【限定】間取りプランを無料で手に入れる方法

【マイホームクラウドの評判は嘘】有料版「WebCAD」との違いは?

間取りソフトwebcad

「マイホームクラウドって、本当に無料で使えるの…」

「他の間取りソフトと比べて、機能はどう違うの…」

数ある間取り作成ツールの中でも、特に人気なのが「マイホームクラウド」。

私も「マイホームクラウド」を使い、理想の間取りを実現することに成功しています。

「マイホームクラウド」について、あなたに伝えたいことは4つ。

POINT

  1. ブラウザ型なので、ネットに繋がればどこでもすぐに使える
  2. 無料なのに3D表示まで可能、家の内覧までできる
  3. 一部機能に制限があり、道路や外構プランが作成できない
  4. 有料版「WebCAD」なら、3D印刷やVR表示まで可能

ただ、「マイホームクラウド」の評判を見てみると、「役に立たない」なんて気になる口コミも…。

公式サイトでは分からない、「マイホームクラウド」の真実に迫っていくことにします。

実際に「マイホームクラウド」使っている人って、どう思っているのかしら?

フリー版「マイホームクラウド」の評判は?口コミを大公開

口コミ

「マイホームクラウド」を実際に使っている方の声を聞くと、良い口コミ悪い口コミの両方が…。

両方の口コミを包み隠さず明らかにします。

「マイホームクラウド」の良い評判

操作が驚くほど簡単

「マイホームクラウド」はビックリするほど操作が簡単。

直感的に操作できるので、わざわざマニュアルを見る必要もありません。

最近では小学生の娘も気に入った様子で、遊び感覚で使っているほどです。

どこでも使えて便利

「マイホームクラウド」はブラウザで作成できるので、ソフトをわざわざインストールする手間も無し。

ネットに繋がれば使えるので、スマホやタブレットはもちろん、Macパソコンユーザーでも使えて便利です。

無料なのに3D表示までできます

つくった間取りはすぐに立体表示できるので、外観の様子がよく分かります。

しかも家の中まで覗けるようになっていて、細かい部分のチェックまで可能。

建具や家具の種類も豊富なので、インテリア選びにも使えますよ。

有料版はビジネスにも使えます

会社が「マイホームクラウド」を導入したんですが、ビジネスツールとしても優秀。

作成した間取りから自動的に提案書が作られるので、お客さんにすぐに提案できるのが1番の魅力かな。

これからの営業マンには欠かせない機能ばかりです。

POINT

  • インストールの必要がないので、どこでもすぐに使える
  • 操作が簡単なので、PCが苦手な方でも問題なし

「マイホームクラウド」の悪い評判

パソコンの性能によってエラーが出ます

ネット上で間取りを作る仕組みなので、使い勝手はパソコンの性能次第かな。

性能の低いパソコンで利用すると、フリーズしてしまうことも…。

ネット環境が悪いと読み込みにも時間がかかるので、かなりイライラします。

有料ソフトには負けますね

無料のフリーソフトとしては優秀だと思うんですが、細かい部分はまだまだ。

複雑な間取りにすると3D表示できないことが多くて、調整が大変…。

有料ソフトと比べると見劣りするのが実情ですね。

役に立たず、時間のムダでした

「マイホームクラウド」の操作は簡単なんですが、それでも作成には時間がかかります。

しかも作った間取り図を設計士さんに見せると、「構造上の問題で実現できません」と言われることに…。

がんばって作ったのに時間のムダでした。

POINT

  • 快適に使うには、ネット環境やPCの性能が大切
  • 構造計算ができないので、実際にはほとんど使えない
「マイホームクラウド」って、どんな特徴があるのかしら?

「マイホームクラウド」は無料なのに驚くほど高機能

マイホームクラウド

無料の間取り作成サービスとして、最も人気なのが「マイホームクラウド」。

「マイホームクラウド」が評判な理由は次の4つです。

  1. 1000以上の作品が登録されている
  2. ドアや階段など建具・家具も充実
  3. すぐに外観を立体パース化できる
  4. 家の中をウォークスルーできる

1 ドアや階段などのパーツも充実

マイホームクラウド

「マイホームクラウド」は直感的な操作が可能で、子供でも遊び感覚で間取りが書けるほど。

家具や建具のインテリアも豊富で、階段だけでも17種類ものバージョンが収録されています。

2 1000以上の作品がダウンロードできる

マイホームクラウド

マイホームクラウドには1000件以上もの作品が登録。

  • 階数(平屋・2階建て・3階建て)
  • 玄関位置
  • 部屋数
  • 延床面積
  • 間口
  • 奥行

などの条件を付けて検索できるので、探す手間もかかりません。

また、登録されている作品を作り変えることも可能。

お気に入りの作品を見つけて編集すれば、短時間であなたの理想とする間取りにたどり着けます。

無料の会員登録で保存も可能

マイホームクラウドの無料会員に登録すれば、作った間取りプランの保存も可能。

しかも、2019年7月から50件まで保存できるようにパワーアップしています。

3 すぐに外観を立体パース化できる

マイホームクラウド外観パース

「マイホームクラウド」では、作成した間取り図をボタン1つで外観パース(立体図)化することが可能。

  • 回転
  • 拡大・縮小
  • 移動

などの操作も、マウスをドラッグするだけ。

すぐに平面図に戻せるので、外観を見ながら間取りを考え直すこともできます。

4 家の中をウォークスルーできる

間取りソフトwebcad

「マイホームクラウド」では、作った作品をウォークスルー感覚で内観可能。

自由に部屋を動き回れ、建具・家具のデザインや色の変更も。

部屋全体の様子を見ながら、統一感のあるインテリアコーディネートも考えられます。

POINT
「マイホームクラウド」は、無料とは思えないくらい高機能な間取りソフトです。

⇒公式サイトへ:マイホームクラウド

逆に、「マイホームクラウド」で出来ないことはないの?

マイホームクラウドでは、道路や外構プランの作成はできません

デメリット

「マイホームクラウド」は無料のお試し版なので、一部機能に制限も…。

  • 敷地周りの道路の配置
  • 外構プランの作成
  • VR体験や3D印刷

などはできなくなっているので注意してください。

POINT
有料版「WebCAD」なら、すべての機能が思いのままに使えます。
「マイホームクラウド」って、スマホやタブレットでも使えるの?

マイホームクラウドは「Mac」や「ipad」でも利用可能

スマホ

「マイホームクラウド」は、インターネット上で間取り作成ができるサービス。

ネットに繋がればどこでも使うことができるので、

  • Windows
  • Mac
  • iOSスマホ
  • Androidタブレット

など、OSの違いを気にする必要はありません。

「WebGL」に対応していないとエラーになります

マイホームクラウドは、「WebGL」が動く環境であることが大前提。

「WebGL」とは

ブラウザ上で、3次元コンピュータグラフィックスを表示させるための機能。標準的なPCであれば、ほぼ搭載されています。

また、

  • 古すぎる端末
  • 解像度が低い

などが原因で、うまく起動しない場合も…。

「マイホームクラウド」の詳しい動作環境は次の通りです。

マイホームクラウドの推奨環境

OS環境

Windows Windows 8.1 ~
mackintosh Mac OS X ~
iOS iOS 10 ~
Android Android 5 ~

ブラウザ環境

Edge
Internet Explorer IE 11 ~
Google Chrome Google Chrome 31 ~
Safari Safari 8 ~
POINT
間取りソフトのようにインストールする必要がないので、驚くほどお手軽です。

関連 【無料】間取り図作成フリーソフトのおすすめランキング!アプリやブラウザ版ってどう?

「マイホームクラウド」って、私でも簡単に使えるのかしら?

「マイホームクラウド」の使い方

チェック

「マイホームクラウド」の使い方はとっても簡単。

様々な機能がありますが、主な流れは次の6ステップです。

  1. 「新規図面作成」ボタンをクリック
  2. 敷地を作成する
  3. 部屋を配置する
  4. 階段や建具を配置する
  5. 住宅設備・家具を配置する
  6. 3Dモデルを生成する

1 「新規図面作成」ボタンをクリック

マイホームクラウド 使い方

公式サイト」のトップ画面にある【新規図面作成】ボタンをクリックします。

「マイホームクラウド」では、サンプルも多数収録。

「おすすめマイホーム」から気に入った間取り図を選び、変更を加えていく手段もおススメです。

2 敷地を作成する

マイホームクラウド 使い方

左側にあるナビから【敷地】ボタンをクリック。

まずは、フリーハンドでおおよその広さを取っていくことに。

【敷地編集】ボタンをクリックすれば、すぐに大きさや形を変更できるようになっています。

3 部屋を配置する

マイホームクラウド 使い方

左側にあるナビから【部屋】ボタンを選択します。

必要な部屋を選び、作図エリアでクリックするだけで簡単配置。

【廊下を自動で設置】ボタンをクリックすれば、複雑な廊下入力を自動で作成してくれます。

玄関を配置していないと、後で3D表示できません。

4 階段や建具を配置する

マイホームクラウド 使い方

部屋が配置できたら、

  • 階段
  • ドア・窓

などの建具を配置していきます。

【建具を自動で設置】ボタンをクリックすれば、自動で作成するので悩むこともありません。

5 住宅設備・家具を配置する

マイホームクラウド 使い方

最後の仕上げに

  • キッチン
  • トイレ・ユニットバス
  • ダイニングテーブル
  • ベッド

などの、住宅設備や家具を配置していきます。

色やデザインなどは、3D表示した後で変更することが可能です。

6 3Dモデルを生成する

マイホームクラウド外観

右上にある「3Dボタン」をクリックすると、建物スタイルを選択することに。

マイホームクラウドでは、

  • コンテンポラリー・モダン
  • 和風・北欧・南欧
  • ブリティッシュ・アメリカン

など8つの外観スタイルが登録されていて、すぐに立体表示できるのが特徴。

色や形状を細かく設定することも可能です。

3D化した後は、自由に「外観」と「内観」を見て回ることができるように。

【保存】ボタンを押せば、作成したプランを取り込むことができ、いつでも呼び出すこともできます。

POINT
無料とは思えないほど機能が充実しているのが「マイホームクラウド」。操作も驚くほど簡単です。
「有料版」もあるみたいだけど、どんな違いがあるの?

有料版「WebCAD」なら、VR表示や3D印刷も可能

webcad

「マイホームクラウド」には、有料版「WebCAD」も存在しています。

有料版「WebCAD」の特徴
  • webcadで作成したプランを高画質な画像に変換できる
  • 専用ソフトがなくてもVR表示できる
  • 3Dプリンタで出力できるので、そのまま模型にすることができる
  • 間取りやインテリアに合わせた「見積もり額」を提示
  • 作成した作品をネットで送受信できる
  • サイト上に自分だけのマイページが持てるので、見込み客に営業できる
  • 作成した作品を元に、自動的に「提案書」を作成

会社や営業マンがビジネスとして利用するなら有料版がおススメです。

⇒公式サイトへ:WebCAD

「WebCAD」の価格は?

WebCAD 価格

有料版「WebCAD」を利用するには、販売元である「株式会社マリエッタ」に連絡する必要があります。

価格も使用形態によって違ってくるので、まずは気軽に問い合わせてみてください。

WebCADに関するお問い合わせ

POINT

  • 間取りの作成だけなら無料版「マイホームクラウド」
  • ビジネスツールとしてなら有料版「WebCAD」
「マイホームクラウド」に欠点はないのかしら?

間取り図作成ソフトやアプリのデメリット

メリット・デメリット

「マイホームクラウド」などの間取りソフトを使えば、素人でも簡単に図面を描くことができます。

ただ、間取りソフトでは次のような点を厳密に判断することはできません。

間取りソフトの限界
  • 構造的に無理はないか?
  • 収納スペースは十分に確保できているか?
  • 日当たりや風通しはいいか?
  • ムダな空間はないのか?
  • 家具を置いても十分な広さがあるか?
  • 家事や生活に便利な動線は考えられているか?
  • 家族のプライバシーは守られているか?

時間と労力をかけて間取りを作っても、プロの設計士から見れば問題点が山積み。

実際の設計においては、ほとんど役に立たないのが現実となっています。

無料で間取り図が欲しいなら「タウンライフ家づくり」がおすすめ

タウンライフ

実現可能な間取り図が欲しいなら「タウンライフ家づくり」の利用がおすすめ。

「タウンライフ家づくり」は

  • 無料で
  • 経験豊富なハウスメーカーの設計士に
  • あなたに合った間取り図を作ってもらえる

のが特徴です。

無料で積水ハウスに作ってもらった間取り図

「タウンライフ家づくり」を利用して、実際に積水ハウスから届いた間取り図がコレ↓

積水ハウス間取り図

こんなに考えぬかれた間取り図が無料で手に入るのは、「タウンライフ家づくり」だけです。

POINT
時間と労力のムダが多い「間取りソフト」に比べ、「タウンライフ家づくり」ならたった3分。

関連 【タウンライフ家づくり計画の評判と口コミ】5つのデメリットを暴きます

【まとめ】「myhome-cloud」なら無料で間取りシミュレーションができる

家 間取り

「マイホームクラウド」の特徴をまとめます。

POINT

  1. ブラウザ型なので、ネットに繋がればどこでもすぐに使える
  2. 無料なのに3D表示まで可能、家の内覧までできる
  3. 一部機能に制限があり、道路や外構プランが作成できない
  4. 有料版「WebCAD」なら、3D印刷やVR表示まで可能

「マイホームクラウド」なら無料で間取り図を作成できますが、実際にはほとんど意味がないのが現実。

実現可能な間取りが欲しいなら、「タウンライフ家づくり」が欠かせませんよ。

 

あなたが理想の注文住宅を手に入れたいのなら、おすすめできます!

▼公式サイトはこちら▼

参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。