【無料】700万円以上の値引きと「間取りプラン」を手に入れる方法

【注文住宅の見積もり書を公開】実際の比較で分かる注意点とは?

見積もり

「注文住宅の見積もりって、どんな内容になっているの…」

「簡単に見積もりを取る方法って、ないのかしら…」

注文住宅で不安になるのは、最終的な建築費用が分かりづらいこと。

要望を詰め込んでいった結果、当初の予算を大幅にオーバーすることも珍しくありません。

より正確な予算を知りたいなら、ハウスメーカーに「見積もり」を取ることが大切。

私も実際に「見積もり」を複数社に取り、大幅な値引きを引き出すことに成功しています。

注文住宅の見積もりについて、あなたに伝えたいことは4つ。

POINT

  1. 「見積もり書」の内容は、住宅メーカーによって大きく違う
  2. 「シミュレーションサイト」を利用しても、ほとんど役に立たない
  3. 最低3社には「見積もり」を取ることが必要
  4. 見積もりだけ請求したいなら「タウンライフ家づくり」がおすすめ

住宅メーカーが教えない、見積もりの真実に迫っていくことにします。

「見積もり書」って、実際にはどんなことが書かれているの?

注文住宅の見積もり書を公開!実際の内訳は?

一条工務店見積もり書

私がハウスメーカーに選んだのは「一条工務店」。

一条工務店の場合、建築費用の内訳は次の4つの項目に分かれて計算されます。

  1. 本体工事費
  2. 付帯工事費
  3. 標準外仕様工事費(オプション代)
  4. 太陽光発電システム

1 本体工事費の内訳

 

本体工事費 2771万0717円
特別割引 -55万4214円
合計 2715万6503円

「本体工事費」とは、家そのものを作るための工事費のこと。

一般的に「坪単価」と言われるモノは「本体工事費」のことを指します。

私の勤め先がハウスメーカーと提携していたので、特別割引を受けています。

2 建築申請費の内訳

確認申請・長期優良住宅手続き 40万5500円
中間検査申請手数料 2万5000円
合計 43万0500円

「建築申請費」とは、建物の構造をチェックする審査機関に払うお金のこと。

住宅メーカーによる違いはほとんどありません。

3 付帯工事費の内訳

仮設工事 27万円
屋外給水設備工事 27万7100円
屋外排水設備工事 25万2200円
屋外雨水設備工事 20万4800円
特別運搬費 14万4600円
合計 109万8700円

「付帯工事費」とは、建物本体以外の全ての工事にかかる費用のこと。

電気や水道などの「インフラ工事費」などが主な内容です。

3 標準外仕様工事費(オプション代)の内訳

柱状地盤改良工事 62万4000円
ベタ基礎 47万6500円
床材変更 45万8700円
タイル外壁全面張り 32万7800円
電気工事追加 22万5700円
オリジナル手すり 20万4000円
グランドカップボード 19万4100円
屋根特殊施工 16万円
キッチンカウンター変更 15万円
高性能樹脂サッシ 14万0500円
スマートキッチン 14万円
合計 502万1618円

ハウスメーカーでは、お金のかからない標準プランを用意。

用意されたプランを変更したり、グレードアップしたりすると別にオプション代が必要になってきます。

4 太陽光発電システムの内訳

オリジナル太陽光発電システム一式 365万2000円

太陽光発電をお考えなら、太陽光パネルの設置費用を見積もっておくことが大切です。

注文住宅の総額は4000万円

上の4つの項目を合計したモノが次の表です。

建物本体工事費 2715万6503円
建築申請費 43万0500円
付帯工事費 109万8700円
標準外仕様工事費 502万1618円
オリジナル太陽光発電システム一式 365万2000円
合計 4038万8066円

私の場合、注文住宅を建てるのに4000万円以上の建築費用をかけることになってしまいました。

POINT
注文住宅には、本体工事費(坪単価)以外にも多くの費用が必要。見積もりを取らないと実際の金額は分かりません。

関連 一条工務店【見積もり】総額で854万円も価格アップした3つの理由

他のハウスメーカーの場合、どんな見積もり書になるのかしら?

注文住宅の「見積もり書」をハウスメーカーで比較

注文住宅見積もり書


出典:田中工務店

別のハウスメーカー(田中工務店)で建てた方の総額は2425万円。

田中工務店では、建築費用の内訳を2つの項目に分かれて計算されています。

建築本体工事の内訳

注文住宅見積もり

田中工務店では

  • 本体工事費
  • 一部の付帯工事費

2つが一緒になって「建築本体工事費」の見積もり書となっているのが分かります。

2 付帯工事費の内訳

注文住宅見積もり

田中工務店では、付帯工事費の中に「オプション代」も含んで計算。

「見積もり書」に決まった形はないので、ハウスメーカーによって大きく出し方が違ってくるのが実際です。

POINT
「見積もり書」の形はハウスメーカー次第。他の住宅メーカーと比べてもほとんど意味はありません。

関連 【ハウスメーカーの見積もりは何社が正解?】無料で複数に取る方法は1つだけ

ネット上で簡単に見積もりを出す方法って、ないのかしら?

「注意住宅見積もりシュミレーション」の注意点とは?

注文住宅見積もりシミュレーション


住宅見積.com」など、シミュレーションサイトで見積もりを出すことも可能です。

ただ、実際に使ってみて分かったのは、「かなり正確さに欠ける」ということ。

というのも、「シミュレーションサイト」には大きく2つの問題点があるからです。

  1. ハウスメーカーによって坪単価が大きく違う
  2. シミュレーションされない項目がある

1 ハウスメーカーや工務店によって坪単価が大きく違う

ハウスメーカー 坪単価
ローコスト住宅 30~50万円
中堅の工務店 51~60万円
大手ハウスメーカー 61万円~

注文住宅の価格は、「どの住宅メーカーを選ぶか」によって大きく変わってきます。

ただ、「シミュレーションサイト」ではハウスメーカーを選択することは不可能。

坪単価を無視したシミュレーション結果では、実際の建築費用と大きく変わるのは当たり前です。

関連 【2019年】ハウスメーカー坪単価ランキング!比較が危険な3つの理由

2 シミュレーションされない項目がある

シミュレーションで出される価格は「本体工事費」のみ。

  • 付帯工事費
  • 諸費用

などは算出されないので、驚くほど安い見積もりになってしまいます。

「付帯工事費」や「諸費用」を合わせると全体の2~3割もの費用がなります。

POINT
シミュレーションを信じて予算を立ててしまうと、後悔することは確実です。
「見積もり」って、どれくらいの数のハウスメーカーに取ればいいの?

注文住宅の見積もりは「何社」に取るのが正解?

チェック

注文住宅の見積もりを取る時に気になるのは、「何社に依頼すればいいのか?」ということ。

絶対的な答えはありませんが、経験からいえば「最低3社に見積もりを取る」ことが必要です。

複数(3社以上)に見積もりを取れば相場が分かる

「複数」と言っても、2社の見積もりでは不十分。

  • A社:2900万円
  • B社:2100万円

という2社の見積もりでは、A社の方が価格が高いことしか分かりません。

ただ、3社に見積もりを取り、

  • A社:2900万円
  • B社:2100万円
  • C社:2200万円

ということになれば、A社の価格が高すぎることがハッキリ。

同時に、「どれくらいの金額が適正価格なのか」という相場も分かってきます。

相見積もりを取れば「値引き交渉」にも有利

「相見積もり」を取るもう一つのメリットは、「値引き」にも使えること。

他社の「見積もり」を見せれば、営業マンも契約を勝ち取るために価格を大幅に下げてくれます。

実際に、相見積もりを取ることで700万円以上の値引きに成功した事例が数多くあります。

関連 【無料】700万円以上の値引きと「間取りプラン」を手に入れる方法

ただ、ハウスメーカーによって建築費用が違うのは当たり前。

大手ハウスメーカーに、ローコスト住宅の見積もりを提示しても値引き効果はありません。

  • 「積水ハウス」なら「大和ハウス」
  • 「タマホーム」なら「レオハウス」

というように、特徴や坪単価の近い競合のハウスメーカーで相見積もりを取ることが重要になってきます。

POINT
複数社に「見積もり」を取れば、「大幅な値引き」を引き出すことも可能になってきます。

関連 【注文住宅の値引きはオプションだけ?】契約後や決算月の交渉ポイント

「見積もり」って、どれくらいの時間で出来上がるのかしら?

家の見積もりには何日ぐらいの期間がかかるの?

カレンダー

ハウスメーカーに依頼すると、3日以内には見積もりをもらえるのが通常。

ただ、本格的な見積もりを出すには間取りプランも必要になってくるので、2週間ほどかかる場合もあります。

工務店の見積もりは遅い

工務店は、大手ハウスメーカーより「見積もり」に時間がかかるのが一般的。

というのも、工務店にはハウスメーカーのような規格化された住宅商品がないから

なかには、契約をしないと見積もりを出さない工務店もあるので注意してください。

POINT
「見積もり」を取るのは時間がかかるので、なるべく早く依頼することが大切です。
どうしたら、簡単に複数のハウスメーカーに見積もりが取れるの?

注文住宅の見積もりだけ欲しいなら一括請求サイトがおすすめ

タウンライフ

注文住宅の見積もりを取るなら、一括請求サイトの利用がおすすめ。

家づくりサイトは数多くありますが、内容を比較すると「タウンライフ家づくり」が最も優れたサービスであることが分かります。

横にスクロールできます

タウンライフ ライフルホームズ スーモ
見積もり書 × ×
カタログ
間取り図 × ×
土地情報 × ×
特典 ×

関連 【注文住宅一括見積もりランキング】口コミに隠されたデメリットは?

「タウンライフ家づくり」なら間取りプランまでもらえる

「タウンライフ」の最大の特徴は「間取りプラン」が無料でもらえること。

しかも、間取りの要望まで出すことができるので、あなただけの間取りプランを手に入れることができます。

実際に「タウンライフ」を利用して手に入れた間取りはコレ↓

積水ハウス間取り図

「タウンライフ」でもらえる間取りプランは、無料とは思えない本格的なモノ。

注文住宅を建てるなら、「タウンライフ」を利用しないのはもったいないですよ。

「タウンライフ家づくり」の口コミ

平屋の間取り図まで手に入るなんて(20代の口コミ)

「タウンライフ家づくり」を利用して一番うれしかったのは、間取り図がもらえたこと。

しかも、ただの見取り図じゃなくて、私の要望に合った平屋の間取り図がもらえたんです。

もらった間取り図をもとに、設計士さんと打ち合わせをすることができたので、理想の平屋を建てることができました。

いい土地が見つかりました(40代の口コミ)

家を建てようにも、希望に合う土地が全然見つからず、家づくりが前に進まない状態に…。

でも、「タウンライフ家づくり」を利用したら不動産屋にはない土地の資料がいただけて大助かり。

あんなステキな土地が見つかるんなんて思っていませんでした。

大幅に値引きしてもらえました(30代の口コミ)

「タウンライフ家づくり」で資料をもらった中に、気になるハウスメーカーあったんですが、ちょっとだけ予算オーバー。

なんとか値引きしてもらえないかと思ったので、「タウンライフ家づくり」でもらった他社の資金計画をみせたら、「もっと安くします」との返答が。

結局370万円も値引きを引きき出すことができ、大満足です。

POINT
「タウンライフ」では期間限定キャンペーン実施中。今が最大のチャンスです。

関連 【タウンライフ家づくり計画の評判と口コミ】5つのデメリットを暴きます

【まどめ】新築の家の概算には「見積もり」が欠かせません

家

注文住宅の「見積もり」についてまとめます。

POINT

  1. 「見積もり書」の形式は、住宅メーカーによって大きく違う
  2. シミュレーションサイトの見積もりでは、ほとんど役に立たない
  3. 最低3社には「見積もり」を取ることが必要
  4. 見積もりだけ請求したいなら「タウンライフ家づくり」がおすすめ

注文住宅の価格が高くなるのは、広告費や人件費も大きな原因。

ただ、広告費や人件費分は値引きもされやすいので、大手ハウスメーカーほど見積もりを取る価値がありますよ。

 

あなたが理想の注文住宅を手に入れたいのなら、おススメできます!

▼公式サイトはこちら▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。