【限定】間取りプランを無料で手に入れる方法

【地鎮祭のお金ガイド】名前や「ふくさ」、相場を徹底解説

住宅 補助金

「地鎮祭って、どれくらいのお金が必要なの…」

「初穂料って、いつ頃渡したらいいのかしら…」

地鎮祭は神事なので、費用が分かりにくいのが現実。

しかも、お金を渡すタイミングを間違えてしまい、トラブルに巻き込まれることも…。

地鎮祭のお金について、あなたに伝えたいことは3つ。

POINT

  • 初穂料は2~5万円が相場、「お車代」も1万円ほどかかる
  • お金は「のし袋」に入れ、「ふくさ」に包んで渡すのがマナー
  • 準備物をすべて用意すると10万円ものお金が必要になる

建築会社が教えてくれない、地鎮祭のお金について迫っていくことにします。

神主さんに渡すお金って、何というのかしら?

地鎮祭で渡すお金の名前は「初穂料(玉串料)」

初穂

地鎮祭で神主さんに渡すお金の名前は「初穂料(はつほりょう」・「玉串料(たまぐしりょう)」

初穂料とは

初穂料(玉串料)と言うのは、今は初穂・玉串がないので、代わりにお金を神様にお供えします」というのが意味だから。

「初穂料」と「玉串料」のどちらでも正しいですが、「初穂料」とする方が多くなっています。

初穂料は気持ちの問題なので、金額についての決まりはありません。

ただ、相場は2万円~5万円ほどなので、

  • 神社の方でお供え物を用意してもらっている場合:5万円
  • あなたがお供え物を準備している場合:3万円

というように考えてはどうでしょうか?

どうしても気になるなら、住宅メーカーの営業担当に金額を聞くのも1つの手です。

関連 【地鎮祭の初穂料ガイド】封筒の書き方や金額の相場を徹底解説

地鎮祭では「お車代」も必要?

車

神職が自分の車で来られる場合は、「お車代」を「初穂料」とは別に渡すのがマナー

お車代の金額としては

  • 地域の神社なら5000円
  • 遠くから来られるなら1万円

が相場です。

POINT
「初穂料」は神様へのお供え。「お車代」は神職へのお礼。一緒にするのはマナー違反です。
お金入れる袋には、何て書いたらいいのかしら?

地鎮祭でお金を入れる袋は「のし袋」

地鎮祭 のし袋 書き方

初穂料は「のし袋」に入れて渡すのがマナー。

のし袋を選ぶ時は、「中に入れる金額と祝儀袋の格を合わせる」というのが基本です。

印刷された水引は「1万円まで」なので、できれば避けてください。

のし袋の表面には、

  • 水引の上側:「初穂料」または「玉串料」
  • 水引の下側:氏名(フルネームが基本)

を書くのが一般的。

名前を書く時は、初穂料(名目)より少し小さめにするのがポイントです。

お車代は白封筒がおすすめ

地鎮祭 お車代

地鎮祭は「お祝い事」ではないので、祝儀袋ではなく「白封筒に包む」のが通例。

封筒に書く時は「御車代(御車料)」と漢字で書き、裏面には何も書きません。

封筒に名前を書いてもいいですが、地鎮祭の場合は氏名は書かないのが一般的です。

赤城 不祝儀袋 御車料 多当 10枚入り タ983993

赤城 不祝儀袋 御車料 多当 10枚入り タ983993

727円(07/28 21:51時点)
Amazonの情報を掲載しています
POINT
のし袋を使う時は、「中袋の書き方」や「お金の入れ方」にも注意が必要です。

関連 【地鎮祭のし袋・のし紙ガイド】表の書き方や入れ方まで徹底解説

お金を渡す時って、「ふくさ」に包んだ方がいいのかしら?

地鎮祭でお金を包む袋は「ふくさ」

粗品

日本では、贈答品を素手で直接渡すことは非礼とされてきています。

個人宅で行われる地鎮祭は略式化されたモノですが、基本的には「袱紗(ふくさ)」に包んで渡すのがマナー。

袱紗(ふくさ)の色としては

  • 「お祝い事」にふさわしい暖色系
  • 「お祝い事」と「お悔やみ事」の両方に使える紫色

を選ぶのがおすすめです。

初穂料は何と言って渡す?

初穂料は祭壇に奉納するケースがほとんど。

神職が会場に到着した時に、

本日はよろしくお願いいたします。

こちらが初穂料になりますので、どうぞお供えくださいませ。

と言って渡すのがスマート。

初穂料は神様へのお供え物なので、「謝礼です」や「お礼です」は間違いです。

お車代を渡すタイミングは?

「お車代」は神職へのお礼。

本日はありがとうございました。

「お車代」を用意していますので、どうぞお受け取りください。

というように、地鎮祭が終わってからお礼の言葉と一緒に渡すのがマナーです。

地域によって渡すタイミングは違うので、事前に神主さんに確認しておくことが大切です。

POINT
「初穂料」や「お車代」を渡す時は、簡単なお礼を述べて渡すのがマナーです。

関連 【地鎮祭の流れを完全ガイド】時間帯や挨拶の意味とは?

「初穂料」以外に、どんな費用が必要なのかしら?

地鎮祭でのお金の相場は10万円

地鎮祭お供え物

地鎮祭で行う場合は、主に次の6つを用意するのが一般的です。

用意するモノ 費用
お供え物セット 5000円
初穂料 35000円ほど
お車代 1万円
工務店へのお祝い・お礼 1人3000円ほど
参加者への食事 1食2000円ほど
挨拶回りでの粗品・手土産 1つ500円
服装
挨拶
祭壇回り・式典用具・テント

1 お供え物セットの費用「5000円」

神様へのお供え物は、施主が用意するのが古くからの慣習

具体的には、次の7つのモノを準備します。

横にスクロールできます⇒

お供え物 中身
お酒 清酒(一升)に祝儀用の「のし紙」をつける
お米 洗米したお米を一合ほど
塩を一合、土地の清めにも使います
海の幸 尾頭付きの鯛+乾物(昆布・スルメなど)
山の幸 季節の果物(キノコ類でもOK)
野の幸(野菜) 地面の上にできるモノ(トマトなど)
地面の下にできるモノ(大根など)
水一合(180㏄)ほどをキレイな容器に入れる

お供え物を揃えるのにかかる費用は5000円~1万円ほどです。

最近は、ハウスメーカーや神主の方でお供え物を準備することが多くなっています。

関連 【地鎮祭のお供え物セットは7つ】魚や乾物はその後どうするの?

2 参加者のお祝い・お礼の費用「3000円/1人」

地鎮祭では、住宅メーカーの担当者も参列します。

ただ、参加者も地鎮祭で安全を祈願する立場なので、本来はお礼を渡す必要はありません。

どうしてもお礼を渡したい場合は、参加者の立場によって金額を分けるのが基本。

一般的な相場は次の通りです。

大工へのお礼
  • 大工の棟梁:5千~1万円
  • 現場責任者:5千~1万円
  • その他の大工:3千~5千円

3 参加者への食事費用「2000円/1食」

地鎮祭後には「直会」を開くのが本来の流れ。

直会とは

神事の最後に、お供え物をおろし参加者でいただく行事。

お供え物を飲食することで、神様との結びつきを強くする意味もあります。

直会では、1食2000円ほどの仕出し弁当オードブルを頼むのが一般的です。

個人宅での地鎮祭は簡略化しているので、「直会」を開くことはほとんどありません。

関連 【地鎮祭の流れを完全ガイド】時間帯や挨拶の意味とは?

4 挨拶回りでの粗品・手土産の費用「500円/1軒」

地鎮祭後は、施工業者とご近所への挨拶回りをするのが通例。

「粗品」は施工業者が用意するのが一般的ですが、施工業者と別で挨拶回りをする場合は自分で「手土産」を用意することに。

粗品の相場は1つ500円~1000円ほどで、タオルなどの消耗品が人気です。

関連 【地鎮祭の挨拶回りガイド】言葉やご近所さんへの粗品も徹底解説

5 祭壇周り、式典用祭具はハウスメーカーが用意

地鎮祭を設営・運営するために必要なモノは、施工業者(神主)が用意するのが一般的。

雨天の場合に必要なテントなども、工務店側が準備してくれます。

セットでレンタルできます

祭壇回りの品や、式典用具は自分で用意する場合も。

最近はセットや単品でレンタルできるようになっていて、費用相場は1万~5万円ほどになっています。

6 服装の費用は必要なし

個人宅の地鎮祭の場合、施主(あなた)の家族のみで行うことがほとんど。

地鎮祭自体も略式化されたモノなので、カジュアルな服装で問題ありません。

関連 【地鎮祭の服装マナー】春夏秋冬の女性のおすすめは?自宅と会社の違いもチェック

7 挨拶の準備も必要もなし

個人宅での地鎮祭の場合、神主さんが取り仕切って進行するのが一般的。

施主が挨拶をするケースはほとんどありません。

関連 【地鎮祭の流れを完全ガイド】時間帯や挨拶の意味とは?

POINT
「参加者へのお礼」や「食事」まで合わせれば、10万円もの費用が必要になります。

関連 【地鎮祭の準備ガイド】榊を用意するのは自分?ハウスメーカー?

【まとめ】地鎮祭は流れや時間帯にも注意

地鎮祭

地鎮祭で必要なお金をまとめます。

POINT

  • 初穂料は2~5万円が相場、お車代も1万円ほど必要になる
  • お金は「のし袋」に入れ、「ふくさ」に包んで渡すのがマナー
  • 準備物をすべて用意すると10万円ものお金が必要になる

最近では、住宅メーカーや神主が準備してくれることが増え、以前より用意が楽に。

後は、地鎮祭を行う日程を調整し、事前に打ち合わせをすることが何より大切です。

>>> 【これで分かる!】地鎮祭のマナー完全ガイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。