地縄張りとは何?やり方から立会い・地鎮祭までの4つの注意点

縄

「地縄が張られたんだけど、どうしたらいいの…

家の間取りが決まり、ハウスメーカーと最終確認が終われば、いよいよマイホーム工事の始まりです。

最初の工事は、もちろん地縄張り!

下の画像を見てください、私の土地にも見事に地縄が張られています。

地縄

でも、「地縄張り」ってあまり聞きなれない言葉ですよね(私も家を建てるまで知りませんでした…)。

ただロープを張っているだけのように感じますが、注意点がいつくかあるんです!

地縄張りの目的が分からないわ!どうしてするのかしら?

「地縄張り」って何するの?

工事

地縄張りとは、工事の着工前に、建物が敷地に対してどの様に建てられるのかを確認するための工事のこと。

設計図面を確認しながら、縄やビニールひもで家の輪郭を地面に張って、建物の配置を示していきます。

地縄張りのおかげで、境界までの距離や、建物の土地のどの位置に来るのかが目で見て分かるようになりますね。

地縄張りの方法

地縄の張り方は、敷地内の建物が建つ部分に、水糸(主に蛍光の糸)や目立つ糸を張るのほとんどですが、杭(鉄筋や木杭)によって張る場合もあります。

地縄を張るのは、建物の外壁ではなく、建物の外周です。

上の我が家の画像であれば、赤いテープが家の形を表していることになります。

地縄張りの遣り方(やり方)って何?

地縄張りの後に行うのが遣り方(やり方)。

地縄の周りに木の柵があるのを見たことがありませんか?

遣り方とは、地縄張りの周り約50~100㎝程離れた場所に、杭や板を張り巡らせる作業のことです。

遣り方が基準となって基礎工事を行うので、実はとっても大事な工事なんです。

地縄張りは、小さく見える?狭く見える?

実は地縄張りを見てみると

  • 小さく見える
  • 「狭く見える

と感じる方が多くいます(実は私も、「狭い!」と感じました)。

狭いと感じるのは、平面と立体の感じ方の違いによるもの。平面から立体化していくと大きく見えるようになります。

地縄を張った時より基礎が出来た時のほうが大きく感じますし、基礎だけの時より骨組みが建った時のほうが大きく感じます。

内部壁などが出来上がると骨だけの時より狭く感じますが、クロスなどを仕上げると広く感じます。

地縄張りを見ても何をしたらいいのか分からないんだけど、注意することってあるのかしら?

「地縄張り」の注意点は2つ

チェック

地縄張りが終わったら、ぜひ、地縄の中や周りを歩いてみてください。

私も歩きましたが、今までイメージでしかなかった家の様子が実感として伝わってきます。

間取りの打ち合わせの苦労や悩みが思い出され、なんとも言えない気分になりますよ。

ただ、家のイメージを掴むと同時に、2つのことに注意しないといけません。

1 家の寸法などが設計図通りになっているか?

家のサイズや、土地の境界線からの距離などをちゃんと調べておきましょう。

「基礎が出来てから間違いに気付いた」では、手遅れになる場合があります。

2 家の周りのスペースは十分あるか?

間取りの打ち合わせの時にも周囲のスペースは考えたと思いますが、設計図で見るのと実際に見るのとでは感じ方が違います。

実際に、家の周りを歩いてみてスペースが十分かどうかを、もう一度チェックしてください。

具体的には

  • エコキュート・出窓などがある所はその分の幅を確かめる
  • 外構で壁やフェンスを周囲に施工する場合はその厚みもチェックする
  • 車を止めるスペース、車の出し入れをシミュレートする

などをチェックする必要があります。

歩いてみて

  • 隣との距離が気になる
  • 庭が狭い・通路をもう少し確保したい

となれば、ハウスメーカーの担当営業と話し合いが欠かせません。

工事着手承諾後なので原則変更できませんが、不可能でありません。早ければ早いほど変更できる可能性が高くなります。

工事着手承諾については下の記事で!

関連 【建築費公開】すべてが決まる工事着手承諾の中身と注意点

地縄張りを1人で確認するのは大変だわ!みんなで確認する必要ってないのかしら?

「地縄立ち会い」って何するの?

契約

「地縄立会い」とは、地縄張りを確認すること。

施主・営業・設計・監督さんと、着工前の住宅の位置や高さなどを、一緒に確認する作業になります。

一般的に注文住宅では、建物の配置 及び 設計GL(後で説明します)の承認をもらうために、建築主の地縄立会いが求められます。

しかし、中には地縄張りの時に、施主に立会いを求めない施工者やハウスメーカーもあります。

未着工の建売住宅を購入した場合では、売主から地縄張りの立会いを案内されることは少ないようです。

私は一条工務店で家を建てましたが、地鎮祭をする30分前に「地縄立会い」をしています。

わざわざ、「地縄立会い」のために日を設定したり、仕事を休んだりするのは大変ですからね。

関連 する?しない?一条工務店「地鎮祭」のお礼・挨拶・服装のポイントを解説

みんなで地縄張りを確認するのね!でも、どんなことに注意したらいいの?

「地縄立ち会い」の注意点は2つ

チェック

「地縄立会い」では、工事監督さんから地縄張りについての説明があります。

いろいろな説明がありますが、中でも2つのことに注意してください。

  1. トラブルを防ぐ!境界確認
  2. とっても大事!GL

1 トラブルを防ぐ!境界確認

家を建てる時によく問題になるのは、お隣との境界について。

どんな境界トラブルがあるかというと

  • 家が近すぎて気になるので家をもっと離して!
  • こんなに近くに家を建てられると、日が当たらなくなる!

など様々です。

地縄工事を行い建築主が納得しても、隣地の方に納得してもらえない場合が時々あるんです。

建築法上問題がなくても、急に隣に家が建つと圧迫感も感じるもの。

隣の人にいくら文句を言われようが、法令上問題がなければ変更する必要はありませんが、これからのご近所付き合いもあります。

あいさつ回りなどして、基礎工事までに隣の方に了解を得ることが大切です。

民法では、それぞれの建物の外壁の外側の面を隣地境界線から離して建てなければならないとしており、その外壁間の間隔を1メートル以上と規定しています。

さらに、境界線より1メートル未満の距離に他人の宅地がみえるような窓や縁側を設けるときは目隠しをつけることが義務づけられている。

2 とっても大事!GL

「GL」とはグランドレベルの略で、日本語に直すと「高さの基準」

道路やマンホールなどをベンチマーク(BM)にして、そこから一定の高さを「GL」とします。

GLのイメージは、「建物周りの土の高さ」。

GLの設定は、住宅を施工上問題が無ければ、出来る限り使い勝手の良い高さに設定されます。

地鎮祭の前後にGLを確認し、間違いなければその配置で基礎工事へと進んでいくことになります。

GLを下げる時の注意

設計では、建物の外側に雨水が流れるようになっているはず。

ただ、GLを下げすぎると、雨水が建物側に流れてきたり、ゴミや落ち葉などが溜まりやすくなってしまいます。

どうしてもGLを下げたい場合は、監督や設計士さんに良く相談しましょう。

GLの上げる時の注意

GLを上げすぎると、道路から建物の高さが上がるので、玄関入り口の階段の段数が増えてしまい、イメージと違うものになる可能性もあります。

階段が1段2段増えても大したことのないように思いますが、毎日のその階段を上り下りすることを考えてください。

元気な間はいいかもしれませんが、老後の心配がでてきませんか?

もし、将来車いす生活になった時、スロープをつけようにも急な坂になって大変です。

GLの上げ下げは余分な出費につながる

GLを上げた場合は、家の外周部に土を搬入することになるので、余分な出費につながります。

GLを下げた場合は、深く掘削を行わなくてはならなくなり余った土を搬出することになるので、同じように余分な出費につながります。

地縄張りの次は「地鎮祭」ね!でも、地鎮祭を先にする家もあるって聞いたんだけど、本当かしら?

地鎮祭は「地縄張り」の前?後?

地鎮祭

一般には、「地縄張りをしてから地鎮祭を行う」のがよくある流れ。

ただ、地鎮祭を先にすることにこだわる人やお寺さんもいます。

「地鎮祭は土地神さんを鎮めるためにするのに、やる前に土地に手をつけるのはいかんだう!」と言うのが考え方です。

確かに地鎮祭の意味を考えたら、「地鎮祭をしてから地縄張り」が正しい流れなのかもしれません。

地鎮祭とは…

地鎮祭は土木工事を行う際や建物を建てる際に、工事の無事や安全と建物や家の繁栄を祈る儀式のことです。

ちなみに、私が家を建てた一条工務店では、地縄張りの後に地鎮祭をしています。

関連 する?しない?一条工務店「地鎮祭」のお礼・挨拶・服装のポイントを解説

まとめ

「地縄張り」も「地縄立会い」も、実は思ってる以上に大切な工程です。

実際の工事が行われると、間違いに気づいても後戻りがとても困難になります。

最後の間取りの打ち合わせだと考え、住宅設計をイメージする「最後の砦」だと考えるぐらいで丁度良いかもしれません。

地縄張りの後はいよいよ、地鎮祭!

地鎮祭でどんなことをするのかは、下の記事に詳しく載せています。

デメリットやキャンペーンは?火災保険一括見積もりが選び方を変える!

外構費用を比較!一条工務店【提携業者】を選ばなかった5つの理由