【注文住宅の値引きはオプションだけ?】契約後や決算月の交渉ポイント

値引き

「注文住宅って、本当に値引きをしてもらえるの…」

「どうやって交渉したら、値引きが成功しやすいの…」

注文住宅で不安になるのは、最終的な建築費用が分かりづらいこと。

要望を詰め込んでいった結果、当初の予算を大幅にオーバーすることも珍しくありません。

少しでもお得に建てたいなら、値引き交渉が有効な手段。

ただ、値引きに成功する人と、失敗する人に分かれるのが現実です。

注文住宅の値引きについて、あなたに伝えたいことは5つ。

POINT

  1. 注文住宅の値引きは、オプションサービスがほとんど
  2. 契約をしてしまうと、値引きは不可能
  3. 交渉のタイミングは、決算月(3月)がおすすめ
  4. 建売や規格住宅は、値引きが難しい
  5. 値引きの交渉には、「見積もり」が欠かせない

住宅メーカーが教えない、注文住宅の価格の秘密に迫っていくことにします。

注文住宅の値引きって、どんな値引きをしてもらえるの?
▼キャンペーン中▼

注文住宅の値引きはオプションがほとんど

家

注文住宅の値引事情は、次の3つのようになっています。

  1. 表向きには値引きはなし
  2. 大手ハウスメーカーの値引きランキング
  3. 地元の工務店の方が値引きされにくい

1 表向きには値引きなし

どのハウスメーカーも、公式には値引きを認めていません。

同じハウスメーカーで契約したのに

  • 値引きされる人
  • 値引きされない人

があったとしたら、買い手の気分を害することになり、ブランドイメージを損なうことにつながります。

しかも、家の工事費用はハウスメーカーによって決められているので、お金の値引きは難しいのが現状です。

オプションはサービスされやすい

工事費用と違って、オプション価格については明確な基準がないことがほとんど。

「契約してくれたら、このオプションをサービスしますよ」

というやり取りが頻繁に行われています。

POINT
直接的なお金の値引きよりも、オプションサービスを狙った方が効率的です。

2 大手ハウスメーカーの値引きランキング

大手ハウスメーカーの場合、工事費用の5~10%のオプションサービスが相場。

ただし、ハウスメーカーによって値引き事情は大きく違っています。

ハウスメーカー 値引き率
ミサワホーム 10~15%
大和ハウス 5~10%
セキスイハイム 5~10%
パナソニックホームズ 5~10%
積水ハウス 3~5%
三井ホーム 3~5%
住友林業 3~5%
トヨタホーム 3~5%
ヘーベルハウス 3~5%

一条工務店は紹介割引

一条工務店のように、値引きを一切しないハウスメーカーも存在します。

ただ、値引きをしない代わりに、紹介による割引制度を設けているハウスメーカーがほとんど。

紹介制度とは…

そのハウスメーカーですでに建てられた方を通して営業担当に紹介があれば、割引きなどの特典が受けられる制度のこと。

一条工務店には3つの紹介制度があり、、交渉しなくても割引が受けられるようになっています。

関連 【新情報】一条工務店の値引きは3つだけ!紹介制度と法人割引のすべて

3 地元の工務店だと値引きが難しい

大手ハウスメーカーが値引きをしてくれる理由は、建築費用に人件費や広告費が上乗せされているから。

大手ハウスメーカーの場合、CMなどの広告費が高く、半分以上が経費だと言われています。

地元の工務店は

  • ギリギリの人数で経営
  • 広告宣伝もほとんどなし

のスタイルがほとんどで、値引きする余裕も少ないのが現実。

逆に値引きの多い工務店は、品質を疑ってみる必要があるかもしれません。

POINT
大手ハウスメーカーなら、交渉することでかなりお得に家を建てることが可能になります。
契約した後でも、値引きって可能なのかしら?

注文住宅だと契約後の値引きは難しい

契約

住宅メーカーが値引き交渉に応じるのは「値引きをすることで契約を取りたいから」

つまり、契約後にいくら値引き交渉をしてもほとんど意味はありません。

強引な値引き交渉をしてしまった結果、「契約が破棄された…」なんて報告もあるので注意してくださいね。

契約直前は値引きされやすい

契約直前ということは

  • 契約書類の作成
  • 設計士の段取り
  • 資材の仕入れ

などの準備が裏で進んでいるはず。

今までの準備がムダにならないように、値引きに応じてくれる確率が高くなっています。

POINT
後悔しないためにも、値引き交渉を済ませてからの契約がおすすめです。
値引きって、いつごろ交渉すると成功しやすいのかしら?

ハウスメーカーの値引きは決算月が狙い目

カレンダー

大幅な値引きを引き出したいなら、決算月に交渉するのがおススメ。

決算月になると、営業成績を少しでも伸ばすために、必死に営業をかけてきます。

普段であれば値引きを受け付けていないハウスメーカーでも、

「今月中に契約してもられるなら、〇〇万円分値引きします!」

と、営業担当の方から値引きの提案してくれることも多くありますよ。

ハウスメーカーの決算月一覧、積水ハウスだけ1月

ハウスメーカーの決算月は3月がほとんど。

ただ、積水ハウスだけは1月を決算月に設定しているので注意してください。

ハウスメーカー 決算月
積水ハウス 1月
ミサワホーム 3月
大和ハウス 3月
セキスイハイム 3月
パナソニックホームズ 3月
三井ホーム 3月
住友林業 3月
トヨタホーム 3月
ヘーベルハウス 3月
POINT
1月が決算期なのは積水ハウスだけ。他のハウスメーカーなら3月交渉で間違いなし。
建売も同じように値引きしてもらえるのかしら?

建売住宅の値引き交渉のタイミングは?

建売住宅

建売住宅のメリットは、土地と建物をセットにして手に入れられること。

ただ、建売住宅の値引き事情は、注文住宅とは大きく違っています。

  1. 新築の建売住宅は値引きなし
  2. 3ヶ月~半年後なら、値引きが成功しやすい

1 新築の建売住宅は値引きなし

新築の建売住宅だと値引きされることは、まずありません。

土地にわざわざ建物を加えて販売するのは、それでも売れるとの見込みがあるから。

実際、建売住宅は好立地な場所に建つことが多く、すぐに売り切れてしまうことがほとんどです。

たくさんの買い手がつくことが予想される段階で、値下げをするメリットはありません。

2 3ヶ月~半年後なら、値引きが成功しやすい

建売住宅を販売する側は、完成後半年(3ヶ月)以内の完売を目指しています。

というのも、建売住宅は半年を過ぎると売れる可能性がぐっと下がってしまうから。

建売住宅の販売計画は次の通りです。

建売住宅の販売計画

新築建売住宅の販売

完成後3か月で、1回目の値下げ

完成後半年で、2回目の値下げ

完成後3か月や半年の建物住宅では、100~200万円ほど価格が下がることも。

値下げのタイミングで価格交渉をすれば、値引きもされやすくなりますよ。

POINT
建売住宅で値引きを考えるなら、売れ残っている物件が狙い目です。

関連 【建売住宅は値引きなし?】成功する交渉のタイミングは3つ

安い規格住宅でも、値引きは可能なの?

規格住宅は値引きしない

平屋800万円間取り外観

出典:はなまるハウス

最近では、1000万円以下の値段で建てられる「超ローコストな注文住宅」も登場しています。

ただ、新築で1000万円以下で建つのは「注文住宅」ではなく「規格住宅」

規格住宅とは…

ハウスメーカーや工務店が事前に用意した一定のパターンで建てる住宅のこと。

規格住宅が超ローコスト化できる理由は、同じ資材を大量生産することで建築コストを大幅に削減しているから。

すでに限界に近い販売価格なので、ほとんど実現不可能だと思ってください。

POINT
規格住宅には、値引きする余裕はありません。

関連 【ローコスト住宅の後悔・失敗9選】ブログから分かる住んでみての実態

中古住宅だと、どれくらいの値引きが可能なのかしら?

中古住宅なら500~1000万の値引きも可能

高い 安い

1番値引きれやすいのが中古住宅。

中古住宅の場合だと、500~1000万円の値引きに成功することも珍しくありません。

建築してから1年以上売れなかった建売住宅は「未入居の中古物件」という扱いになり、値引きされやすくなっています。

中古住宅が値引きされやいのは「不動産取引税」

中古住宅が値引きされやすいのは、所有者に「不動産取得税」がかかってくるから。

不動産取得税とは…

土地や建売などの不動産を持っている者に課せられた地方税のこと。

不動産取得税は、評価額の4%が通常なので、

  • 2000万円の家:8万円
  • 3000万円の家:12万円
  • 4000万円の家:16万円

と、値段の高い中古住宅ほど多くの税金が取られることに。

「ムダに税金を払うぐらいなら…」と、大幅な値引きにも応じてくれるようになります。

POINT
中古住宅は大幅な値引きが期待できますが、売れ残るのには理由があるなず。安さだけで選ぶと後悔することになりますよ。

関連 建売住宅の寿命は?デメリットは10年後のメンテナンス費用

値引き交渉なんて初めて…。どうやって話をしたらいいの?

値引き交渉の仕方には見積もりが欠かせない

見積もり

値引きを引き出すには、タイミングだけではなく、交渉の仕方も大切。

交渉する時には、次の4つの方法がおすすめです。

  1. 契約するつもりで交渉する
  2. ムリな値引き交渉はしない
  3. 見積もりを複数取る
  4. 一括見積もりなら「タウンライフ家づくり」

1 契約するつもりで交渉する

住宅メーカーの営業担当は相手を見て接してくるので、契約する気のない人の値引き交渉には応じません。

「値引きしてくれたら契約します」という姿勢を見せることが大切です。

2 ムリな値引き交渉はしない

住宅には適正価格が存在します。

強引な値引き交渉をして適正価格以下にしてしまうと、家の品質を落としかねません。

特に、

  • 基礎
  • 骨組み
  • 外壁や屋根

の品質を下げてしまうと、建物の寿命を縮めることになってしまいますよ。

3 見積もりを複数取る

営業マンは住宅のプロなので、口だけで交渉しても軽くあしらわれるだけ。

値引き交渉の大きな武器になってくれるのが「他社の見積もり」です。

特に、特徴や坪単価の近い競合のハウスメーカーで相見積もりを取ることが重要になってきます。

関連 【2019年】ハウスメーカー坪単価ランキング!比較が危険な3つの理由

4 一括見積もりなら「タウンライフ家づくり」

タウンライフ

注文住宅の見積もりを複数社に取りたいなら、一括見積もりサイトの「タウンライフ家づくり」がおすすめ。

「タウンライフ家づくり」の特徴は6つです。

「タウンライフ」の評判
  1. わずか1分で、復習社に見積もりが取れる
  2. 大手22社を含む600以上のハウスメーカーと提携
  3. 平屋や二世帯住宅にも対応
  4. 未公開の土地情報も手に入る
  5. 無料で間取りプランが手に入る
  6. 「成功する家づくりノート」をプレゼント

タウンライフなら「間取りプラン」も手に入る

「タウンライフ」で見積もり以上に嬉しいのは、間取りプランが無料でもらえること。

↓私が実際に利用して、積水ハウスから届いた間取り図

積水ハウス 間取り

積水ハウスから届いた間取り

無料のサービスで、こんなステキな間取り図がもらえるなんてビックリしますよ。

POINT
「タウンライフ」を利用すれば、「値引き」と「間取り」の両方を手に入れることができます。

関連 【タウンライフ家づくり計画の評判と口コミ】5つのデメリットを暴きます

【まとめ】家の値引き交渉のポイント

家
家を値引きする時のポイントについてまとめます。

POINT

  1. 注文住宅の値引きは、オプションサービスがほとんど
  2. 契約をしてしまうと、値引きは不可能
  3. 交渉のタイミングは、決算月(3月)がおすすめ
  4. 建売や規格住宅は、値引きが難しい
  5. 値引きの交渉には、「見積もり」が欠かせない

注文住宅の価格が高くなるのは、広告費や人件費も大きな原因。

ただ、広告費や人件費分は値引きもされやすく、300万円以上の値引きをされることも…。

相見積もりを取れば、安くて品質の高い注文住宅を建てることができますよ。

>>>ハウスメーカーの「間取り」や「見積もり」を手に入れてみる

あなたに合った理想の注文住宅を手に入れる方法

家

注文住宅を建てると生活が快適になりますが、デメリットも多く失敗しがち。

失敗しやすい注文住宅を成功に導く一番のコツは

設計にとことん時間をかけること。

 

特に間取りは大切で、家族の要望に合わせた部屋の配置が大切になってきます。

思い悩み、家づくりがなかなか進まなかった私が頼ったのが「タウンライフ家づくり」。

タウンライフ

「タウンライフ家づくり」では、あなただけの「オリジナルの家づくり計画」を複数のハウスメーカーが提案してくれます。

実際に「タウンライフ家づくり」を利用してみて、あなたに伝えたいメリットは5つ。

POINT

  1. 無料でわずか3分、すべてネットで申し込むことができる
  2. 大手22社を含む600社以上のハウスメーカーから選べる
  3. 注文住宅専用の間取り図や資金計画、土地情報まで手に入る
  4. 見積もりを他社に見せることで、大幅な値引きを引き出せる
  5. 期間限定のプレゼントキャンペーン実施中

 

しかも、選べる600社の中には大手22社のハウスメーカーも含まれています。
ハウスメーカー

 

私が何よりもうれしかったのは、要望をくみ取った間取りを作成してくれる所。

タウンライフ

 

実際に、積水ハウスさんからこんなステキな間取りをいただいています。

積水ハウス 間取り

強引な勧誘がないか」と心配していましたが、私の所には1本の電話もかかってきていません(メールでの勧誘はあります)。

▼私の体験談▼
【タウンライフ家づくり】の評判や口コミは?資料請求で分かる5つのメリット・デメリット

 

他社の見積もりがあるおかげで、700万円以上の値引きに成功した人もいて話題になっていますよ。

 

あなたが理想の注文住宅を手に入れたいのなら、おすすめできます!

▼公式サイトはこちら▼