【無料】700万円以上の値引きと「間取りプラン」を手に入れる方法

【注文住宅カタログ 資料一括請求ランキング】無料のデメリットは何?

住宅カタログ資料請求

「カタログを手に入れるなら、どこのサイトを利用したらいいの…」

「カタログだけでなく、間取りプランまでもらえるって本当なの…」

「住宅カタログ」を集める時におススメなのが、一括請求サイトの利用。

一括請求サイトの利用時間はわずか1分、家に居ながら集められるのが特徴です。

しかも、一括請求サイトの中には「家づくりノート」など様々な特典がもらえる場合も…

住宅用カタログの資料請求について、あなたに知って欲しいことは3つ。

POINT

  1. 住宅展示場に行ってカタログを集めるのは、時間のムダが多い
  2. 一括請求サイトを利用すれば、しつこい営業の心配がなくなる
  3. 「タウンライフ」なら、カタログだけでなく「間取りプラン」も手に入る

カタログ請求のおすすめサイトを、ランキング形式で紹介することにします。

どのサイトを利用して、カタログを集めるのが便利なのかしら?
▼キャンペーン中▼

1位 間取りにこだわりたいなら「タウンライフ家づくり」

タウンライフ

家づくりの資料をすべて手に入れたいなら「タウンライフ家づくり」がおすすめ。

「タウンライフ」の特徴
  1. カタログだけでなく、「見積もり書」まで手に入る
  2. 平屋や二世帯住宅の「間取りプラン」まで考えてくれる
  3. 未公開の土地情報を教えてくれる
  4. 全国600社以上のハウスメーカーと提携
  5. 期間限定のプレゼントキャンペーン実施中

タウンライフ家づくりの口コミ

平屋の間取り図まで手に入るなんて(20代の口コミ)

「タウンライフ家づくり」を利用して一番うれしかったのは、間取り図がもらえたこと。

しかも、ただの見取り図じゃなくて、私の要望に合った平屋の間取り図がもらえたんです。

もらった間取り図をもとに、設計士さんと打ち合わせをすることができたので、理想の平屋を建てることができました。

いい土地が見つかりました(40代の口コミ)

家を建てようにも、希望に合う土地が全然見つからず、家づくりが前に進まない状態に…。

でも、「タウンライフ家づくり」を利用したら不動産屋にはない土地の資料がいただけて大助かり。

あんなステキな土地が見つかるんなんて思っていませんでした。

大幅に値引きしてもらえました(30代の口コミ)

「タウンライフ家づくり」で資料をもらった中に、気になるハウスメーカーあったんですが、ちょっとだけ予算オーバー。

なんとか値引きしてもらえないかと思ったので、「タウンライフ家づくり」でもらった他社の資金計画をみせたら、「もっと安くします」との返答が。

結局370万円も値引きを引きき出すことができ、大満足です。

2位 ローコスト住宅におすすめ「ライフルホームズ(lifull home’s)」

ライフルホームズ注文住宅

より多くのカタログを手に入れたいなら、「ライフルホームズ」がおすすめ。

「ライフルホームズ」の特徴
  1. 掲載されている住宅メーカーの数は№1
  2. ローコスト住宅や平屋など、カタログの種類が豊富
  3. カタログだけでなく、実際の施工例まで手に入る
  4. 全員にプレゼントされる「家づくりノート」は必見

「ライフルホームズ」の口コミ

地域にある工務店の情報までバッチリ(30代の口コミ)

カタログ請求をするのに「ライフルホームズ」を選んだ理由は、提携している住宅メーカーの数が多いから。

地元だけの優良な工務店まで掲載されているので、驚くほどたくさんの資料を集めることができます。

実際に資料請求して気に入った工務店で家を建てましたが大満足。

やっぱりカタログって大事ですね。

実際の施工例が参考になりました(20代の口コミ)

ライフルホームズで特に嬉しかったのは「実際の施工例」の資料。

カタログだけだとハウスメーカーの良い所しか書いていないし、家づくりの様子が分かりにくいんですよね。

でも、施工例の資料を見てみると、実際に建てた人の生の声が聞けるし、イメージが湧きやすくなるので本当におすすめ。

施工例の資料には、住宅カタログに載っていない裏の情報が満載ですよ。

「家づくりノート」は必見ですよ(30代の口コミ)

ライフホームズを利用すると「家づくりノート」がプレゼントされるんですが、「単なるメモ程度でしょ」と正直期待していませんでした。

でも、中身を見てビックリ。

注文住宅に欠かせない情報が満載だし、イラスト付きで分かりやすくまとめられているので読みやすいんです。

「家づくりノート」に付いてあるチェックシートのおかげで、スムーズに家づくりを進めることができました。

3位 クオカードもプレゼント「持ち家計画」

持ち家計画

資料請求での特典が豪華なのが「持ち家計画」です。

「持ち家計画」の特徴
  1. 厳選された100社以上のハウスメーカーと提携
  2. 持ち家計画だけのオリジナル資料がもらえる
  3. 特典としてクオカードが手に入ることも

ビックリするほど簡単(30代の口コミ)

気になるハウスメーカーを見つける度に、住宅展示場に足を運んでカタログを集めていました。

そんな時、ママ友から「持ち家計画」を利用するとすぐにカタログが手に入ることを知り、さっそく試してみることに。

実際に試してみてビックリ。名前や住所を入れるだけなので、1分もかからず請求が終了

気になるハウスメーカーのカタログを全部手に入れることに成功。「もっと早く教えてよ!」と友達を恨んでいます(笑)。

クオカードまでプレゼントされました(40代の口コミ)

「持ち家計画」を利用してハウスメーカー資料を集めたんですが、ある住宅メーカーからは「展示場見学の案内」まで。

よく読んでみると、「このパンフレットをもって展示場に行くと3000円分のクオカードがプレゼント」の文字が。

実際に住宅展示場を訪ねてみましたが、本当にクオカードをもらえてビックリ。カタログ請求で儲かるなんてことがあるんですね(笑)

自分に合ったハウスメーカーを選択してくれる(50代の口コミ)

「持ち家計画」って、ただのカタログ請求サイトじゃないんです。

「輸入住宅」や「高気密・高断熱」、「構造」など、あなたのこだわりポイントを入力できるようになっていて、希望した条件に合ったハウスメーカーを「持ち家計画」が選んでくれるんです。

ハウスメーカー選びが苦手な人にこそおすすめですよ。

4位 「スーモ(suumo)」の注文住宅資料請求

スーモ注文住宅

「スーモ」でも、注文住宅のカタログや資料を集めることが可能です。

「スーモ」の特徴
  1. 注文住宅よりマンションや不動産の情報が多い
  2. 掲載数では「ライフルホームズ」に劣る
  3. 資料請求しても特典やプレゼントがない

上の3つのサイトに比べると魅力に欠ける所があるのが現実です。

▼公式サイトへ▼

住宅展示場でカタログをもらったらダメなのかしら?

無料で注文住宅のカタログを手に入れる方法は3つ

資料 カタログ

住宅カタログを無料で手に入れる方法は、主に次の3つです。

カタログの入手方法
  1. 住宅展示場(モデルハウス)で手に入れる
  2. 各ハウスメーカーのホームページから請求する
  3. 一括請求サービスを利用する

なかでも多くの人が利用しているのが「住宅展示場」ですが、デメリットが多いのが現実です。

住宅展示場でカタログだけもらうのは不可能

住宅展示場を訪れて、まず書かされるのが「アンケート」。

アンケートの項目は

  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号
  • 職業
  • 年収
  • 土地の有無
  • 予定している家の工法
  • 建設予定地・金額・時期

など、個人情報を書くところがたくさん。

しかも、それぞれのモデルハウスを訪ねるたびに、何度も同じようなアンケートを書かされることに…。

書いた個人情報は営業マンの手に渡るので、「しつこい営業活動」がもれなく付いてきます。

関連 【住宅展示場アンケートのすべて】用紙に偽名やウソの住所ってダメなの?

有料ならスーモの「注文住宅雑誌」

HOUSING (ハウジング)by suumo(バイ スーモ) 2019年7月号

519円(12/14 00:10時点)
発売日: 2019/05/21
Amazonの情報を掲載しています

スーモなど、有料の「住宅情報誌」を使うのも1つの手。

巻末に付いている「ハガキ」や「FAX」を出せば、カタログ請求が出来るようになっています。

ただ、ハウスメーカーを選ぶことができないので、思うようにカタログが集まらないのが現実です。

POINT
カタログを手に入れるなら、一括請求サイトを利用するのが1番お手軽です。
一括請求サイトを利用すると、どんなモノが手に入るのかしら?

無料の資料一括請求で手に入るモノ

チェック

資料請求サイトを利用した時に、無料で手に入るモノは3つです。

  • ハウスメーカーのカタログ
  • 「間取りプラン」や「見積もり書」
  • 家づくりノート

1 ハウスメーカーのカタログ

「住宅カタログ」と言っても、様々な種類のカタログがあります。

カタログの種類 カタログの内容
総合カタログ 会社の特徴や住宅商品のラインナップなど、すべての情報が載っているカタログ
住宅商品カタログ 住宅商品のラインナップを個別に紹介。
内装や外観のバリエーション、標準設備が載っています。
技術カタログ ハウスメーカーの性能が分かるカタログ。
(耐震性や気密性、工法や基礎の構造など)
実例カタログ ハウスメーカーが実際に施工した住宅を紹介。
建てた人のこだわりが写真付きで詳しく解説されています。

2 オリジナルの「家づくりノート」(PDF)

住宅カタログ資料請求

請求サイトによっては、「家づくり」に役立つお手助bookが特典としてプレゼントされる場合があります。

一括請求サイト 家づくりノートの種類
タウンライフ 成功する家づくり7つ法則
ライフルホームズ はじめての家づくりノート
持ち家計画 注文住が成功する秘密のマニュアル
スーモ(SUUMO) ×

どの「家づくりノート」も、どこにも載っていない情報が満載。

「家づくりノート」を手に入れるために、一括請求サイトを使う人も多くいます。

どの「家づくりノート」もPDF形式のダウンロード資料です。

関連 【家づくりノート作り方の秘訣】見本から分かる書き方とは?

3 「間取りプラン」や「見積もり書」

積水ハウス間取り図
「タウンライフ」で手に入れた間取りプラン

一括請求サイトで人気№1の「タウンライフ家づくり」なら、無料でさらに3つの資料が手に入ります。

「タウンライフ」だけの特典
  • 間取りプラン
  • 見積もり書
  • 土地情報

ハウスメーカーの経験豊富な設計士が作成してくれるので、利用しないのはもったいないですよ。

POINT

無料で「間取りプラン」まで手に入るのは「タウンライフ」だけです。

関連 【タウンライフ家づくり計画の評判・口コミは嘘】5つのデメリットを暴きます

「無料」って聞くと逆に心配…。本当に大丈夫なの?

家の資料請求をしたら「電話がしつこい」は本当?

電話営業

一括請求サイトを利用した時に心配になるのが、「しつこい営業電話がかかってこないか」ということ。

ただ、どのサイトを利用しても営業電話がかかってくることはありませんでした。

一括請求サイト 営業電話
タウンライフ なし
ライフルホームズ なし
持ち家計画 なし
スーモ(SUUMO) なし

一括請求サイトでは、ハウスメーカーを審査し、悪質なハウスメーカーを除外。

しかも、無理な営業をかけないようにハウスメーカーに伝達してくれています。

どうしても電話が心配なら…

それぞれの請求サイトには「要望欄」や「備考欄」が必ずあります。

そこに、

電話での営業はお断りします

と一言付け加えておくとさらに安心ですよ。

POINT
一括請求サイトではしつこい営業活動を禁止しているので、心配するような問題はまずありません。

関連 【ハウスメーカー資料一括請求のプレゼントガイド】営業電話を防ぐ方法は?

【まとめ】ハウスメーカー資料請求サイトなら価格も無料

家

注文住宅カタログ一括請求サイトの特徴をまとめます。

横にスクロールできます

ランキング サービス名 掲載数 間取り 特典
1位 タウンライフ
2位 ライフルホームズ ×
3位 持ち家計画 ×
4位 スーモ × ×

特におススメなのは「タウンライフ家づくり」。

家を建てるのに必要な資料が全部手に入るのが、「タウンライフ家づくり」の特徴です。

理想の注文住宅を手に入れたいのなら、おすすめできます!

▼公式サイトはこちら▼

先着50人限定で無料公開


家
「家を建てるとたくさんのお金がかかる」と思っていませんか?

実は、ハウスメーカーに支払う金額の半分以上は「広告費」。

つまり『ある方法』を使えば、驚くほどの値引きが可能になるんです。

実際に700万円以上も建築費を下げた方法を、期間限定で公開します!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。