【平屋の価格は500万円から】小さい家からタマホームの新築まで徹底調査

家 お金

「平屋を建てたいんだけど、どれくらいの価格になるの…」

「タマホームだと、どれくらいの費用で建てられるのかしら…」

コンパクトな生活が送れると人気の平屋。

ただ、2階建てよりも平屋の方が坪単価が高くなる分、費用も高騰しがち。

平屋の価格について、あなたに伝えたいことは4つ。

POINT

  1. 20坪の小さい平屋なら500万円から可能
  2. タマホームの平屋だと1000~2000万円が目安
  3. 大手ハウスメーカーの坪単価は70~80万円が相場
  4. オシャレな平屋を建てたいなら「ミサワホーム」がおすすめ

住宅メーカーが教えない、平屋価格の秘密に迫っていくことにします。

小さい平屋を建てたいんだけど、どれくらいのお金が必要なの?
▼キャンペーン中▼

20坪の小さい平屋の家なら1000万円以下の価格も

住宅 補助金

最近はローコストな平屋住宅が人気。

規格住宅の平屋なら、新築で1000万円以下の平屋も数多く売りに出されています。

規格住宅とは…

ハウスメーカーや工務店が事前に用意した一定のパターンで、建てる住宅のこと

超ローコストな平屋住宅の主な価格帯は次の2つ。

  1. 500万円の平屋
  2. 800万円の平屋

価格が500万円の平屋

平屋500万円 間取り外観

新築平屋でもっとも安い価格帯は500万円。

家の大きさとしては

  • 坪数:15~20坪
  • 間取り:1LDK~2LDK

が中心なので、1人~夫婦2人用の平屋になります。

上の平屋は、熊本を中心に90年以上の歴史を誇る工務店が「ヒラキハウジング」の「建つんです500」

「建つんです500」は新築平屋を500万円で建てられ、間取りは約18坪の2LDK。

キッチンやシステムバス・洗面台を「タカラ」に統一することでコストを削減し、500万円の平屋を実現しています。

価格が800万円の平屋(20坪、2LDK)

BUNGALOW 平屋800万円

800万円代の平屋になると、

  • ゆとりのある間取りにしたり
  • 素材にこだわったり
  • 外観プランを数多く用意したり

など、特徴のある平屋プランが多くなってきます。

上の画像は自然素材の住まい「WOODBOX」の平屋シリーズ「BUNGALOW」。

「WOODBOX」はセミオーダーハウスで、全国の提携住宅メーカーで展開されています。

「BUNGALOW」は

  • 気の香りが味わえる無垢材
  • 消臭効果に優れて漆喰の塗り壁

が特徴で、長期優良住宅にも認定されるほど高品質。

  • 800万円の平屋プラン(20坪・2LDK)
  • 1000万円の平屋プラン(25坪・3LDK)

と、家族の人数に合わせて2つのプランから選べるようになっています。

関連 【新築1000万円以下の平屋特集】500万や800万の住宅も紹介

やっぱり注文住宅を建てたいんだけど、タマホームの平屋はどれくらいなの?

タマホームの平屋4LDKの価格は?

タマホーム平屋ローコスト 

注文住宅として平屋を安く手に入れたいなら、タマホームなどのローコスト住宅メーカーがおすすめ。

実際の価格を知ってもらうために、タマホームの平屋実例を3つ紹介します。

  1. 3LDKの平屋価格は1500万円
  2. 4LDKの平屋価格は1500~1900万円
  3. 中庭のある平屋価格は2000~2500万円

1 3LDKの平屋価格は1500万円

タマホーム 平屋ローコストタマホーム 平屋 間取り
出典:スーモ

本体価格 1550万円
延床面積 96.26㎡(約30坪)
坪単価 54万円

外壁を白と黒に張り分け、アクセントをもたせた外観が特徴の平屋。

敷地の形を活かしたS字型の間取りで、どの部屋も採光が確保できるように工夫されています。

段差のあるウッドデッキは

  • ガーデンパーティーやバーベキューを楽しんだり
  • 緑を楽しみながら、ゆったり過ごしたり
  • 子供の遊び場や、洗濯物干しのスペース

としても大活躍です。

2 4LDKの平屋価格は1500~1900万円

タマホーム平屋タマホーム 平屋 間取り図
出典:スーモ

本体価格 1,500~1,999万円
延床面積 96.47㎡(約30坪)
坪単価 50~60万円

アメリカンハウスを思わせる外観の平屋。

  • カバードポーチ(屋根付きテラス)
  • ポストやヤシの木
  • 姫高麗芝

など、インテリアの細部までこだわったオシャレな輸入住宅を感じさせる家づくりが特徴です。

3 中庭のある平屋価格は2000~2500万円

タマホーム平屋タマホーム間取り出典:スーモ

本体価格 2,000~2,500万円
延床面積 138㎡(約40坪)
坪単価 50~60万円

シンプルなデザインが特徴の平屋。

40坪の広さで3LDKなので、かなりゆったりとした間取りになっています。

玄関を入ると目の前に中庭が広がるので、より一層の開放感を演出することが可能です。

POINT
タマホームなどのローコスト住宅メーカーなら、1000万円~2000万円で家族が住める平屋を建てることができます。
大手ハウスメーカーで平屋を建てると、どれくらいの価格になるの?

ミサワホームや積水ハウスの平屋価格

積水ハウス

高品質な平屋を建てたいなら、積水ハウスなどの大手ハウスメーカーに依頼するのがおすすめ。

大手ハウスメーカーだと、平屋の坪単価は70~80万円が相場なので、建築費用は次のようになります。

坪数 建築価格の目安
20坪 1,400~1,600万円
25坪 1,700~2,000万円
30坪 2,100~2,400万円
40坪 2,800~3,200万円

平屋が得意なハウスメーカーならミサワホームが評判

ミサワホーム蔵

大手ハウスメーカーの中でも、特に人気なのが「ミサワホーム」の平屋。

ミサワホーム平屋の特徴
  • 大容量の収納スペース「蔵」がつくられる
  • グッドデザイン賞を20年以上連続受賞
  • 3種類の平屋タイプを用意
  • 大手ハウスメーカーの中でも価格が割安

オシャレな平屋を建てたい方なら、特に「ミサワホーム」をおすすめします。

関連 【ミサワの平屋が評判な3つの理由】蔵を活かした間取りのポイントとは?

どうしたら安く平屋を建てることができるのかしら?

ローコストな平屋住宅を建てる3つの方法

住宅 補助金

ローコストな平屋の坪単価は40~60万円が相場

30坪の平屋を建てるなら、1200~1800万円の建設費用が必要になってきます。

もし、あなたが少しでも安く建てたいなら次の3つの手段をおすすめします。

  1. ローコストが売りのハウスメーカー・工務店を選ぶ
  2. 正方形の間取りにする
  3. 水回りの設備を固める

1 ローコストが売りのハウスメーカー・工務店を選ぶ

大手ハウスメーカーでローコスト住宅を建てることはできません。

坪単価が30~50万円代のハウスメーカーや工務店は次の通りです。

アーデンホーム アーデンホームは、の輸入住宅を全国的に販売しているハウスメーカー。レンガの家のデザインが特徴です。
アイフルホーム アイフルホームは、「株式会社LIXIL住宅研究所」が運営する、住宅業界では最大規模を誇るフランチャイズ形式のハウスメーカー。
アエラホーム アエラホームは、ローコスト住宅の中でも坪単価の安さで光るハウスメーカー。次第に販売エリア(東北・関東・東海・九州)が拡大しています。
アキュラホーム 1万棟以上の施工実績を誇るハウスメーカー。日本最大の工務店ネットワーク組織「JAHBnet(ジャーブネット)」を主宰していることでも有名です。
穴吹工務店 「サーパス」などマンション販売で有名。現在は、大手マンション分譲業者である大京に完全子会社されています。
インターデコハウス ヨーロピアンテイストの輸入住宅を扱うハウスメーカー。大都市を中心に全国展開しています。
インデュアホーム フレンチスタイルやアメリカンハウス、イングリッシュスタイルなど、幅広く輸入住宅を扱っています。
菊池建設 国産檜(ヒノキ)にこだわった木造注文住宅メーカー。神社や仏閣の建築も得意としています。
クレバリーホーム 1998年からフランチャイズ方式で展開しています。木造の在来工法が主体ですが、ツーバイフォー工法も扱っています。
セルコホーム カナダの輸入住宅で全国№1ハウスメーカー。強度の高いツーバイシックス工法が特徴です。
タマホーム ローコスト住宅の代表とも言える「タマホーム」。「ハッピーライフ ハッピーホーム タマホーム」のCMで知名度は抜群です。
富士住建 関東一円を中心に販売していて、「完全フル装備の家」として、エアコンやカーテン住宅に必要なモノを含めた、分かりやすい販売価格が好評です。
ブルースホーム 全国で輸入住宅を販売しているハウスメーカー。企画住宅も扱っています。
三浦工務店 住宅だけでなく、マンションから神社仏閣まで幅広く扱う工務店。
ヤマト住建 関西を中心に販売網を広げているハウスメーカー。ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2017 ”大賞”を受賞しています。
ユニバーサルホーム フランチャイズ展開しているハウスメーカー。外壁材「ALC」と地熱床システムが特徴です。
ロビンスジャパン 関東を中心に輸入住宅を扱うハウスメーカー。リフォームも手掛けています。
レオハウス 木造軸組みの工法で坪25万円という安さが売りのハウスメーカー。タマホームと似た特徴があり、以前はタマホームの家を販売していたこともあります。

関連 【2019年】ハウスメーカー坪単価ランキング!比較が危険な3つの理由

2 正方形の間取りにする

家を建てる時に一番費用がかかるのは外側部分

  • 屋根
  • 外壁
  • 基礎

などの量が増えるほど、建築費用は高くなってしまいます。

複雑な設計や間取りにするほど材料費や人件費などがかかるので、正方形にするのが最もローコストだと言えます。

3 水回り設備を固める

水回りの設備には、配管工事も必要になってきます。

水回りの設備を1か所にまとめると配管も短くなり、メンテンナス費用もお得に。

家事動線を考えても、水回りの設備をまとめた方が移動が少なくなるので便利です。

設備のグレードも抑える

キッチン1つとっても、グレードによって数十万~数百万円とかなりの価格差があります。

また、有名メーカーになるほど価格も高くなってしまいます。

ローコスト住宅を建てるのであれば、ブロンド名にこだわらず、リーズナブルな設備を選ぶことが大切です。

POINT
ローコストの平屋住宅を建てたいなら、ハウスメーカー選びが重要になってきます。

関連 小さいローコスト平屋が危険な4つ理由!20坪の輸入住宅は可能?

新築平屋の価格のまとめ

家

新築平屋の価格についてまとめます。

POINT

  1. 20坪の小さい平屋なら500万円から可能
  2. タマホームの平屋だと1000~2000万円が目安
  3. 大手ハウスメーカーの坪単価は70~80万円が相場
  4. オシャレな平屋を建てたいなら「ミサワホーム」がおすすめ

注文住宅の価格が高くなるのは、広告費や人件費も大きな原因。

ただ、広告費や人件費分は値引きもされやすく、300万円以上の値引きをされることも…。

相見積もりを取れば、安くて品質の高い注文住宅を建てることができますよ。

>>>ハウスメーカーの「間取り」や「見積もり」を手に入れてみる

あなたに合った理想の平屋を手に入れる方法

家

平屋は本当に魅力的な家の形ですが、デメリットも多く失敗しがち。

失敗しやすい平屋を成功に導く一番のコツは

設計にとことん時間をかけること。

 

特に間取りは大切で、家族の要望に合わせた部屋の配置が大切になってきます。

思い悩み、家づくりがなかなか進まなかった私が頼ったのが「タウンライフ家づくり」。

タウンライフ平屋

「タウンライフ家づくり」では、あなただけの「オリジナルの家づくり計画」を複数のハウスメーカーが提案してくれます。

実際に「タウンライフ家づくり」を利用してみて、あなたに伝えたいメリットは5つ。

POINT

  1. 無料でわずか3分、すべてネットで申し込むことができる
  2. 大手22社を含む600社以上のハウスメーカーから選べる
  3. 平屋専用の間取り図や資金計画、土地情報まで手に入る
  4. 見積もりを他社に見せることで、大幅な値引きを引き出せる
  5. 期間限定のプレゼントキャンペーン実施中

 

しかも、選べる600社の中には大手22社のハウスメーカーも含まれています。
ハウスメーカー

 

私が何よりもうれしかったのは、要望をくみ取った間取りを作成してくれる所。

タウンライフ

 

実際に、積水ハウスさんからこんなステキな間取りをいただいています。

積水ハウス 間取り

強引な勧誘がないか」と心配していましたが、私の所には1本の電話もかかってきていません(メールでの勧誘はあります)。

▼私の体験談▼
【タウンライフ家づくり】の評判や口コミは?資料請求で分かる5つのメリット・デメリット

 

他社の見積もりがあるおかげで、700万円以上の値引きに成功した人もいて話題になっていますよ。

 

あなたが理想の平屋を手に入れたいのなら、おすすめできます!

▼公式サイトはこちら▼