【無料】間取り図の作成依頼が設計士にできるたった1つの方法

間取り図 家

「間取り図の作成って、いくらぐらいかかるのかしら…」

「間取り図を無料で作成してもらえる方法ってないの…」

注文住宅を建てる時に、一番重要なことは「間取り図」を作ることかもしれません。

間取り図次第で、あなたの暮らし方が大きく変わってしまいますからね。

ただ、ハウスメーカーと契約すると1人の設計士さんと打ち合わせをしていくので、不安を感じることもたくさん。

もしあなたが、間取りで妥協したくなければ、他の設計士さんに依頼することが重要になってきます。

間取りの作成依頼について、あなたに知ってほしいことは4つ。

POINT

  1. 間取りを設計士さんに依頼すると何十万円というお金がかかる
  2. 人気サービス「間取り図たのも!」はトレースのみ
  3. 「間取りソフト」では、理想の間取りは実現不可能
  4. 設計士さんに無料で作成依頼できるのは「タウンライフ家づくり」のみ

間取り作成サービスは数多くありますが、それぞれにメリット・デメリットがあるので注意が必要です。

設計士さんに間取りを依頼すると、どれくらいのお金がかかるのかしら

設計士さんに間取り図作成をしてもらう料金

注文住宅を建てようとすると、間取り図の作成は設計士さんと打ち合わせをしながら進めていきます。

もちろんプロの設計士さんにお願いするんですから料金はかかって当たり前。

  1. 設計事務所の間取り図作成料金
  2. 工務店やハウスメーカーの間取り図作成料金
  3. 間取り診断サイトの作成料金

1 設計事務所の間取り図作成料金

設計事務所に家づくりを頼んだ場合、「設計料」いう名前の間取り作成料金がかかってきます。

設計料は工事費用の10~15%が目安

もし、

  • 設計費用が10%
  • 工事費用が3000万円

だとすると、設計料として300万円を支払う計算になります。

設計料は事務所によってバラバラで、有名な設計事務所になると、さらに高額な料金が必要になってきます。

関連 【設計事務所で家づくり】高い新築費用や5つのデメリットの真実

2 工務店やハウスメーカーの間取り図作成料金

工務店やハウスメーカーに家づくりを頼んだ場合も間取り作成費用はかかってきます。

設計料は、工事費用の2~5%が目安。

設計事務所よりも設計料は安いですが、無料でしてくれることはありません。

ハウスメーカーによっては、「設計料」としてではなく、坪単価に料金を含めている場合もあります。

関連 ハウスメーカー【坪単価ランキング】比較が危険な3つの理由

3 間取り診断サイトの作成料金

ハウスメーカーや工務店の間取りプランを見て、「本当にこの間取りで進めていいの?」と不安に思われる方も多いはず。

「間取り診断サイト」を利用すれば、別の設計士にセカンドオピニオンを求めることができます。

実際私も「間取り診断サイト」を利用してみましたが、

  • 間取り相談:7000円
  • 間取り作成:万円3000円

と、高額な料金を請求されました。

しかも、直接設計士に会うことはないので

  • 写真やメールだけのやりとり
  • 設計士としての力量に対する不安
  • 家の強度を考えない間取り設計

など、問題点も数多くあり、診断サイトに依頼したことを後悔しています。

POINT
料金に見合うだけのプランを作成してくれるか不透明なのが現実です
なら格安で間取り図を作ってもらえる「間取り図たのも!」って、どうなのかしら?

間取り図の外注「間取り図たのも!」はトレースのみ

間取り図たのも

設計士以外であれば、格安で間取り図を業者に外注する方法もあります。

間取り図の外注としては「間取り図たのも!」が一番有名なWEBサイトではないでしょうか?

ただ、格安で間取り作成ができる分、3つのデメリットもあります。

  1. 料金がかかる
  2. トレースのみ
  3. 作成するのはバイト

1 料金がかかる

設計士が間取り図を作成するわけではないので、価格は安いですが無料ではありません。

一戸建ての間取り図であれば最低でも500円がかかります。

2 間取り図を作成するのはバイト

間取り図を作成するのは、カンボジアなどの海外スタッフ。

日本人スタッフによる研修やトレーニングに行われていますが、設計士のような資格を取得しているわけではありません。

3 間取り図のトレースのみ

プロの設計士が作成するわけではないので、できるのはトレース(書き写すこと)のみ。

  • 間取りの診断
  • 新しい間取りプランの作成

をしてくれることはありません。

⇒公式サイトへ:間取り図たのも!

POINT
WEBサイトへの外注では、あなたに合った間取りプランは手に入りません。

最近間取りソフトを使っている人も多いけど、どうなのかしら?

間取り作成フリーソフトがおすすめできない理由

悩む

間取り用のフリーソフトが人気で、数多く出回っています。

私と同じように、自分の理想とする間取りを作成しようと使われた方も多いのではないでしょうか?

フリーソフトなら無料でWEB上やアプリでも利用できる

私がフリーソフトで間取りを作成してみて感じたメリットは3つです。

  1. WEBやアプリでお手軽に作成でき、しかも無料
  2. 家族の思いや希望をまとめられる
  3. 思い描いているイメージを伝えやすい

間取り作成フリーソフトのデメリット

間取りソフトを使えば、自分が理想とする間取り図を描くことができます。

ただ、作成するのはあなた自身。

自分では理想の間取りに見えても、プロの設計士からみれば問題点が山積み。

  • 構造的に無理はないか
  • 収納スペースは十分に確保できているか
  • 日当たりや風通しはいいか
  • ムダな空間はないのか
  • 家具を置いても十分な広さがあるか
  • 家事や生活に便利な動線は考えられているか
  • 家族のプライバシーは守られているか

私もフリーソフトを使って何時間も作成した間取り図を設計士さんに見てもらいましたが、「これでは実現できません」と悲しい結果を迎えています。

POINT
資格や経験のないあなたがどれだけ間取り図を作成しても、決して実現することはありません。
なんとか設計士に無料で依頼する方法ってないのかしら?

【無料】間取り図の作成依頼なら「タウンライフ家づくり」がおすすめ

タウンライフ

私がいろいろなサービスを試してみて、一番満足する結果を得ることができたのが「タウンライフ家づくり」

タウンライフ家づくりなら

  • 無料で
  • ハウスメーカーお抱えの設計士に
  • あなたに合った間取り図の作成を

依頼できるんです。

実際に「タウンライフ家づくり」に間取り図作成を依頼してみました

タウンライフ家づくり

「タウンライフ家づくり」では、WEB上で家づくりの希望を伝えることができます。

私が実際に「タウンライフ家づくり」に依頼した要望は下の通り。

  • 世帯数:一世帯住宅
  • 階数:2階建て
  • 人数:大人2人、子供2人
  • 家の広さ:40坪くらい
  • LDKの広さ:20畳くらい
  • 水回り:使い勝手を重視したい

こんな要望も依頼

さらに自由記述もできるので、こんなわがままな要望も依頼しています。

  • 大きな収納スペースが欲しい
  • リビングに畳コーナーを造りたい
  • 2台止められる駐車スペースが欲しい

実際に積水ハウスから頂いた間取り図

積水ハウス間取り

「タウンライフ家づくり」に依頼した結果、積水ハウスから上のような間取り図を手に入れることができました。

ハウスメーカーと契約すると、一人の設計士との打ち合わせになるので、「これでいいの?」と不安になり、他の設計士の意見を参考にしたい時があります。

間取りに悩んでいた時、「タウンライフ家づくり」の間取りプランがあると不安解消。

POINT
自分が気づかなかった、間取りのポイントに気づくチャンスも広がります。
「タウンライフ家づくり」って、間取り図がもらえるだけなの?

間取り図だけじゃない!「タウンライフ家づくり」のメリット

メリット

「タウンライフ家づくり」のメリットは間取り図だけではありません。

間取り図以外にも、4つのメリットがあるんです。

  1. 土地・不動産情報を入手できる
  2. 実際の建築費用が分かる
  3. 全国600以上の住宅メーカーに依頼できる
  4. 気軽に依頼できる

1 土地・不動産情報を入手できる

土地

間取りと同じぐらい難しいのが「土地が探し」。

要望に合う土地を探すことができず、悩まれている方も多くいます。

土地探しが難しい理由の1つが不動産業者やハウスメーカーが独占的に土地情報を握っているから。

今までであれば、それぞれの不動産業者やハウスメーカーに個別に訪ねてまわる必要がありました。

ところが、「タウンライフ家づくり」では、自宅にいながらにして土地情報を集めることができます。

関連 【土地探しのコツ】後悔・失敗しないためのポイントや方法

POINT
ハウスメーカーが独占的に握っているお宝土地情報を紹介してもらうことができます。

2 実際の建築費用が分かる

住宅ローン

家づくりで不安になるのが、「どれくらいのお金がかかるのか?」

ハウスメーカーの坪単価情報はネットに出回っていますが、坪単価に含まれない費用もたくさん。

坪単価以外にも、家を建てるためには様々な費用がかかってきます。

  • 住まいの設備やオプション
  • 土地調査
  • 建築申請費用
  • 付帯工事    など

実際、私が建てた一条工務店の坪単価は約59万円でしたが、最終的な費用から実際の坪単価を計算すると86万円にアップしています

関連 【2018年】一条工務店の坪単価格!アイスマート40坪を総額いくらで建てたか

どれだけ魅力的なハウスメーカーでも、資金計画を考えずに選ぶと、

  • 途中で断念
  • 思うような家が建てられない

なんてことがよくあるんです。

POINT
「タウンライフ家づくり」は、間取りに合わせた建築費用を算出してくれるので、資金計画が立てやすくなります。

関連 ハウスメーカー【坪単価ランキング】比較が危険な3つの理由

3  全国600以上の住宅メーカーに依頼できる

ハウスメーカー

「タウンライフ家づくり」には全国600社以上の住宅メーカーが登録されています。

しかも、600社の中には大手ハウスメーカー22社も含まれているんです。

登録されたハウスメーカーは安心なの?

数が多いので選択肢が広がりますが、逆にどんな会社が登録されているのか心配になりますよね。

「タウンライフ家づくり」の公式サイトには次のような基準が載っています。

建設業許可票や宅建取引業者免許証 (こちらは必須ではございません)といった書類の提示だけでなく、瑕疵保険の 写しも提出してもらい、さらに当社にて厳密な「反社調査」をしたうえで、 クリアした会社のみ、取り引き掲載をさせていただいております。

基準がきちんと表示されており、審査も厳格にされているので、どの住宅メーカーにも安心して依頼できますね。

POINT
あなたの家づくりをサポートしてくれるハウスメーカーが必ず見つかります。

4 無料なので気軽に依頼できる

スマホ

本来であれば、間取りや見積もりの依頼はとても大変。

  • モデルルームに何度も足を運び…
  • 営業担当や設計士と話をし…
  • メールや電話連絡をし…

というように時間も労力もかかります。

しかも、営業担当は契約を狙っているので、営業トークに何時間も割かれることも。

「タウンライフ家づくり」は、入力フォームにそって必要事項を記入するだけなので、自宅に居ながらネットでいつでも、依頼することが可能です。

なんと、時間はわずか3分!

強引な営業の心配はなし

電話番号や住所など個人情報を載せるので、強引な電話での勧誘があると困ります。

結論から言うと、私の所には1本の電話もありませんでした。

どのハウスメーカーからも電子メールでプランが届くだけ(逆に私の方から、気になったハウスメーカーに電話連絡したぐらい)。

POINT
忙しいあなたにこそ、「タウンライフ家づくり」はおすすめのサービスです。
これだけのサービスが無料だと、逆に不安に感じるんだけど、デメリットはないの?

「タウンライフ家づくり」3つのデメリット

悩む

「タウンライフ家づくり」は無料のサービスなので、どうしても限界があります。

  1. 専門的なアドバイスがもらえない
  2. 間取りや資金計画がもらえないハウスメーカーも

1 専門的なアドバイスがもらえない

間取りや資金計画を見てると、気になる点や疑問点が生まれてくるはず。

ただし、「タウンライフ家づくり」に問い合わせてもアドバイスや回答はもらえません。

気になる内容は、各ハウスメーカーに問い合わせる必要があります。

2 間取りや資金計画がもらえないハウスメーカーも

私の場合、資料請求したすべてのハウスメーカーが間取りプランや資金計画を送ってくれたわけではありませんでした。

中には、カタログやパンフレットしか送ってこない住宅メーカーも…。

対応の仕方がハウスメーカーによって違うのが「タウンライフ家づくり」の実情。

ただ、対応の悪いハウスメーカーは、契約してからも同じように不誠実な対応が続く可能性が高いので、ハウスメーカーを見分けるチャンスにも。

POINT
「タウンライフ家づくり」を利用すれば、あなたのことを親身に考えてくれるハウスメーカーが見つかります。

【無料で間取り図の作成を依頼する方法】まとめ

間取り図を依頼する方法をまとめます。

POINT

  1. 間取りを設計士さんに依頼すると何十万円というお金がかかる
  2. 人気サービス「間取り図たのも!」はトレースのみ
  3. 「間取りソフト」では、理想の間取りは実現不可能
  4. 設計士さんに無料で作成依頼できるのは「タウンライフ家づくり」のみ

間取りプランや資金計画まで一括請求できるのは「タウンライフ家づくり」だけ。

▼実際の体験談▼
【タウンライフ家づくりの評判と口コミ】無料の資料請求とデメリット

もし、あなたが理想の家を建てたいと思うなら、おすすめします!

▼公式サイトはこちら▼