【地鎮祭のお供え物は7つ】準備すべきお礼や手土産とは?

地鎮祭

地鎮祭のお供え物って、どんなモノを用意したらいいの…」

「通販とかで、簡単に手に入ったりしないの…」

地鎮祭は神様を迎える大事な儀式なので、お供え物の用意が欠かせません。

ただ、地鎮祭は一生に一度の経験なので、「お供え物」の準備に失敗する人が多いのも事実…

地鎮祭の準備物について、あなたに伝えたいことは3つ。

POINT

  1. お供え物の「お酒」「乾物」「お魚」は特に注意が必要
  2. 準備するのが大変な場合は、通信販売がおすすめ
  3. お供え物だけでなく、初穂料や手土産の準備も必要

なかなか分かりにくい、「お供え物」のマナーについて迫っていくことにします。

お供え物って、具体的にどんなモノを用意したらいいの?

地鎮祭のお供え物は「海のもの」「山のもの」合わせて7点

地鎮祭 お供え物

地鎮祭のお供え物の中身は次の7つです。

  1. 清酒
  2. お米
  3. 海のもの
  4. 山のもの
  5. 野菜

1 お酒(一升)

清酒一升(1.8リットル)に、祝儀用の「のし紙」を付けます。

酒屋さんで「地鎮祭用の清酒をください」と頼むと、「のし紙」を付けてもらえますよ。

「のし」の書き方はいろいろありますが、地鎮祭の場合は「奉献」が最適です。

奉献酒の本数は1本?

お供えするお酒(清酒)のことを「奉献酒(ほうけんしゅ)」と言い、2本用意するのが通例

  • 1本は神主さんにわたして神様に捧げてもらう
  • もう1本は神様の力が宿ったお下がりとして持ち帰る

という使い方になります。

持ち帰った清酒を飲むと、霊体が体に宿ると言い伝えられています。

まさか酒店 奉献酒 印字熨斗タイプ 地鎮祭 起工式 日本酒

6,270円(10/15 07:44時点)
Amazonの情報を掲載しています

2 お米(一合)

以前は洗米したお米一合(180cc)を用意する必要がありましたが、最近は洗わないお米が主流。

洗米する場合は、前日にお米を洗って、水切りしたモノをキッチンペーパーなどに広げ、一晩乾かして用意します。

3 塩(一合)

塩を一合ほど用意します。

お供え物としてだけでなく、敷地を清めるのにも使います。

4 海のもの(海の幸)

「おめでたい」として鯛を用意するのが一般的ですが、尾頭付きの生魚なら何でもOK。

魚以外にも、昆布やするめなどの乾物も必要です。

乾物の基本は「スルメ」と「昆布」

乾物としては、

  • 北海道産のスルメイカ
  • 利尻昆布 

が人気。

お供え物は縁起物でもあるので、幅が広く、見た目の良いモノを用意しましょう。

価格の高いモノを用意する必要はありませんが、セール品などはマナー違反です。

イカの種類がスルメイカなのは、漢字で書くと「寿留女」になり、縁起が良いからです。

5 山のもの(山の幸)

果物をお供えするのが一般的で、「リンゴ」や「みかん」などの季節の果物を用意。

果物の代わりにキノコ類を用意することもあります。

6 野菜

野菜は

  • 地面の上にできるモノ(トマト・ナス・キュウリなど)
  • 地面の下にできるモノ(大根・イモなど)

の両方を用意します。

7 水(一合)

水一合(180cc)を用意します。

  • 水道水
  • ミネラルウォーター
  • 神社のお水

など、基本的に何でもOKです。

POINT
お供え物はすぐに用意できないので、余裕をもって準備することが大切です。

関連 【地鎮祭の流れガイド】当日の時間帯は?本当に必要なの?

お供え物って、どこでもいっしょなのかしら?

地鎮祭のお供え物セットは地方(沖縄など)によっては違うことも

日本酒

地鎮祭のお供え物は、地方によって内容が違ってくることがあります。

沖縄の地鎮祭の場合、清酒の代わりに泡盛を用意するのが一般的。

地域の風習が色濃く残る地域では、神主さんにお供え物を確認することが大切です。

参加者が多い場合はオードブルの準備が必要な場合も

地域によっては、地鎮祭後に工事関係者と食事をする場合も。

ただ、地鎮祭は簡素化が進んでいるので、個人宅の地鎮祭で食事をすることはまずありません。

POINT
お供え物に決まりはないので、地域の風習によって代わってきます。

関連 【地鎮祭のお金マナー】初穂料を渡すタイミングや両家へのお車代は?

お供え物って、神主さんが用意するものなの?

地鎮祭のお供え物は誰が用意するの?

地鎮祭

地鎮祭のお供え物は、施主(あなた)が用意するのが古くからの慣習。

ただ、実際に揃えるのはかなり大変なので

  • 神主さんの方で用意
  • 住宅メーカーの方で用意

という形が増えてきています。

砂や竹など道具の準備物は?

地鎮祭では、設営するための道具の準備も必要です。

  • しめ縄:祭壇の回りに張り巡らすことで、神聖な場所になります
  • :しめ縄を張るために使います
  • :盛砂として使います
  • 鎌(かま)・鍬(くわ)・鋤(すき):地鎮祭の儀式で使用します

ただ、道具類は神主さんや施工業者が用意するモノなので、建て主(あなた)が用意することはありません。

POINT
お供え物の準備が難しい場合は、神主さんやハウスメーカーに頼むのも1つの手です。
お供え物セットって、どこに行けば買えるのかしら?

地鎮祭のお供え物を自分で準備するなら通信販売が便利

地鎮祭お供え物通信販売

地鎮祭のお供え物を個人で準備しようとすると、様々な店を巡る必要があります。

お供え物の販売場所
  • 清酒:酒屋・ネット
  • お米・塩・水・山の幸・野菜:近所のスーパー
  • 尾頭付きの鯛(生魚):魚屋
  • 乾物:百貨店(デパート)・ネット

準備に時間がさけない方に人気なのが通信販売。

松作商店では、お供え物セットの通販を行っているので、ネットで簡単に入手できます。

「するめ」が売っていない時も通販が便利

お供え物セットの中でも特に入手が難しいのが乾物の「するめ」。

スーパーには、お供え物にふさわしいような立派な乾物は売られていません。

松作商店では、「するめだけ」などの個別注文もできるようになっているので便利ですよ。

⇒公式サイトへ:松作商店/寛政元年創業

楽天やAmazonではお供え物の取り扱いはなし

残念ながら、楽天やAmazonなどの大手ECショップではお供え物の販売はありません。

POINT
通信販売を利用すれば、個人でも簡単にお供え物セットが入手できます。

関連 【地鎮祭の服装マナー】春夏秋冬の女性のおすすめは?自宅と会社の違いもチェック

地鎮祭の費用って、どれくらいかかるのかしら?

地鎮祭ではお礼の「のし袋」や「お車代」も必要

初穂料

地鎮祭では、神主さんにお礼として「初穂料」を渡すのがマナー。

「のし袋」の中にいれる金額の相場は2万~5万円で、平均は3万5000円。

  • 神社の方でお供え物を用意してもらっている場合:5万円
  • 住宅メーカーがお供え物を準備している場合:3万円

というように考えてはどうでしょうか?

お車代の封筒は別に用意する

神職が自分の車で来られる場合は、「お車代」を別に渡すのがマナー。

お車代の金額としては

  • 地域の神社なら5000円
  • 遠くから来られるなら1万円

が相場。

「お車代」は祝儀袋ではなく、「白封筒に包む」のが通例です。

POINT
神様にお供えする「初穂料」と、神主さんへの「お車代」は別物です。

関連 【地鎮祭のし袋ガイド】ご祝儀の封筒に必要は初穂料はいくら?

地鎮祭に来てくれた人にも、ご祝儀は渡した方がいいの?

地鎮祭で工務店からの参列者に手土産は必要?

工事

地鎮祭には住宅メーカーの担当者も参列します。

大工や現場監督も、地鎮祭で安全を祈願する立場なので、お礼を渡す必要はありません。

関連 【地鎮祭のお祝いマナー】親戚の場合でも参加者はお返しが必要?

大工さんなどの参加者には「菓子折り」を渡す手も…

それでもお礼を渡したい場合は、お金を直接渡すよりも手土産を渡す方がスマート。

  • 日本酒、ビール、ワインなどの酒類
  • 果物
  • 菓子折り

などをお渡しすれば、きっと喜ばれると思いますよ。

POINT
工事関係者へのご祝儀は、上棟(棟上げ)時に渡すのがスマートです。

関連 【上棟】と【棟上げ】の違いと意味!差し入れ・雨、祝儀の心配は?

地鎮祭って、挨拶をしたりすることはあるのかしら?

地鎮祭後には挨拶回りをするのがおすすめ

粗品

最近は挨拶回りをしない方も増えていますが、これからの生活を考えれば挨拶に回ることが大切。

工事関係者も挨拶回りをするので、一緒に回るのがおすすめです。

タオルなどの手土産も一緒に

挨拶回りの手土産に高級な品物は必要ありません。

手土産の相場は500円前後なので、「タオル」を渡される方が最も多くなっています。

関連 【地鎮祭の挨拶回り】言葉の例文や手土産のチェックポイント

お供え物って、地鎮祭の後はどうするのかしら?

お供え物のその後の処分はどうするの?

処分 ゴミ

地鎮祭の後には直会(なおらい)を開き、神主さんや参列者でお供え物をいただくのが本来の姿。

直会とは…

直会とは、祭典後に神主さんや参列者で、お供え物を分け合う儀式のこと。

神さまが食した供物をいただくことにより、その神力を分けていただくことができると考えられています。

ただ、現在の地鎮祭は簡略化されているので、大規模な地鎮祭でない限り「直会」は開かれません。

以前は、奉献酒だけ口にすることがありましたが、飲酒運転の問題もあるので今はほとんどありません。

お供え物は用意した人が持ち帰る

最近の地鎮祭では、お供え物を準備した人が持ち帰るようになっています。

つまり、

  • 神主さんがお供え物を準備したなら、神主さんが持ち帰る
  • 建て主(あなた)が準備したなら、建て主が持ち帰る

というのが通例です。

POINT
最近の地鎮祭では、お供え物を食べることはせずに、用意した人が持ち帰っています。

【まとめ】お供え物の準備は時間がかかるので早めの計画を

地鎮祭 お供え物

地鎮祭のお供え物についてまとめます。

POINT

  1. お供え物の「お酒」「乾物」「お魚」は特に注意が必要
  2. 準備するのが大変な場合は、通信販売がおすすめ
  3. お供え物だけでなく、初穂料や手土産の準備も必要

最近では通信販売も始まり、以前より断然準備が楽になっています。

ただし、地鎮祭では「挨拶」や「お礼」のマナーにも注意も必要。

詳しいマナーは次の記事で紹介しますね!

>>> 【地鎮祭のお祝い礼マナー】祝儀用のし袋の金額は?服装や挨拶は?