【住宅ローン一括審査】住宅本舗のデメリットは危険?大丈夫?

住宅ローン

「住宅ローンの一括審査って申し込んでも大丈夫なの…」

「住宅本舗って怪しんだけど、危険はないの…」

人生で一番大きな借金である住宅ローン。

借入額の平均は3000~4000万円と言われています。

その分、慎重に決めることが求められますが、住宅ローンには数字や専門用語が多く、なかなか判断ができないのが現実です。

もし、あなたが住宅ローン選びに迷われているのであれば、「住宅本舗」の住宅ローン一括審査をおすすめします。

住宅ローン一括審査のメリット

  • インターネットから簡単申し込み
  • 金利・諸費用・保証内容・総支払額で選べる
  • 最大6銀行から最適な住宅ローンが選べる
  • 審査不合格などの不測の事態にも備えられる
  • 600万円以上負担を軽減できる可能性がある

一括審査で一番有名なサイトは「住宅本舗」。現在利用者は2万人を超えています。

でも、「住宅本舗」って聞き慣れない会社ですよね。

「怪しいんじゃないの?」とか「危険じゃないの?」と思われている方がたくさんいるのが現実です。

そこで、「住宅本舗」の住宅ローン一括審査のすべてを語っていきます。

住宅ローンって一括審査をしないとダメなの?気に入ったところにだけ申し込もうと思うんだけど…

住宅ローンの審査は厳しいという現実

住宅ローン

自分にベストな住宅ローンを探し出しても、銀行の審査基準に通らなければ意味がありません。

審査基準は、銀行ごとでかなり違いますし、審査基準の全ては公開されていません。

ホームページ上に載っている審査基準を満たしても、審査に通らないケースがたくさん報告されています。

特に審査が厳しいネット銀行

今住宅ローンで人気があるのは、ネット銀行の商品。

ネット銀行の住宅ローンは金利が安く、店舗に出向く必要がないので特徴です。

でも、ネット銀行は良いところばかりではありません。

書類のみで選考を行うので、最も審査が厳しい住宅ローンなんです。

銀行としては、貸したお金が返ってこない最悪の事態は避けなければなりません。

POINT
銀行は、書類に少しでも怪しい点があれば、住宅ローンの融資を断るようにしています。
だから最近一括審査をする人が増えているのね。でも住宅ローン一括審査ってどんなことができるの?

住宅ローン一括審査とは

握手

住宅ローンの審査には、仮審査と本審査がありますが、最近では、住宅ローンの仮審査はインターネットからできるようになり、便利になっています。

しかし、審査を受けるためには入力しなければならない項目が多く、手間も時間も多くかかります。

そこで登場したのが、住宅ローンの一括審査。

一括審査をすることで、1回の審査申し込みで、複数の金融機関の仮審査を同時に受けられるんです。

基本的に手数料はかかりませんし、特別な手続きも必要ありません。

それぞれの金融機関に申し込むのと同じように、インターネット上で必要な情報を入力するだけ。

新規の借入だけでなく、借り換えについても審査を受けることが可能です。

POINT
インターネットから一度申し込むだけ。貴重な時間がムダになりません。
一括審査で有名なのは住宅本舗だけど、どんなメリットがあるのかしら?

【住宅本舗一括審査】8つのメリット

メリット

住宅ローンの一括審査で最も評価が高いのが、住宅本舗。

評判を聞きつけ、すでに利用者が2万人を超えているんです。

住宅本舗で住宅ローン一括審査を申し込むメリットは8つ。

  1. 面倒な申し込みが1回で終わる
  2. 人気の物件を逃すことがなくなる
  3. 複数の金融機関を同時に比べることができる
  4. 金利以外でも比較できる
  5. 無料で相談できる
  6. 来店する手間が省ける
  7. 手数料が無料
  8. 地方の銀行からも選べる

1 面倒な申し込みが1回で終わる

もし、自分で複数の金融機関へ住宅ローンの申し込みをしようとすると、個人情報や借入金額など、同じ内容を何度も入力しないといけなくなりません。

入力するだけでなく、同じ書類を何度もそろえる必要も出てきます。

最近はインターネットで申し込むことができ、昔に比べ簡単になっていますが、それでも最低20、30分はかかります。

住宅本舗の一括審査なら、1度の審査申込で6社ほどの審査が同時に受けられるので、その手間が省けます。

2 人気の物件を逃すことがなくなる

住宅ローンの審査には時間がかかります。

審査がゆるい銀行は早くに結果ができすが、審査が厳しい銀行は非常に時間がかかります。

審査が厳しい住宅ローンの方が、金利が安く、条件も良いのが特徴です。

審査が通ればいいですが、「何か月も待った上に審査に落ち、次の銀行に申し込んで何か月も待つ」という繰り返しになると、タイムロスが生じることに。

建売住宅やマンション販売など、人気の物件は特に早く売れてしまいます。

あまりに審査に時間がかかると取引が滞ってしまうので、契約が無効になり、別の人に売られてしまう可能性もあるんです。

1回の入力で審査申し込みができるのは、効率面・時間的な面を考えても、大きなメリットになります。

3 複数の金融機関を同時に比べることができる

自分で複数の金融機関へ申し込むことも可能ですが、申請に必ず時間差が生じます。

ほぼ同時に申請できたとしても、審査結果は同時には来ません。

早く結果が来るところもあれば、なかなか来ないところもあったりと様々。

金利はその時の経済情勢を反映するので、日々変化しています。

今はある銀行に金利が一番安くても、次の時には、別の銀行が一番有利になっているなんてことはよくあること。

一括申し込みなら同じ時期に比較することができるので、本当の意味での比較が可能なんです。

4 金利以外の点でも比較できる

あなたに最適な住宅ローンかは、金利だけでは判断できません。

一括審査を利用することで、諸費用や保証も含めた総合的な判断ができます。

また、銀行ごとの独自の特色などについても深く知ることが可能です。

5 無料で専門家に相談できる

住宅本舗は金融機関ではありません。

そのため、中立的な立場で住宅ローン商品を提案できます。

また、利用者を対象に無料でファイナンシャルプランナーによる相談や家計の見直しなども行っています。

普通、ファイナンシャル・プランナーの個別面談や相談会は、多くの場合有料です。

無料で相談できるのは非常に助かりますよね。

6 来店する手間が省ける

共働きの家庭が多く、子育てに時間がかかったり等、時間的余裕のある人は少ないのが現実。

銀行の窓口で申し込むとなると、平日に時間をとらなければならず、時間の制約が非常に多くなります。

一括審査はすべてインターネット上で申し込むことが可能なので、来店が不要で時間的にゆとりのある時に落ち付いて申し込むことが可能です。

7 手数料が無料

住宅本舗が仲介業者なので手数料を心配される方も多くいますが、審査申し込みは無料。

  • 実際にどのくらい安くなるのか見てみたい
  • 勧められている住宅ローン以外も調べてみたい

気軽に利用者したい人にも嬉しいサービスです。

8 地方の銀行からも選べる

住宅ローンと聞くと、大手の銀行やネット銀行を思い浮かべる人がほとんど。

しかし、地元の銀行にも魅力的なプランが数多くあります。

住宅ローンは10年20年単位で考えなくてはいけないので、申し込みで終わりではありません。

地元の銀行だと窓口が近いので、相談もしやすく安心です。

POINT
様々な角度から比較することで、あなたに合った最適な住宅ローンが見つかります。しかも、サービスは無料!

公式サイトへ住宅ローン一括審査をメリットをさらに詳しくチェック

一括審査ってメリットがたくさんあるのね。でも逆に不安になってきたわ!デメリットってないのかしら?

住宅本舗は危険?怪しい?3つのデメリット

悩む

一括審査は非常に便利なサービスです。

ただ、無料で受けられるので、

  • 怪しいんだけど…
  • 危険じゃないの…

と、感じてしまいがち。

そこで、一括審査のデメリットをまとめておきます。

  1. 審査が必ず通るとは限らない
  2. 最も金利が安くなるとは限らない
  3. 銀行と直接話し合うことができない

1 審査が必ず通るとは限らない

複数の金融機関に申し込むことができるので、つい通った気になりがち。

しかし、一括審査をしたからといって、審査自体が甘くなるわけではありません。

個別に申し込むのも、一括審査で申し込むのも、審査項目は同じなので、通る人は通りますし、通らない人は通りません。

2 最も金利が安くなるとは限らない

住宅本舗では、約60社の中から選択することができます。

ただし、全ての銀行が対象となっている訳ではありません。

また、ハウスメーカーとの提携している住宅ローンの場合の方が有利な場合もあります。

3 銀行と直接話し合うことができない

一括審査はネットでほとんどの手続きが完了してしまうので、プロの意見を聞く機会が少なくなります。

各銀行の窓口に行くと専門家が

  • こういう住宅ローンはどうですか?
  • こういう返済方法が有利ですよ!

など、様々な提案をしてくれます。

専門家の意見が必ずしも正しい訳ではありませんが、住宅ローンについてある程度の知識を自分で吸収しておく必要はあります。

POINT
一括審査に申し込んだからといって、必ずしも審査に通るわけではありません。

公式サイトへ住宅ローン一括審査のデメリットをさらに詳しくチェック

デメリットについてはよく分かったわ!でもまだ気になる点があるんだけど…

住宅ローン一括審査の気になる疑問点

チェック

住宅ローン一括審査を行っている住宅本舗には、多くの疑問が寄せられます。

  1. 複数の銀行に申し込むと審査に悪影響は出ないの?
  2. 審査情報は他の銀行に漏れないの?
  3. 物件の契約前でも仮審査は申し込めるの?
  4. 仮審査にとおったら、必ず申し込まないといけないの?
  5. どんな人が利用しているの?

1 複数の銀行に申し込むと審査に悪影響は出ないの?

複数の銀行に申し込むことは極めて一般的なことです。

そもそも、現在2つの金融機関から同時に住宅ローンを借りることは基本的にはできないので、複数の申請が理由で銀行の心証を悪くすることはありません。

しかも住宅本舗の一括審査は、あらかじめ各金融機関に承諾を得て行われているので、マイナス材料になることはないんです。

2 審査情報は他の銀行に漏れないの?

もし、ある銀行で審査が通らず、その情報が他の銀行に漏れると、審査にマイナスの影響が出そうなので心配になりますよね。

住宅本舗では個人情報の管理を徹底的に行っていて、品質マネジメントの国際基準であるISO27001を取得しています。

当たり前ですが、情報が漏れたことは今まで一度もないので心配はありません。

ISO規格は、国際的な取引をスムーズにするために、製品やサービスに関して「世界中で同じ品質、同じレベルのものを提供できるようにしましょう」という国際的な基準です。

制定や改訂は、日本を含む世界165ヵ国(2014年現在)の参加国の投票によって決まっています。

3 物件の契約前でも仮審査申込できるの?

もちろん、契約前でもできます。

逆に、契約前に仮審査をしていた方が、落ち着いて契約にのぞめるのでお勧めです。

4 仮審査に通った後のキャンセルは?

仮審査はあくまでも一次審査です。

一般的には、仮審査の有効期間は180日。

仮審査通過後、本審査への申請がなければ、自動的に申請取り消しとなります。

放っておいても構いませんが、実際に利用しないことが正式に決まれば、メール等で銀行に申請取りやめを連絡した方が親切かもしれませんね。

5 どんな人が利用しているの?

新規に借り入れを申し込む人だけでなく、借り換えを希望している人も利用しています。

人気のサービスなので、現在利用者は2万人越え!

POINT
国際基準をクリアで、情報漏れの心配なし!金融機関の承諾ずみのサービスです。

公式サイトへ住宅本舗をさらに詳しくチェック

みんな複数の銀行に審査を申し込んでるのね!私も利用したいんだけど、どうやって申し込んだらいいの?手続きが面倒そうなんだけど…

住宅ローン一括審査の利用の流れ

入力フォーム

利用の方法はとてもシンプルで、入力フォームや専用アプリで情報を入力するだけです。

大まかな流れは次の通り。

借入希望額、物件情報、個人情報などを入力

専用一括アプリをダウンロード(スマホもOK)

専用一括アプリを開いて各銀行に審査申込

アプリが大変便利な仕組みになっています。

というのも、一括アプリを開いて申請したい銀行に進むと、アプリ内に銀行の申請画面が出てきます。

「自動反映する」ボタンを押すとと、すでに入力した項目が一瞬で反映され、入力が完了!

入力する内容

最初に入力する内容は、名前や住所などの基本項目のほかに、借入に関する情報が必要です。

内容は新規の場合と借り換えの場合で少し違いがあります。

時間は20分程度。

面倒に感じるかもしれませんが、自分で複数の銀行に申請しようと思うなら、本来、その度にしないといけないこと。

逆にいうと、大変な入力を1回するだけで複数の金融機関の比較をしてくれるので、時間が短縮され便利です。

新規借り入れの場合

1 本人の情報
生年月日や国籍の他、年収の詳細(給与・事業・不動産など所得の種類等)、勤め先、勤務年数について

2 資金計画
借り入れ希望額、貯蓄額、親族からの援助の金額、現在すでにローンやキャッシング利用がないかなど

3 借り入れ希望と返済計画
ボーナス払いの利用の有無や、「元利均等」か「元金均等」のどちらかなど

4 住宅ローンの利用期間情報
いつごろ借り入れを希望し、何年間で返済を終えたいのか

5 購入する物件の情報
マンションの場合は新築か中古か。一戸建ての場合は土地から購入か、建て売り、中古住宅、建て替えかなど

6 購入する物件の状況
物件の所在地・借地権でないかどうか、契約状況についても

7 その他
収入合算・ペアローン・共有物件かどうかなど

借り換えの場合

ほとんどは新規借り入れの場合と同じですが、現在のローン返済の状況について入力する必要があります。

主な項目は下の通り。

  • 残高・金利・残年数・毎月返済額・ボーナス払いなど
  • 滞納の有無、有の場合はその回数

具体的に決まっていない項目について

入力する内容については、まだ具体的に決まっていないという人もいるはず。

その場合は、ある程度大まかな目安でも構いません。

POINT
まだ決まっていない項目があれば、この機会に家族で相談して具体的に考えてみましょう。
入力の仕方は分かったけど、どの銀行に申し込んだらいいのかしら?60もの銀行から選ぶのって大変…

人気の住宅ローンを紹介

ランキング

住宅本舗では約60の銀行から選ぶことができますが、どの銀行に申し込めばいいのか迷われる方も多くいるはず。

そこで、住宅ローンにお勧めの銀行を紹介しておきます。

  1. じぶん銀行
  2. 住信SBIネット銀行
  3. みずほ銀行

1 じぶん銀行

auと三菱東京UFJ銀行が創った新しいネット銀行。

雇用形態・年収の規定が緩く、200万円以上の年収があれば、自営業者でも申し込み可能です。

じぶん銀行の特徴

  • 仮審査最短即日回答
  • 口座がなくてもお申込可能
  • 契約書の記入や捺印は一切不要
  • 申込みから契約までネットで簡単完了!

2 住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行は三井住友信託銀行とSBIホールディングスが共同で出資する銀行。

保障内容が充実しているのが人気の理由です。

住信SBIネット銀行の特徴

充実の保障が無料でカバーできます。

  • 団信無料
  • 全疾病保障も保険料無料
  • 一部繰上返済手数料が無料
  • 地震補償の保険料も0円
  • 金利の上乗せなし
  • 申込みもウェブで完結

3 みずほ銀行

ネット銀行も人気ですが、メガバンクも安心感があり人気です。

充実したサポート・サービスで、お借入れ時からお借入れ後まで安心!

みずほ銀行の特徴

  • 来店不要のネット住宅ローンがある
  • ライフプランに合わせた返済プラン
  • ローン付帯保険が充実

公式サイトへ取り扱い銀行を確認する

住宅ローン一括審査のまとめ

家

住宅本舗の住宅ローン一括審査の特徴をまとめておきます。

POINT

  • インターネットから簡単申し込み
  • 金利・諸費用・保証内容・総支払額で選べる
  • 最大6銀行に申し込むことができる
  • 審査不合格などの不測の事態にも備えられる
  • 利用者数は、2万人を超える人気のサービス
  • 600万円以上負担を軽減できる可能性も

あなたの理想とする住宅ローンが見つかります

▼「住宅本舗」公式サイトへ▼

無料で簡単申し込み!
住宅ローン一括審査を試してみる

住宅本舗を実際に利用された方の評判・口コミ

早くてビックリ

T・Yさん(神奈川県在住 30代)

新規で借り入れをするときに利用しました。

一度自分で事前審査をしたことがあるのですが、とにかく記入欄が多くて大変。

でも、住宅本舗はパソコンやスマホで入力できたので早かったですし、いちいち何枚も申込用紙を書く必要がなかったのでビックリするくらい楽でした。

 

スムーズに住宅ローンが決定!

O・Rさん(京都府在住 40代)

他のサービスでは、住宅ローンを比較できても申し込みは1銀行ずつになるので面倒でした。

住宅本舗では、比較ができる上に、申し込みたい銀行に一括で申し込みでき楽チン。

2銀行ほど審査に通りませんでしたが、審査に通った銀行で無事に住宅ローンを組むことができました。

まさかこんなに違いがあるとは!

U・Yさん(石川県在住 40代)

思い切ってマンションの買い換えをしようと決心し、このサイトを利用してみることに。

昔マンションを買った時は不動産会社に言われるがままにしていましたが、今回住宅本舗を利用してみて驚きました。

まさか諸費用がこんなに違うとは…。金利が違うのは分かりやすいですが、諸費用の違いまで実際に比較できて本当に助かりました。

一番に考えたのは家族です

I・Rさん (熊本県在住 30代)

考えたくないですが、自分が健康に働けなくなった場合、家族はどうなってしまうのかが心配でした。

家系的に「がん」にかかる恐れがあるため、団体信用生命保険以外にもがんや脳卒中などに対応する保障の厚い住宅ローンを比較して決めました。

家族の事を考えて、安心なプランを選択できて大満足です。

あなたの理想とする住宅ローンが見つかります

▼「住宅本舗」公式サイトはこちら▼

無料で簡単申し込み!
住宅ローン一括審査を試してみる