【エクセルで間取り図】テンプレートならドアパーツや素材問題も解決

エクセル間取り図

「間取りをExcelで作りたいんだけど、どうしたらいいの…」

「間取り図用のテンプレートってないのかしら…」

間取りの打ち合わせができるのは、注文住宅を建てる一番の醍醐味かもしれません。

自分で間取りを作成したくなった時、一番お手軽な作成方法がエクセル。

実際にExcelで間取り図を作成してみて、あなたに知って欲しいことは3つです。

POINT

  1. Excelで間取り図をつくる時は、パーツ作りが大変
  2. テンプレート「excel de 間取り図」を利用すれば、苦手な人も楽チン
  3. Excelで間取り図作成にはデメリットがたくさんある

私も何度もExcelで間取りを作成しましたが、大きな落とし穴があるので、十分に注意してください。

Excelで間取り図って、どうやったらできるのかしら?

エクセルで間取り図作成は「縮尺や寸法」「パーツ作り」が大変

トラブル デメリット

Excelを使用すれば、自分でも間取り図を作成することができます。

ただ、エクセルはあくまで表計算ソフト。

間取り図を作成するためには、いろいろ下準備が必要になってきます。

  1. 図面の縮尺や寸法を揃える
  2. パーツや素材作りが大変

1 図面の縮尺や寸法を揃える

Excelで間取り図を作成しようと思ったら、セルの「高さ」と「横」を揃える必要があります。

Excelの標準設定は

  • 高さ:18ピクセル
  • 幅:72ピクセル

なので、セルの幅を「18ピクセル」にすると、方眼紙のようなマス目が出来上がりです。

「高さ」と「幅」が揃えればいいので、18ピクセルにこだわる必要はありません。

図面の縮尺や寸法を揃えるエクセル便利技

Excel間取り図

Excelの左上隅コーナーの▼ボタンをクリックすると、全セルを選択した状態になるので、揃えるのが楽チンです。

2 間取り図用のパーツや素材作りが大変

部屋の大きさや配置を考えるだけなら、まだ簡単。

ただ、考えた間取り図を設計士など人に見せようと思うなら、細かいパーツ作りも必要になってきます。

間取りに必要なパーツを上げると

  • 階段
  • ドア
  • キッチン
  • トイレ
  • 洗面
  • 浴槽
  • 植木 

など、意外なほどたくさん。

しかも、ドアと言っても

  • 方引き戸
  • 引違い戸
  • 引き込み戸
  • 開き戸
  • 折れ戸

など、種類や大きさも様々。

すべてのパーツを自力で作ろうと思ったら、最低でも1日はかかる作業なので覚悟がいりますよ。

POINT
エクセルの間取り図をすべて自分で作るのはかなり大変。特別なこだわりがなければテンプレートの利用がおススメです。

どうしても、自力で作りたい頑固なあなたには、次のサイトをおすすめします。

参考 Excelで間取りの作り方(基礎編)

Excelが苦手なんだけど、分かりやすいテンプレートってないのかしら?

エクセルのテンプレートなら「excel de 間取り図」がおすすめ

Excel de間取り図

エクセルで間取り図を作るなら、「Excel de 間取り図」がおすすめ。

「Excel de 間取り図」をおすすめする理由は次の2つです。

  1. フリーソフトなので無料で利用できる
  2. ドアや階段などの素材パーツが揃っている

1 フリーソフトなので無料で利用できる

「Excel de 間取り図」はフリー(無料)のテンプレート。

当たり前ですが、追加料金なども一切かかりません。

2 ドアや階段などの素材パーツが揃っている

Excel de 間取り図

「Excel de 間取り図」はすでにセルが方眼紙状態になっているので、体裁を整える必要がありません。

しかも、パーツがすでに用意されているので、すぐに間取りの作成にとりかかることができます。

  • 階段
  • ドア
  • キッチン
  • トイレ
  • 洗濯機用防水バン
  • 洗面
  • 浴槽
  • 植木

それぞれのパーツが1種類だけでなく、形や大きさのバリエーションも豊富に用意されています。

フリーのテンプレートとしては申し分ない素材の数です。

POINT
「Excel de 間取り図」の魅力は、間取り図用パーツが無料で手に入ること

関連 【無料】間取り図作成フリーソフトのおすすめランキング!アプリやブラウザ版ってどう?

フリーソフト「excel de 間取り図」の手順!パスワードは?

チェック

「Excel de 間取り図」はフリーソフトなので、インターネットからダウンロードする必要があります。

ダウンロードと言っても決して難しくなく、3ステップで完了です。

1 公式サイトからダウンロードする

Excel de 間取り図

「excel de 間取り図」の公式サイトに行き、「excel DE 間取り図 1.30」のボタンをクリックします。

excel de 間取り図/公式サイト

2 ダウンロードされたファイルをダブルクリック

Excel de 間取り図

ダウンロードフォルダ内にある「xls_madori.lzh」ファイルをダブルクリック。

ファイルが解凍され、デスクトップ上に「excel DE 間取り図 」のフォルダが自動的に作成させます。

excel de 間取り図

解凍ソフトが必要な場合も

ダウンロードしたファイルは「LZH」の形式で圧縮されています。

あなたの手持ちのPCに解凍ソフトが無ければ、解凍できるモノを手に入れる必要があります。

解凍ソフトがない場合は、定番のフリーソフト「Lhapius(ラプラス)」がおすすめです。

⇒公式サイトへ:解凍ソフト/Lhapius(ラプラス)

Windows10の標準仕様では、「LHZ」は基本的に非対応。「Lhapius(ラプラス)」などの解凍ソフトをダウンロードする必要があります。

3 「Excel de 間取り図」のファイルを開く

excel de 間取り図

最後に、フォルダー内にある「Excel DE 間取り図.xls」というエクセルファイルを開くだけ。

すぐに間取り図の作成にとりかかれますよ。

「Excel de 間取り図」には「マクロ」が使われています。ただ、「マクロを有効にする」を選ぶと、Excelが自動的に閉じられ利用できなくなります。マクロは有効にせずにお使いください。

4 「Excel de 間取り図」にはパスワードが!

Excel de 間取り図 パスワード

「Excel de 間取り図」では、勝手に形式が変わらないように「シート保護」がかかっています。

解除しようとすると「パスワード」を要求されますが、残念ながら「パスワード」は公開されていません。

ただ、パスワードで解除できなくても大きな支障はないので、安心してください。

POINT
「excel de 間取り図」なら、ややこしい設定がいらないので、間取りの作成に集中できます。

エクセルで間取りを作成できるのはうれしいんだけど、問題点ってないのかしら?

エクセルで間取り図作成をするのは問題点が山積み

悩む

実際にExcelで間取り図を作成してみると、メリットよりデメリットが大きいことに気づかされます。

Excelで間取り図作成をするメリット

  • Excelなので、無料で気軽に間取り図が作成できる
  • 家族の思いや希望をまとめられる
  • 思い描いているイメージを設計士に伝えやすい

Excelで間取り図作成をするデメリット

Excelで間取りを作成するのはあなた自身。

自分では理想の間取りに見えても、プロの設計士からみれば問題点が山積み。

  • 構造的に無理はないか
  • 収納スペースは十分に確保できているか
  • 日当たりや風通しはいいか
  • ムダな空間はないのか
  • 家具を置いても十分な広さがあるか
  • 家事や生活に便利な動線は考えられているか
  • 家族のプライバシーは守られているか

私もExcelで何時間もかけて間取り図を作成して設計士さんに見てもらいましたが、「これでは実現できません」という悲しい結果に…

Excelでの間取り作成は、打ち合わせでの初期段階でしか意味がないのが現実です。

POINT
資格や経験のないあなたがどれだけ間取り図を作成しても、決して実現することはありません。
他にも間取り図を無料で手に入れる方法ってないのかしら?

無料で間取り図作成するなら「タウンライフ家づくり」がおすすめ

タウンライフ

私がいろいろなサービスを試してみて、一番満足する結果を得ることができたのが「タウンライフ家づくり」

タウンライフ家づくりなら

  • 無料で
  • ハウスメーカーお抱えの設計士に
  • あなたに合った間取り図の作成を

依頼できるんです。

実際に「タウンライフ家づくり」に間取り図作成を依頼してみました

タウンライフ家づくり

「タウンライフ家づくり」では、WEB上で家づくりの希望を伝えることができます。

私が実際に「タウンライフ家づくり」に依頼した要望は下の通り。

  • 世帯数:一世帯住宅
  • 階数:2階建て
  • 人数:大人2人、子供2人
  • 家の広さ:40坪くらい
  • LDKの広さ:20畳くらい
  • 水回り:使い勝手を重視したい

こんな要望も依頼

さらに自由記述もできるので、こんなわがままな要望も依頼しています。

  • 大きな収納スペースが欲しい
  • リビングに畳コーナーを造りたい
  • 2台止められる駐車スペースが欲しい

実際に積水ハウスから頂いた間取り図

積水ハウス間取り

「タウンライフ家づくり」に依頼した結果、積水ハウスから上のような間取り図を手に入れることができました。

ハウスメーカーと契約すると、一人の設計士との打ち合わせになるので、「これでいいの?」と不安になり、他の設計士の意見を参考にしたい時があります。

間取りに悩んでいた時、「タウンライフ家づくり」の間取りプランがあると不安解消。

安心して間取りの打ち合わせができるようになります。

POINT
「タウンライフ家づくり」を利用すれば、間取りのアイデアに気づき、より理想に近づくことができます。

関連 【無料】間取り図の作成依頼が設計士にできるたった1つの方法

【Excelで間取り図面作成】まとめ

Excelを使った間取り作成の特徴をまとめます。

POINT

  • Excelで間取り図をつくる時は、パーツ作りが大変
  • テンプレート「excel de 間取り図」を利用すれば、苦手な人も楽チン
  • Excelで間取り図作成にはデメリットがたくさんある

Excelで間取りを作成すれば、自分の思いやアイデアを形にすることができます。

ただ、間取りによりこだわりたければ、プロの設計士に作成してもらえる「タウンライフ家づくり」がおすすめです。

▼実際の体験談▼
【タウンライフ家づくりの評判と口コミ】無料の資料請求とデメリット

もし、あなたが理想の家を建てたいと思うなら、おすすめします!

▼公式サイトはこちら▼