【住宅ローン一括審査のデメリット】申し込みサービスの口コミから分かる真実

トラブル デメリット

「住宅ローンの一括審査って申し込んでも大丈夫なの…」

「住宅本舗って怪しんだけど、危険はないの…」

人生で一番大きな借金である住宅ローン。

大きな金額を扱う住宅ローンの審査は厳しく、2割近くの方が仮審査で落とされている状況です。

住宅ローンの審査でお悩みの方に人気のサービスが「住宅ローン一括審査申し込み」。

実際に住宅ローン一括審査サービスを利用してみて、あなたに伝えたいことは4つ。

POINT

  1. 手数料が完全に無料
  2. 都市銀行からフラット35まで一括申し込みできる
  3. 個人情報はきちんと保護されいるので安心
  4. 一括サービスを利用するなら、リクルートより住宅本舗がおすすめ

ただ、一括申し込みサービスには気になるデメリットも…

住宅ローン一括審査サービスの真実の姿に迫っていくことにします。

住宅ローン一括申し込みを利用された人の、実際の評判ってどうなっているの?

【住宅ローン一括審査の口コミ】住宅本舗は危険?怪しい?

口コミ

住宅本舗の一括審査を利用されたの口コミの中には、良い口コミ悪い口コミの両方が…。

両方の口コミを包み隠さず明らかにします。

住宅ローン一括審査の良い口コミ

こんなに簡単にできるなんて…(30代の口コミ)

最初、住宅ローンの申し込みを自分で銀行に出向いてしていました。ただ、銀行は平日にしか空いていないので、わざわざ仕事を休まなければならないのが悩みでした。

そのな時、住宅ローンの一括審査申し込みサービスを知り、さっそく試してみることに。

まず驚いたことは休日に、時間を気にせずに申し込みができること。しかも、1回の申し込みで6つの銀行に同時に申し込むことがので、本当に楽チン。忙しい人にこそおすすめのサービスです。

提携の住宅ローンよりも600万円も安くなりました(40代の口コミ)

最初、住宅メーカーの提携ローンを申し込むことにしていました。「提携ローンだから一番お得に違いない」って思い込んでいたんです。

ところが、友人が住宅ローン一括審査を申し込んだのを知り、試しに挑戦してみることに。

正直あまり期待していませんでしたが、審査結果を見てビックリ!なんと、提携ローンよりも金利や条件が良い商品が見つかったのです。一括審査をしていなければ、ムダなお金を払うところでした。

危険と思っていたけど、大丈夫でした(20代の口コミ)

住宅ローン一括審査が心配でした。

というのも、まだ働き始めたばかりだし、年収も低いので、審査に落ちた時、他の銀行に情報が回るんじゃないかと思ったからです。

ただ、心配するようなことはまったくありませでした。

というのも、2つの銀行の審査には落ちたんですが、残りの4つの銀行の審査は通ったから。個人情報はしっかり守られていることが分かります。

借り換えもできて助かりました(50代の口コミ)

10年前に住宅ローンを申し込んだので、金利が高いのが悩みでした。ただ、どこに相談していいのか分からず、そのままに。

仕事仲間から「住宅本舗の一括審査は借り換えもできるよ」と聞いたので、少しでも負担を減らそうと、ダメ元で試してみることに。

借り換えのシミュレーションをしてみると、100万円以上負担が安くなることが分かったので、一番条件の良い住宅ローンにさっそく申し込みました。

POINT

  • いつでも好きな時に住宅ローンの審査申し込みができる
  • 提携の住宅ローンよりも条件のいい商品が見つかることも
  • 個人情報はしっかり守られているので、落ちても心配なし
  • 借り換えも対応。100万円以上得するケースも。

住宅ローン一括審査サービスの悪い口コミ

大丈夫だと思っていたのに…(20代の口コミ)

貯金がほとんどなかったので頭金が用意できない状態でした。ただ、家を建てるのが夢だったので、就職してすぐに家を建てることに。

「就職しているから大丈夫だろう」と軽い気持ちで一括審査を申し込みましたが、結果は全部審査落ち。まさか審査がこんなに厳しいなんて…。どうしたらいいか途方に暮れています。

審査申し込みができない銀行も(30代の口コミ)

住宅ローンは金利の安さだけじゃなく、近くに窓口があって、すぐに相談できる銀行がいいと思っていました。

ただ、住宅本舗で申し込める銀行は、住んでいる地域に店舗のないモノばかり。金利が安いのは確かなので、どうしようか迷っています。

そんなに安くなりませんでした(30代の口コミ)

住宅ローン一括審査をすると「安くなる」って聞いていたので、期待して申し込んでみたんですが、思うような結果が出ませんでした。

たかが70万円しか安くならなかったので、損した気分です。

POINT

  • 取り扱っていない住宅ローンもある
  • 一括審査をしたからといって、審査に通るとは限らない
  • 思うほど金利が安くならない場合もある
住宅ローン一括審査サービスって、どんなメリットがあるのかしら?

手数料無料だけじゃない!住宅ローン一括審査が評判な3つの理由

住宅ローン一括審査申し込み

住宅ローン一括審査サービスが評判を集めている理由は、3つのメリットがあるから。

  1. 面倒な申し込みが1回で終了する
  2. 手数料が無料
  3. 人気の物件を逃すことがなくなる

1 面倒な申し込みが1回で終了する

本来、住宅ローンの申し込みは、それぞれの銀行に出向いて行うもの。

それぞれの銀行では、住宅ローン担当者と何時間も打ち合わせをしなければなりません。

また、審査に必要な書類を集めるには、事前に多くの準備が必要になってきます。

しかも、別の銀行に出向く度に、何度も何度も同じことを繰り返さなければなりません。

ところが「住宅本舗」の一括審査サービスなら、

  • 一度に最大6つの銀行に同時に申し込める
  • 申し込みに必要な時間はわずか20分程度

一括審査サービスのおかげで、住宅ローンの申し込みが驚くほど簡単になりました。

2 手数料が無料

住宅本舗は仲介業者なので、手数料を心配される方も多くいますが、手数料は無料。

無料で利用できるので、住宅ローンのちょっとした疑問

  • 実際にどのくらい安くなるのか見てみたい!
  • 勧められている住宅ローンって本当にお得なの?

を調べてみたい方も、気軽に利用できるのが特徴です。

住宅本舗なら専門家との相談も無料

住宅ローンは人生に関わる大事なモノなので、

  • 審査が通るのが不安…
  • 自分にはどんな金利タイプがあっているの…
  • 専門家の話を聞きたい…

など不安に思うことがいっぱい。

住宅本舗なら金融機関の専門家との来店相談もできるようになっています。

もちろん無料なので安心してくださいね。

3 人気の物件を逃すことがなくなる

住宅ローンの審査には多くの時間がかかります。

1つ1つ自分で申し込んでいくと、「何か月も待ったのに審査に落ち、次の銀行に申し込んでも何か月も待つ…」なんてことの繰り返しに。

せっかく気に入った物件を見つけても、審査に時間がかかり、取引が滞ってしまうと、契約が無効になる可能性も。

人気の物件を逃さないためにも、住宅ローン一括審査をおすすめします。

審査が厳しい住宅ローンの方が、金利が安く、補償など条件も良いのが特徴です。

POINT
1回の入力で審査申し込みができるのは、効率面・時間的な面を考えても、大きなメリットになります。

一括審査ってメリットがたくさんあるのね。でも逆にデメリットってないのかしら?

住宅ローン一括審査申し込みサービス、3つのデメリット

悩む

一括審査は非常に便利なサービスですが、3つのデメリットがあるので、十分に注意してください。

  1. 審査が必ず通るとは限らない
  2. 最も金利が安くなるとは限らない
  3. 銀行と直接話し合うことができない

1 審査が必ず通るとは限らない

複数の金融機関に申し込むことができるので、つい通った気になりがち。

しかし、一括審査をしたからといって、審査自体が甘くなるわけではありません。

どういう申し込み方をしても、審査項目は同じ。

残念ながら、すべての審査に落ちてしまう方もいるのが現実です。

2 仮審査に通っても本審査に通らないことも

住宅ローンの審査には、

  • 仮審査
  • 本審査

の2つがあります。

ただ、住宅ローン一括審査で申し込みができるのは「仮審査」まで。

仮審査で通ったとしても、本審査で落ちる場合も多々あります。

本審査に落ちたとしたら、もう一度別の銀行に、住宅ローンの仮審査を申し込まなければなりません。

仮審査の条件と違ってくることも

本審査に通ったとしても、仮審査のままの条件とは限りません。

  • 金利など条件が悪くなった
  • 借入総額が減額になった

などのケースも十分に考えられます。

条件が変更されても慌てないように、多くの銀行に審査を申し込んでおくことのがやはりオススメです。

3 一括審査に参加していない金融機関も

住宅ローンの一括審査サービスに、すべての金融機関が参加しているわけではありません。

もちろん、参加していない金融機関の方が、あなたに最適な住宅ローンを扱っている場合もあります。

また、一括審査サービスによっても、申し込める金融機関数に大きな差があるのが現状です。

一括審査サービスを申し込むときは、

  • どんな金融機関が参加しているのか
  • どのサービスに一番多くの金融機関が参加しているか

をチェックする必要があります。

一番多くの金融機関と提携しているのは「住宅本舗」ですが、住宅本舗が扱っていない住宅ローンもあります。

POINT
仮審査と本審査では、大きく条件が違ってくることも。仮審査に通っても安心してはいけません。
住宅本舗ってどんな銀行に申し込みができるの?

住宅本舗ならフラット35の一括審査まで可能

住宅本舗 銀行一覧

住宅本舗の提携銀行数は、№1の60社以上。

提携している60社の中には、

  • 都市銀行
  • 地方銀行
  • ネット銀行
  • 信託銀行
  • フラット35

など、様々なタイプの銀行が含まれています。

  • 金利の安いネット銀行がいい
  • 大手の都市銀行なら信頼できる
  • 窓口が近くにあり、すぐに相談できる地方銀行なら安心
  • フラット35の手数料を比較したい

など、金利だけでなく様々な条件を総合的に判断したいなら、「住宅本舗」がおすすめです。

POINT
住宅本舗は提携銀行数№1なので、あなたに合った住宅ローンがきっと見つかります。
デメリットについてはよく分かったわ!でもまだ気になる点があるんだけど…

住宅本舗は大丈夫?気になる評判をリサーチ

チェック

住宅ローン一括審査をすると、複数の金融機関に申し込むことになります。

個人情報漏れ審査への悪影響がないか徹底的に調査してみました。

  1. 審査に悪影響は出ないの?
  2. 審査情報は他の銀行に漏れないの?
  3. 仮審査に通った後のキャンセルは?

1 審査に悪影響は出ないの?

住宅ローン審査は必ず通るモノではないので、複数の銀行に申し込むことは実は一般的なこと。

一括審査サービスが誕生する前からも、複数の銀行に申し込みをすることはありました。

しかも、住宅本舗の一括審査は、あらかじめ各金融機関の承諾をもらっているので、マイナス材料になることはありません。

2 審査情報は他の銀行に漏れないの?

一括サービスを利用した時に心配になるのが「個人情報」の取り扱い。

もし、ある銀行で審査が通らず、その審査情報が他の銀行に漏れると、マイナスの影響が出る可能性も。

ただ、住宅本舗では個人情報の管理を徹底的に行っていて、品質マネジメントの国際基準である「ISO27001」を取得しています。

ISO規格は、国際的な取引をスムーズにするために、製品やサービスに関して「世界中で同じ品質、同じレベルのものを提供できるようにしましょう」という国際的な基準です。

当たり前ですが、審査や個人情報が漏れたことは今まで一度もありません。

3 仮審査に通った後のキャンセルは?

仮審査はあくまでも一次審査。

仮審査通過した後、本審査への申請がなければ、自動的に申請取り消しとなります。

仮審査の有効期間は通常180日。放っておいても全く問題ありませんが、実際に利用しないことが正式に決まれば、メール等で銀行に申請取り止めを連絡した方が親切かもしれませんね。

POINT
住宅本舗の一括審査サービスでは、個人情報の保護に万全の体制がとらえています。
リクルートと住宅本舗ならどっちのサービスを利用したらいいのかしら?

【リクルートvs住宅本舗】住宅ローン一括審査サービスを徹底比較

チェック

住宅ローン一括審査サービスは数多くありますが、実績と信頼を集めているのは、次のサイト。

  • 住宅本舗
  • リクルート

「住宅本舗」と「リクルート」のサービスの違いを3つ点で比較することにします。

  1. 対応金融機関数
  2. 1度に申し込める金融機関数
  3. 利用者数

1 対応金融機関数

住宅本舗 60社以上
リクルート 13社

住宅ローン一括審査で大切なのは、どれだけの金融機関に対応できているか。

商品数が多ければ多いほど、あなたに最適な住宅ローンが見つけやすくなります。

住宅本舗の対応金融機関数は、一括見積もりサービスの中で最多を誇っているので、一番お得な住宅ローンが見つかりやすくなっています。

2 1度に申し込める金融機関数

住宅本舗 最大6社
リクルート 最大5社

対応金融機関だけでなく、一度に申し込める数でも住宅本舗が勝っています。

一度に申し込める数が多いので、審査に通った中で一番条件のいい銀行に申し込むことができますね。

3 利用者数

住宅本舗
リクルート

利用者数でも住宅本舗の方が多くなっています。

利用者数が多いということは、それだけの経験と実績が積み重ねられている証拠でもありますね。

POINT
住宅ローン審査に少しでも不安を抱くなら、サービスが充実している住宅本舗がおススメです。
でも、どうやって申し込んだらいいの?手続きが面倒そうなんだけど…

住宅本舗での住宅ローン一括審査サービスの流れ

住宅本舗一括審査サービス

利用の方法はとてもシンプルで、入力フォーム専用アプリで情報を入力するだけ。

わずか3ステップで完了します。

借入希望額、物件情報、個人情報などを入力

専用一括アプリをダウンロード(スマホもOK)

専用一括アプリを開いて各銀行に審査申込 

1 借入希望額、物件情報、個人情報などを入力

住宅本舗入力フォーム

最初に入力する内容は、名前や住所などの基本項目のほかに、借入に関する情報が必要です。

  • 本人の情報
  • 資金計画
  • 借り入れ希望と返済計画
  • 住宅ローンの利用期間情報
  • 購入する物件の情報
  • 購入する物件の状況 など

入力するのにかかる時間はおよそ20分程度

自分で各銀行に出向いたり、申し込みをしたりする手間に比べれば、一括サービスのおかげで、断然に楽チンになりました。

借り換えの場合は、現在のローン返済の状況についても入力する必要があります。

2 住宅本舗のアプリをダウンロード

住宅本舗

登録したメールアドレスに、アプリの案内が送られてきます。

アプリは、PCとスマホ両方に対応しているので、あなたが使いやすい方にダウンロードしてください。

3 アプリで各銀行に審査申し込み

住宅本舗

後は、一括アプリを使って、希望する金融機関に申し込みをするだけ。

POINT
銀行に何度も足を運び、同じ書類に何度も記入することを考えると、時間や手間がかなり短縮されています。

住宅ローン一括事前仮審査のまとめ

家

住宅本舗の住宅ローン一括審査の特徴をまとめておきます。

POINT

  1. 手数料が完全に無料
  2. 都市銀行からフラット35まで一括申し込みできる
  3. 個人情報はきちんと保護されいるので安心
  4. 一括サービスを利用するなら、リクルートより住宅本舗がおすすめ

あなたが自分に合った住宅ローンを見つけたいなら、おすすめします

▼「住宅本舗」公式サイトへ▼