選べる
  3. 二世帯住宅専用の間取り図や資金計画、土地情報まで手に入る
  4. 見積もりを他社に見せることで、大幅な値引きを引き出せる
  5. 期間限定のプレゼントキャンペーン実施中

 

しかも、選べる600社の中には大手22社のハウスメーカーも含まれています。
ハウスメーカー

 

私が何よりもうれしかったのは、要望をくみ取った間取りを作成してくれる所。

タウンライフ

 

実際に、積水ハウスさんからこんなステキな間取りをいただいています。

積水ハウス間取り図

強引な勧誘がないか」と心配していましたが、私の所には1本の電話もかかってきていません(メールでの勧誘はあります)。

▼私の体験談▼
【タウンライフ家づくり】の評判や口コミは?資料請求で分かる5つのメリット・デメリット

 

他社の見積もりがあるおかげで、700万円以上の値引きに成功した人もいて話題になっていますよ。

 

あなたが理想の二世帯住宅を手に入れたいのなら、おすすめできます!

▼公式サイトはこちら▼

参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。