【限定】間取りプランを無料で手に入れる方法

【積水ハウス二世帯住宅(完全分離)の価格は5000万?】費用まで徹底解説

積水ハウス 二世帯住宅

「積水ハウスの二世帯住宅って、どれくらいのお金になるの…」

「積水ハウスの二世帯住宅って、どんな間取りになるかしら…」

積水ハウスの二世帯住宅で注意したいのが「価格」。

最近人気の完全分離タイプだと、5000万円以上の費用がかかることも珍しくありません。

積水ハウスの二世帯住宅について、あなたに知って欲しいことは3つ。

POINT

  1. 完全分離型になると、平均5000万円ほどの建築費用が必要
  2. 諸費用まで含めた総費用だと、8000万円を超えることもある
  3. 間取りを工夫すれば、同居のストレスが軽減できる

ただ、積水ハウスの二世帯住宅を建てたために、トラブルに遭う人がいるのも事実…。

公式サイトでは分からない、積水ハウスの真実に迫っていくことにします。

二世帯住宅を新築する場合、だいたいどれくらいのお金が必要なの?

積水ハウスの二世帯住宅(完全分離)の価格

積水ハウス二世帯住宅

二世帯住宅の価格を考える時には、まず「どれくらいの広さが必要なのか?」を考えることが重要。

二世帯住宅の平均坪数は「約40坪(120㎡)」ですが、タイプによっても必要坪数は大きく違ってきます。

完全同居タイプ 35坪~45坪
一部共用タイプ 40坪~50坪
完全分離タイプ 45坪~60坪

完全分離タイプの二世帯住宅であっても、狭さを感じず開放的な暮らしを実現するには60坪を超える広さが必要です。

関連 【二世帯住宅は完全分離でも嫁の気持ちに注意!】ストレスで離婚?

積水ハウスの坪単価と建築費用

ハウスメーカー坪単価ランキング

積水ハウスは様々な住宅タイプがありますが、平均坪単価は約90万円。

坪単価90万円として、積水ハウス二世帯住宅の建築費用を算出すると次のようになります。

完全同居タイプ 3150万円~4050万円
一部共用タイプ 3600万円~4500万円
完全分離タイプ 4050万円~5400万円

関連 ハウスメーカー坪単価ランキング!比較が危険な3つの理由

関連 タマホーム二世帯住宅(完全分離)の費用は3000万?価格を徹底調査

二世帯住宅の総費用はさらにアップ

建築費 内訳

坪単価で計算される建築費は、あくまで本体工事費のみ

「本体工事費」は、家そのものを建てる際の工事費用のことです。

実際に家を建てようとすると、

  • 別途付帯工事費(全体の20%ほど)
  • 諸費用(全体の10%ほど)

が別に必要なので、本体工事費(坪単価)の2~3割増しの費用が総予算になってきます。

⇒横にスクロールできます

タイプ 建築費用 総予算
完全同居タイプ 3150万~4050万 4000万~5700万
一部共用タイプ 3600万~4500万 4500万~6400万
完全分離タイプ 4050万~5400万 5000万~7700万

積水ハウスは坪単価が高いので、二世帯住宅(完全分離)だと総額8000万円以上になるケースも珍しくありません。

POINT
二世帯住宅では「一部共用タイプ」もおすすめ。間取りを工夫すれば、同居ストレスもなくなります。

【無料】今だけ間取りプランをプレゼント

二世帯住宅で失敗しないためには、どんな間取りにしたらいいのかしら?

積水ハウス「二世帯住宅(完全分離)」の間取り集

二世帯住宅間取り成功

二世帯住宅の間取りでは、

  • 完全同居タイプ
  • 部分共有タイプ
  • 完全分離タイプ

の3つに分けて考えることが大切です。

関連 【二世帯住宅本おすすめランキング9選】おしゃれに成功させたいならコレ!

1 二世帯住宅(完全同居)の間取り

二世帯住宅間取り完全同居

完全同居タイプは、生活スペースを共有しているので、家事や育児の協力を得やすいのが特徴。

また、すべての空間をムダなく活用できるので、

  • リビング
  • キッチン
  • 玄関
  • 収納

など、1つ1つのスペースをより大きくすることが可能に。

寝室などの個室も「ゆとりのある広さ」を実現でき、開放的な間取りにできるのも大きな魅力です。

2 二世帯住宅(部分共有共用)の間取り

二世帯住宅間取り部分共有

部分共用型のメリットは、プライベートとコミュニケーションの両立が図りやすいこと。

生活スタイルに合わせて共有スペースを作ることで、二世帯が程よい距離感で暮らしていくことが可能になります。

1階の玄関・ホール・トイレは、将来の車イス生活を想定し幅広設計に。

また、階段の入り口を2か所設置しているのがポイント。

両世帯のプライベートを確保しながら、上り下りすることが可能になっています。

1階には二世帯がゆったり過ごせる広々LDKと同時に、2階にはセカンドリビングも設置。

親世帯に気兼ねなく、子世帯が過ごせるようにもなっています。

3 二世帯住宅(完全分離)の間取り

二世帯住宅間取り完全分離

上の間取り図は、約54坪の完全分離二世帯住宅(横割り)。

1階には土間収納を設置するなど、大容量の収納スペースを確保。

親世帯だけでなく、子供の遊び道具なども一緒に収納することができます。

また、2階の子世帯には1部屋(6畳)をプラスして3LDKの間取りに。

南側に大きなバルコニーを設置しているので、物干しスペースに困ることもありません。

POINT
どの二世帯住宅でも間取りが重要。設計を工夫するだけで、同居のストレスがなくなります。

【無料】今だけ間取りプランをプレゼント

【まとめ】積水ハウスで二世帯住宅を建てるなら「相見積もり」が重要

積水ハウスの二世帯住宅についてまとめます。

POINT

  1. 完全分離型になると、平均5000万円ほどの建築費用が必要
  2. 諸費用まで含めた総費用だと、8000万円を超えることもある
  3. 間取りを工夫すれば、同居のストレスが軽減できる

注文住宅の価格が高くなるのは、広告費や人件費も大きな原因。

ただ、広告費や人件費分は値引きもされやすく、300万円以上の値引きをされることも…。

相見積もりを取れば、安くて品質の高い注文住宅を建てることができますよ。

>>>【注文住宅一括見積もりランキング】口コミに隠されたデメリットは?

あなたに合った理想のニ世帯住宅を手に入れる方法

家

二世帯住宅は本当に魅力的な家の形ですが、デメリットも多く失敗しがち。

失敗しやすい二世帯住宅を成功に導く一番のコツは

設計にとことん時間をかけること。

 

特に間取りは大切で、家族の要望に合わせた部屋の配置が大切になってきます。

思い悩み、家づくりがなかなか進まなかった私が頼ったのが「タウンライフ家づくり」。

タウンライフ

「タウンライフ家づくり」では、あなただけの「オリジナルの家づくり計画」を複数のハウスメーカーが提案してくれます。

実際に「タウンライフ家づくり」を利用してみて、あなたに伝えたいメリットは5つ。

POINT

  1. 無料でわずか3分、すべてネットで申し込むことができる
  2. 大手22社を含む600社以上のハウスメーカーから選べる
  3. 二世帯住宅専用の間取り図や資金計画、土地情報まで手に入る
  4. 見積もりを他社に見せることで、大幅な値引きを引き出せる
  5. 期間限定のプレゼントキャンペーン実施中

 

しかも、選べる600社の中には大手22社のハウスメーカーも含まれています。
ハウスメーカー

 

私が何よりもうれしかったのは、要望をくみ取った間取りを作成してくれる所。

タウンライフ

 

実際に、積水ハウスさんからこんなステキな間取りをいただいています。

積水ハウス間取り図

強引な勧誘がないか」と心配していましたが、私の所には1本の電話もかかってきていません(メールでの勧誘はあります)。

▼私の体験談▼
【タウンライフ家づくり】の評判や口コミは?資料請求で分かる5つのメリット・デメリット

 

他社の見積もりがあるおかげで、700万円以上の値引きに成功した人もいて話題になっていますよ。

 

あなたが理想の二世帯住宅を手に入れたいのなら、おすすめできます!

▼公式サイトはこちら▼

参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!