【無料】700万円以上の値引きと「間取りプラン」を手に入れる方法

【無料】間取りプランナーに作成依頼するおすすめ方法とは?

間取り図 家

「無料で間取りプランナーに作成してもらう方法ってあるの…」

「”マドリー”と”タウンライフ”だと、どっちを利用したらいいの…」

注文住宅で成功するか・失敗するかは「間取り」次第。

そのため、1人の設計士さんだけに頼ってしまうのはとても危険だと言えます。

設計士への間取りの作成依頼について、あなたに伝えたいことは4つ。

POINT

  1. 設計士の間取り作成には100万円単位のお金がかかるのが通常
  2. 「マドリー」だと無料でできるが、注意すべきデメリットも多い
  3. 「タウンライフ家づくり」なら、「間取り」だけでなく家全体の設計もできる
  4. 間取り作成だけでなく、セカンドオピニオンを依頼することも重要

ただ、無料の間取り作成サービスを利用して、「しつこい営業に発展した」なんてトラブルも…。

公式サイトでは分からない、「間取り作成サービス」の真実に迫っていくことにします。

設計士さんに間取りを依頼すると、どれくらいのお金がかかるのかしら

▼キャンペーン中▼

ハウスメーカーの間取り提案料はいくら?

家

一般的には、間取り作成を依頼すると「設計料」という名の料金がかかってきます。

ハウスメーカーや工務店の設計料は、工事費用の2~5%が目安。

もし、

  • 設計費用が5%
  • 工事費用が3000万円

だとすると、設計料として150万円を支払う計算になります。

設計事務所の間取り提案料

設計事務所に家づくりをお願いした場合は、さらに高額の「設計料」がかかってきます。

事務所によって差はありますが、目安は工事費用の工事費用の10~15%。

もし、

  • 設計費用が10%
  • 工事費用が3000万円

だとすると、設計料として300万円を支払う計算になります。

関連 【設計事務所で家づくり】高い新築費用や5つのデメリットの真実

POINT
本来、間取りの作成には100万円以上の高額な費用がかかるのが普通です。

>>>【無料】700万円以上の値引きと間取りプランを手に入れる方法

「マドリー」を利用するのって、本当はどうなの?

「マドリー(madree)」で設計を依頼した人の口コミは?

マドリー(madree)

最近、無料で間取りを作成してくれるサイトとして評判を集めているのが、「マドリー(madree)」。

実際に「マドリー」を利用された方の口コミは次の通りです。

本当に無料で安心しました

「無料」と聞くと逆に心配になってしまいましが、「マドリー」は本当に無料で追加料金を請求されることもありませんでした。

間取りで悩んでいるなら、利用してもいいかもしれませんね。

住宅メーカーも紹介してもらえました

「マドリー」から届いた間取り案が気に入ったので、作成してもらった住宅メーカーを紹介してもらうことに。

営業さんの対応も親切で、家づくりの内容も気に入ったので、そのまま契約することになりました。

POINT
「マドリー」は、デメリットを把握した上で利用することが大切です。

関連 【マドリー(madree)プラスの口コミは嘘】間取り図にある問題点は?

「マドリー」と「タウンライフ」なら、どっちを利用したらいいの?

「タウンライフ家づくり」なら「間取り」だけなく「家全体の設計」もできる

タウンライフ

間取り請求サービスとしては「タウンライフ家づくり」も評判。

「タウンライフ家づくり」では、無料で3つの家づくりプランを手に入れることができます。

「タウンライフ」で手に入るモノ
  • プロの建築士が設計した間取りプラン
  • 建築例を元にした詳細な見積もり書
  • ハウスメーカーが隠し持っている土地プラン

「タウンライフ家づくり」を利用した人の口コミ

平屋の間取り図まで手に入るなんて(20代の口コミ)

「タウンライフ家づくり」を利用して一番うれしかったのは、間取り図がもらえたこと。

しかも、ただの見取り図じゃなくて、私の要望に合った平屋の間取り図がもらえたんです。

もらった間取り図をもとに、設計士さんと打ち合わせをすることができたので、理想の平屋を建てることができました。

家づくりの費用がよく分かります(40代の口コミ)

家を建てる時に、一番不安だったのは「どれくらいのお金が必要なのか」ということ。

ネットにも情報はあるんですが、私が建てたい家に合ってないモノばかり…。

「タウンライフ家づくり」だと実際の建築費用の資料までもらえるので、お金の不安が解消。

おかげで、予算計画がバッチリ立てられて、無理のない家づくりをすることができました。

無料の資料請求で手に入れた間取りプランを公開

「タウンライフ家づくり」を利用して、実際に積水ハウスから届いた間取り図がコレ↓

積水ハウス間取り図

「間取り図」だけでなく、「見積もり書」や「土地プラン」まで手に入るのが「タウンライフ家づくり」の特徴です。

POINT

  • 間取りプランだけなら「マドリー」
  • 家づくりの資料を全て手にいれたいなら「タウンライフ家づくり」

関連 【タウンライフ家づくり計画の評判と口コミ】5つのデメリットを暴きます

間取りを作ってもらった後は、どうしたらいいのかしら?

一級建築士による有料の「間取り相談(セカンドオピニオン)」も大切

間取りセカンドオピニオン

間取りは単に作成してもらうだけでなく、問題点を診断してもらうことも大切なポイント。

間取り診断サイトも数多くありますが、とくにおススメなのは「ココナラのセカンドオピニオン」サービスです。

「ココナラ・セカンドオピニオン」の特徴
  • 依頼する一級建築士の評価や口コミを確認できる
  • 様々な分野のエキスパートがいるので、悩みに合った相談ができる
  • 会社を通さないので、驚くほど低料金

ココナラの「間取り図診断」された方の口コミ

たった1万円で依頼できるなんて…(20代の口コミ)

「間取り診断」って5万円ぐらいが相場なのに、ココナラなら1万円で一級建築士に相談することが可能。

こんなに安いのに、聞きたいことには的確に答えてくれるし、ダメなものはダメとちゃんと言ってくれます。

お値段以上の価値があることは間違いないですよ。

対応がすばやく、提案も丁寧です(40代の口コミ)

ネットでのやり取りに最初不安でしたが、悩みを相談するとすぐに返信きて、対応の早さにビックリ。

しかも、問題点だけでなく、修正案やアドバイスまで分かりやすく提案してくれたので助かりました。

POINT
プロの設計士に相談すれば、あなたの気づかなかった間取りの問題点が浮き彫りになります。

関連 【間取りはセカンドオピニオンがおすすめ】一級建築士の間取り相談とは?

【まとめ】間取りプランナーへの依頼方法

家

間取りプランナーに依頼する方法をまとめます。

POINT

  1. 設計士の間取り作成には100万円単位のお金がかかるのが通常
  2. 「マドリー」だと無料でできるが、注意すべきデメリットも多い
  3. 「タウンライフ家づくり」なら、「間取り」だけでなく家全体の設計もできる
  4. 間取り作成だけでなく、セカンドオピニオンを依頼することも重要

資料請求サービスはたくさんあるので、質を見極めて利用することが大切

実現可能な間取りが欲しいなら、「タウンライフ家づくり」が欠かせませんよ。

 

あなたが理想の注文住宅を手に入れたいのなら、おすすめできます!

▼公式サイトはこちら▼

参考文献

先着50人限定で無料公開


家
「家を建てるとたくさんのお金がかかる」と思っていませんか?

実は、ハウスメーカーに支払う金額の半分以上は「広告費」。

つまり『ある方法』を使えば、驚くほどの値引きが可能になるんです。

実際に700万円以上も建築費を下げた方法を、期間限定で公開します!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。