【限定】間取りプランを無料で手に入れる方法

【マンションを買うなら60m2にしなさいをレビュー】中古は買うなって本当?

マンションを買うなら60㎡にしなさい

「“マンションは60㎡にしなさい”って、どんな内容の本なの…」

「電子書籍や中古本って、どこで買うのがお得なのかしら…」

住宅購入に悩んでいる方に人気なのが「マンションを買うなら60㎡にしなさい」。

私も「マンションを買うなら60㎡にしなさい」を熟読したおかげで、理想のマイホームを手に入れることに成功しています。

「マンションを買うなら60㎡にしなさい」について、あなたに伝えたいことは3つ。

POINT

  • 80㎡のマンションを購入すると、2000万円以上損する理由が分かる
  • 「資産価値を高めるエリア選び」ができるので、売却時にも有利になる
  • 物件選びのポイントが分かるので、迷いなく自信をもって購入できる

ただ、実際に本を読んだ方の声を聞くと、「役に立たない」なんて気になる口コミも‥‥。

書店員が教えない、「マンションを買うなら60㎡にしなさい」の真実に迫っていくことにします。

「マンションを買うなら60㎡にしなさい」って、どんな本なのかしら?

目次

「マンションを買うなら60m2にしなさい」とは

不動産会社の現役社長が、後悔しないマンション選びのコツを教えてくれるのが「マンションを買うなら60㎡にしなさい」。

本書では、今買うべきマンションの特徴を3つの視点で徹底解説。

今買うべきマンションの特徴
  • 広さは60㎡
  • 都心(準都心)の駅から7分以内
  • 2001年以降完成

本書を読めば、資産価値が落ちない安全なマンションを購入することが可能です。

著者は「後藤一仁」氏

後藤一仁

出典:株式会社フェスタコーポレーション

「マンションを買うなら60㎡にしなさい」の著者は、不動産会社の現役社長でもある不動産コンサルタントの“後藤一仁”氏。

  • 大手不動産会社のハウジングアドバイザー
  • 東証一部上場企業連結の不動産会社の取締役

を経て、株式会社フェスタコーポレーションを立ち上げ、代表取締役に就任。

顧客の立場に立ったコンサルティング・アドバイスが評判で、今まで12000組以上の対面個別相談を行い、成約件数は6000件以上の実績を誇っています。

「マンションを買うなら60㎡にしなさい」の基本情報

書籍名 マンションを買うなら60㎡にしなさい
著者 後藤 一仁
出版社 ダイヤモンド社
発売日 2019年2月28日
本の長さ 264ページ
電子書籍
実際に「マンションを買うなら60㎡にしなさい」を読んだ人は、どう思っているのかしら?

「マンションを買うなら60㎡にしなさい」の口コミを大公開

マンションを買うなら60㎡にしなさい

実際に「中古マンションの買い方・選び方」を読んだ方の声を聞くと、良い口コミ悪い口コミの両方が…。

両方の口コミを包み隠さず明らかにしていきます。

特別目新しい情報はなし(悪い口コミ)

正直言って、特に目新しい内容はありませんでした。

普通に考えれば分かる内容だし、都合のいいように数字を使って説明している感じにも…。

ただ、「60㎡論」を知らない人は読んだ方がいいと思います。

年代別のマンションの特徴が分かります(良い口コミ)

最初はタイトルにある「60㎡論」が延々と繰り返されるのかと思っていました。

ただ、実際に読んでみるとマンション購入に欠かせない知識が盛りだくさん

「2001年以降完成のマンションがおすすめ」や「ダメ担当者のチェックポイント」・「住宅ローンの選び方」など、マンション選びから購入までを完全ガイド。

マンション購入だけでなく、不動産売買全般に活かせる内容になっていると思います。

顧客の視点でアドバイス(良い口コミ)

本書では不動産業界の裏側を赤裸々に語っていて、「ここは騙されないで !」といった顧客視点でアドバイスをくれています。

不動産業界では「情報弱者が損をする」のが当たり前になっているので、本書を読んで正しい知識を身に付けるのが1番。

マンション購入に悩んでいる人にとっては、「心強い武器」になること間違いなしだと思います。

何度も読み返したくなる内容ばかり(良いクチコミ)

不動産業界に長年勤めていますが、私でも知らない内容が載っていて、とても勉強になりました。

しかも、マンション売買の現状が分かりやすく説明されているので、特別な知識も必要なし。

何度も繰り返し読みたくなる内容ばかりなので、今まで読んできた不動産関連の本の中で1番だと思います。

「郊外の中古マンションは買うな」という理由が分かる(良い口コミ)

物件を探し始めた当初は、郊外の広いマンションを購入することを考えていました。

ただ、本書を読んで「郊外は資産価値の下落スピードが早い」ことが分かり大助かり。

今までは「ネット情報」や「口コミ」で物件を判断していましたが、資産価値に重きを置いて探すことに方針転換。

おかげで、都市部のお宝物件を購入することができたので大満足です!

「マンションを買うなら60m2にしなさい」はSNSでも評判


「マンションを買うなら60㎡にしなさい」は、TwitterなどのSNSでも評判を集めています。

マンション購入のポイントが分かる良書(良い評判)

中古マンションの購入には最適(良い評判)

穴場エリアの情報が載っています(良い評判)

住宅ローン減税など、お金の勉強にもおすすめ(良い評判)

POINT

  • エリア情報も載っているので、資産価値に重きをおいたマンション探しができる
  • 不動産業界の仕組みも分かるので、戦略的なマンション購入が可能になる
「マンションを買うなら60㎡にしなさい」って、どんな内容になっているの?

「マンションを買うなら60㎡にしなさい」の内容を試し読み

マンションを買うなら60㎡にしなさい

「マンションを買うなら60㎡にしなさい」では、5つの章に分けてマンション購入の流れを解説してくれます。

横にスクロールできます⇒

1章 今、損しないマンションの「3条件」
2章 60㎡の「お宝物件」の探し方
3章 「迷い」がなくなる賢い買い方
4章 1円でも高くマンションを売る方法
5章 命と資産を守る!安全なマンションの選び方

【1章】今、損しないマンションの「3条件」

マンションを買うなら60㎡にしなさい

条件① 60㎡

マンションを購入する時は「60㎡論」で選ぶと失敗がなくなります。

60㎡論の根拠
  1. 売りやすい
  2. 貸しやすい
  3. コストパフォーマンスに優れている
  4. 税制メリットを効率的に受けられる

少しでも資産価値が保てる物件を購入したいなら、現時点では「60㎡論」が最も有効です。

条件② 資産価値の落ちない土地

マンションの資産価値に大きく影響するのが「利便性のよい立地」。

「利便性がより立地」の具体的なポイントは次の4つです。

POINT
  1. 都心・準都心から距離が近い
  2. 「駅力」・「街力」があること
  3. 駅徒歩7分(できれば5分)以内であること
  4. 居住誘導区域「外」の物件でないこと

人口減少・高齢化社会では、自治体や街をコンパクトにすることが求められます。

「駅から遠い場所」は資産価値を大きく落とす可能性があるので、十分に注意してください。

条件③ 「2001年以降完成」がおすすめ

築年数については、2001年から現在までに完成した物件から探すのがおすすめ。

「2001年以降完成」をおすすめする理由は次の4つです。

POINT
  1. 「品確法」が施工された後の物件だから
  2. 現在のマンションと、設備・仕様がほぼ同じ
  3. 「よい立地」に建っていることが多い
  4. お手頃価格で良質な建物であることが多い

築21年を超えると資産価値がほとんど下がらなくなるので、購入後の値下がりリスクを軽減することが可能に。

「新耐震基準」で建てられているので、震度7の地震が起きても倒壊することはまず考えられません。

【2章】60㎡の「お宝物件」の探し方

マンションを買うなら60㎡にしなさい

「新築でもいいのでは?」と考える方もいるかもしれませんが、「今」はおすすめできません

  • アベノミクス
  • 日銀の金融緩和
  • 東京オリンピック

によって、新築マンションの価格は高取りしているのが現状。

今後大きく下がるようなことがあれば、新築マンションを購入することも選択肢になり得ます。

試算価値の落ちないエリア

試算価値の落ちないエリアの3条件は次の通りです。

立地の条件
  • 都心へのアクセスのよさ
  • 生活利便性や住環境のよさ
  • 歴史がある

ただ、広さ・間取り・立地・築年数・価格などの完璧な物件はほぼ存在しません。

つまり、マンション購入では「何かを選び、何かを捨てる」という発想が必要に。

探しても物件が出てこない場合、次の2つを妥協することも大切です。

妥協ポイント
  • 築年数
  • 駅からの距離

多少の築年数であれば、エリアが良ければ「買い手」が現れます。

また、駅からの距離も妥協できますが、「徒歩10分以内」を限度として考えてください。

絶対におさえておくべき「2022年問題」

マンション探しで今トレンドになっているワードが「2022年問題」。

2022年問題とは

2022年に土地が大量に売りに出され、その土地に多数の新築住宅が建築・販売されることに。

エリアによっては不動産価格が大きく下がる可能性があります。

2022年問題が起こる最大の原因は、農家の後継者不足

手放した農地を不動産業者が購入し、新築を建てて販売する可能性が高くなっています。

【3章】「迷い」がなくなる賢い買い方

マンションを買うなら60㎡にしなさい

マンション購入では「消費税増税」や「オリンピック」を気にされる方が多くいますが、回答は次の通り。

POINT
  • 消費税増税:よい物件なら「前」でも「後」でも大丈夫
  • オリンピック後のマンション価格:急落する可能性は低い

マンション購入では、価格にこだわるよりも「金利」に注意することが重要。

金利が上昇してしまうと、結果的に数百万円単位の損失を出すことになりかねません。

購入価格以外にも「諸費用」が必要

マンションの購入には、「保証料」や「仲介手数料」などの諸費用がかかってきます。

諸費用の目安は次の通り。

諸費用の目安
  • 新築:物件価格の3~7%ほど
  • 中古:物件価格の6~9%ほど

諸費用についてはローンを組めない可能性もあるので、自己資金でまかなうことが重要。

諸費用が自己資金でまかなえないなら、購入を再検討するようにしてください。

住宅ローン

住宅ローンは高額な借金でもあるので、組み方を失敗すると人生を不幸にしてしまいます。

住宅ローンを組む際のポイントは次の2つです。

住宅ローンのポイント
  • 単純に短期間にしてはいけない
  • 返済金額は年収の○○%までと決めてはいけない

住宅ローン金利では、原則的に「全期間固定金利」で組むのがおすすめ。

「変動金利」を組んでもいいのは、きちんとしたリスクヘッジができる人だけです。

現在は史上最低の金利水準が続いていますが、これから先も低金利が続くとは考えてはいけません。

「賃貸」や「売却」を考えておく

住宅ローンで失敗する確率を下げたいなら、次の2つのことを押さえておくことが大切。

住宅ローンで失敗しないポイント
  • 貸しても大丈夫か?
  • 売っても大丈夫か?

賃料が住宅ローンを上回るような「貸せるマンション」であれば安心。

いつの時点で売却しても黒字になるマンションを購入すれば、失敗するリスクはほとんどありません。

「売却」という選択肢を選べるようにしておけば、入居後のトラブルに巻き込まれたとしても、思いつめずに生活することが可能になります。

【4章】1円でも高くマンションを売る方法

マンションを買うなら60㎡にしなさい

マンションを売却する時に、最も大切なことは次の2つです。

マンション売却のポイント
  • 不動産仲介業者・担当者選び
  • 売り出し価格の決定

不動産会社では、「囲い込みをしない所」を選ぶことが重要。

というのも、「囲い込み」をさせてしまうと、その会社の直接のお客にしか紹介されないから。

また、不動産会社と「媒介契約」を結ぶ時には、次の3種類から選ぶことになっています。

横にスクロールできます⇒

一般媒介契約 複数の不動産仲介会社への依頼が可能な契約
売主が自ら買主を探すことも可能
専任媒介契約 1社の不動産仲介会社だけに依頼する契約
売主が自ら買主を探すことも可能
専属専任媒介契約 1社の不動産仲介会社だけに依頼する契約
売主が自ら買主を探すことはできません

一般媒介契約が有利なように思えますが、デメリットが多いのが実態。

信頼できる不動産会社が見つかった場合は、「専任媒介契約」か「専属専任媒介契約」を結ぶのがおすすめです。

売却価格は購入者目線

不動産売却では最初の設定価格がとても重要。

価格を算出する時には「成約事例」を元に、ライバル物件の価格を調査することが欠かせません。

妥当だと思う価格以外にも

  • 最初に少し高めで売り出す価格
  • 希望者が現れなかった場合の値下げ価格
  • 価格交渉に応じる場合の価格
  • これ以上は値下げできない最低ラインの価格

などをあらかじめ決めておくと、よりスピーディーに対応できるようになります。

また、売却時には簡易的リフォームをしておくことが大切。

クロスなどの交換・補修を行うだけで第一印象がアップし、売却価格が数百万円も変わることも珍しくありません。

【5章】命と資産を守る!安全なマンションの選び方

マンションを買うなら60㎡にしなさい

家を購入するときに選ぶ「場所」と「建物」によって、被害の大きさは変わってきます。

災害を予測上で欠かせないのが「ハザードマップ」。

ハザードマップには様々な種類がありますが、見落とされてがちなのが「内水ハザードマップ」。

というのも、近年増加している集中豪雨により、排水が追い付かず建物や土地が水に浸かる現象が増えてきているから。

特に、低地で河川に囲まれているエリアは浸水リスクが高くなっているので注意してください。

地盤のチェックポイント

土地の「地震危険度」を知るには、地盤や地質のチェックするのが1番。

具体的には次の4つポイントをチェックすることが大切です。

チェックポイント 調べる方法
土地の履歴 古地図
地盤の善し悪し ボーリングデータ
場所の揺れやすさ ゆれやすさマップ
軟弱地盤度 軟弱地盤マップ

地震保険

地震保険は、政府が民間の保険会社と共同で運営している制度。

民間保険会社の利潤が含まれていないので、割安な保険料で生活保障を実現することができます。

日本は地震大国なので、基本的には地震保険に入った方が安心。

ただ、地震保険は単独での加入ができず、火災保険の付帯になっている点には注意してください。

治安

安全性については、災害だけでなく「治安」も大事な要素。

特に子育て世帯にとっては「町の治安」や「学校の雰囲気」が最重要になることも。

ネットでの検索では限界があるので、実際の住民や行政サービスに聞いてみるのが効果的です。

>>>【今だけ無料】未公開の物件情報を手に入れてみる

「マンションを買うなら60m2にしなさい」の感想とレビュー

マンションを買うなら60㎡にしなさい

「マンションを買うなら60m2にしなさい」を読んで感じたことは次の2つです。

  1. 「60平米の中古マンションが最強」の理由がよく分かる
  2. 資産価値を高めるマンション購入ができる

1 「60平米の中古マンションが最強」の理由がよく分かる

マンション60㎡最強

本書では「60㎡最強説」を唱えています。

なぜなら、広い家を必要とするファミリー層はどんどん減り、「1人暮らし世帯」「夫婦のみ世帯」は逆に増えていくから。

国立社会保障・人口問題研究所によれば、2015年時点で世帯数の割合は次の通り。

世帯数の割合
  • ファミリー世帯:1429万世帯
  • 一人暮らし世帯:1842万世帯
  • 夫婦のみ世帯:1072万世帯

現時点ですでに「一人暮らし世帯数」が「ファミリー世帯数」を超えているのが実態です。

少子高齢化社会が進む中で、さらに「シニア層の一人暮らし世帯」が加速度的に増えていくのは確実。

つまり、「売りやすい」「貸しやすい」物件だからこそ、資産価値が落ちる心配がなくなる訳です。

また、資産性のある物件を購入することで

  • 家やマンションに縛られない
  • 住宅ローンの返済に追われない

など、より自由でフレキシブルな生活を送ることも可能になっています。

60㎡のマンションはコスパも優れています

70㎡~80㎡の3LDKのマンションの場合、子供の成長によって部屋を持て余すことがよくあります。

ただ、余った部屋にも、

  • 住宅ローン
  • 管理費・修繕積立金
  • 固定資産税
  • 光熱費

などの負担を払い続けなければなりません。

つまり、実質的に使っていない空間に何年・何十年もコストを負担し続けているのが実態。

実際、「60㎡のマンション」と「80㎡のマンション」では、40年間で払うコストが2600万円以も違ってくることに…。

60㎡のマンション 6884万8320円
80㎡のマンション 9577万2240円

つまり、「60㎡のマンション」を選べば2600万円以上もお得な購入ができる訳です。

2 資産価値を高めるマンション購入ができる

マンションを買うなら60㎡にしなさい

マンションの資産価値を保つには、「エリア選び(立地)」も欠かせない要素。

資産価値の落ちないエリアの共通点は次の3つです。

資産価値の高いエリア
  • 都心へのアクセスの良さ
  • 生活利便性や住環境の良さ
  • 歴史がある

本書では上の3つの視点を元に、東京・神奈川のおすすめエリアを実際にピックアップ。

都心のおすすめ 目白
茗荷谷
品川
都心の穴場 大塚
巣鴨
準都心のおすすめ 学芸大学
桜木町・用賀
中野
武蔵小山
準郊外のおすすめ 砧(きぬた)
三鷹
調布
仙川
石神井公園
元住吉・日吉
ブランドエリア 麻布
広尾

単に名前を挙げるだけでなく、「なぜ資産価値が高いのか?」の理由も徹底解説。

人気エリアの理由を知ることで、どの地域であっても「資産価値の落ちないエリア選び」が可能になってきます。

POINT
「資産価値のあるマンション」の見つけ方が分かるのが本書。「エリア選び」に悩んでいる方にもおすすめです。

関連 【2021年版】マンション購入本のおすすめ6選!初心者が勉強するならどれ?

「マンションを買うなら60㎡にしなさい」って、どこで買うのがお得なのかしら?

「マンションを買うなら60m2にしなさい」のお得な購入方法

マンションを買うなら60㎡にしなさい

「マンションを買うなら60㎡にしなさい」のお得な購入方法は次の通りです。

amazonでの値段

マンションを買うなら60㎡にしなさい

Amazonでは「マンションを買うなら60㎡にしなさい」を取り扱い。

1650円(定価)で購入できるようになっています。

楽天ブックスの価格

マンションを買うなら60㎡にしなさい

楽天ブックスでも「マンションを買うなら60㎡にしなさい」を取り扱い。

1650円(定価)で購入できるようになっています。

Yahoo!ショッピングでの最安値

マンションを買うなら60㎡にしなさい

Yahoo!ショッピングでも「マンションを買うなら60㎡にしなさい」を取り扱い。

1650円(定価)で購入できるようになっています。

電子書籍ならkindleがお得?

マンションを買うなら60㎡にしなさい

「マンションを買うなら60㎡にしなさい」には電子書籍版もありますが、kindleで購入するのが1番お得になっています。

kindle(キンドル) 1336円
楽天Kobo 1485円
BOOK WALKER 1485円
Reader Store 1485円

中古なら「メルカリ」より「ブックオフ」

マンションを買うなら60㎡にしなさい

メルカリやヤフオクでも「マンションを買うなら60㎡にしなさい」を購入することは可能。

ただ、

  • 偽物が多く出回っている
  • 衛生的に不安がある
  • 書き込み・傷み・破れがある

などトラブルが続出しているので、「ブックオフ」などの中古販売店で購入するのが安心です。

POINT
電子書籍版ならkindleが1番お得。ポイントを稼ぎたいなら楽天での購入がおススメです。
もっとマンション購入のことを知りたいんだけど、どの本を読んだらいいのかしら?

「マンションを買うなら60㎡にしなさい」以外のおすすめ本を紹介

マンションを買うなら60㎡にしなさい

「マンションを買うなら60㎡にしなさい」の理解をより深めたいなら、次の2冊も合わせて読むがおススメです。

1 マイホームは価値ある中古マンションを買いなさい!

本書では、1000棟以上の物件を見てきたマンションドクターが、ベストな住まいを手に入れる方法をアドバイス。

  • 新築より中古が断然おすすめな5つの理由
  • 買ったあと値下がりしにくい物件の条件とは?
  • 売主に「イエス」と言わせる値引き交渉の仕方とは?

など、価値ある中古マンションを見極めるチェックポイントが分かるようになっています。

関連 【マイホームは価値ある中古マンションを買いなさい!をレビュー】築30年のメリットとは?

2 中古マンション本当にかしこい買い方・選び方

ニーズが高まっている中古市場のトレンドを先取りする入門書が「中古マンション本当にかしこい買い方・選び方」。

本書では、

  • お宝中古マンションの見抜き方
  • 売買契約書のチェックポイント
  • 住宅ローン減税のお得な利用方法
  • 最高のリフォームを実現するポイント

など、プロの眼から見た住まい探しの重要ポイントを徹底ガイドしてくれています。

関連 【中古マンション本当にかしこい買い方・選び方をレビュー】単行本は失敗って本当?

POINT
上の2冊の不動産本を合わせて読めば、不安なくマンションを購入することが可能になります。

【まとめ】「マンションを買うなら60㎡にしなさい」の評価

住宅

「マンションを買うなら60㎡にしなさい」についてまとめます。

POINT

  • 80㎡のマンションを購入すると、2000万円以上損する理由が分かる
  • 「資産価値を高めるエリア選び」ができるので、売却時にも有利になる
  • 物件選びのポイントが分かるので、迷いなく自信をもって購入できる

住宅購入に悩んでいる方のバイブルになっているのが「マンションを買うなら60㎡にしなさい」。

理想のマイホームを手に入れたいなら、必ず目を通して欲しい1冊になっています。

あなたに合った理想の中古物件を手に入れる方法

家

お得に手に入るのが魅力の中古マンションですが、デメリットも多く失敗しがち。

失敗しやすい中古物件を成功に導く一番のコツは

ネットに載っていないお宝物件の情報をいち早く手に入れること

ただ、お宝物件ほど早く購入されてしまい、なかなか情報が回ってこないのが現実です。

思い悩み、マイホームの夢が叶わなかった私が頼ったのが「タウンライフ不動産売買」。

タウンライフ不動産

「タウンライフ不動産売買」を利用すれば、全国の優良不動産会社から3つのアイテムを無料で手に入れることが可能になります。

無料で手に入れるモノ
  • 物件提案書
  • 非公開物件情報
  • リフォームのスペシャルガイドブック

実際に「タウンライフ不動産売買」を利用して、私が手に入れた中古マンションがコレ↓

中古マンション
私が手に入れた中古マンション

強引な営業はないの?」と最初は心配していましたが、私の所には1本の電話もかかってきませんでした(メールでの勧誘はあります)。

▼私の体験談▼
【タウンライフ不動産売買の評判・口コミは嘘】投資が失敗だらけは本当?

 

あなたが理想の中古住宅を手に入れたいのなら、おすすめできます!

▼公式サイトはこちら▼

参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。