キッチンシンクはステンレス?人工大理石(樹脂)?傷や黄ばみ、デメリット比較

シンク

「シンクの素材選びは大切です」

キッチンは、いつも清潔であって欲しい場所。

毎日の料理をする場所が汚れていると、同じ味でも美味しさが半減する気がします。

今、キッチンシンクで人気の素材は、ステンレスと人工大理石(樹脂)。特に、人工大理石(樹脂)は新築住宅の中で圧倒的に人気を誇っています。

私が建てる一条工務店のアイスマートも、シンクはステンレス静音シンクと人工大理石(樹脂)シンクから選べます。

でも、「人気だから人工大理石を選ぼう」と考えると後で後悔することになりかねません!

それぞれに、メリット・デメリットがあるので選ぶ際には、十分注意してください。

ステンレスシンクのメリットは4つ

メリット

昔からシンクの素材として使われてきた、ステンレスにはメリットは4つあります。

  • 水や熱、さびに強い
  • 汚れに強く、臭いがつきにくい
  • 表面の加工によってデザインが変わってくる
  • 人工大理石(樹脂)に比べると若干安い

1 水や熱、さびに強い

ステンレスが錆びやすいというのは間違いです。

そもそも、ステンレスの語源は英語の「Stain less」で、「錆がない」という意味です(もちろん、絶対に錆びないということではありません)。

特に、今のステンレスはクロムやニッケルを含んでおり、錆びに対して更に強くなっています。

水に多く触れるシンクの素材として、ステンレスはおすすめです。

2 汚れに強く、臭いがつきにくい

ステンレスは汚れがしみ込みにくい素材です。そのため、臭いもつきにくいので衛生的です。

普段のお掃除も簡単で、表面を中性洗剤で拭き取ると汚れが落ちます。

がんこな汚れはメラミンスポンジやクレンザーなどで研磨して落とすのが有効です。

3 表面の加工によってデザインが変わってくる

加工の仕方としては、

・ヘアライン加工
・バイブレーション加工
・エンボス加工

などが有名です。

出典:システムキッチンの種類と特徴まとめ

同じ素材でありながら表面の加工方法によっても様々なデザインがあります。

4 人工大理石(樹脂)に比べると若干安い

質にもよりますが、一般的には、人工大理石よりステンレスの方が、少しリーズナブルだと言われています。

ステンレスシンクのデメリットは4つ

悩む

もちろん、ステンレスシンクにもデメリットはあります。

1 「もらい錆」がつく

ステンレス自体は錆びにくい素材ですが、鉄製の鍋などを長時間置きっぱなしにすると、鍋の錆が付着する「もらい錆」が発生します。

出典:国民生活センター

「もらい錆」が付くと錆を取るのが大変なので、鉄製品の長期間置きっぱなしは厳禁です。

2 ステンレスの光沢が無くなっていく

最初は輝いているステンレスですが、使って行くと次第に光沢がなくなっていきます。

また、水垢をそのままにしておくと水跡がつきやすいのも困りものです。

マイクロファイバーなど吸水性の高い布でこまめに水気を拭き取るケアが大切になってきます。

3 独特の雰囲気

樹脂(人工大理石)が様々な色が選択できるのに比べると、ステンレスはどうしても雰囲気が独特です。

キッチンを目立たせたい場合には有効ですが、ステンレスの風合いが好みかどうかで大きく違ってきます。

ステンレスで有名なメーカーはクリナップ

ステンレスのキッチンではクリナップが一番有名です。

実際に私も、ショールームに行って体験してみましたが、ステンレスへのこだわりを熱く語ってもらえました。良かったらショールームで触れてみてください。

 キッチン選びはクリナップ – ショールーム【全国102箇所】‎

人工大理石(樹脂)って何?

キッチン人工大理石

まず最初に、人工大理石(樹脂)について説明します。

人工大理石(樹脂)とは

アクリル樹脂やポリエステル樹脂を主成分とした人工素材。大理石の代用としてキッチンの流しや風呂に使用される事が多い。 

人工大理石の性能は、ポリエステル製よりもアクリル製の方が汚れが落ちやすく、耐候性・耐衝撃性に優れていると言われています。価格もアクリル製の方が高くなっています。

人工大理石のシンクを選ぶ場合は、メーカーにどんな素材なのか確認することをおススメします。

樹脂(人工大理石)シンクのメリットは2つ

メリット

1 色やデザインが豊富でインテリアに合う

一番の魅力は多彩なデザイン性です。

色・デザインなど多くのラインナップがあるので、キッチンやダイニングのインテリアに合わせやすくなっています。

2 表面の汚れや傷を研磨できる

樹脂(人工大理石)シンクの細かな傷や汚れは全て激落ちくんスポンジでイチコロです。

汚れに対して、いつでも新品の輝きを確保できます。

樹脂(人工大理石)の7つのデメリット

悩み

確かにデザイン性はステキですが、見逃せないデメリットが7つもあります。

  • 熱やシミで変色を起こす
  • 次第に黄ばんでくる
  • 磨くと白く変色する
  • 傷がつきやすい
  • 「もらい錆」がつく
  • シンクが割れることがある
  • 火事の危険性

1 熱やシミで変色を起こす

出典:人工大理石の黄ばみ黒ずみ変色

一番心配なのは、変色です。

調理が終わった熱い鍋をシンクの上に置いた変色、なんてことがよく報告されています。ただ、最近の樹脂(人工大理石)は耐熱性が上がっているので、ちょっとやそっとでは白い跡はつかなくなりました。

また、醤油など液体が垂れたのに気付かずそのまま放置していると、垂れた跡がシミになって残ってしまうこともしばしば。

シンクに液体跡が残らないように注意することが欠かせません。

2、次第に黄ばんでくる

年数が経つと紫外線の影響を受けて黄ばんできます。

特に真っ白なタイプにすると黄ばみが目立ってしまいます。キッチンだけでなく、素材の経年変化は必ず押さえておく必要があります。

3 磨くと白く変色する

クレンザーなどで磨くと白く変色する場合があります。

特に、樹脂人工大理石の色が濃い場合は、変色した白色が目立ちやすくなります。

最近は変色しにくいタイプの商品も出ていますが、研磨して、お手入れをする場合は十分気をつける必要があります。

4 傷がつきやすい

出典:日本クリーンサービス

年数を経るごとに細かい傷がつき、素材の中に汚れを残してしまいやすくなります。

色が黄ばむのもそうですが、長く使うと汚れなどが目立ちやすくなるので注意が必要です。

5 「もらい錆」がつく

出典:株式会社ケイ・アンド・エス

ステンレスと同じで、焦げついた鍋などそのままにしておくと「もらい錆び」がつきます。

使用した鍋をシンクに長時間そのままにしておくのはNGです。

6 シンクが割れることがある

ステンレスと違い、凹んだりして衝撃を吸収することがないので、割れることが極たまにあります。

ガラスコップなどをシンクの上に落とすと、ステンレスの場合より割れやすくなります。

7 火事の危険性

樹脂(人工大理石)は可燃性があります。

樹脂(人工大理石)のキッチンが燃えた場合は、不完全燃焼により一酸化炭素などの有毒ガスが発生する危険があります。

 

ステンレスも樹脂(人工大理石)もメリット・デメリットがありますが、共通して気にしないといけない問題があります。

キッチンシンクで一番大切なのは継ぎ目

出典:キッチンシンクのつなぎ目掃除

シンクと天板で異素材のものを接着させると、継ぎ目が存在します。

継ぎ目の掃除やお手入れはしにくいので、シンクの素材は天板に揃えることをおススメします。

継ぎ目は劣化の原因になるので、キレイさを保ちたいなら、継ぎ目の少ないキッチンを選択するべきです。

まとめ

シンクの素材のメリット・デメリットについてまとめていきました。

ただ、掃除を怠れば汚れ方も結局は一緒です。

じゃあ、私がシンクの素材を何にしたかというと、ステンレスです。というのも、天板を御影石にしたので、シンクがステンレスしか選べなかったからです。

継ぎ目の心配はありますが、どうしても御影石天板は譲れませんでした。

御影石の魅力については下の記事で!