【限定】間取りプランを無料で手に入れる方法

【ハウスメーカー資料請求のデメリットは7つ】担当に注意って本当なの?

ハウスメーカー資料請求デメリット

「資料請求する時って、どんなことに注意したらいいの…」

「しつこい電話を避けたいなら、どのサイトがいいのかしら…」

理想のハウスメーカーを見つける上で欠かせないのが「一括請求サイト」。

ただ、一括請求にはデメリットが多く、トラブルに巻き込まれる人がいるのも事実です。

「一括請求サイト」の注意点について、あなたに伝えたいことは3つ。

POINT

  • 「スーモ」を利用すると、営業電話に悩むことが多くなる
  • 間取り図や見積書まで手に入るのは「タウンライフ家づくり」だけ
  • ローコスト住宅を資料を取り寄せるなら「ライフルホームズ」

公式サイトでは分からない、一括請求サイトの真実迫っていくことにします。

「一括請求サイト」を利用する時って、どんなことに注意したらいいの?

ハウスメーカー「一括資料請求」のデメリット

ハウスメーカー資料請求デメリット

一括資料請求サイトを利用する時の注意点は次の7つです。

  1. ローコスト住宅の資料が集まりにくい
  2. 営業担当から「しつこい電話」がくることがある
  3. 「間取り図」や「見積書」がもらえるサイトは1つだけ
  4. 提携ハウスメーカーの数が違う
  5. プレゼント内容が違う
  6. 「クオ(quo)カード」はハウスメーカー次第
  7. カタログしか来ないこともある

1 大手ハウスメーカーが中心で、ローコスト住宅に弱い

ライフルホームズ注文住宅ローコスト住宅

広告費を削減するため、最近は「カタログ雑誌」を作成しないローコスト住宅メーカーも増えてきてます。

また、資料請求サイトの多くは大手ハウスメーカーが中心になっているのも事実…。

なるべく安く家を建てたい方には、ローコスト住宅に強い「ライフルホームズ」がおすすめです。

関連 【ローコスト住宅一括資料請求4選】安っぽい住宅設備には要注意

2 スーモ(SUUMO)で資料請求したら「しつこい営業電話」がある

スーモ資料請求
スーモでの営業電話

資料請求サイトは各社に依頼を出すだけなので、資料請求サイトからの営業はありません。

ただ、請求依頼を受けたハウスメーカーにも個人情報は伝わるので、営業活動を受ける可能性は出てきます。

基本的にはメール連絡程度ですが、なかにはマナーの悪い営業マンがいるのも事実…。

ちなみに、各資料請求サイトを利用した時の実態は次の通りです。

タウンライフ家づくり 営業電話なし
ライフルホームズ 営業電話なし
家づくりのとびら 営業電話なし
スーモ 営業電話あり

経験上、営業電話を避けたいなら「スーモ」以外の資料請求サイトをおすすめします。

関連 【注文住宅資料請求でしつこい営業電話を回避】無視ではNGって本当?

3 「間取り図」や「見積書」がもらえるサイトは1つだけ

タウンライフ家づくり 間取り図
タウンライフで手に入れた間取り図

どの資料請求サイトでも、「カタログ」がもらえるのは同じ。

ただ最近では、カタログ以外の資料が手に入るサイトも出てきています。

タウンライフ家づくり 間取り図
見積書
土地情報
ライフルホームズ 土地情報
スーモ 土地情報

間取り図や見積書までもらえるサイトは「タウンライフ家づくり」だけなので、利用しないのは損ですよ!

関連 【タウンライフ家づくりの評判・口コミは最悪!】実際に試して分かった真実とは?

4 提携ハウスメーカーの数が違う

注文住宅資料請求

それぞれの資料請求サイトによって、提携ハウスメーカーの数には大きな違いがあります。

ライフルホームズ 約650社
タウンライフ家づくり 約600社
スーモ 約400社

「ライフルホームズ」や「タウンライフ家づくり」では、地域の優良工務店とも多数提携。

地域を気にすることなく、全国どこでも利用できるようになっています。

5 プレゼント内容が違う

タウンライフ家づくり タウンライフ家づくり

資料請求の特典として、「オリジナル資料」が付いてくるサイトも出てきています。

タウンライフ家づくり 成功する家づくり7つの法則
ライフルホームズ はじめての家づくりノート
スーモ なし

「オリジナル資料」にはネットに載っていない情報が満載なので、家づくりに悩んでいる人は必見。

ただ、オリジナル資料は数量限定なので、早めに利用しないともらえない可能性も出てきます。

6 「クオ(quo)カード」はハウスメーカー次第

ライフルホームズ資料請求 クオカード

資料請求をすると、特典として「クオカード」を付けてくれるハウスメーカーもあります。

プレゼント特典の一例
  • カタログ請求すれば500円分のクオカード
  • カタログ請求の後、展示場を訪れると3000円分のクオカード など

ただ、オカード」はハウスメーカー独自のキャンペーンによるもの。

資料請求サイトによって「クオカード」がもらえる訳ではないので、もらえるかどうかは「運次第」なのが現状です。

関連 【ハウスメーカー資料請求のプレゼント攻略】注文住宅でquoカードは本当?

7 注文住宅用カタログが来ないこともある

家づくりのとびら

間取りや見積書などのプランを作成しているのは、提携している各ハウスメーカー

対応は各ハウスメーカー次第なので、カタログ(パンフレット)を送ってこない不動産会社があるのも事実…。

逆に、対応の仕方をチェックすれば、誠実な家づくりをしてくれる住宅メーカーがすぐに分かりますよ!

POINT
資料請求サイトによって対応は様々。サービスの中身を比較した上で利用することが大切です。

関連 【注文住宅一括資料請求のデメリットは7つ】注意点まで徹底解説

ハウスメーカーに資料請求すると、営業担当はどう決まるのかしら?

ハウスメーカーに資料請求したら、担当が新人に決まる?

ハウスメーカー資料請求担当

「ハウスメーカーに資料請求すると、新人が担当になる」という噂がありますが、真っ赤な嘘

というのも、「展示場でアンケートを記入した時の営業マンが担当になる」というのが、不動産業界の慣例。

資料請求で担当者が決まることはないので、気にせずに資料請求して大丈夫です。

関連 【住宅展示場アンケート攻略法】断り方や用紙で嫌な思いって本当?

展示場のアンケートは断れる

住宅展示場アンケート用紙

どのモデルハウスでも、見学前にアンケートを書くのが通例です。

ただ、モデルハウスに入った段階では、目の前の営業マンが優秀かどうかは分かりません。

POINT
  • ハウスメーカーの特徴をきちんと説明できているか
  • あなたの疑問にきちんと答えてくれているか

をしっかりチェックし、営業マンを見定めた上でアンケートに答えることが大切。

営業マンに不安を感じた場合は、後日もう一度モデルハウスを訪ねて、別の営業マンの時にアンケートを書くのも1つの手です。

POINT
「資料請求」と「営業担当」は関係なし。気軽に資料請求しても大丈夫です!

公式サイトへ一括資料請求の最新キャンペーン情報

どの資料請求サイトを利用するのが、1番安全なのかしら?

ハウスメーカー「資料一括請求」のおすすめランキング

ハウスメーカー資料請求

実際に利用して分かった、一括請求サイトのおすすめランキングは次の通りです。

1位 タウンライフ家づくり
2位 ライフルホームズ
3位 家づくりのとびら

1位 「タウンライフ家づくり」

タウンライフ家づくり
運営元 タウンライフ株式会社
ハウスメーカー 約600社
カタログ
間取り図
見積書
土地情報
無料相談
特典 あり

カタログ一括請求サイトで最も人気を集めているのが「タウンライフ家づくり」。

「タウンライフ家づくり」では、600社以上のハウスメーカーから3つのオリジナル資料を無料で手に入れることが可能です。

オリジナル資料の中身
  • 間取り図プラン
  • 見積書
  • 土地情報

先着99名限定で「成功する家づくり7つの法則」もプレゼントされるので、早めの利用がおすすめです。

「タウンライフ家づくり」の評判・口コミ

「タウンライフ家づくり」を利用して一番うれしかったのは、間取り図がもらえたこと。

しかも、ただの見取り図じゃなくて、私の要望に合った平屋の間取り図がもらえたんです。

もらった間取り図をもとに、設計士さんと打ち合わせをすることができたので、理想の平屋を建てることができました。

家を建てようにも、希望に合う土地が全然見つからず、家づくりが前に進まない状態に…。

でも、「タウンライフ家づくり」を利用したら不動産屋にはない土地の資料がいただけて大助かり。

あんなステキな土地が見つかるんなんて思っていませんでした。

2位 ライフルホームズ(lifull home’s)注文住宅

ライフルホームズ注文住宅
運営元 株式会社ライフル
ハウスメーカー 約650社
カタログ
間取り図 ×
見積書 ×
土地情報
無料相談
特典 あり

一括請求サイトの中で、最も多くのハウスメーカーと提携しているのが「ライフルホームズ」。

「ライフルホームズ」では、住宅カタログを14のテーマに分類。

カタログの種類
  • ローコスト住宅
  • 平屋
  • 3階建て
  • 高気密・高断熱住宅 など

あなたの気になるテーマに合ったハウスメーカーが選べるので、資料請求のムダがありません。

特に、1000万円台の家づくり資料が豊富に用意されているので、予算が心配な方にもおすすめです。

「ライフルホームズ注文住宅」の評判・口コミ

カタログ請求をするのに「ライフルホームズ」を選んだ理由は、提携している住宅メーカーの数が多いから。

地元だけの優良な工務店まで掲載されているので、驚くほどたくさんの資料を集めることができます。

実際に資料請求して気に入った工務店で家を建てましたが大満足。

やっぱりカタログって大事ですね。

ライフルホームズで特に嬉しかったのは「実際の施工例」の資料。

カタログだけだとハウスメーカーの良い所しか書いていないし、家づくりの様子が分かりにくいんですよね。

でも、施工例の資料を見てみると、実際に建てた人の生の声が聞けるし、イメージが湧きやすくなるので本当におすすめ。

施工例の資料には、住宅カタログに載っていない裏の情報が満載ですよ。

3位 HOME4U「家づくりのとびら」

home4u家づくりのとびら
運営元 株式会社NTTデータ
ハウスメーカー 約120社
カタログ
間取り図
見積書
土地情報
無料相談
特典 なし

HOME4U「家づくりのとびら」とは、理想の住まいを叶えるための無料サービス。

具体的には、次の2つのサービスを無料で提供しています。

「家づくりのとびら」の無料サービス
  • 専門アドバイザーによるオンライン相談サービス
  • 家づくりプラン作成依頼サービス

どちらのサービスもオンライン上で利用できるので、家に居ながら理想の家づくりを前進させられるのが特徴です。

HOME4U「家づくりのとびら」の評判・口コミ

気になるハウスメーカーあったんですが、ちょっとだけ予算オーバーの状態でした。

ところが「家づくりのとびら」でもらった他社の予算書を見せたら、「もっと安くします」との返答が。

結局370万円も値引きを引き出すことができ、大満足です。

家づくりの相談をしたかったんですが、小さい子供が3人もいるので店舗相談には申し込めず…。

正直諦めていたんですが、「家づくりのとびら」がオンラインで相談できるのを知り、さっそく申し込むことに。

機械操作が苦手なので不安だったんですが、アドバイザーの方が操作方法を丁寧に教えてくれたので、私でも問題なし。

自宅で子どもにミルクをあげながら相談できたので、本当に助かりました。

POINT
一括請求サイトで迷ったら「タウンライフ家づくり」。理想のマイホームに必要な資料がすべて手に入ります。

関連 【ハウスメーカー資料請求おすすめ6選】実際に体験してレビュー

【まとめ】注意点さえ分かれば「ハウスメーカー資料請求」は安心


一括請求サイトの注意点をまとめます。

POINT

  • 「スーモ」を利用すると、営業電話に悩むことが多くなる
  • 間取り図や見積書まで手に入るのは「タウンライフ家づくり」だけ
  • ローコスト住宅を資料を取り寄せるなら「ライフルホームズ」

営業を心配せず、安心して利用したいなら「タウンライフ家づくり」が1番。

「タウンライフ家づくり」を利用するだけで、理想のマイホームに必要な資料が全部手に入りますよ!

▼公式サイトへ▼

参考文献