一条工務店【火災保険】10年契約の割引金額とデメリット

火災

「もっと安い火災保険が見つかります!」

先日、我が家に一条工務店から「住まいのサポート保険のご案内」という書類が届きました。

住まいのサポート保険

最初「住まいのサポート保険ってなに?」って思いましたが、中身を見ると火災・地震保険の案内です。

「一条工務店と提携」って書かれるとなんだか魅力的な保険のように思いますよね。

でも、一条工務店の提携だからといって必ずしもお得とは限りません。

実際、私は他の会社にも見積もりをとりましたが、もっと安い火災保険を見つけることができました。

でも、火災保険って本当に必要なの?火事に気を付けていたら保険なんて必要ないんじゃないの?

火事は11分に1件発生している

火災

「火事のニュースを耳にしない日はない」と言っていいほど、毎日どこかで火災が発生しています。

総務省消防庁が公表している消防白書によると、1年間の出火件数は約40,000件。1日当たりでみると120件の火災が発生。

これは、11分に1件の火災が発生している計算になります。

どうしてこんなに多くの火事が発生しているの?

出火の原因1位は「放火」

火災の原因

出典:セコム/家庭のぼ卯西対策

出火の主な原因は次の4つになっています。

1位 放火
全火災の約11%を占め、18年連続して出火原因の第1位。

2位 たばこ
全火災の約9%を占めている。

3位 コンロ
全火災の約8%を占め、種類別ではガスコンロによる火災が最も多い。

4位 放火の疑い
全火災の放火の約7%。「放火」と「放火の疑い」で合わせると、全火災の18%を占めています。

住宅火災を完全に防ぐことは不可能

火災の原因で注目して欲しいのは1位の「放火」と4位の「放火の疑い」。

合わせると、全火災の約18%という高い割合を占めていて、約5件に1件の割合で放火による火災が発生していることになります。

「たばこ」や「コンロ」であれば、意識を高めることで未然に防げるかもしれませんが、「放火」はどれだけ気をつけていても完全に防げるものではありません。

しかも、放火先に恨み等がある訳ではなく、単にうさ晴らしなどの理由で放火が行われるというのが現実。

どれだけ意識を高め対策をしようが、完全に防ぐことは不可能なのが火災なんです。

POINT
住宅火災という万一の場合に備えて、家や財産を守る火災保険は必ず入っておくことが欠かせません。
「住まいのサポート保険」には6つのプランが用意されているけど、どう違うのかしら?

「住まいのサポート火災保険」の選び方

「住まいのサポート保険」は、一条工務店(一条保険サービス)と東京海上日動が提携して出している保険商品とのこと。

「住まいのサポート火災保険」には6つのプランがあります。

住まいのサポート保険プラン

全プランとも「火災リスク」「風災リスク」については補償の範囲内になっています。

そこで、下の4つのリスクをプランに入れるかどうかを考えていくことにします。

  1. 水災リスク
  2. 盗難リスク
  3. 水漏れリスク
  4. 破損等リスク
火災保険なんだから最低限の火災補償だけあればいいじゃないのかしら?

1 「水災リスク」はどう考えたらいいの?

火災保険水災

水災とは主に3つの災害を指します。

  • 洪水
  • 高潮
  • 土砂くずれ

火災保険で水災に入られている方はわずか18%ですが、地域や環境よって判断することが大切です。

例えば、高台に家を建てたからといって、水災がないとは限らないので、国土交通省が出しているハザードマップで確認した上で検討することが大切になってきます。

過去に水害にあった土地であれば、加入することをお勧めします。

2 「盗難リスク」はどう考えたらいいの?

警視庁の平成27年度のデータによると盗難は一日に約126件も発生しています。

住宅対象侵入犯罪(件)
住宅強盗 221
空き巣 33,369
忍び込み 11,293
居空き 2,644
住居侵入 17,643

なかでも空き巣の被害が全体の3分の1。

侵入手口としては「無施錠(鍵のかけ忘れ)」と「ガラス破り」が大半を占めています。

一条工務店はトリプルガラスが標準装備なので防犯には強いですが、完ぺきではありません。

「空き巣」は留守宅に侵入するので泥棒に出くわすことはありませんが、「居空き」のように家に人がいる時に泥棒に入られることも少数ですがあります。

盗難補償に入っていれば、建物や家財が盗まれる場合はもちろん、ドアや窓が壊されたり、汚された場合にも補償の対象になります。

家のセキュリティの性能によって、盗難リスクに備えた方がいいのかが決まります。

3 「水漏れリスク」はどう考えたらいいの?

水漏れの補償の基本的な条件は下の2つです。

  • 建物内外の給排水設備に生じた事故
  • 他の戸室に生じた事故に伴う漏水・放水・溢水によるもの

言葉が難しいので、具体的に書いていきます。

  • 水道管・排水管
  • 温水器
  • 給湯ボイラー
  • トイレ水洗用設備
  • 雨どい
  • 浄化槽
  • ガス湯沸かし器  など

自宅建物に設置されている設備に事故が生じた時に補償を受けられることになります。

事故とは「突然起こり、誰にも止められず、誰にも予想できなかったこと」を指します

雨漏りは火災保険の対象外

注意しないといけないのは「雨漏り」は火災保険の対象外だということ。

「雨漏り」は基本的に建物の老朽化が原因なので、予測することができるからです。

まあ、一条工務店の家で「雨漏り」が発生する事態は考えにくいので、リスクは少ないとは思いますが…。

4 「破損等リスク」はどう考えたらいいの?

火災保険破損・汚損

家の中で発生する突発的な小事故による損害が対象になります。具体的に書くと

  • 家具を運んでいた時、壁にぶつかって穴が開いてしまった
  • 子どもがおもちゃを投げ、窓ガラスが割れてしまった

小さい子供がいれば、起こりうる事故です(我が家のように子供がやんちゃであれば特にですね)。

POINT
保険料だけで補償をはずしてしまうと、実際の災害時に困ることになるので、見極めは慎重にするべき!

プランの選び方は分かったわ!でも、家財補償は付け加えた方がいいのかしら?

家財の補償はつけた方がいいの?

インテリア

火災保険の対象は建物なので、家財は保障されません。家財を補償しようと思うと家財にも保険をかける必要があります。

「建物」と「家財」の対象になるものは以下の通りです。

建物の対象 家財の対象
  • 建物の基礎部分
  • 車庫
  • 浴槽
  • 床暖房
  • 地デジ、アンテナ
  • 便器
  • 調理台
  • 物置
  • 門、塀
  • 現金(※盗難の場合)
  • テレビ
  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • パソコン
  • テーブル
  • 洋服
  • 生活雑貨
  • カーテン
  • 自転車

家財保険では、かなり広いケースで補償されます。「え?こんな場合でも補償してくれるの!」とビックリしますよ。

家財保険の補償内容

家財保険は下のような場合に補償されます。

  • 火災・落雷・破裂・爆発
  • 風災、雹災、雪災
  • 水濡れ
  • 盗難
  • 水災
  • 破損、汚損

このままだと分かりなくいので、補償される具体的なケースを書いていきます。

  • ゲリラ豪雨で家が浸水し家財が水浸し
  • 落雷による家電製品の故障
  • 子供がテレビなど電化製品を壊した
  • 着ていたスーツが破れてしまった

家財保険は、本当に幅広くビックリするようなケースにも適用されるので、迷ったら保険会社に問い合わせてみることが大切です。

関連 家財(火災)保険の請求例!子供がテレビの液晶を壊しても対象?

家財の保険金額は?

家財の補償額は保険会社が決めることはなく、自分自身で補償額を決めることになります。

全部焼失した場合に、「いくらあれば再び買い揃えることができ、新しい住まいを探すことができるのか」を考えた上で設定することが大切です。

簡易保険表

出典:あいおいニッセイ同和損保

すべての家財を保険でカバーしようとすると保険料が高額になるので「必要最小限の家財だけを購入できるように」と考えるのも、1つの手。

ちなみに、補償金額で1番多いのは「401~500万円」。

家族構成や暮らしぶりを考えて補償額を考える必要があります。

家財の合計金額を上回る補償を受けることはできません。例えば、自宅にある家財の金額の合計が800万円の場合に、1000万円の補償に加入することができません。

POINT
家財保険は、特にファミリー世帯の方に欠かせない保険です。

一条工務店の家は耐震性に優れているわよね!それでも、地震保険は入った方がいいのかしら?

地震保険に入った方がいいの?

地震

日本は地震大国。「世界で発生するマグニチュード6以上の地震の約20%が日本付近で発生している」と言われています。

一条工務店は耐震性能が高いので安心ですが、地震で怖いのは揺れだけでなありません。

東日本大震災では、地震の他に津波によって大きな被害がもたらされましたが、火災保険では、地震や噴火、津波による損害は補償されません。

現在、地震保険の加入率は30%低水準ですが、加入することが安心につながります。

阪神・淡路大震災で直接被害を受けた私としては、必ず地震保険に入って欲しいと考えています。

地震保険は民間と国が共同で運営して保険です。そのため、補償内容や保険料が保険会社によって変わることはありません。また、地震保険単独での加入はできません。

家財にも地震保険をつけるべきか?

地震では、建物よりも家財の方が損害を受けやすく、被害認定もされやすい地震保険を家財につけることをお勧めします。

災害時に少しでも早く生活再建をするために、特にファミリー世帯では大切。

単身世帯あったり、必要なものを少しずつ買い足していく等の方法で充分だと判断すれば、家財にまで地震保険を付保する必要はありません。

火災保険は10年間の長期契約がお得って聞いたけど本当かしら?

火災保険の10年契約(長期契約)はお得?

カレンダー

火災保険は現在、10年間の長期契約が可能になっています。

かつては36年契約という長い契約ができましたが、2015年から制度が変わり最長10年になっています

長期かつ一括払いをすれば、通常の保険料から割引がきくため割安になります。

損害保険会社によって割引率は違いますが、一般的な割引率を下の通り。

火災保険の割引率
2年 5年 10年
7.5% 14% 18%
長期契約がお得なのは分かったわ!でも、途中で解約したら、お金はどうなるのかしら?

途中解約でも安心な解約返戻金

長期契約で心配なのが途中で解約した場合ですが、解約返戻金という制度があります。

火災保険解約返戻金

出典:セゾン自動車火災保険

解約をした場合でも期間に応じた解約返戻金が戻ってきるので、解約時のリスクは低いと言えます。

ただ、「家族の収入状況や建物の状態、住宅ローンの残高を考えて、必要な補償を見直したい」と考えるなら、1年ごとに見直せる短期契約をお勧めします。

一条工務店の火災保険のことがよく分かったわ!でも、デメリットってないのかしら?

一条工務店「住まいのサポート保険」、3つのデメリット

悩む

「住まいのサポート保険」は決して悪い保険ではありませんが、気になるデメリットが3つあります。

  1. ダイレクト販売の問題点
  2. 保険会社が東京海上日動しか選べない
  3. 他の保険の方が保険料が安い

1 ダイレクト販売の問題点

火災保険に加入するには大きく分けて2つのパターンがあります。

  • 保険代理店経由の対面販売
  • 保険メーカーからのダイレクト販売(直販)

「住まいのサポート保険」は営業担当と会うことなく、コールセンターとやり取りして、自分で決めるダイレクト販売。

火災保険は、補償の幅が広く選択が難しい保険です。

そのため、ある程度の専門的知識がないと、あなたに合った補償内容を選ぶことが困難!

また、内容が理解できておらず、請求していれば保険金が支払われるのに、請求していないケースがとっても多い保険でもあります。

実際の保険金支払いの現場はどうなっているかを熟知された担当者がいると、保険金事故時で請求が可能かどうかの判断と請求対応がスムーズに進みます。

POINT
火災保険選びに自信のない方には、対面販売をお勧めします。

2 東京海上日動しか選べない

東京海上日動以外にも、魅力的な火災保険はたくさんあります。

火災保険の比較サイト【価格.com 保険】によれば、人気ランキングで東京海上日動は4位です。

1位 ホームアシスト(家庭総合保険)/朝日火災

朝日火災ホームアシスト

2位 セコム安心マイホーム保険/セコム損保

セコム損保セコム安心マイホーム保険

3位 「住自在」すまいの保険/日新火災

日新火災住自在すまいの保険

4位 トータルアシスト住まいの保険/東京海上日動



「ランキング1位だから良い、ランキングが下位だから悪い」というわけではありませんが、ほかの火災保険の方が、あなたに合った内容の場合が多々あります。

⇒公式サイトへ:火災保険のランキングを確認する

3 他社の火災保険の方が費用が安い

私のもとに届いた「住まいのサポート」保険の見積もりは、下のようになっています。

住まいのサポート保険見積もり

一番補償が手厚いプラン6だと10年で約22万円、家財補償や地震保険を合わせると約30万円。

私はi-smartを建てるのに4000万円以上費やしたしまったので、火災保険の金額もそれに応じて高くなっています。

関連 【真の坪単価格】一条工務店アイスマート40坪を総額いくらで建てたのかi-cubeと比較

 

ただ、30万円という数字が安いのか高いのかは、他の見積もりと比較してみないと分かりませんよね。

一つ一つの保険会社に見積もりをとるのは大変なので、火災保険の一括見積もり等を利用して、見積もりを色々取ってみることに。

10年契約で比較すると、見積もりをとった中で1番安い保険金額は下のようになりました。

住まいのサポート保険 219,470円
あ住自在(日新火災) 199,670円

219,470円-199,670円=19,800円 

約2万円近い差が見積もりの段階で出ています。

もちろん、見積もりなので正式な金額ではありませんし、誰にでも当てはまる訳ではありませんが、「住まいのサポート保険」が一番安い保険とは決して言えません!

保険会社によって、得意不得意があるので、補償やサポートなどすべての条件が同じわけではありません。また、保険を価格だけで判断することは非常に危険です。

確かに火災保険一括見積もりをすると安い保険が見つかるわね!でも、費用を比較する以外になにかメリットはあるのかしら?

安いだけじゃない!火災保険一括見積もりのメリット

家族

私が「価格.com」の火災保険一括見積もりを利用して分かったメリットは5つあります。

POINT

  • 見積もりがたった3分で終わる
  • 最大12社から見積もりがとれる
  • 比較することで、必要な補償が最安値で手に入る
  • 専門のアドバイザーに無料で何度でも相談できる
  • 最大で20万円費用を削減できる

ちなみに選べる12社は下の保険会社です。

  • セコム損保
  • 損保ジャパン日本興亜
  • 三井住友海上
  • 富士火災
  • チャブ保険
  • 東京海上日動
  • AIU保険
  • 日新火災
  • 共栄火災
  • 朝日火災
  • あいおいニッセイ同和損保
  • セゾン自動車火災

なかでも、一番うれしかったのは、専門のアドバイザーに無料で相談できること。

火災保険は補償の幅が広いので、第三者的な立場から的確なアドバイスをしてもらえるので助かりました。

しかも、何度相談しても無料!(実を言うと私、10回以上相談しています。)

私もやっぱり利用してみようかしら!でも、一条工務店の家で申し込むときに注意した方がいいことはあるのかしら?

価格.com」火災保険一括見積もりは、わずか3分

わずか3分で見積もりは完了しますが、5つほど迷いそうな点があります。

  1. 建物の構造・設備について
  2. 耐火区分について
  3. 耐震構造や免振構造について
  4. 延床面積について
  5. 建物保険金額について

というのも、一条工務店は耐震性能に優れており、耐火性能にも優れているので、他の住宅よりも火災保険が安く済むんです。

正しい情報を入力しないと、見積もり額が必要以上に高くなってしまう可能性があります。

1 建物の構造・設備について

火災保険建物構造

一条工務店の場合は、建物の構造によって2パターンに分かれます。

  • 木造(在来工法):セゾン・ブリアール
  • ツーバイフォー(2×4工法):i-smartやi-cube

ちなみに私はi-smartで建てたので、「ツーバイフォー」を選択しています。

2 耐火区分は省令準耐火

火災保険耐火区分

一条工務店の家は火災に強い「省令準耐火仕様」になります。

i-smartやi-cubeで「ツーバイフォー」を選択すると、耐火区分は自動的に「省令準耐火仕様」になるので入力する必要はありません。

3 耐震構造や免振構造について

火災保険耐震構造

一条工務店の家は、耐震等級3級を選択できます。

耐震等級3級は最高等級で、地震の保険料が最大50%割引になる可能性があるんです。

さすが、一条工務店!

セゾンで免振住宅をオプションで付けられている方は「免振構造」を選択してください

4 延床面積について

火災保険延床面積

延床面積を調べる方法は簡単で、間取り図面の右下に書かれています。

火災保険延床面積

施工面積と間違えないようにしてくださいね!

5 建物保険金額について

火災保険建物金額

建物保険金額に含まれるものは主に4つです。

  • 建物本体価格
  • オプション
  • 外構(門扉・車庫・カーポート)
  • 太陽光パネル

土地代は含みません。火災が起こっても土地はなくなりませんからね

一条工務店【火災保険】のまとめ

一条工務店火災保険の特徴をまとめます。

POINT

  • 一条工務店の火災保険には3つのデメリットがある
  • 「住まいのサポート火災保険」は決して最安値ではない
  • 火災保険一括見積もりをすれば、必要な補償が最安値で手に入る
  • 比較することで、最大で20万円費用を削減できる

提携だからと安易に考えず、火災保険は見積もりをとって比較・検討することが大切です。

▼火災保険一括見積もりの実際の体験談は下の記事で!
【火災保険一括見積もりの教科書】デメリットやキャンペーン情報

 

あなたの家族を守る、ベストな保険が手に入るチャンスです!

↓「価格.com公式」サイトはこちらから

わずか3分!しかも無料!!
「火災保険」一括見積もりを試してみる

火災保険で一括見積もりを利用した人の口コミ・評判

新築一戸建て用の見積もりで驚くほどの安さ

東京都在住 Tさん

ハウスメーカーに案内された火災保険が非常に高かったので、もっと安くならないかとずっと考えていました。

案内された火災保険が高かった原因は、必要以上に補償がついている内容だったことが、アドバイザーに相談して分かりました。

一括審査の結果、保険料がかなり安くなり、とても満足しています。

価格だけでなく、アドバイザーが非常に親身になって相談に乗って頂けたことが、今の保険会社にする決め手になりました。

どうしても地震保険に入りたかった

大阪府在住 Oさん

地震のニュースを見て「家族のために地震保険に入らないと」と思い一括審査してみました。

「地震保険は火災保険と合わせてでしか入れない」との事なので、今まで入っていた火災保険を解約して、今の保険会社に乗り換えました。

結果、保険料も安くなり補償も充実し大満足です。

満期で切替え。ここまで節約できるとは!

広島県在住 Yさん

10年前、家を購入した際に契約した火災保険が満期を迎えたので、今度は補償内容を見直し、今の保険に切り替えることになりました。

私の家の近くに氾濫するような大きな川はないですし、土砂崩れを起こすような切り立った崖も無いので、補償の範囲を狭めることにしました。

私の家に適した補償プランを選択しただけで、ここまで保険料が下がるとは正直驚きました。

▼火災保険一括見積もりの実際の体験談は下の記事で!
【火災保険一括見積もりの教科書】デメリットやキャンペーン情報

あなたの家族を守る、ベストな保険が手に入るチャンスです!

↓「価格.com公式」サイトへ

わずか3分!しかも無料!!
「火災保険」一括見積りを試してみる