【公開】一条工務店の坪単価格!アイスマート40坪を総額いくらで建てたか

家 住宅

「まさか、見積もりからこんなに高くなるなんて…」

家を建てる時に一番気になるのは坪単価かもしれません。

最近モデルハウスを回っていると、ローコスト住宅を中心に「1000万円代で建てられます」という売り文句をよくみかけます。

でも、騙されてはいけません。

ウソではありませんが、あくまで最低ラインの話。

家が単なる箱ならば可能な数字であって、実際に住もうと思うと、設備やオプション、工事費が別にかかってきます。

もちろん、家造りの条件は人によって違うので、我が家の総額が平均値や相場になる訳ではありません。

ただ、「一条工務店で家を建てようか」迷っている方には、少しは参考になるはず。

少し細かくなるかもしれませんが、具体的な数字で建築費用の総額を公開していきます。

ちなみに、営業さんから言われた坪単価は59万円ですが、実際にはもっとかかっているので、我が家の見積もりの甘さを笑いながら見てください。

一条工務店も気になるけど、他のハウスメーカーも気になるのよね!坪単価はどう違うのかしら?

一条工務店の坪単価を比較

住宅ローン

一条工務店の坪単価は、建てる家のシリーズによって違ってきます。

  • セゾン:50万円/坪~
  • アシュレ:50~60万円/坪
  • プリアール:60~70万円/坪
  • ファミーユ:70~80万円/坪
  • 円熟の家「百年」:70~80万円/坪
  • アイキューブ:50万円/坪~ 

他のハウスメーカーと一条工務店の坪単価を比較

私が一条工務店のi-smartを建てようと思った理由の一つに、坪単価の比較があります。

実は最初、「三井ホーム」や「住友林業」、「積水ハイム」が魅力的に映っていたのですが、営業担当さんに坪単価の比較表を見せられて考え直すことに。

坪単価 75万円以上

  • スウェーデンハウス
  • へーベルハウス
  • 三井ホーム

坪単価 66~75万円

  • 住友林業
  • 積水ハウス
  • 大和ハウス
  • パナホーム
  • セキスイハイム
  • ミサワホーム

坪単価 51~65万円

  • 一条工務店
  • 東日本ハウス
  • エス・バイ・エル

私の三井ホームへの夢は、この坪単価を見て泡と消えました。(三井ホームの重厚な雰囲気も好きだったんですけどね…)

60万円前後の坪単価で、これほどの高気密・高断熱を建てたれるハウスメーカーは一条工務店だけ。

関連 【真実】一条工務店の評判・口コミ!アイスマートは高い?

もちろん、ハウスメーカーによって建てられる家に様々な種類があるので(一条工務店であればi-smartやi-cubeなど)、上の坪単価表は当てはまらない場合もあります。

我が家のアイスマートの広さは40坪!

住宅

実際の費用を考えていくのに、我が家の正確な数字が分からないとイメージしにくいので先に載せておきます。

特に、施工面積は建築費用に直接関係するのでチェックしておいてください。

  • 建築面積:82.91㎡/25.08坪
  • 1階床面積:80.42㎡/24.32坪
  • 2階床面積:61.31㎡/18.54坪
  • 延床面積:141.73㎡/42.86坪
  • 施工面積:154.85㎡/46.84坪

2階の床面積が1階に比べて少ないのは、吹き抜けを作ったから。

実は、吹き抜け部分は坪単価が1/2になるので、建築費用を抑えるのにも効果的なんです!

ただ、吹き抜けには6つのデメリットがあるので注意してください。

関連 【間取り図面公開】吹き抜けリビングのある家は欠かせない!6つのデメリット対処法!

一条工務店i-smartの値段はどうやって決まっているの?

住宅ローン

i-smartだけではありませんが、一条工務店で家造りにかかる金額は、次の計算式で求めることができます。

建物本体工事価格

諸費用

付帯工事

オプション

太陽光発電システム

消費税

総額

この計算式を頭に入れて、それぞれの価格を見ていってくださいね。

i-smartの建物本体工事価格

工事

一条工務店の建物本体工事価格は、正確には坪単価ではなく「施工面積」×「㎡単価」で計算されます(この価格には、一条工務店の標準品が含まれています)。

我が家の正確な施工面積は154.85㎡なので

154.85㎡×178,952円=27,710,717円

我が家は46.85坪なので、坪単価で考えると約59万円に。

実は一条工務店の場合、家が小さくなれば坪単価が上がる仕組みになっています。

私が営業さんから聞いた「家の大きさと坪単価の関係」は下の通り。

  • 25坪・・・65万円
  • 30坪・・・62万円
  • 35坪・・・61万円
  • 40坪・・・60万円
  • 45坪・・・59万円
  • 50坪・・・58万円

50坪を超える家を建てられるなんて、うらやましい限りですね。

坪単価は契約時期や地域によって違いがあるので、ちゃんと営業さんに確かめてくださいね。

ちなみに、坪単価は仮契約の時点で決まります。

これから東京オリンピックに向かって坪単価は上がっていく予想なので、建てようと思う場合は早めが正解かもしれませんが、注意も必要。

関連 トラブル防止!一条工務店の仮契約・本契約のメリット・デメリット

お得な法人契約特別割引

割引

一条工務店は値引きをしないことで有名ですが、提携企業だと割引を受けることが可能なんです。

ラッキーなことに妻の勤め先が提携企業だったので、2%割引されています。

具体的には、

27,710,717円×2%=554,214円

約55万円もの割引に成功。

一条工務店の値引きは3つしかないありませんし、企業によって割引率は違います!

関連 【新情報】たった3つの値引き!一条工務店紹介制度と法人(生協)割引

割引は本体工事価格に対しての割引で、オプションや付帯工事には残念ながら関係ありません。

一条工務店の建築申請・諸費用

契約

我が家の場合、諸費用として430,500円

内訳は次の表の通り。

建築申請・長期優良住宅手続き及び諸費用 405,500円
中間検査申請手数料 25,000円

長期優良住宅の申請に40万円もかかるのはとっても残念な気がしますが、もちろんメリットも。

参考 5分でわかる、長期優良住宅のメリットとデメリット

他のブログを見ても40~50万円が相場のようなので、それぐらいを見積もっておけば大丈夫です。

一条工務店の付帯工事費

残土

我が家の付帯工事にかかった費用は、1,098,700円。

内訳は次の表の通り。

仮設工事 270,000円
屋外給水設備工事 227,100円
屋外排水設備工事 252,200円
屋外雨水設備工事 204,800円
特別運搬費 144,600円

付帯工事の価格は家の大きさによって決まるわけではありません。まわりの環境によって変わってくるので、どうしようもありません。

新しく上下水道を引いたり、オール電化ではなくガスと併用しようとすると別に費用が発生します。

付帯工事費は最低100万円はかかると思った方が良さそうです。

やっぱり魅力的なオプションは欠かせないわよね!でも、付けすぎると値段が高くなっちゃうし…

i-smart「オプション(標準外仕様)」の値段

住宅ローン

間取りと同じくらいオプションを考えるのは楽しいもの。

一条工務店は「モデルハウスが標準仕様」と評判ですし、標準仕様が充実しているのは確か(さすがに、オプション代が0円ということにはなりませんよ)。

関連 評判や坪単価は?一条工務店のアイスマートを選んだ9つの理由

仮契約の時に、営業さんから「オプション代はだいたい200万円ぐらいですよ」と言われまたし、他のブログを見てもだいたいそのぐらい。

ところが、我が家は200万円を大幅にオーバーの5,021,618円

70個のオプションを採用したので、ここですべてを書くことはできませんが、高額オプションの1位~8位までを公開します。

ソイルセメント 624,000円
ベタ基礎 476,500円
床材変更 458,700円
ハイドロテクト全面貼り 327,800円
電気工事追加 225,700円
オリジナルファイン手摺り 204,000円
グランドカップボード 194,100円
天然御影石カウンタ― 150,000円

高額オプションの中で、一番費用が大きく予算的に痛かったのが、地盤改良費(ソイルセメント+ベタ基礎)。

「ソイルセメント」と「ベタ基礎」の合計で1100,500円。見事100万円越えを達成!

一条工務店は地盤にこだわるハウスメーカーですし、だからこそ私も一条工務店を選んだのですが、さすがにこれほど高額とは…。

しかも、地盤調査をするまで分からないのが、地盤改良費の怖い所。

ブログをチェックする限り、オプション代のかからない布基礎判定になる人はほとんどいません(「ほとんどの人がベタ基礎になるなら標準仕様にしてくれよ!」と思うのは私だけ?)。

ベタ基礎代約50万円はあらかじめ予算に計上しておくことをお勧めします。

関連 改良費用は100万円!一条工務店の地盤調査報告書で分かるベタ基礎判定

 

地盤改良費以外は、我が家のこだわりが詰まったオプション仕様になっています(500万円もかかる人は一条工務店の中では珍しいはず)。

どうしても譲れなかったオプションですが、個人的なこだわりや趣味の問題があるので参考になるかどうかは怪しいですが…。

詳しくは個別記事でどうぞ!

床材変更:ライブナチュラルプレミアム(ブラックチェリー)について

関連 一条工務店の無垢床材?新フローリング「ライブナチュラルプレミアム」の金額

ハイドロテクトタイル外壁全面貼りについて

関連 驚きの価格!ハイドロテクトタイルの外壁はメンテナンス費用で考える

電気工事追加について

関連 【配置図公開】便利なコンセントの位置は?新築一戸建てで失敗しない方法

グランドカップボード(家電収納タイプ)について

関連 グランドカップボードは必要なし!でも家電収納タイプは採用した理由

天然御影石カウンターについて

関連 キッチン天板を人工大理石から御影石へ!メリット・デメリットとは?

一条工務店と言えば太陽光で有名よね!でも売電価格は下がっているし、載せた方がいいのかしら?

一条工務店の太陽光「夢発電システム」の値段

太陽光パネル

一条工務店の魅力の一つは、太陽光発電パネルを屋根の代わりに載せられること。

一条工務店はオリジナルの太陽光パネルを採用していて「夢発電システム」という名前に。

最近は売電価格が下がっているので、昔ほど儲けは少なくなっていますが、シミュレーションの結果上はまだ十分な儲けが期待できます。

太陽光を載せるか載せまいか迷っている人も多いと思うので、我が家のシミュレーションを載せますね。

年間予想売電収入 331,541円
20年間の予想売電収入 6,314,130円

我が家の太陽光搭載量は12.6kw(キロワット)、搭載にかかった費用は3,944,160円。

つまり、20年間の儲けは

6,314,130円-3,944,160円=2,369,970円

20年間で約240万円なので、年間12万円、毎月1万円の儲けが出る計算に。

まあ、シミュレーションなので本当にこの儲けが出るかは分かりませんが、貯金よりも利率が良く、株よりもリスクが少ないので、価値はあるかと思います。

一条工務店の太陽光発電で悩むのは、搭載費用の支払い方法が2つあること。

  • 「すぐラク」プラン
  • 「夢トク」プラン

「すぐラク」プランは初期費用を払ってすぐに売電収入が得られるプラン、「夢トク」プランは、10年間の売電支払いで初期費用0円にするプラン

2つの説明だけで考えると「夢トク」プランが魅力的に感じますが、実はメリットなし。

関連 支払い方法は2つ!一条工務店太陽光【夢発電】のデメリットや保証、評判は?

最初に坪単価は59万円とあったけど、最終的な坪単価はどのくらいになるのかしら?

建築費用から分かるi-smartの坪単価

住宅

総額から坪単価を計算し直してみましょう。

総額は、次の表の通り。

建物本体工事価格 27,156,503円
建築申請・諸費用 430,500円
付帯工事 1,098,700円
オプション 5,021,618円
太陽光システム 3,652,000円
消費税 2,988,745円
40,348,066円

総額4000万円越え!

つまり、我が家の場合i-smartの真の坪単価は、

40,348,066円(総額)÷46.84坪(敷地面積)=86.14万円

最初にi-smartの坪単価は59万円と書きましたが、27万円も坪単価が上がってしまいました(オプション代のかけすぎが原因ですね)。

一条工務店と契約する時に見積もりを出してもらえるけど、あの見積もりって正確なのかしら?

一条工務店の見積もりって正しいの?

見積もり

一条工務店と契約する時には、仮の間取りとそれに応じた見積もりを出してくれます。

間取りの打ち合わせをする前なので目安にしかなりませんが、見積もりからどのくらいアップするのか気になりますよね!

契約時の我が家の見積もりは次の通り。

建物本体工事価格  26,730,776円
諸費用 421,900円
付帯工事 954,100円
オプション 1,342,100円
太陽光システム  計上なし
消費税 2,355,910円
31,804,786円

つまり、見積もりからどのくらいアップしたかと言うと

40,348,066円-31,804,786円=8,543,280円

800万以上見積もりからかけ離れてしまいました。

見積もりから800万円もアップした3つの理由

仮契約時の見積もりなので、値段が違うのは仕方がないにしても、800万円はかけ離れすぎ。

800万円もアップした理由は3つです。

1 施工面積が増えた

見積もり時の間取りの施工面積は149.05㎡に対して、本当の施工面積は154.85㎡。

つまり、見積もり時より施工面積は5.8㎡アップ、1坪≒3.3㎡なので坪数にすると1.75坪増えていることに。

坪単価は59万円なので、

59万円×1.75㎡=1,032,500円

約100万円増えてましたが、一生住む家なので100万円より希望の間取りを叶えることを選択しました。

関連 一条工務店【間取り図】ルールとプラン!理想のアイスマートを建てる方法

2 オプションにお金をかけすぎ

見積もり時のオプション代は1,342,100円だったのに、結果的には5,021,618円もかかってしまいました。

差額はなんと350万円以上!

ただ、オプションに関しては私のこだわりがほとんどなので、この差額は仕方ありません(地盤改良費は納得していませんが…)。

3 太陽光パネル代が計上されていない

今回一番納得がいかなかったのは、800万円もアップしたことではなく、太陽光パネルの費用が見積もりに入ってなかったこと。

確かに、「夢プラン」という初期費用が0円になるシステムはありますが、結果的には「夢プラン」はお得じゃありません。

もしかしたら、「契約してもらえるように、少しでも安く見せようという魂胆なのでは」と邪推してしまいます。

太陽光発電は一条工務店の売りの1つなので、見積もりの段階できちんと計上すべきじゃないでしょうか!

関連 一条工務店【夢発電】の評判とデメリット!太陽光パネルは値下がりしても載せる?

POINT
総合的に考えると、一条工務店の見積もりはかなり正確で信頼できる。

ただ、太陽光発電の見積もりは納得できない!

i-cubeの坪単価だと総額はどうなる?

i-cube外観

一条工務店はi-smartだけでなく、i-cubeも人気があります。

私は最後の最後まで、i-smartにするかi-cubeにするか迷っていましたし、きっと同じように迷われている方も多いはず。

営業さんからは言われた価格は

  • i-smartの坪単価は59万円
  • i-cubeの坪単価は55万円

単純計算になりますが、我が家を、i-cubeにすると本体工事価格が約2576万円になり、140万円程の削減に。

ただ、オプションの選択肢は少なくなりますし、ハイドロテクトなど同じオプションでも価格が高くなるので、実際はもっと差は小さいはずです。

生涯住むことを考えると、100万円削ることだけ考えてi-cubeにするのはどうかと…。

やっぱり、あの格子窓などナチュラルテイストがかわいくて素敵だと思う方にこそ、i-cubeはお勧め。

関連 アイキューブの価格やキッチン、ハイドロテクトタイルは?i-smartとの違いを外観・内装で比較

でも家造りに必要な費用ってこれだけじゃないわよね!外構や火災保険はどうなってるのかしら?

まだまだかかる家造りの費用

悩む

家造りかかる費用は、家の工事費だけではありません。

  • 外構
  • 火災保険
  • 土地代

我が家の場合の金額を表にしてみました。

土地代は場所によって全然違いますが、外構費用と火災保険代は参考になるはず!

外構費用 250万円
火災保険 30万円
土地代 1400万円
1650万円

外構費用と火災保険に関しては、ちょっとした工夫で安くなります!

外構費用を安くする工夫

庭 外構

一条工務店の場合、外構業者を「提携業者にするのか」、「自分達で業者を見つけるのか」を選ぶことになります。

「提携業者」と言われるとなんとなく安心な気がしますが、費用面では割高。

割高な理由は、「提携」ということで中間マージンをとられるから。

費用面以外でも5つのデメリットが気になったので、私は提携業者を選んでいません。

関連 外構費用を比較!一条工務店【提携業者】を選ばなかった5つの理由

火災保険を安くする工夫

火災

家を建てると入ることになる火災保険。

家の大きさによって保険金額は違いますが、我が家の場合だと30万円もします。

火災保険は様々な商品がありますが、比較することで20万円以上も削減することが可能なんです!

ただ、火災保険を選ぶには専門的知識が必要なので苦手な方も多いはず(私も苦手、だって専門用語が多すぎませんか…)

そこで私が利用したのは「火災保険の一括見積もり」

一条工務店は東京海上日動と提携して「住まいのサポート保険」を勧めていますが、見積もりをとった結果、「住まいのサポート保険」以上にお得な火災保険を発見!

関連 一条工務店の【火災保険】10年契約の割引金額は?3つのデメリット

【2018年一条工務店の坪単価価格】まとめ

一条工務店の坪単価の特徴をまとめます。

POINT

  • 大手ハウスメーカーに比べれば一条工務店の坪単価は安い
  • 地盤改良費として、最低50万円はかかる
  • 太陽光発電がお得かどうかはこれからの売電価格次第
  • 見積もりには太陽光発電が含まれていない

諸費用やオプション代を含めれば、最初の坪単価から20万円程度アップするのが実際の建築費用になります。

ローコスト住宅のように安くはありませんが、家の性能を考えれば、一条工務店の坪単価は決して高くありませんよ。

あなたに合った理想の家を建てる方法

家

家造りって悩むことばかりですよね!

私は一条工務店のアイスマートで家を建てましたが、家造りで一番難しかったのが『間取り』

つまり、自分だけの理想の家を実現する方法は、

自分の希望に合った間取りをどれだけ集められるか

にかかっています。

ただし、間取りの打ち合わせは契約が始まらないと出来ませんし、時間も限られているのが現実。

思い悩み、家造りがなかなか進まなかった私が利用したのはタウンライフ家づくり

タウンライフ

あなたに合ったオリジナルの家づくりプランを複数のハウスメーカーが提案してくれます。

タウンライフ家づくりはを利用して分かったメリットは6つあります。

POINT

  • 間取りのプラン作成を簡単に依頼できる
  • プランの比較によって、新しい発想や間取りの問題点に気づく
  • 見積もりと資金計画書が届くので、家づくりの費用が分かる
  • ハウスメーカー独自の土地の提案までしてくれる
  • すべてネットから無料でできる
  • 他社の見積もりを見せることで、大幅な値引きが可能

 

しかも、600社の中から選べ、その中には大手22社のハウスメーカーも入っています。
ハウスメーカー

私が何よりもうれしかったのは、要望をくみ取った間取りを作成してくれる所。

タウンライフ

実際に私は、積水ハウスさんからこんなステキな間取りをいただいています。

積水ハウス間取り

実際に積水ハウスからいただいた間取り

一番心配していたのは「強引な勧誘がないか」ですが、私の所には1本の電話もかかってきていません(メールでの勧誘はあります)。

↓私の「タウンライフ家づくり」の体験談は下の記事で

関連 【タウンライフ家づくり】の評判や口コミは?資料請求で分かる5つのメリット・デメリット

うれしいことに、担当者に他社の見積もりを見せることで、大幅な値引きを引き出すことも可能になってきます。

 

もしあなたが理想の家を実現したいのなら、お勧めできます!

↓公式サイトはこちらから

わずか3分!しかも無料!!
自分だけの【家造りプラン】を手に入れてみる