【限定】間取りプランを無料で手に入れる方法

【ビューティーオープナーの副作用がやばい!】全成分の解析結果は?

ビューティーオープナー 副作用

「ビューティーオープナーって、どんな成分を含んでいるの…」

「卵アレルギーが心配なんだけど、本当に大丈夫なのかしら…」

高い美容効果で話題の美容液が「ビューティーオープナー」。

私も実際に「ビューティーオープナージェル」を使い、長年の悩みだった「毛穴の開き」を解消することに成功しています。

ただ、使っている方の声を聞くと、「アレルギーが出た」なんて気になる口コミも…。

「ビューティーオープナー」の成分について、あなたに知って欲しいことは2つ。

POINT

  1. 副作用の心配はないが、刺激性のある成分は含まれている
  2. 卵白が含まれていないので、「卵アレルギー」の心配もなし
  3. 有効成分配合で、シワの悩みをわずか1滴で解消できる

公式サイトでは分からない、ビューティーオープナーの成分に迫っていくことにします。

ビューティーオープナー

目次

「ビューティーオープナー美容液(リンクル&ホワイト)」の全成分を解析!

ビューティーオープナー

ビューティーオープナーは、お肌への優しさを考えて、徹底的に無添加にこだわっているのが特徴です。

添加物不使用
  • アルコールなし
  • 鉱物油なし
  • 防腐剤なし
  • 合成香料なし
  • 合成着色料なし

現在のところ、「ビューティーオープナー」に副作用の報告は全くありません。

ただ、弱い刺激性やアレルギーの可能性がある成分は含まれているので、敏感肌の方は次の解析結果を参考にしてください。

横にスクロールできます⇒

ナインアシミド 安全性〇
精製水 安全性〇
ブチレンググリコール 強い刺激
加水分解卵殻膜 安全性〇
ペンチレングリコール アレルギー
ヒアルロン酸ナトリウム 安全性〇
シュガースクワラン 安全性〇
カンゾウ根エキス わずかな刺激
イザヨイバラエキス 安全性〇
ローズマリー油 安全性〇
エクトイン 安全性〇
サンゴ草抽出液 安全性〇
オウバクエキス 安全性〇
シアノコバラミン 安全性〇
ヒドロキシプロピル-β-シクロデキストリン 安全性〇
ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル 石油由来
クエン酸ナトリウム 安全性〇
クエン酸 アレルギー
トリメチルグリシン 安全性〇
シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール 石油由来
メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン 安全性〇
メタクリル酸ブチル共重合体液 安全性〇
香料(天然精油) 安全性〇

1 ナイアシンアミド

「ナイアシンアミド」は、水溶性ビタミンB群の1つ。

真皮ではコラーゲンを産出し、シワを改善する美容成分と有名です。

また、メラニンの生成を押させる働きもあるので、シミ予防に効果的な成分にも。

「ナイアシンアミド」は人の身体に欠かせない成分であるため、安全性も高く、アレルギーの心配もまずありません。

2 ブチレンググリコール(BG)

「ブチレンググリコール(BG)」は、保湿剤のメジャー成分の1つ。

刺激性や毒性はほとんどなく、副作用の報告もなし。

「ブチレンググリコール」にアレルギー報告はありませんが、眼に入ると刺すような強い痛みを伴います。

3 加水分解卵殻膜

ニワトリの卵殻膜を加水分解して得られる成分が「加水分解卵殻膜」

ヒトの皮膚や髪の近い成分で、“コラーゲン”や“ヒアルロン酸”を含んでいる自然界で唯一の素材です。

「加水分解卵殻膜」は皮膚刺激性のない成分なので、アレルギーの心配もまずありません。

4 ペンチレングリコール

「ペンチレングリコール(ペンタンジオール)」は、さっぱりした感触の保湿剤。

ペンチレングリコールに「刺激性」や「毒性」はほとんどありませんが、ごくまれに皮膚炎のようなアレルギー反応が起こることも…。

敏感肌の方は、使用前にパッチテストすることを推奨します。

5 ヒアルロン酸ナトリウム

ヒアルロン酸ナトリウムは、皮膚を構成する成分。

強力な保水性がああるので、保湿成分として様々な化粧品に使用されています。

ヒアルロン酸ナトリウムは、安定性・安全性の高い成分としても有名。

医療品と使用されていているだけでなく、食品にも配合されているので、アレルギーの心配はありません。

6 シュガースクワラン

サトウキビを原料とした植物性のスクワランオイルが「シュガースクワラン」。

「シュガースクワラン」には保湿効果があるので、‟乾燥肌”や‟ニキビ”などをケアするのに欠かせない成分。

低刺激でお肌の弱い方への化粧品にも使わているので、極めて安全性が高い成分です。

7 カンゾウ根エキス

マメ科植物カンゾウの根から抽出して得られるのが「カンゾウ根エキス(甘草フラボノイド)」。

「カンゾウ根エキス」は、古くから薬用(漢方など)として使われており、抗アレルギー作用があることで有名。

最近では、メラニンの沈着を防いでくれる効果があることも分かっています。

「カンゾウ根エキス」にアレルギー報告はありませんが、眼に入るとわずな刺激性があります。

8 イザヨイバラエキス

バラ科植物イザヨイバラの果実から抽出して得られるのが「イザヨイバラエキス」。

バラエキスには、豊富なビタミンAやビタミンCが含まれ、“保湿効果”や‟アンチエイジング効果”が期待できます。

「イザヨイバラエキス」は皮膚刺激性のない成分なので、アレルギーの心配もまずありません。

9 ローズマリー油

地中海沿岸地方原産のローズマリーの花と葉から抽出されたのが「ローズマリー油」

ローズマリーには強い香りがあるので、化粧品には香料として配合されるのが一般的。

眼に入ると少しだけ刺激を感じますが、ローズマリー油にアレルギー報告はありません。

10 エクトイン

「エクトイン」は、微生物などがもつアミノ酸の1種。

優れた保水効果があるので、皮膚を整えて潤いを与える「整肌成分」として利用されています。

「エクトイン」は皮膚刺激性のない成分なので、アレルギーの心配もまずありません。

11 サンゴ草抽出液

アカザ科植物のサンゴソウから抽出されたエキスが「サンゴ草抽出液」。

「サンゴ草抽出液」には肌の水分調整機能を高める働きがあるので、保湿効果を期待されて化粧品に配合されます。

「サンゴ草抽出液」は皮膚刺激性のない成分なので、アレルギーの心配もまずありません。

12 オウバクエキス

キハダの樹皮を乾燥させて抽出したのが「オウバクエキス」。

抗菌作用があるので、化粧品に配合すると肌荒れ改善効果が期待です。

「オウバクエキス」は皮膚刺激性のない成分なので、アレルギーの心配もまずありません。

13 シアノコバラミン

ビタミンB12の1つが「シアノコバラミン」。

目薬の成分として有名な「シアノコバラミン」ですが、整肌作用もあるので、エイジングケアにも役立ちます。

「シアノコバラミン」は皮膚刺激性のない成分なので、アレルギーの心配もまずありません。

14 ヒドロキシプロピル-β-シクロデキストリン

環状オリゴ糖の1つが「ヒドロキシプロピル-β-シクロデキストリン」。

水に溶けることで粘性を示すので、成分同士を結合する目的で配合されています。

「ヒドロキシプロピル-β-シクロデキストリン」は皮膚刺激性のない成分なので、アレルギーの心配もまずありません。

15 ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル

石油を原料とする非イオン界面活性剤の1つが「ポリオキシエチレン」。

「ポリオキシエチレン」は成分を均等に混ぜる作用があるので、化粧品の品質を安定させることができます。

「皮膚への刺激性はほぼない」とされていますが、石油由来の成分なので人によっては刺激を感じることがあります。

16  「クエン酸ナトリウム」

クエン酸を炭酸ナトリウムで中和したのが「クエン酸ナトリウム(クエン酸Na)」

「クエン酸ナトリウム」には化粧品を安定させる働きがあり、酸化を防止させるために多く使われます。

「クエン酸ナトリウム」は食品に添加されるほど安全性の高い成分なので、アレルギーの心配もまずありません。

17 クエン酸

レモンやみかんなどの柑橘類に含まれていて、人が‟酸っぱい”と感じる酸味成分が「クエン酸」。

肌のPHバランスを調整する働きがあるので、肌のキメを整えてくれる効果が期待できます。

「クエン酸」は、食品にふくまれるほど安全性の高い成分。

ただ、ごくまれにアレルギー反応が起こる場合があるので、肌が敏感な方は注意してください。

18 トリメチルグリシン

植物から抽出した無色無臭の天然アミノ酸系保湿成分が「トリメチルグリシン」。

リメチルグリシンは、皮膚への浸透性に優れ、皮膚を柔軟にし弾力を与える効果があります。

「トリメチルグリシン」は皮膚刺激性のない成分なので、アレルギーの心配もまずありません。

19 シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール

水にも油にも溶解する無色透明のエステル油剤が「シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール」。

水溶性有効成分の浸透を促進させ、肌にしっとり感を与えてくれます。

「皮膚への刺激性はほぼない」とされていますが、石油由来の成分なので人によっては刺激を感じることがあります。

20 メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン

リン脂質から成る高分子が「メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン」。

ヒアルロン酸の約2倍の保湿力があるとされ、なめらかな肌触りを作り出します。

「メタクリロイル」は皮膚刺激性のない成分なので、アレルギーの心配もまずありません。

21 メタクリル酸ブチル共重合体液

ヒトの細胞膜を構成するリン脂質を模倣したのが「メタクリル酸ブチル共重合体液」。

肌の潤いを持続させる働きがあり、皮膚の柔軟化を促す効果が期待できます。

「メタクリル酸」は皮膚刺激性のない成分なので、アレルギーの心配もまずありません。

22 香料(天然精油)

化粧品のイメージを華やかに演出するのが「香料」。

心地よい香りで楽しませてくれるだけでなく、気分転換によるストレス解消効果も期待できます。

ビューティーオープナーでは「天然精油(エッセンシャルオイル)」が使われているので、肌への刺激や悪影響を心配する必要はありません。

卵アレルギーでかゆい?

卵殻膜 アレルギー

出典:キューピー株式会社

「卵殻膜エキス」は卵を原料としていますが、『卵アレルギー』を心配する必要はなし。

というのも、「卵殻膜エキス」には卵アレルギーの原因である『卵白』が含まれていないから

卵アレルギーの原因の多くは、卵白に含まれる「オボアルブミン」と「オボムコイド」というタンパク質成分です。

ちなみに、「卵殻膜エキス」に対する安全性試験の結果は次の通り。

卵殻膜のアレルギー反応
  • 皮膚一次性試験:皮膚刺激性なし
  • ヒトパッチテスト:異常なし
  • 皮膚感作性試験:陰性
  • 眼粘膜刺激性試験:眼刺激性なし

逆に、肌が弱い方にそ「卵殻膜エキス」はおすすめの成分となっています。

POINT
配合されているすべてに成分にこだわっているのが「ビューティーオープナー」の特徴です。

公式サイトへ「ビューティオープナー」の最新キャンペーン情報

「ビューティーオープナージェル」の方に、アレルギーの心配はないのかしら?

「ビューティーオープナージェル」の成分にも副作用はなし

ビューティーオープナージェル 成分

「ビューティーオープナージェル」も、お肌への優しさを考えて、徹底的に無添加にこだわっているのが特徴。

6つの無添加
  • アルコールなし
  • 鉱物油なし
  • 防腐剤なし
  • 合成香料なし
  • 合成着色料なし

現在のところ、「ビューティーオープナージェル」にも副作用の報告は全くありません。

ただ、100%の安全性を保証することはできないので、アレルギーのある方は全成分を必ずチェックしてください。

「ビューティーオープナージェル」の全成分

水・グリセリン・プロパンジオール・ジメチコン・エタノール・(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー・加水分解卵殻膜・水溶性コラーゲン・加水分解ヒアルロン酸・加水分解エラスチン・セラミドNP・セラミドNG・セラミドAP・水溶性プロテオグリカン・スクワラン・グリセリルグルコシド・グルコシルヘスペリジン・イソステアリルアスコルビルリン酸2Na・乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液・グリシン・プラセンタエキス・カラスムギ穀粒エキス・コルクガシ樹皮エキス・(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー・キサンタンガムクロスポリマー・水添レシチン・フィトステロールズ・酸化銀・BG・DPG・ペンチレングリコール・PEG-32・ヒドロキシエチルセルロース・炭酸水素Na・フィチン酸・ポリソルベート60・香料・フェノキシエタノール

POINT
ビューティーオープナージェルもお肌に優しい成分ばかり。安心して使えるようになっています。

⇒公式サイトへ「ビューティーオープナージェル」の最新キャンペーン情報

実際にビューティーオープナーを使っている人は、どう思っているのかしら?

ビューティーオープナーに悪評?口コミを大公開

ビューティーオープナー

※画像はイメージです

実際に「ビューティーオープナー」を使われている方の評判は次の通りです。

翌朝にはモチモチ肌に(40代女性の口コミ)

「ビューティーオープナー」で驚くのは浸透力の高さ。

肌にのせた瞬間にスーッと浸透していく感じがよく分かります。

寝る前につけていますが、翌朝起きても「しっとり感」がまだ継続。

使い始めて1か月ですが、肌に弾力が戻ってきて、跳ね返すような「もちもち肌」になってきました。

ほうれい線まわりの悩みにおすすめ(30代女性の口コミ)

30代になってから「ほうれい線」が目立つようになり、鏡を見るのが苦痛でした。

他の美容液では効果を感じなかったのに、ビューティーオープナーは「気になる部分に重ねづけするだけ」

1か月もする頃には、「ほうれい線」に悩むこともなくなり、毎日楽しく過ごせています。

アトピー肌なのに気になりません(50代女性の口コミ)

敏感肌なのですが、「ビューティーオープナー」は天然由来成分にこだわっているので、安心して使うことができました。

「ビューティオープナー」で何よりも嬉しかったのは、長年の悩みだったアトピーが気にならなくなったこと。

私のように肌が弱い人にこそ「ビューティーオープナー」はおススメです。

関連 【ビューティーオープナーの口コミは嘘】美容液は効かないって本当?

関連 【ビューティーオープナージェルは悪評ばかり】効果なしの口コミは本当?

【まとめ】ビューティーオープナーは安全性が高く、毒性はなし

「ビューティーオープナー」の特徴をまとめます。

POINT

  1. 「リンクル&ホワイト」としてリニューアル、成分も一層パワーアップ
  2. 有効成分配合の化粧品なので、“シミ”や“シワ”への効果が信頼できる
  3. 公式サイトが最安値、定期コースに「回数縛りなし」もないので安心

あなたの肌悩みを根本からから解決してくれるのが、「ビューティーオープナー」の特徴だと言えますね。

 

人気商品のため、売り切れが続出。
お急ぎください!

▼公式サイトはこちら▼

ビューティーオープナー
参考文献

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
藤井 イツキ
ライターのプロフィールが入ります。このライター情報を入れたくない場合は管理画面の ユーザー > あなたのプロフィールの「プロフィール情報」を未入力にすれば表示されません。逆に「プロフィール情報」を入力することでライター情報を表示できます。