一条工務店の無垢床材?新フローリング「ライブナチュラルプレミアム」の価格

無垢

「床材ってどれを選んだらいいのかしら…」

家を建てる時、あなたは何にこだわりますか?

  • リビング?
  • キッチン?
  • インテリア?

人によってこだわるポイントは違います。

私がこだわりたいポイントは【床材】!

だって、家で一番多く体が触れるのは、間違いなく床ですからね。

一条工務店で床材にこだわりたい人に人気のなのが、朝日ウッドテックの「ライブナチュラルプレミアム」。

でも、オプションになるので別料金がかかってしまいます。

ライブナチュラルプレミアムの価格が気になる人のために、我が家のオプション金額を載せることにします!

「ライブナチュラル」も気になるけど、標準の床材じゃダメなのかしら?

i-smartの標準はEBコートフローリング

EBコートフローリング

i-smartの標準の床材は、EBコートフローリング。

EBコートフローリングとは…

天然木フロアの欠点を解決し、擦り傷や汚れ、日光に強く、お手入れ簡単で、美しさが持続する、ノンワックスフロア用シート。

出典:EB-F(EBフロアシート)|製品情報 

いわゆるシートフローリングで、合板の上に木目調のシートを貼ったものがEBコートフローリングです。

EBコートフローリングを選ばなかった理由

「EBコートフローリング」のメリットとデメリットを書いておきます。

EBコートフローリングのメリットは3つ。

  • 擦り傷に強い
  • お手入れ簡単
  • 日焼けに強い
  • ワックス不要

EBコートフローリングのデメリットは4つ。

  • へこみ傷がつきやすい
  • 傷つくと、シート下の合板が見えることがある
  • シートなのでいつか剥がれる
  • 見た目が均一

 

私が一番に気になるのは、見た目が均一なこと

どうも苦手なんですよね。同じ模様が均一に並んでいるのが。

モデルルームに入った瞬間は「統一感があって美しい」と思いますが、モデルルームで長時間打ち合わせをしていくと、人工的な感じに違和感を覚えます。

EBコートフローリングも魅力的な商品ですが、やっぱり本物の木の質感には勝てません。

そこで選択したのが、朝日ウッドテックの床材「ライブナチュラル」と「ライブナチュラルプレミアム」。

よく勘違いされるますが、「ライブナチュラル」も「ライブナチュラルプレミアム」も無垢材ではありません。両方とも挽き板(ひきいた)になんですよ。

「ライブナチュラルプレミアム」は「無垢材」じゃなかったのね!でも、「無垢材」と「挽き板」の違いがよく分からないんだけど…

突き板・挽き板・無垢材の違い

挽き板 無材 突板

出典:大利木材

床材の話と「挽き板」やら「突き板」やら「無垢材」やらと聞きますが、違いが分かりにくいですよね。

突き板って?

突き板(ツキ板)とは、木材を薄くスライスした、フローリングや建材・家具などの表面化粧材。

その厚みは0.3mmで、かつお節のように透けて向こう側が見えるほど薄く、均一なモノを安価に大量生産することができます。

挽き板って?

挽き板(ヒキ板)とは、スライスではなく、回転する鋸(のこ)刃で切り出した板のこと。

のこくずが出る分コストアップになりますが、スライスでは難しい厚みのある材を生産することが出来ます。

無垢材って?

無垢材とは、木を継ぎ足したり重ねたりしていない、そのままの木材のこと。

自然素材ならではの質感がありますが、木は収縮・変形を味わいとして理解して使う必要があります。

時間とともに変化していき、キズや色の変化が楽しめるのが本物ならではです。

POINT
表面が木材が、突き板 → 挽き板 → 無垢床 の順に厚くなっていく。

無垢材だと割れ・伸縮・反りの問題が出てくるので、一条工務店との全館床暖房とは相性が悪いんです。

一条工務店では無垢材は採用が難しいのね!でも「ライブナチュラル」と「プレミアム」ってどう違うのかしら?

朝日ウッドテック「ライブナチュラル」と「プレミアム」の違い

ブラックチェリー

「ライブナチュラル」・「ライブナチュラルプレミアム」とも挽き板ですが、違いは下の2つです。

  • 木材の厚さ
  • 木材の幅

木材の厚さの違い

表面木材の厚さが「ライブナチュラル」が0.2㎜なのに対して、「ライブナチュラルプレミアム」は2㎜

たかが1.8㎜しか違わないように思いますが、触れた感触が全然ちがいます。

実際に朝日ウッドテックのショールームに行って裸足で歩いてみましたが、言葉では残念ながら表現できないほど感触が違います。

触れた感触の違いは、ワックスの違いだと情報提供を受けました。

調べたところ、

  • ライブナチュラルプレミアムは「ナチュラルマット塗装」
  • ライブナチュラルは「ピュアハード塗装」

となっています。

また、2㎜もあると多少傷がついても下の層が見えることはありませんし、コートフローリングと違って傷がついても「風合い」として許せそうな気がします。

木材の幅の違い

木材の厚みだけでなく、幅にも違いがあります。

ライブナチュラルが3枚引き(約100㎜)なのに対して、ライブナチュラムプレミアムが2枚引き(約150㎜)。

木の幅

一条工務店のi-smart専用の「EBコートフローリング」とi-cube等に使われる「高耐久フローリング」の幅の違いに似ていますね。

百聞は一見に如かず。みなさん、朝日ウッドテックのショールームに行って体感してください。

両方の違いを体感すると「プレミアム」が魅力的すぎて、「ライブナチュラル」の方は採用できなくなりますよ。

↓朝日ウッドテックのショールームは公式サイトで!
朝日ウッドテックショールーム

ライブナチュラルで採用できるのは4種類

「ライブナチュラル」で選べるのは4種類で、どれも8000円/坪。充分に高級品です。

  • チーク
  • カリン
  • ブラックウォールナット
  • サぺリ
チーク

チーク

カリン

カリン

ブラックウォルナット

ブラックウォルナット

サペリ

サペリ

「ライブナチュラムプレミアム」で採用できるのも4種類

プレミアムで選べるのも4種類ですが、木材によって価格が全然違います。

  • ブラックチェリー (32,000円/坪)
  • ハードメイプル (23,000円/坪)
  • ブラックウォールナット (42,000円/坪)
  • オーク N-45° (34,000円/坪)
ブラックチェリー

ブラックチェリー

ハードメイプル

ハードメイプル

ブラックウォルナット

ブラックウォルナット

オーク

オーク

画像出典:朝日ウッドテック

「ライブナチュラルプレミアム」ってどれも魅力的よね!どれを選んだらいいのかしら?

ライブナチュラルプレミアム「ブラックチェリー」を採用した2つの理由

ブラックチェリー

この記事を書く頃には、すでにブラックチェリーは採用はできなくなっているはず。

詳しい理由は下の記事で!

関連 苦情続出?朝日ウッドテックのブラックチェリーがオプションから消滅

もうすでにブラックチェリーは採用できないはずなのですが、何かの参考になるかもしれないので書いておきます。

1 経年変化を楽しみたいから

「ブラックチェリー」がオプションからはずれた理由は色合いの変化が特に激しいからですが、逆に私としては経年変化を楽しみたいんです。

色の変化は、私達の家族の歴史でもあります。

2 色が中間色だから

「ブラックウォルナット」のように黒い色や、「ハードメイプル」のように明るい色は、メリット・デメリットがはっきり出やすいんです。

黒いフローリングのメリット

黒いフローリングの一番のメリットは、部屋が落ち着いて見えるということ。

また、細かい傷はあまり目立ちません。

黒いフローリングのデメリット

黒いフローリングの一番のデメリットは埃が目立つということ。

黒いフローリングに白っぽい埃はかなり目立ちます。

しばらく掃除をさぼってしまうと、うっすら白くなってしなってしまう事態に。

明るい色のメリット

一番のメリットは、光が反射しやすいので、部屋の中が明るく開放的に見えること。

また、床が白いので埃はあまり目立たないというメリットも持ち合わせています。

明るい色のデメリット

一番のデメリットは床に落ちている髪の毛が目立つこと。

ホコリは目立たないですが、黒い色の物が落ちているとかなり目立ってしまいます。

しかも髪の毛は自然に抜け落ちるので、かなり頻繁に掃除をしても完璧にはなくならず、数本くらいの髪の毛は必ず残ります。

また、フローリングの汚れも目立ちやすいですし、フローリングの継ぎ目にたまった汚れもよく目立ちます。

POINT

明るい色や暗い色の床はメリット・デメリットがはっきりしてるので採用する時に注意が必要!

床色を決める時は、建具との関係性も大事になってきます。

詳しくは下の記事で!

関連 失敗や後悔したくない!建具の色とフローリングの床色との関係性

でも、「ライブナチュラルプレミアム」って高いのよね!安くできる何か良い方法はないのかしら?

金額を抑えるためにした2つの工夫

住宅ローン

ブラックチェリー(32,000円/坪)だけでなく「ライブナチュラルプレミアム」に共通することは、価格の高さ。

普通に施工したのでは、私のような一般人目が飛び出る程の価格になります。

そこで、金額を抑えるために2つのことをすることに。

1 2階は諦める

本当は2階も施工したかったのですが、見積もりがどエライ金額になったので、2階は標準仕様のEBコートフローリングに(ちなみに色は、グレーウォルナット)。

2階は、家族しか使わないプライベートルームですし、我が家は共働きで寝る時以外ほとんど使わないので、床にこだわる必要は感じません。

2 施工する面積を少なくする

先ほど坪単価を書きましたが、正確には

  • 「ライブナチュラル」は床面積
  • 「ライブナチュラルプレミアム」は実際に施工する面積

で金額を計算します。

そこで、洗面所やトイレはクッションフロアにして施工する面積を減らすことに。

本当はキッチン周りもクッションフロアにしようと思ったのですが、同じ部屋の途中で切り替えることはダメとのこと。

朝日ウッドテック「ライブナチュラルプレミアム」の価格は?

一番気になるのが金額ですが、結局かかった費用は約45万円(正確には458,700円)

つまり、施工した面積は14坪。我が家の1階の床面積は24坪なので10坪分減らした計算になります。

大分金額を抑えたつもりですが、我が家の基礎工事を除くと、最高額のオプションになってしまいました。

ちなみに私が建てたアイスマートの総建築費は4000万円オーバー!

詳しくは下の記事で!

関連 【真の坪単価格】一条工務店アイスマート40坪を総額いくらで建てたのかi-cubeと比較

まとめ

45万円と最高額のオプションになりましたが、私は全然後悔していません。

これから30年生きたとしたら1年間では1万5000円。1年は365日なので1日計算だと約41円。

つまり、1日41円で本物の木の感触を味わえるんですよ。

もし、採用しなかったらもっと後悔するはず。せっかく家を建てるんですからこだわる所はこだわらないとね!