ハイドロテクトタイル【toto】の耐用年数は?評判、メンテナンス価格をチェック

ハイドロテクト

「ハイドロテクトタイルって結局どうなのかしら…」

i-smartの外壁と言えば、ハイドロテクトタイル。

ハイドロテクトタイルを目当てに一条工務店のi-smartを選択をされた方も多いんじゃないでしょうか?

ちなみに私もハイドロテクトタイルに魅力を感じ、i-smartを建てた1人。

確かにハイドロテクトタイルは評判ですが、

  • 耐用年数はどうなの?
  • メンテナンス費用はどのくらい?
  • 評判は?

とか気になりますよね!

実際のところ、「ハイドロテクト」自体が最近開発された技術なので、どうなのか分かりにくいのが現状です。

でも、お金が絡んでくることなので、分からないでは済まされません!

他の住宅メーカーだとサイディングが多いわよね!サイディングってどうなのかしら?

サイディングの特徴

サイディング

出典:サイディングとは

現在、家の外壁で主流なのがサイディングですが、ひと昔前まではモルタルが主流でした。

モルタル サイディング

出典:サイディングとは

画像だけでは違いが分かりにくいので、メリット・デメリットを表にまとめてみます。

 モルタル サイディング
 メリット 火に強い 施工時間が短い
材料費・公費が安い
軽量で耐久性がある
火に強い
デメリット  施工時間がかかる
ヒビが入りやすい
費用が高い
 熱を吸収しやすい
コーキングの劣化

表を見ても分かるように、モルタルの3つのデメリット

  • 施工に時間がかかる
  • ヒビが入りやすい
  • 費用が高い

は、外壁材としては見過ごせません。

モルタルに代わって、サイディングが主流になってきたのも頷けます。

サイディングはデザインが豊富

サイディングデザイン

出典:ニチハ株式会社

外壁材は外観の表情を生み出します。

サイディングは色やデザインが豊富で、様々なバリエーションがあります。

洋風・和風・モダンなど、どんなスタイルの家のニーズにも適合できるのが強みですね。

サイディングの耐用年数は10年

サイディング

サイディングの基材は吸水性があるので、塗膜することによって防水機能を補っています。

10年経つと、塗膜が劣化し始め、放置すると雨などの影響により建物の構造に大きな影響が出てきます。

サイディングの塗膜が劣化すると、次のような症状が現れます。

  • シーリング材の劣化
  • サイディングボードの反り返り
  • チョーキング(防水効果が切れたサインで、触ると白い粉がつきます)
  • ヒビ割れや剥がれ

シーリング材とは…

建物の防水性や気密性を保持するために継ぎ目や隙間に用いる材料。劣化すると雨水が壁の中に入り、劣化を加速させます。

サイディングのメンテナンスコスト

サイディングの一番のデメリットは、メンテナンスコストが高くなること。

色あせ程度であれば上から塗装し直すだけ済みますが、傷んだ箇所は交換したり、コーキングし直す必要があります。

サイディングの種類や家の大きさでも違いますが、メンテナンス費用は100万円〜200万円ほど。

10年で100万円ということは、外壁の修繕費に毎月約7,000円ずつ蓄えていく必要があります。

しかも、年数を経るにつれ、メンテナンス費用はさらに膨らんでいくことに。

POINTサイディングの初期費用は安いが、トータルのメンテナンスコストを含めると決して安くない。
サイディングのメンテナンス費用が気になるから、みんなハイドロテクトタイルにするのね!でも、そもそもハイドロテクトって何なのかしら?

ハイドロテクトタイルの特徴

ハイドロテクトの仕組み

ハイドロテクトタイルの特徴の前に、ハイドロテクトについて説明することにします。

ハイドロテクトはTOTOの技術

ハイドロテクトは、TOTOの環境浄化技術であり、技術ブランドです。

ハイドロテクトの特徴は、「光触媒」の特性を利用し、材料表面で菌や有機物を分解すること。

つまり、太陽の光や雨といった自然エネルギーを利用して、建物をキレイに維持し、さらに空気も浄化することができまるんです。

ちなみに、ハイドロテクトに使われている光触媒は「酸化チタン」。

酸化チタンの表面に光(紫外線)が当たると、活性酸素が発生し菌や有機物を分解してくれます。

ハイドロテクトの3つの効果

ハイドロテクトには、具体的に3つの効果があります。

1 空気浄化効果

ハイドロテクトは、自動車や工場などの排気ガスや煙にふくまれる有害物質を、建物の外壁表面で除去し、空気までキレイにしてくれます。

2 セルフクリーニング効果

光の力で、ちり・ホコリの付着を抑え、排気ガスや煙などが原因の油汚れを分解し、雨の力で汚れを洗い流します。

建物をきれいに保ち、メンテナンス負荷や、洗剤・洗浄水の使用が減ります。

3 抗菌・抗ウイルス効果

ハイドロテクトは菌・ウイルスを分解・減少させることで、防汚・防臭などさまざまな効果を発揮します。

汚れやニオイの発生を抑えられるので、清潔が求められるトイレ・キッチン浴室など、室内空間のお手入れも楽チンです。

参考 ハイドロテクトとは/TOTO

POINT「ハイドロテクト」は、「太陽の光と雨の力で勝手にキレイにする」というTOTO独自のすばらしい技術

一条工務店のハイドロテクトタイルの特徴

i-smart外観

TOTOは、ハイドロテクト技術を自社製品だけでなく、国内外の幅広いメーカーと協業し、様々な商品として展開しています。

つまり、TOTOと一条工務店が協業して造られたタイルが、ハイドロテクトタイルということになります。

選べるハイドロテクトタイルの色は5種類

選べる色は5種類、ホワイト・ピンク・オレンジ・ブラウン・ブラックです。

ハイドロテクト ホワイト

ホワイト

ハイドロテクト ピンク

ピンク

ハイドロテクト オレンジ

オレンジ

ハイドロテクト ブラウン

ブラウン

ハイドロテクト ブラック

ブラック

出典:一条工務店

「ピンク」と「ブラック」は名前と実際の色が合っていない気がするのは、私だけでしょうか?

ハイドロテクトの色がリニューアルされ、「ホワイト」はより白く、「ブラック」はより濃く生まれ変わっています。

ちなみに、2色の組み合わせまで可能(もちろん単色もOK)。

人気の組み合わせは

  • ピンク×ホワイト
  • ブラック×ホワイト
  • ブラウン×ホワイト

のようです(私はへそ曲がりなので、他の人と色がかぶらないように「ピンク×ブラウン」にしましたけどね)。

i-smartのハイドロテクトタイルの評判や費用

i-smartの外壁は本来、「サイディングとハイドロテクトタイルの組み合わせ」です。

ただ、i-smartでサイディングをしている家をほとんど見たことはありません。

ハイドロテクトタイルが評判なので、みんなハイドロテクトタイルを全面貼りにしていますからね。

一条工務店のi-smartで家を建てると、「ハイドロテクト外壁全面貼り」キャンペーンをしているで、1坪7000円で導入できます。

2017年3月より7000円から10000円に値上がりしています。 

ちなみに我が家の場合、施工面積が46.84坪(154.85㎡)なので、327,800円かかっています。

ハイドロテクトタイルの耐用年数やメンテナンス費用

残念ながら、一条工務店の公式サイトには、ハイドロテクトタイルの耐用年数は載っていません(もし載っていたら教えてください)。

ただ、ハイドロテクトの他の商品であれば、耐用年数の目安は20年と書かれています。

ハイドロテクトタイルも決して、永久的にメンテナンスフリーという訳にはいかないはず。

たとえ、タイルの部分にメンテナンスがかからなくても、タイルとタイルをつなぐ目地の部分にはメンテナンスが必要です。

それでも、サイディングが10年ごとに100万円以上のメンテナンス費用がかかるのに比べれば、ハイドロテクトタイルはやっぱりお得に違いはありません!

i-cubeのハイドロテクトタイル貼り

ハイドロテクトタイルはi-smartだけって思っていませんか?

実は、i-cubeでも全面ハイドロテクト張りにできるんです!

ただ、i-smartよりもi-cubeの方がハイドロテクトタイルの値段は高くなっていますけどね。

詳しくは下の記事で。

関連 アイキューブの価格やキッチン、ハイドロテクトタイルは?i-smartとの違いを外観・内装で比較

まとめ

メンテナンス費用を考えれば、ハイドロテクトタイルは絶対につけたいオプションです。

ただ、先ほど書いたようにメンテナンスフリーとはならないはず!

ハイドロテクトタイルのメンテナンス費用を載せている記事はまだないはずなので、必ず書いてお知らせします。

ただ、メンテナンスについて書けるのは最低10年後。それまで気長に待っていてくださいね(笑)。