ライフルホームズ【住まいの窓口の評判と口コミ】店舗相談のメリット・デメリット

ライフル・ホームズ住まいの窓口

「家が欲しいんだけど、何から始めたらいいの…」

「家造りって、どれだけお金がかかるのかしら…」

多くの人にとって家造りは初めての経験なので、悩むことはたくさん。

  • ハウスメーカー選び
  • 不動産業者
  • 間取り
  • 住宅資金
  • 家造りの流れ 

家を造ろうとする人の多くのが悩みを抱えていますが、気軽に相談することができないのが現状です。

そんな家造りに悩んでいる人にこそ、ライフルホームズの「住まいの窓口」はお勧めのサービス。

「住まいの窓口」をお勧めする理由は7つです。

POINT

  1. 中立の立場でサポートしてくれる
  2. 不動産会社から営業を受けない
  3. 注文住宅からマンションまですべてに対応
  4. 家造りの流れが分かる
  5. ファイナンシャルプランナーが資金の相談に乗ってくれる
  6. 調整や断りの電話までしてもらえる
  7. すべてのサービスを何度利用しても無料

でも、中には全然役に立たないなんて口コミも…

そこで、「住まいの窓口」の真実に迫っっていくことします。

 

ライフルホームズ【住まいの窓口】無料でできる5つのこと

メリット

『ライフルホームズ』は、ホームズくんのキャラクターでおなじみの不動産の情報サイトです。

もともとは「ホームズ」という名前だったのですが、運営会社名が「ライフル」に変更されたことを受け、2017年4月に「ライフルホームズ」に改名されました。

『ライフルホームズ』は掲載物件数NO.1。

豊富な情報量を生かして『ライフルホームズ』は様々なサービスを展開していますが、なかでも家を建てる方に人気のサービスは「カタログの資料請求」。

「家を建てたい!」と思う方の多くが、『ライフルホームズ』の資料請求を利用していることが分かっています。

関連 【ハウスメーカー資料一括請求の教科書】注文住宅用カタログの必要性とは?

 

日本一の不動産サイトである「ライフルホームズ」が新たに始めたサービスが、『住まいの窓口』

『ライフルホームズ・住まいの窓口』では、全てのサービスを無料で受けることができます。

「全て無料」と聞くと、逆に「サービスの質が悪いんじゃないか」と思いがちですが、そんなことはありません。

専門のアドバイザーが親身になって相談にのってくれるのが『ライフルホームズ』の特徴。

『住まいの窓口』で無料相談するメリットは6つあります。

  1. 不動産会社を紹介してもらえる
  2. どんな住まいも相談可能
  3. お金のことが分かる
  4. 家が手に入るまでの流れが分かる
  5. かわりに調整や断りをいれてもらえる
  6. 中立の立場でサポート!営業はなし

メリット1 不動産会社を紹介してもらえる

土地

家造りはまず不動産会社選び方始まります。

不動産会社選びで知っておいて欲しいことは3つあります。

  1. 最新の物件情報が手に入る
  2. 地域の情報に精通している
  3. 不動産会社選びのポイントは信頼できるかどうか

1 最新の物件情報が手に入る

中古物件や土地探しの場合、自分の希望通りの物件がいつ登場するか分かりません。

最新の情報を得ようと、ネットで物件情報をチェックする人もいるかもしれませんが、あまり効果的とは言えないのが事実です。

というのも、最新の情報を持っているのは、地域の情報に精通している「不動産会社」だから。

不動産会社としては、来ていただいたお客に契約してもらうために、お宝情報ほど隠す傾向にあります。

2 地域の情報に精通している

不動産会社が握っている情報は物件の情報だけではありません。

周辺地域の情報にも精通しています。

  • どんな地域にどんな物件があるのか
  • 価格の相場はどれくらいか
  • 住むのに便利な場所か

など、家を建てた後に大切になってくる生活の情報も、不動産会社は熟知しているのです。

POINT
物件の最新情報を握っているのは不動産会社。ネット情報をチェックしても、大切な情報は入手できません。

3 不動産会社選びのポイントは信頼できるかどうか

不動産会社を選ぶ時には、担当者の対応力も大切なポイント。

実は、担当者に対する不満ってかなり多いんです!

  • 連絡に対しての返事が遅い
  • 希望条件に合わない物件を勧めてくる

担当者とは長い付き合いになるので、あなたとの相性は大切なポイントです。

POINT
「住まいの窓口」では信頼できる不動産会社と担当者を紹介してもらえるので、迷われているならお勧めです!

メリット2 どんな住まいにも相談可能

家 住宅

あなたの建てたいと思っている家の種類はどれですか?

  1. 注文住宅
  2. リノベーション
  3. 建売住宅
  4. マンション

「ライフル・ホームズ」と言うと、注文住宅に特化しているイメージがありますが、どんな相談にも対応してくれます。

一番お勧めなのは、どのタイプの家を建てたらいいのか迷われている方。

というのも、どの住宅のタイプにもメリット・デメリットがあるからなんです。

1 注文住宅のメリット・デメリット

【注文住宅のメリット】

  • 建物の構造や間取り、設備を自分の希望通りにできる
  • 「自分で建てた」という満足感や充実感が高い

 

【注文住宅のデメリット】

  • 設計や建築に多くの時間がかかる
  • 要望が多いと予算オーバーになりやすい
  • 土地の購入から始めなくてはいけない

2 建売住宅のメリット・デメリット

【建売住宅のメリット】

  • 注文住宅よりも、購入手続きが簡単
  • 打ち合わせに時間がかからない

 

【建売住宅のデメリット】

  • 間取りや設備が思い通りにならない
  • 画一的な建物になりがち
  • となりの家とそっくりな外観になる
  • どんな工事をしているのか、様子を見ることができない

3 リノベーションのメリット・デメリット

【リノベーションのメリット】

  • ある程度自由に設計できる
  • 内装を新しく変えられるので、物件の選択肢が増える
  • 新築よりもコストを抑えることができる

 

【リノベーションのデメリット】

  • 築年数が長くなると、耐久性に不安が出てくる
  • 物件によっては耐震性能が低い場合がる
  • 工事や検査で住むまでに時間があかる
  • 建築士との打ち合わせに時間がかかる
  • 住宅ローンを利用できず、金利が高くなる

4 マンションのメリット・デメリット

【マンションのメリット】

  • 一戸建てよりも物件価格が安い
  • 将来の修繕計画などが比較的しっかりしている
  • 空き巣や放火など、防犯(セキュリティ)面で安全性が高い
  • 他の居住者と協力体制がとりやすい

 

【マンションのデメリット】

  • 管理費や修繕積立金、駐車場代などの負担が必要になってくる
  • 将来の資産価値は、一戸建てより目減りしやすい
  • 音など、お隣を気にして生活する必要がある
  • 管理組合への参加が必要になってくる
POINT
どんな家が自分達に合っているか迷われているなら、住まいのプロに相談するのが一番確実

メリット3 家造りにかかるお金のことが分かる

住宅ローン

どのタイプの家を購入しても家造りには様々な費用がかかりますが、特に注意したいのが注文住宅。

注文住宅にかかる費用は主に3つです。

  1. 本体工事費用
  2. 付帯工事費用
  3. 諸費用

1 本体工事費用

本体工事費用は、建物そのものにかかるお金のこと。

広告などで目にする注文住宅の価格や坪単価は、この本体工事費のことを指している場合がほとんどです。

本体工事費用の主な中身は

  • 基礎工事費用…家を支える基礎
  • 木工事…………構造材の加工・組み立て
  • 設備費用………空調やキッチン、お風呂など
  • 電気工事費用…照明やコンセントの取り付け

ただし、本体工事費用だけで家が建つわけではありません。

本体工事費は、総建築費の70~80%と言われています。

2 付帯工事費

付帯工事費とは、建物以外にかかる費用のこと。

具体的には、

  • ガス
  • 水道
  • 駐車場
  • エアコン
  • 照明器具
  • カーテン 

などの購入に使われます。

付帯工事費で注意しないといけないのは、家を建てる土地の条件によって、必要な金額が大きく変わること。

地盤が弱い土地では、地盤改良をする必要がありますし、道路から離れている土地では、ガスや水道の引き込み費用が高くなります。

付帯工事費用の目安は、総費用の15~20%だと言われています。

ただ、土地の条件によっては、付帯工事費に数百万円が必要になってくる場合があるので、「土地の値段が安いから」という理由で購入するのは危険です。

 3 諸費用

諸費用は、主に家を購入する手続きにかかわる費用のことで、基本的に現金で支払う場合がほとんどです。

具体的には、

  • 住宅ローンの手続き
  • 地震保険や火災保険などの保険料
  • 引っ越し費用
  • 家具や家電の購入費用
  • 各種税金

などが挙げられます。

諸費用は、建築工事費の5~7%が相場です。

POINT
家造りには思った以上のお金が必要です。なかには、予算オーバーになって途中で断念する人も…。
「住まいの窓口」では、お金のプロからアドバイスを受けることもできます。

メリット4 家が手に入るまでの流れがわかる

家 住宅

注文住宅の場合、家造りには下のような流れで進むことになります。

ハウスメーカー・工務店探し

現地調査

プランづくり

契約

融資事前申し込み

地盤調査

最終図面の確認

着工

検査

完成・引き渡し

完成させたい時期に合わせて行動する

注文住宅を建てようと思ったら、家を建てるのに半年から1年はかかります。

つまり、入居したい日が決まっているなら、そこから逆算し、家づくりをスタートさせる必要が出てきます。

子供の小学校入学のタイミングで、新しい家に住もうと思ったら、最低でも、8~9月には家造りのスタートを切る必要があります。

ただ、スケジュール通りうまく行かないのが家造りの難しいところ。

家造りの進め方や注意点をしっかり把握しておけば、スケジュールが大幅に遅れることはなくなります。

POINT
経験豊富な専門家のアドバイスがあると、安心して家造りを進めることができます。

関連 【家づくりの流れ完全ガイド】工事期間とスケジュール表

メリット5 代わりに調整やお断りをいれてもらえる

契約

「住まいの窓口」では、専属のアドバイザーが、家探し・家造りの悩みに何でも答えてくれます。

理想の暮らしや住まいへの要望などの話を聞く中で、条件を整理し、あなたに合った不動産会社を紹介してくれるんです。

でも、初めて出会う不動産会社には、なかなか自分の思いや考えが伝えにくいモノ。

そこで、「住まいの窓口」が不動産会社との間に入って、日程調整をしてくれます。

日程調整だけでなく、打ち合わせの際に確認しておかなければならないチェックポイントもアドバイスしてくれるので安心。

もし条件や希望と違えば、不動産会社を変更することも可能ですし、言いにくい断りの連絡も代行してくれます。

POINT
不動産会社を紹介して終わりではありません。紹介後も無料で家探し・家造りのサポートをしてくれます。

メリット6 営業はなし!中立の立場でサポート

握手

無料と聞くと逆に、「営業をされるんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、営業は一切ありません。

もちろん、特定の不動産会社や物件を勧めることもありません。

希望した場合のみ、不動産会社を紹介してくれます。

POINT
専門のアドバイザーが中立の立場でサポートしてくれるのが、ライフルホームズの特徴。安心です!

ライフルホームズ【住まいの窓口】評判と口コミ

ライフルホームズ【住まいの窓口】を利用された方の評判を見てみると、良い口コミも、悪い口コミもあるので、両方を包み隠さずのせますね。

『住まいの窓口』の良い口コミと評判

本当にすべて無料でビックリ

A・Dさん(29歳 千葉県)

「無料」って聞いていたけど、「本当はお金がかかるんじゃないの?」と疑っていました。

でも、実際にサービスを受けてみて本当に無料だったのでビックリ!家造りって悩むことがたくさんあって、結局7回も利用しちゃいました。

無料だけど、親身になって相談にのってくれるし、アドバイスも的確だし、本当に助かりました。

迷いがなくなりました

N・Tさん(28歳 神奈川県)

家は欲しいけど、どんな家にしたらいいかずっと悩んでいました。

最初は郊外に注文住宅を建てようと思っていたんだけど、専属のアドバイザーと条件や理想を相談して整理していく内に、都心に近いマンションの方が私達の生活に合っていることに気づきました。

自分達ではなかなか決められませんでしたが、説明がすごく分かりやすくて、迷いがなくなりました。さすが住宅のプロですね!

業者との間に立ってくれる

E・Wさん(36歳 埼玉県)

最初に紹介してもらった不動産業者は、担当者との相性が悪く不信感をもっていました。

直接は伝えにくかったので、『住まいの窓口』のアドバイザーに相談すると、代わりに断りの連絡を入れてくれて、別の業者を案内してくれました。

もしかしたら「業者と提携しているのでは?」と思っていたんですが、中立的な立場から私達をサポートしてくれて本当に助かりました。

専属のアドバイザーが最後まで…

Y・Uさん(28歳 東京都)

信頼できる不動産会社を紹介してもらったので、契約することにしました。

その後も、住宅ローンや間取りの悩みを相談しに何度も訪れたんですが、いつも同じ人が対応してくれるので、話がスムーズに進むのが本当に楽チンでした。

担当者がコロコロ代わると、その度に話をもう一度しないといけいので、専属のアドバイザーがつく「住まいの窓口」は本当にお勧めです。

POINT

  • すべてのサービスが本当に無料
  • 専属のアドバイザーが最後までサポートしてくれる
  • 中立的な立場なので、安心して相談できる
  • プロの的確なアドバイスで、家造りの疑問が解消できる

『住まいの窓口』の悪い口コミと評判

予約せずにいったら担当者不在

T・Sさん(32歳 神奈川県)

「気軽に訪れてください」と聞いていたので、予約せずにいったら担当者不在で打ち合わせできず。

予約が必要ならもっとちゃんと知らせて欲しいです。ムダな時間をとられてしまったので、腹が立ちました。

不動産会社に出会えませんでした

R・Aさん(25歳 東京都)

希望の場所は、都心に近くアクセスが便利な場所。予算が限られているので、家はローコスト住宅にして、土地代もお金をかけないようにしたいと思っていました。

でも、紹介された不動産会社には、「その予算では都心に近い場所はムリです」との返答ばかり。結局、7社紹介してもらいましたが、条件が全く合わず。

「低い予算内でなんとかするのが不動産会社だろ!」と頭にきています。

FPはお金がかかります

E・Dさん(37歳 福岡県)

ローンのことが心配で「住まいの窓口」でお金の相談を何度もさせてもらいました。

でも、FP(ファイナンシャルプランナー)の話も聞いてみたくなったので、紹介してもらったら、相談にお金がかかるとのこと。

「住まいの窓口」の相談は全て無料だけど、専門家に相談する時には有料になる場合があるので、注意してください。

POINT

  • 「住まいの窓口」には、予約してから行く必要がある
  • 希望の不動産会社が、必ず見つかるとは限らない
  • 「住まいの窓口」のサービスはすべて無料だが、専門家に相談する場合は有料になることも。
私も一度相談してみようかしら!でも、どこに行ったらアドバイスがもらえるの…

LIFULL HOME’S【住まいの窓口】の店舗情報

ライフルホームズ住まいの窓口店舗

キッズスペースで安心

家やマンションを購入しようとする方の多くが、子供連れ。

小さい子供の世話をしながら、大事な相談をするのは大変ですよね!

ライフルホームズでは、小さなお子様連れの家庭にも、安心して気軽に相談してもらえるようにキッズスペースを完備。

こういう細かい配慮が人気の理由の1つでもあるんです。

ライフルホームズの店舗は全国30店舗

ライフルホームズの店舗は関東を中心に30店舗を構えています。

東京は16店舗

  • 新宿店
  • アリオ葛西店
  • 渋谷サテライト店
  • 銀座店
  • 池袋サテライト店
  • 明大前サテライト店
  • 新橋店半蔵門店

神奈川は4店舗

  • トレッサ横浜店
  • 横浜駅前店
  • 川崎サテライト店
  • 武蔵小杉サテライト店

埼玉は5店舗

  • 大宮マルイ店
  • 浦和サテライト店
  • 草加マルイ店
  • 新越谷サテライト店
  • 川越サテライト店

千葉は4店舗

  • 柏マルイ店
  • ユニモちはら台店
  • 八千代台サテライト店
  • 本八幡サテライト店

福岡は1店舗

  • 福岡店

 

「住まいの窓口」は最近始まったサービスなので店舗数は少ないですが、人気のため全国に広がりを見せています。

詳しい住所や電話番号は公式サイトでチェックしてください。

公式サイトへ詳しい店舗の住所や電話番号を調べてみる

私の近所に店がないんだけど、相談にのってもらえないのかしら…

出張サービスも!電話やメールでの相談も可能

ブログ

「住まいの窓口」は始まったばかりのサービスなので、関東を中心に全国に30店舗しかありません。

ただ、「住まいの窓口」は多くの人に利用してもらうため、店舗以外に3つの相談方法を採用しています。

  1. 出張相談
  2. 電話相談
  3. メール相談 

近くに店がなく相談に行きずらい方のために、「住まいの窓口」では出張相談にも対応しています。

家に来てもらうのに抵抗があれば、近くのカフェなどを待ち合わせ場所にしてみるのもいいかもしれません。

軽くコーヒーでも飲みながら相談すると、緊張がほぐれて話をしやすくなるではないでしょうか?

また、いきなり会って相談するのに抵抗を感じるのであれば、電話やメールでの相談を体験してから、店舗や出張相談を申し込まれるのもお勧めの方法です。

詳しい方法は公式サイトでチェックしてください。

公式サイトへメールや電話相談の方法をチェックしてみる

lifull home’s『住まいの窓口』のまとめ

家

家造りに迷われている方に人気のサービス『住まいの窓口』の特徴をまとめてみます。

POINT

  1. 中立の立場でサポートしてくれる
  2. 不動産会社から営業を受けない
  3. 注文住宅からマンションまですべてに対応
  4. 家造りの流れが分かる
  5. ファイナンシャルプランナーが資金の相談に乗ってくれる
  6. 調整や断りの電話までしてもらえる
  7. すべてのサービスを何度利用しても無料

出張相談も受け付けているほかに、メールや電話での相談も可能なので、気軽に利用できます。

あなたに合った理想の家をお探しなら、お勧めします

▼公式サイトへ▼
すべてが無料!メールや電話も!!
『住まいの窓口』で悩みを相談してみる

『住まいの窓口』気になる2つの点

住まいの窓口について気になる疑問点をまとめてみました。

1 予約せずに直接お店に行っても大丈夫?

アドバイザーが不在の場合があるので、必ず予約してから来店してください.

電話予約だけでなく、WEBでの予約も可能です。

2 購入はまだ先なんだけど、相談できる?

お気軽にご相談ください。

逆に、時期やどんな住まいにするかまだ決まっていない方にこそ、受けて欲しいサービスです。

 

POINT

  1. 中立の立場でサポートしてくれる
  2. 不動産会社から営業を受けない
  3. 注文住宅からマンションまですべてに対応
  4. 家造りの流れが分かる
  5. ファイナンシャルプランナーが資金の相談に乗ってくれる
  6. 調整や断りの電話までしてもらえる
  7. すべてのサービスを何度利用しても無料

出張相談も受け付けているほかに、メールや電話での相談も可能なので、気軽に利用できます

あなたに合った理想の家をお探しなら、お勧めします

▼公式サイトへ▼
すべてが無料!メールや電話も!!
『住まいの窓口』で悩みを相談してみる