【無料】間取り図作成フリーソフトのおすすめランキング!アプリやブラウザ版ってどう?

間取りソフトwebcad

「間取りのフリーソフトってどれが一番使いやすいの…」

「アプリやブラウザで使えるソフトも気になるんだけど…」

間取り用のソフトは数多くあり、ソフトによって機能も様々。

しかも最近では、「ブラウザ」「アプリ」でも、間取りを作成できるようにもなってきています。

実際に様々な間取りソフトを試してみて、あなたに伝えたいことは4つ。

POINT

  1. フリーソフトなら「せっけい倶楽部」がおすすめ
  2. ブラウザで間取りを作成したいなら「マイホームクラウド」
  3. アプリなら、すべてが無料の「間取りTouch+」
  4. 有料ソフトなら「3Dマイホームデザイナー」で間違いなし

ただ、どのソフトにしても重大な問題点があるので、過信は禁物。

様々な間取りソフトをランキング形式で公開することにします。

間取りソフトにはどんな種類があるの?

間取り図作成ソフトは主に4種類

間取り

間取り図作成ソフトは数多くありますが、大きく4つのタイプに分かれます。

  1. インストール型
  2. WEBブラウザ型
  3. アプリ版
  4. 有料版

それぞれにメリット・デメリットがあるので、特徴を理解すれば、あなたに合った間取りソフトが必ず見つかるはずです。

1 インストール型間取りソフトの特徴

パソコンにソフトを「インストール」して使う間取りソフト。

パソコンにインストールする必要があるので、「Windows」や「Mac」などの対応OSをチェックする必要があります。

2 WEBブラウザ型間取りサービスの特徴

パソコンにインストールせずに、ネット上で間取りを作成したいなら「WEBブラウザ型」がおすすめ。

「Windows」や「Mac」などのOSを気にすることなく、ネット環境さえあれば使えるのが特徴。

ただ、サービスを利用するには会員登録が必要なモノがほとんどです。

3 間取り作成アプリの特徴

スマホで気軽に間取りを作成したい方に人気なのが、アプリ版間取り作成ソフト。

あなたに最適なアプリを見つけるためには

  • 「iOS」や「Android」などの対応OS
  • アプリ内課金はあるか
  • 家具などのバリエーションは豊富か
  • 3D表示できるか
  • 図面の取り込みはできるか

をチェックすることが大切です。

また、海外のアプリが多く、日本語の説明が分かりにくいモノも数多くあります。

4 有料の間取りソフト

無料のフリーソフトで満足できなければ、有料の間取りソフトがおすすめ。

ただし、価格帯が「数千円~数万円」と様々。

あなたに必要な機能は何かを考えないと宝の持ち腐れになってしまいます。

POINT
間取りソフトは、利用の仕方によって、おすすめが違ってきます。
フリーソフトだと、どれがおすすめなのかしら?

【インストール型】間取り作成フリーソフトのおすすめランキング

間取り用フリーソフトのなかで。パソコンにソフトをダウンロードして使うタイプのおすすめは、次の通りです。

  1. 3D表示ができる「せっけい倶楽部」
  2. エクセルのテンプレートつき「Excel DE 間取り図」
  3. 風水診断ができる「イエスマイハウス2010フリーウェア版」

1位 3D表示ができる「せっけい倶楽部」

せっけい倶楽部

インストール型で最もおススメなのが「せっけい倶楽部」。

使い勝手が良く、フリーソフトなのに3D表示まで可能という機能の充実ぶり。

頻繁にバージョンアップしていて、Windows10まで対応できているので安心して利用することができます。

  • フリーソフトなのに3D表示までできる
  • 「リビング」や「キッチン」など、様々な部屋タイプが収録されている
  • 建具やインテリアのパーツが豊富
  • 「壁紙」や「天井高」など、内装の細かい設定までできる

「せっけい倶楽部」の対応OS

「せっけい倶楽部」の対応OSはWindowsのみ、Macのパソコンでは使えません。

  • Windows10
  • Windows8
  • Windows7
  • Windows Vista
  • windows XP

⇒公式サイトへ:せっけい倶楽部

▼実際の体験談へ▼
【せっけい倶楽部の評判と口コミ】androidやiphoneアプリってあるの?

2位 エクセルのテンプレートつき「Excel DE 間取り図」

Excel de 間取り図

「Excel DE 間取り図」は、その名の通りエクセルを使って間取り図が作成できるフリーソフト。

Excelさえあれば間取りの作成ができるので、とってもお手軽です。

  • ドアや階段などの素材パーツが揃っている
  • Excelさえあれば、どんなOSにも対応できる
  • 便利なテンプレートがあるので、面倒な設定が必要なし

⇒公式サイトへ:Excel DE 間取り図

▼実際の体験談へ▼
【エクセルで間取り図】テンプレートならドアパーツや素材問題も解決

3位 風水診断ができる「イエスマイハウス2010フリーウェア版」

間取りソフト イエスマイハウス2010フリーウェア版

「イエスマイハウス2010」の無料版。

「イエスマイハウス2010」の有料版は、13,824円。

ボタン一つで3D表示ができ、プランを送信すれば風水診断をしてもらうことができます。

ただ、簡易版なので

  • 印刷やネットワークなどの一部機能に制限がある
  • Windows10に不対応
  • 内装の3Dが作れない

などの問題点もあります。

イエスマイハウス2010の対応OS

  • Windows7
  • Windows Vista
  • Windows XP

公式サイトへ:イエスマイハウス2010/フリーバージョン

【WEBブラウザ型】間取り作成サービスのおすすめランキング

ネット上で間取り作成ができる「ブラウザ型」のおススメは、次の通りです。

  1. Macでも操作できる「マイホームクラウド」
  2. ダウンロードもできる「」
  3. 変形した部屋の間取り図まで「SUPER Links WEB」

1位 Macでも操作できる「マイホームクラウド」

間取りwebブラウザ「マイホームクラウド」

WEBブラウザ型で、一番おすすめするのが「マイホームクラウド」。

一番の特徴は「間取りのプラン集」。

他のサイトであれば平面図の閲覧だけですが、「マイホームクラウド」の場合、登録したプランの編集まで可能。

3D表示対応なのはもちろん、VR表示3Dプリンタでも出力できる高性能さも評判です。

  1. 500以上の図面プランが登録されている
  2. 外観・内観のウォークスルー感覚で体験できる
  3. 家具や住宅設備、外構エクステリアを3Dイメージまで確認できる
  4. タブレットやスマホにも対応
  5. 0.2秒で3Dモデルを確認できる

⇒公式サイトへ:マイホームクラウド

2位 ダウンロードもできる「Sweet Home 3D」

間取りwebブラウザSweet Home 3D

「Sweet Home 3D」は、2Dで住宅を設計し、3Dビューで確認しながら配置できる無料の間取り作成アプリケーション。

  • ダウンロード版
  • オンライン版

の両方があるので、使いたいシーンに合わせて間取り設計ができるようになっています。

  • 日本語、英語、フランス語など多言語で利用できる
  • 暖房器具やブラインドなの家具も用意
  • 部屋全体のカラーコーディネートも可能

⇒公式サイトへ:「Sweet Home 3D」

3位 変形した部屋の間取り図まで「SUPER Links WEB」

間取りWEBブラウザ「SUPER Links WEB」

「SUPER Links WEB」の最大の特徴は、凸凹など変形した部屋の間取りも簡単に作成できること。

ただ、無料版のデータ保存は3件まで

より多くの間取り図を作成したいなら「有料版(6000円/年)」にする必要があります。

  • 変形している部屋の間取りも作成
  • 保存形式を5種類もあるので、メール配信もできる
  • グリッド設定などの専門的な機能にも対応

⇒公式サイトへ:SUPER Links WEB

間取り作成アプリのおすすめランキング

スマホでお手軽に作成できるアプリのおすすめは、次の通りです。

  1. すべての機能が無料「間取りTouch+(間取りタッチ)」
  2. 撮影するだけで間取りが作成できる「magicplan」
  3. Macも対応「Home Design 3D」

1位 すべての機能が無料「間取りTouch+(間取りタッチ)」

アプリ「間取りtouchタッチ」

1番におススメするのは「間取りTouch+」。

「会員登録」や「アプリ内課金」、「有料版の購入」の必要が一切なく、すべての機能が無料で使用できるのが魅力です。

  • 小さなスマホ画面でも、タッチ操作で間取りが作成できる
  • 家具や建具、設備のパーツ数が700以上
  • 1㎜単位でサイズや配置場所の変更ができる
  • 最大1600×1280ピクセルでのJPEG出力

ただし、「間取りtouch+」は完全無料アプリなので

  • 3D表示ができない
  • android版が存在しない

などの限界面も存在します。

⇒App Storeへ:間取りTouch+(間取りタッチ)

2位 撮影するだけで間取りが作成できる「magicplan」

間取りアプリ「magicplan」

「magicplan」はスマートフォンのカメラを使って間取り図を作成するソフト。

部屋の真ん中に立ち、4隅を写真で撮るだけで、自動的に間取り図が作成できます。

もう、部屋のサイズをメジャーで一つ一つ測る手間がいりません。

ただ、海外版のアプリなので、日本語の説明が分かりにくく、慣れるのに時間がかかるかもしれません。

  • 部屋の模様がえにもおすすめ
  • 3D表示ができる
  • データの保存が可能
  • アプリ内課金あり

⇒Google Playへ:magicplan

⇒App Storeへ:magicplan

3位 Macも対応「Home Design 3D」

間取りアプリ「Home Design 3D」

androidで間取りを作成したいなら「Home Design 3D」がおススメ。

ただし、無料版は体験用アプリとしての位置づけなので、作成した間取りデータの保存ができません。

また、海外版のアプリなので、日本語の説明が分かりにくいのも難点です。

  • 昼と夜に分けて、日当たりのシミュレーションができる
  • アイテム数が1500種類以上
  • 3D表示ができる

⇒Google Playへ:Home Design 3D

⇒App Storeへ:Home Design 3D

【有料版】間取り作成ソフトのおすすめランキング

有料ソフトを、機能と価格の両面から考えてランキングにすると、次のようになります。

  1. amazonランキング1位「3Dマイホームデザイナー」
  2. 5000円で購入できる「間取りっど5」
  3. すべての機能がそろう「3DマイホームデザイナーPRO9」

1位 amazonランキング1位「3Dマイホームデザイナー」

amazonのベストセラー1位の人気商品が「3Dマイホームデザイナー」。

間取り作成に必要な機能がほぼすべて揃っていて、1万円以下の値段で購入することが可能。

作成したマイホームを歩いて観て回れる「ウォークスルー」機能は優れモノです。

  • 初心者にうれしいナビ機能搭載
  • ボタン1つで3D表示
  • 実在の商品を含めた、5万点以上のパーツ
  • 間取りサンプルを多数収録
  • 「収納」・「耐震」・「日当たり」・「太陽光」などのシミュレーション機能が豊富
  • フェイスブックなどのSNSへ投稿
3Dマイホームデザイナー12 オフィシャルガイドブック付

3Dマイホームデザイナー12 オフィシャルガイドブック付

11,462円(01/21 11:42時点)
Amazonの情報を掲載しています

2位 5000円で購入できる「間取りっど5」

間取りソフト間取りっど5

1万円を超える間取りソフトが多い中、格安で購入できる手軽さが「間取りっど5」の魅力。

標準価格は7,538円ですが、アマゾンであれば4000円代で購入可能。

ただ、3D表示ができないのが最大のデメリットです。

  • 縮尺が1/100まで、正確な図面が作成できる
  • 建具や家具、住宅設備などのパーツが豊富
  • カラー・白黒・グラデーションなど様々な色合いに切り替えられる
間取りっど5

間取りっど5

4,254円(01/21 11:42時点)
Amazonの情報を掲載しています

3位 すべての機能がそろう「3DマイホームデザイナーPRO9」

間取りソフト3DマイホームデザイナーPRO9

1位で紹介した「3Dマイホームデザイナー」の高性能版で、住宅プレゼンソフトとしては15年連続売り上げ№1。

「リフォーム」や「店舗設計」までできるプロフェッショナルな仕様なので、住宅のプロを目指す方におすすめのソフトです。

3DマイホームデザイナーPRO9

3DマイホームデザイナーPRO9

39,050円(01/21 11:42時点)
Amazonの情報を掲載しています
間取りソフトを使う時に注意すべきことって何?

間取りソフトで注意すべきデメリット

悩む

間取りソフトを使って、自分の理想とする間取りを考えるメリットは3つあります。

  • フリーソフトなら、無料で気軽に間取り図が作成できる
  • 家族の思いや希望をまとめられる
  • 思い描いているイメージを設計士に伝えやすい

ただ、どのソフトを使うにしても、間取りを作成するのはあなた自身

自分では理想の間取りに見えても、プロの設計士から観れば問題点が山積みです。

  • 構造的に無理はないか
  • 収納スペースは十分に確保できているか
  • 日当たりや風通しはいいか
  • ムダな空間はないのか
  • 家具を置いても十分な広さがあるか
  • 家事や生活に便利な動線は考えられているか
  • 家族のプライバシーは守られているか

私もソフトを使って作成した間取り図を設計士さんに見てもらいましたが、「これでは実現できません」という悲しい結果に…

間取りソフトは、あくまで打ち合わせの初期段階でしか意味がないのが現実です。

POINT
資格や経験のないあなたがどれだけ間取り図を作成しても、決して実現することはありません。
「プロの設計士に間取りを作成してもらう」ってできないの?

【無料】間取り図作成サービスなら「タウンライフ家づくり」がおすすめ

タウンライフ

家づくりには様々なサービスがありますが、一番満足する結果を得ることができたのが「タウンライフ家づくり」。

タウンライフ家づくりなら

  • 無料で
  • ハウスメーカーお抱えの設計士に
  • あなたに合った間取り図の作成を

依頼できるんです。

実際に「タウンライフ家づくり」に間取り図作成を依頼してみました

タウンライフ家づくり

「タウンライフ家づくり」では、WEB上で家づくりの希望を伝えることができます。

私が実際に「タウンライフ家づくり」に依頼した要望は下の通り。

  • 世帯数:一世帯住宅
  • 階数:2階建て
  • 人数:大人2人、子供2人
  • 家の広さ:40坪くらい
  • LDKの広さ:20畳くらい
  • 水回り:使い勝手を重視したい

こんな要望も依頼

さらに自由記述もできるので、こんなわがままな要望も依頼しています。

  • 大きな収納スペースが欲しい
  • リビングに畳コーナーを造りたい
  • 2台止められる駐車スペースが欲しい

実際に積水ハウスから頂いた間取り図

積水ハウス間取り

「タウンライフ家づくり」に依頼した結果、積水ハウスから上のような間取り図を手に入れることができました。

ハウスメーカーと契約すると、一人の設計士との打ち合わせになるので、「これでいいの?」と不安になり、他の設計士の意見を参考にしたい時があります。

間取りに悩んでいた時、「タウンライフ家づくり」の間取りプランがあると不安解消。

安心して間取りの打ち合わせができるようになります。

POINT
「タウンライフ家づくり」を利用すれば、間取りのアイデアに気づき、より理想に近づくことができます。

関連 【無料】間取り図の作成依頼が設計士にできるたった1つの方法

間取りソフトのまとめ

「間取りソフト」の特徴をまとめます。

POINT

  1. フリーソフトなら「せっけい倶楽部」がおすすめ
  2. ブラウザで間取りを作成したいなら「マイホームクラウド」
  3. アプリなら、すべてが無料の「「間取りTouch+」
  4. 有料ソフトなら「3Dマイホームデザイナー」で間違いなし

間取りソフトを使えば、自分の思いやアイデアを形にすることができます。

ただ、間取りによりこだわりたければ、プロの設計士に作成してもらえる「タウンライフ家づくり」がやっぱりおすすめです。

▼実際の体験談▼
【タウンライフ家づくりの評判と口コミ】無料の資料請求とデメリット

 

もし、あなたが理想の家を建てたいと思うなら、おススメします!

▼公式サイトはこちら▼