【限定】間取りプランを無料で手に入れる方法

【不動産の教科書をレビュー】知りたいことが全部わかる!って本当なの?

不動産の教科書

「”不動産の教科書”って、どんな内容の本になっているの…」

「電子書籍や中古本って、どこで買うのがお得なのかしら…」

不動産関連の知識を学びたい方に人気の本が「不動産の教科書」。

私も「不動産の教科書」を熟読したおかげで、顧客の信頼を得ることに成功しています。

「不動産の教科書」について、あなたに伝えたいことは3つ。

POINT

  • 専門的知識だけでなく、1流のプロに必要な心構えが分かる
  • 実際のサンプルが多数収録されているので、すぐに実践できる
  • 不動産投資やマイホーム購入を考えている方にもおすすめ

ただ、実際に本を読んだ方の声を聞くと、「役に立たない」なんて気になる口コミも‥‥。

書店員が教えない、「不動産の教科書」の真実に迫っていくことにします。

「不動産の教科書」って、どんな本なのかしら?

目次

「知りたいことが全部わかる!不動産の教科書」とは

不動産業界で生き抜くための知識のすべてが分かるのが「不動産の教科書」。

「不動産の教科書」では、

  • 地権者やマンション管理人に、何を質問したらいいのか?
  • 法務局では、どんな書類を取ったらいいのか?
  • 役所では、どんな手順で調査をしたらいいのか?

など、絶対に知っておかなければならないポイントを確実に網羅。

本書を読めば不動産業界の裏側が分かるので、土地や家を売買したい人にもおすすめです。

著者は「池田浩一」氏

「不動産の教科書」の著者は、有限会社ハウスコム代表取締役の”池田浩一”氏。

居住用、事業用不動産の売買、賃貸、管理業務を中心に、延べ7000件、2万人を超える顧客の案件を経験。

特に、任意売却・遺産分割・財産分与の案件を得意として、経験数は1000件以上。

現在は、事業家・不動産投資・資産運用のコンサルティングに力を入れています。

所有資格
  • 宅地建物取引士
  • マンション管理士
  • 管理業務主任者

「不動産の教科書」の基本情報

書名 知りたいことが全部わかる!不動産の教科書
著者 池田浩一
出版社 ソーテック社
発売日 2018年6月20日
本の長さ 290ページ
電子書籍
実際に「不動産の教科書」を読んだ人は、どう思っているのかしら?

「不動産の教科書」の口コミを大公開

不動産の教科書 評判

実際に「不動産の教科書」を読んだ方の声を聞くと、良い口コミ悪い口コミの両方が…。

両方の口コミを包み隠さず明らかにしていきます。

初心者には難しい(悪い口コミ)

不動産実務の本なので、不動産の内容がある程度分かっている人向け。

専門用語も多く出てくるので、私のような初心者には難しく、途中で挫折してしまいました。

不動産の知識がない人は、他の入門書で勉強してから本書を読んだ方がいいと思います。

セミナーや研修より役立ちます(悪い口コミ)

実際に不動産業界に勤めていますが、本書を読めば、「知識ゼロ」の素人でも必要な知識が身に付くのは間違いありません。

下手なセミナーや研修にも行くよりも、「不動産の教科書」の方がよっぽど詳しく丁寧に載っているかな。

先輩や上司に聞くのも大切ですが、まずは「不動産の教科書」で体系的な知識を学ぶ方が先決だと思います。

載っているのは知識だけじゃありません(良いクチコミ)

不動産調査の基本的な内容だけでなく、書類の取り寄せ方からチェックポイントまで丁寧に載っていて、ビックリするぐらいの情報量。

特に、現場の営業マンに必要な「心構え」や「お客に対する姿勢」などのメンタル面の内容は必見。

最終的には「人との付き合い方」の問題なので、一流のプロになるなら読んでおいて損はないと思います。

不動産取引の一連の流れが分かる(良い口コミ)

不動産関連で働きたいとなら、ぜひ読んでもらいたい一冊。

宅建士試験の参考書としてもおすすめで、試験用テキストと一緒に読むと、より内容が理解しやすいと思います。

難しい内容も柔らかく説明してくれるし、実際の公図も載っていて、不動産取引の一連の流れが分かりやすくまとまっています。

社会人1年目には必須(良い口コミ)

不動産関連の本の中では、「不動産の教科書」が1番かな。

必要な知識が1冊にすべてまとまっているし、1つ1つが細かく書かれているので、まさしく「実践書」。

「知っている」のと「知っていない」のでは大きな差になるような内容も多く、常に手元に置いておきたい良書なのは間違いありません。

ネットの情報に頼るより、まずはこういった本で勉強するのが1番の近道だと思いますよ。

「不動産の教科書」はSNSでも評判


「不動産の教科書」は、TwitterやインスタなどのSNSでも評判を集めています。

常に持ち歩いている実践本(良い評判)

「7日でマスター不動産がおもしろいくらいわかる本」もおすすめ

電子書籍にもなっているので、いつでも確認できます(良い評判)

「不動産の教科書」って、どんな内容になっているの?

「知りたいことが全部分かる!不動産の教科書」の内容を試し読み

不動産の教科書

不動産の教科書では、10章に分けて不動産取引の実務を徹底的にガイドしてくれます。

横にスクロールできます⇒

1章 不動産営業の基本を学ぼう
2章 不動産調査の基本【現地編】
3章 不動産調査の基本【法務局編】
4章 不動産調査の基本【役所編】
5章 「不動産査定」に挑戦しよう
6章 「資金計画」を本格的に学ぼう
7章 不動産取引の「実践知識」を身につけよう
8章 「融資実行」「登記手続き」「決済」を学ぼう
9章 物件の引き渡しとアフターフォロー
10章 不動産取引と「税金」知識

【1章】不動産営業の基本を学ぼう

不動産の教科書

依頼者と取り交わす媒介契約は、お互いの信頼関係の証。

契約の本来の目的を知り、形態による違いをマスターすれば、宅建業者の役割が分かります。

横にスクロールできます⇒

内容 ポイント
宅地建物取引業者の基本業務 宅建業者は不動産仲介の専門家
宅建業者の指名は生活総合プロデュース
宅建業免許取得と保証金供託 宅建業の必須条件は「免許取得」と「保証金供託」
宅建業に該当する業務は「売買・交換・媒介」
宅地建物取引士は不動産取引の専門家 宅地建物取引士は不動産のスペシャリスト
事業所ごとに一定数の宅地建物取引士が必要
不動産流通のしくみを学ぼう 営業の基本は不動産流通の仕組みをまなぶこと
レインズは「不動産情報の宝庫」である
媒介契約には3種類ある 売却依頼・物件探し依頼には、媒介契約が必要
依頼者の意向と案件に適した契約形態を選択
宅建業者と報酬規定(仲介手数料) 宅建業者の1番の収入源は仲介手数料である
宅建業法では、報酬の上限額が規定されている

【2章】不動産調査の基本「現地編」

不動産の教科書

2章では、プロだけが知っている「調査法」をすべて伝授。

「調査法」をマスターすれば、不動産の真の価値を見極めることが可能になります。

横にスクロールできます⇒

内容 ポイント
「売主しか知らない事情」を聞き出そう 調査の中でも売主へのヒアリングは最優先
物件評価の決め手は売主しか知らない事情
売主に重要書類を用意してもらう 売主自身に重要書類を整理して用意してもらう
現状把握とともに購入時の詳細も整理する
アクセスは必ず「公共交通機関」を利用しよう お客様の勤務先や都心からのアクセスを確認
女性や子ども目線で最寄り駅から歩いてみよう
トライアングル調査を実践しよう 物件調査は条件を変えると新たな発見がある
常にお客様目線で実際の生活をイメージする
現地調査の「三種の神器」 現地調査には目的別に調査グッズを準備する
訪問目的は見学ではなく調査である
周辺の生活施設のチェックは念入りに 調査対象には将来予測されている施設も含む
施設の内容・所要時間・営業時間も確認する
売却物件・成約事例地は必ず確認しよう レインズで売物件・成約情報を事前にチェックする
業者の生の声から地域の相場勘を身につける
現地調査の確認ポイント(土地・一戸建) 敷地の形状・接道状況は現地で90%分かる
境界・越境の調査は現地で90%分かる
現地調査の確認ポイント(マンション) 管理人はマンションの「駆け込み寺」である
掲示板はマンションの現状を示す情報の宝庫
管理組合調査の重要ポイント(マンション) 重要事項調査報告書は管理組合調査の基本軸
マンションの未来像は組合運営の質で決まる

【3章】不動産調査の基本「法務局編」

不動産の教科書

3章では、不動産の現況を知る大切な作業である「法務局調査」を解説。

「法務局調査」をマスターすれば、権利関係や財務力の見極め方を身に付けることが可能になります。

横にスクロールできます⇒

内容 ポイント
法務局では何を調査するのか? 法務局は不動産登記の事務処理を行うところ
登記は現況を正しく反映しているわけではない
登記簿謄本の種類と構成 法務局の調査は登記簿謄本取得から開始する
登記簿謄本は使用目的・調査対象ごとに活用する
表題部の読み方 謄本表題部には不動産の物理的状況が記載
地積は地積測量図と一致しているかを確認
甲区欄の読み方 甲区欄は所有権に関する内容が記載されている
所有者の変更事項(住所・氏名)を確認
乙区欄の読み方 乙区欄は所有権以外の権利内容が記載されている
乙区欄から現在の所有者の財務力を読み取る
共同担保目録の読み方 共同担保では同一債権に複数の不動産を設定
共同担保から外せない1番の理由は担保割れ
公図の読み方 公図は地番で土地の形状や範囲を示す位置図
地積測量図や建物図面は作成時期が最重要
区分所有登記の基本と実務 区分所有登記は1棟の建物と専有部分で構成
敷地権登記で敷地利用権が専有部分と一体化

【4章】不動産調査の基本「役所編」

不動産の教科書

4章では、「役所調査」の方法を徹底解説。

「役所調査」をマスターすれば、不動産評価を成果に結び付けることが可能になります。

横にスクロールできます⇒

内容 ポイント
市区町村役場で何を調査するか? 役所では調査内容と調査範囲の見極めが大切
適切な質問と相談から最適な判断を導き出す
市街化区域と市街化調整区域 市街化調整区域は住宅建築不可とは限らない
市街化調整区域の規制緩和と建築要件を調査
用途地域の種類と法規則 市街化区域には全13種類の用途地域がある
5年ごとの用途地域と規制の変更に注意が必要
防火地域と準防火地域 階数と面積により、必要とされる構造が決まる
木造建築物は、準防火地域または法22条区域で
建ペイ率と容積率 建ペイ率は敷地面積に対する建築面積の割合
容積率には前面道路の幅員による制限がある
建築物の「高さ」制限 絶対高さ制限は原則10mまたは12mで指定
日影規制の対象は高さ10mを超える建築物
斜線制限 道路斜線制限の目的は道路向かい側の日照確保
隣地斜線制限の目的は隣地の日照・通風確保
敷地面積の最低限度 制度の1番の目的は良好な住環境の維持保全
既存建築物と分筆時期により救済措置もある
都市計画道路の確認法 都市計画道路は既存道路拡幅と新道路の建設
新築または増築の許可は計画決定段階まで
開発許可 開発行為は建築目的の土地区画形質変更行為
許可が必要な開発行為は原則1000㎡以上
土地区画整理事業 土地の提供を受け、換地として再配置する事業
公共減歩は公共施設用地としての土地提供
土壌汚染対策法指定区域 汚染の適度により2種類の区域区分がある
要措置区域では土地の形質変更は原則禁止
埋蔵文化材包蔵地 周知の埋蔵文化財包蔵地では届け出が必要
発掘調査費用は開発者(土地所有者)負担
造成宅地防災区域 津波災害警戒区域は対象区域、浸水深を説明
特別警戒区域内では建築物の構造規制がある
道路の種類と接道状況 建築物の敷地は接道義務を果たすことが必要
幅員4m未満の道路ではセットバックが必要
ライフラインの調べ方 上水道は口径13㎜の引込管に注意が必要
ガス調査はプロパンガスの契約内容に注意
建築計画概要書 建築計画概要書をもとに現況との相違点を調査
台帳記載事項証明書で完了検査の有無を確認

【5章】「不動産査定」に挑戦しよう

不動産の教科書

プロの宅建業者への最初の登竜門が「不動産査定」。

「不動産査定」をマスターすれば、不動産の持つ魅力を最大限に引き出すことが可能になります。

横にスクロールできます⇒

内容 ポイント
不動産の4つの「価格」を学ぼう 固定資産税評価額は買主の諸費用計算に必要
実勢価格は個別要素と個別事情が反映される
不動産の3つの「評価法」を学ぼう 原価法では再調達価格を減価修正して評価
収益還元法では還元利回りの見極めが重要
最重要確認事項ベスト3 売却理由により最優先すべき内容を把握する
依頼者には査定額とともに査定の根拠を明示
「不動産査定」は宅建業者の腕の見せ所 耐用年数は維持管理状態により大きく異なる
不動産査定は地域全体を広くとらえる感覚が大切
「面大減価」も地形と用途次第 面大減価の根拠は需要限定と有効宅地減少
土地形状により有効性を高める分筆も可能

【6章】「資金計画」を本格的に学ぼう

不動産の教科書

プロの宅建業者への第2関門が「資金計画」。

「資金計画」の方法をマスターすれば、顧客の「夢」を「現実」に変える力が身に付きます。

横にスクロールできます⇒

内容 ポイント
諸費用を学ぼう(売主編) 売主費用の確定は住み替え提案の第一歩である
売却後に生じる負担も必須説明項目
諸費用を学ぼう(買主編) 融資期間と融資利用額により諸費用は異なる
保証料支払い方法の選択により諸費用は異なる
諸費用の支払い時期を学ぼう 諸費用明細と支払計画の組み合わせで説明する
当事者には決済後必要となる費用も説明する
宅建業者の住宅ローンとの関わり方 融資づけはすべての宅建業者に必要とされる力
提携ローンは金優遇幅が大きく審査が早い
住宅ローンにこだわりローン担当者にこだわる 結果の明暗を分けるのはローン担当者の力量
複雑な案件では担当者変更の申し出もアリ
金融機関の選び方 都市銀行・地方銀行・信託銀行は「属性」重視
ノンバンクは「担保」次第で柔軟対応が可能
買主のイメージする「購入予算」を確認 自己資金の予定額から購入予算の内訳を確認
相談段階では少し余裕を持った諸費用で試算
「月々返済額」から「購入予算」を考える 買主の立場で月々返済額から購入予算を考える
菌機関の立場で実現可能な購入予算を立てる
借入可能額から「購入予算」を考える 金融機関の融資判断は「属性」と「担保評価」
融資可能額は「税込年収」「審査金利」で算出
金融機関の担保評価と実勢価格 担保評価の前提は処分による債権回収の可否
担保評価は担保掛目・融資額は補正が決め手
収入合算の3つのパターンを学ぼう 収入合算は連帯保証・連帯債務・ペアローン
比較は所有権・住宅ローン控除・団信加入
金融機関が重視する個人信用情報とは 金融機関は審査で個人信用情報を重要視する
キャッシュカードも複数持てば審査に悪影響
住宅ローンの基礎の基礎 返済方法は元利均等返済と元金均等返済がある
変動金利と元利均等の組み合わせにはルールがある
一歩踏み込んだローン知識を身につけよう 繰り上げ返済は期間短縮型と返済額軽減型がある
つなぎ融資は金利が高く融資事務手数料が割高

【7章】不動産取引の「実践知識」を身につけよう

不動産の教科書

7章では、不動産実務や法律知識を「実践力」に変えるノウハウを伝授。

特に、不動産トラブルの多い「名義物件」・「代理人契約」・「瑕疵担保責任」については必読です。

横にスクロールできます⇒

内容 ポイント
スタートは買付証明書と売渡証明書から 買付証明の1番の目的は買主の購入意思決定
当事者の意思確認と条件確認は書面化が基本
申込証拠金を受け取る場合の注意点 申込証拠金の授受には十分な説明義務がある
目的の1つは買主の購入意思を固めること
既存住宅状況調査 媒介契約時に売主に既存住宅状況調査を説明
売買契約時に売買当事者間で建物状況を確認
重要事項説明を行う 重要事項説明は必ず売買契約の終結前に行う
重要事項説明の目的は「お客様を守ること」
売買契約を締結する トラブルは宅建業者の説明不足が1番の原因
契約前の希望条件のすり合わせが明暗を分ける
手付金と手付解除の定め方 契約締結と手付金授受により法的責任が発生
宅建業者には手付金の保全措置の義務がある
違約金と違約金解除の定め方 違約解除は相手方の契約不履行に対する解除
宅建業者が売主の場合は損害賠償額に制限あり
融資利用特約 融資利用特約は融資非承認時の買主保護特約
資金計画時の買主への聞き取り調査が最重要
共有名義物件の注意点 共有名義案件の取り決めはすべて書面化する
共有名義案件では全員同席を徹底する
代理人による契約の注意点 代理人契約は事前の委任者の意思確認が重要
権限を越える内容は委任者に確認後に対処する
成年後見人との契約の注意点 成年後見人制度には、任意後見と法定後見がある
後見監督人が選任されている場合は、同意が必要
現状有姿を学ぼう 現状有姿とは手を加えず「あるがままの姿」
現状有姿と瑕疵担保責任を混同してはいけない
瑕疵担保責任を学ぼう 塗り主は瑕疵の存在を知らなくても責任を負う
新築住宅の事業者は、10年間の瑕疵担保責任を負う
危険負担を学ぼう 修復可能なら、売主の責任で修復し引き渡す
修復不可能なら契約解除し、買主に手付金変換
クーリングオフを学ぼう 対象となる取引は、宅建業者を売主とする売買
適用期限は書面による告知日から8日以内
停止条件と解除条件 停止条件は条件の成就により効力が発生する
紛争やトラブルでは効力の発生時期が重要
更地渡しの盲点 更地渡しの定義の曖昧さがトラブルを生む
当事者の作業内容や費用負担を明確に分ける
内装渡しの盲点 トラブルの1番の原因は、宅建業者の説明不足
買主が知りたい情報は施工業者の「仕事の質」
心理的瑕疵の説明1 宅建業者には買主への説明義務が求められる
買主の立場で事実を理解しておくことが重要
心理的瑕疵の説明2 心理的瑕疵は売主の資産価値にも大きく影響
買主の立場で考え売主の立場にも配慮し対応
任意売却の注意点 任意売却は債権者順位により配分案が決め手
任意売却後の返済計画も債務者の大切な作業
相続物件売買の注意点 相続物件の取り扱いでは相続人の確定が最優先
遺言書による売却っでは遺留分減殺請求に注意

【8章】「融資実行」「登記手続き」「決済」を学ぼう

不動産の教科書

8章では、売買契約後から決済当日までの具体的な手続きを解説。

8章の内容をマスターすれば、顧客の「笑顔」「報酬」を手に入れることが可能です。

横にスクロールできます⇒

内容 ポイント
金銭消費貸借契約と決済までの準備 住宅ローン本審査は正式回答までに2週間必要
金銭確認と必要書類確認が決済までの最終準備
決済当日の手続き 決済は司法書士による登記手続きから始まる
法務局で登記申請が受理されればすべて完了

【9章】物件の引き渡しとアフターフォロー

不動産の教科書

9章では、決済後の顧客対応を詳しく解説。

9章の内容をマスターすれば、「この人と取引をしたい」と本気で思わせる、魅力ある宅建業者になることが可能です。

横にスクロールできます⇒

内容 ポイント
不動産の総点検を行う 宅建業者の本質は決済後の顧客対応で決まる
不動産の総点検は物件状況報告書をもとに行う
リフォーム提案で差をつけよう 常に頼れる内装業者3社とお付き合いをする
内装業者は専門性が高く、得意分野が異なる

【10章】不動産取引と「税金」知識

不動産の教科書

10章では、不動産を買う時・売る時・所有している時に必要になる税金の知識を掲載。

10章の内容をマスターすれば、あなたは最強の宅建業者になることが可能です。

横にスクロールできます⇒

内容 ポイント
不動産を買う時に必要となる税金 自己居住用不動産の取得には軽減特例がある
不動産取得税の軽減を受けるには申告が必要
不動産の売却時と所有時に必要な税金 不動産譲渡時の税率は所有期間により異なる
固定資産税は毎年1月1日現在の所有者に課税
プロとして知っておきたい税率知識 3000万円の特別控除は所有期間を問わない
買い替え特例の利点は譲渡益の課税の繰延
消費税増税と住宅取得支援制度 消費税増税で住宅取得支援制度拡充
すまい給付金の最大給付額が50万円に

「不動産の教科書」の感想とレビュー

不動産の教科書レビュー

「不動産の教科書」を読んで感じたことは次の3つです。

  1. 不動産実務の流れに沿って、専門知識が学べる
  2. 図版や実例が豊富
  3. 土地や家を購入する人にも欠かせない

1  不動産実務の流れに沿って、専門知識が学べる

ステップ

「不動産の教科書」では、実際の不動産実務の流れに合わせて内容が構成されているのが特徴。

しかも、

  1. 現地調査:何をチェックすべきか?
  2. 法務局調査:なぜ必要なのか?
  3. 役所調査:どんな手続きが必要なのか?

など、大枠を知るだけの今までの実務本とは違い、具体的に知っておかなければならないポイントを徹底解説。

知識の丸覚えに終わるのではなく、不動産取引の実践で通用する営業力を自然に身に付けることが可能になっています。

特に力を発揮するのが、

  • 任意売却
  • 遺産分割
  • 財産分与

などの「ややこしい案件」を手掛けた時。

より的確な判断ができるようになるので、トラブルになりやすい案件も自信をもって扱える不動産業界のプロになれること間違いなしです。

2 図版や実例が豊富

不動産の教科書 不動産の教科書

不動産実務を行うには、多くの専門知識や専門用語が必要に…。

「不動産の教科書」では、図版や実例を多用し、初心者でも無理なく学べるようになっています。

さらに、実際のサンプルも多数収録。

収録されているサンプルの一例
  1. 現在事項証明書
  2. 重要事項証明書
  3. 公図・地積測量図・建物図面(平面図)
  4. 建設計画概要書
  5. 建築確認台帳記載事項証明書
  6. 買付証明書
  7. 委任状
  8. 登記簿謄本(抄本)
  9. 証明書の閲覧請求書
  10. 住宅ローン借入申込書

不動産業界に足を踏み入れたその日から、現場や会社で即役立つ「バイブル」としても使えます。

3 土地や家を購入する人にも欠かせない

土地活用

「不動産の教科書」では、「物件の本当の価値を見抜くポイント」も書かれています。

本書を読めば物件選びの注意点も分かるので、

  • いいと思って土地を購入したけれど、思いがけない出費が合った…
  • 土地に制約があり、思い描いたマイホームが建てられなかった…
  • 住宅ローンが払えず、物件をすぐに売るはめになった…

など、マイホーム購入のトラブルを防ぐことも可能に。

営業マンの口車に乗せられることもなくなるので、悪徳業者を見抜く上でも役立ちます。

POINT
本書を読めば、不動産業界の裏側が丸裸に。家や土地など、物件の購入者にも欠かせない内容になっています。
「不動産の教科書」って、どこで買うのがお得なのかしら?

「知りたいことが全部わかる!不動産の教科書」は中古がお得?

不動産の教科書

「不動産の教科書」の購入方法は次の通りです。

amazonでの「不動産の教科書」の値段

不動産の教科書 Amazon

Amazonでは「不動産の教科書」を取り扱い。

1650円(定価)で購入できるようになっています。

楽天ブックスでの「不動産の教科書」の価格

不動産の教科書 楽天

楽天ブックスでも「不動産の教科書」を取り扱い。

1650円(定価)で購入できるようになっています。

Yahoo!ショッピングでの「不動産の教科書」の最安値

不動産の教科書Yahoo!ショッピング

Yahoo!ショッピングでも「不動産の教科書」を取り扱い。

1650円(定価)で購入できるようになっています。

電子書籍ならkindleがお得

不動産の教科書kindle

不動産の教科書」には電子書籍版もありますが、kindleで購入するのが1番お得になっています。

kindle 1568円
楽天Kobo 1650円
BOOK WALKER 1650円
Reader Store 1650円

中古なら「メルカリ」より「ブックオフ」

不動産の教科書

メルカリやヤフオクでも「不動産の教科書」を購入することは可能。

ただ、

  • 偽物が多く出回っている
  • 衛生的に不安がある
  • 書き込み・傷み・破れがある

などトラブルが続出しているので、「ブックオフ」などの中古販売店で購入するのが安心です。

もっと不動産のことを知りたいんだけど、どの本を読んだらいいのかしら?

「不動産の教科書」関係のおすすめ本を紹介

不動産の教科書 不動産投資の教科書 不動産売却の教科書

「不動産の教科書」の理解をより深めたいなら、次の2冊も合わせて読むがおススメです。

1 不動産売却の教科書

不動産取引を成功させるために必要なポイントを1冊にまとめたのが「不動産売買の教科書」。

「不動産売却の教科書」では、

  • 不動産のプロになるために必要な倫理観とスキル・知識
  • プロのビジネスマンとして必要な仕事の効率化スキルやパソコン操作法
  • 宅建試験に最短ルートで合格するための秘策

まで徹底的に網羅。

本書には特典として「固定資産税等の日割計算ができるエクセルシート」が付いていて、誰でもダウンロードできるようになっています。

2 不動産投資 最強の教科書

不動産投資の実践的なノウハウにこだわった本が「不動産投資 最強の教科書」。

「不動産投資の教科書」では、

  • 物件選び
  • 融資
  • 満室経営

の秘訣を、やさしく具体的に解説。

本書には特典として「物件評価をする際に使用しているキャッシュフローの分析シート」が付いていて、誰でもダウンロードできるようになっています。

POINT
上記2冊のダウンロード特典は必見。プロフェッショナルになるための手法が、手に取るように分かります。

【まとめ】「不動産の教科書」は知りたいことが全部わかる超入門書

住宅
「不動産の教科書」についてまとめます。

POINT

  • 専門的知識だけでなく、1流のプロに必要な心構えが分かる
  • 実際のサンプルが多数収録されているので、すぐに実践できる
  • 不動産投資やマイホーム購入を考えている方にもおすすめ

不動産業務のバイブルになっているのが「不動産の教科書」。

顧客に信頼を勝ち取る1流のプロになりたいなら、必ず目を通して欲しい1冊になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。