【限定】間取りプランを無料で手に入れる方法

【土地選びの失敗談18選】後悔しないための妥協点とは?

「土地選びで失敗しないためには、どうしたらいいの…」

「どんな条件を妥協したら、後悔することになるのかしら…」

土地選びを成功させるためには、「失敗談」を知っておくことが大切。

私も失敗談から多くを学んだおかげで、理想の土地を購入することに成功しています。

土地選びの失敗談について、あなたに知って欲しいことは3つ。

POINT

  1. 土地選びでは「騒音」の失敗が特に多い
  2. 安い土地を購入すると、多額の追加費用が必要な場合が多い
  3. 「買ってはいけない土地」を知っておけば、安心してマイホームを建てられる

ただ、優先順位の考え方を失敗していしまい、土地選びに後悔している人が多いのも事実…。

不動産会社が教えない、土地選びの真実に迫っていくことにします。

土地選びで1番に失敗しやすいことって、何なのかしら?

ブログで判明!土地選びの失敗・後悔談~騒音編~

土地選び騒音

土地選びで意外と盲点になりがちなのが「家の音問題」。

トイレやテレビなどの住む人が出す音は設計で対策可能ですが、外部からの音は実際に住んでみないと分からないことも多いのが現実…。

音がトラブルで近隣との関係が悪化し、最悪事件などのトラブルに発展することもあり得るので注意が必要です。

車や電車の騒音は思った以上で…

交通の便を考えて、大きな道路に面している駅近の土地を購入しました。

確かに便利なんだけど、車の音や振動が一日中伝わってくるから、落ち着いて生活できないんです。

特にストレスなのが電車の音や振動で、対策のために「二重窓」にしたのに、全然意味がありません。

最近では夜中に暴走族が出没して、バイク音で寝ることさえできない始末です。

早朝からお年寄りの声で…

広い敷地が欲しかったので、田舎の土地を購入しました。

お年寄りが多いから毎日朝が早くって、休みの日でも早朝の6時から生活音が伝わってきて…。

しかも、家の前がお年寄りの集合場所になっているせいで、いつも家の中をジロジロ見られています。

夕方からピアノのレッスン音が…

隣の女の子がピアノを習い始めたんですが、結構なストレスになっています。

毎日弾いているのに全然上達しないから、いつも楽器の不快な音が鳴り響いていて…。

来月にピアノコンクールがあるみたいで、最近では夜中までずっとピアノを弾いているから、夕食やテレビが楽しめません。

犬の鳴き声で子供の昼寝が…

隣の家が防犯用に番犬を飼っているんですが、毎日の鳴き声が酷くって困っています。

家に人が来る度に吠えるし、家の近くを人が通るだけで何度も吠えてくるんです。

犬が年中吠えるせいで、1歳の我が子もスヤスヤ昼寝できず、寝不足からいつも泣いてばかり…。

犬の鳴き声がこんなに響くなんて思ってもみませんでした。

騒音対策のポイント

  • 休日だけでなく平日もチェック、朝・昼・夜の3回確認する
  • 近隣の人に実際の住み心地を聞いてみるとより安心

【無料】非公開の土地プランをプレゼント

土地選びの失敗・後悔談~お金編~

土地選び失敗

土地選びではお金についての失敗も多くなっています。

土地にお金をかけすぎて…

予算を500万円もオーバーしていたんですが、どうしても欲しい土地だったので思い切って購入することに。

ただ、建築費用を大幅に削らなくてはいけなくなり、初に思い描いて家から程遠い設計に…。

やっぱり、全体の予算バランスを考えて購入しないとダメですね。

家の解体費用が高額に…

希望するエリアに、築30年の「古屋付き」の土地が格安価格で売りに出されたので、思い切って購入してみました。

家の構造に欠陥があったので取り壊すことにしたんですが、解体費用に500万円もかかったんです。

総額で考えると相場よりも割高になってしまって、何のために買ったのか分からなくなってしまいました。

地盤改良費で200万円も…

田んぼを造成したばかり土地が売りに出されたので調べてみると、希望の条件にピッタリ。

土地に満足していたんですが、いざマイホームを建てようと地盤調査してみると「軟弱地盤」であることが判明。

液状化の可能性が高かったので地盤改良をすることにしたんですが、200万円を超える改良費に…。

地盤にこんなにお金がかかるなんて、思ってもみませんでした。

インフラ設備で思わぬ出費に…

開放感のある家を建てたかったので、周囲に住宅のない土地を購入しました。

インフラが通っていないのは知っていたんですが、いざ工事をしてみると水道管の引き込み費用に100万円もかかってしまったんです。

しかも、インフラ工事が思った以上に時間になってしまって、家の工期も大幅に遅れてしまいました。

POINT

  • 宅地用の土地でなければ、インフラ整備や地盤改良が思わぬ出費になる
  • 土地代だけで考えずに、全体の予算コントロールが必要になる

関連 【土地の値引きは1割が相場?】限界を突破するための交渉術を公開

土地選び失敗・後悔談~マイホーム購入編~

土地選び失敗

土地を購入した時は問題がなくても、マイホームを建てる途中や実際に住んでからトラブルに巻き込まれる例も数多くあります。

ハウスメーカーの建築内容に後悔…

新しくできた分譲地を見に行ったら、「建築条件付き」の土地でした。

「もっと安くしますよ!」との営業マンの売り文句に誘われて購入したんですが、家の内容があまりに酷くって…。

すでに建築プランが決まっているせいで自由に設計できないし、多額の追加費用を請求される始末。

実際に住んでみても施工ミスや不具合ばかりで、これからもこの家に住むと思うと悲しくなります。

関連 【欠陥住宅ハウスメーカーランキング】クレームの多いワースト企業は?

思うような家が建てられませんでした

土地を購入して家を建てようとすると「建築協定」があることが判明。

高さ制限があるせいで3階建てにできず、建物のデザインまで指定されることに…。

他にも様々な規制があるせいで、最初にイメージしていた家とはかけ離れたものになってしまいました。

広すぎる土地に後悔してます

「敷地は狭いより広い方がいい」と考えて、田舎に100坪の土地を購入したのが失敗でした。

外構にお金はかかるし、土地が広いから“草ぬき”などの手入れも大変。

毎年「固定資産税」を払わないといけないし、思った以上にお金がかかりますよ。

土地が売れてしまった…

何件も何件も不動産屋を探し回ったんですが、紹介される土地は理想の条件と違うモノばかり。

しかも1番好条件の土地があったんですが、他の土地を探しているうちに「売約済み」になってしまって…。

土地なんて早い者勝ちだから、「思い切って買っておけばよかった」と後悔しています。

ひな壇の土地は買わない方がいいですよ

眺めのよい家を建てたかったので、高さ3mの擁壁のある「ひな壇」の土地を購入しました。

土地の価格自体は安かったんですが、造成や外構にプラスの費用がかかってしまって金額的なメリットはほぼ無し。

しかも、坂を登って家に入るのは思った以上に大変…。

若いうちはいいかもしれないけど、老後のことを考えたら今から不安です。

分譲地の売れ残りを購入したら最悪の結果に…

人気の分譲地で1画だけ売れ残っていて、ビックリするほど値下がりしていたので購入することを決心。

土地自体も問題もないし、家も満足できるものが建ったんですが、実際に住み始めてから後悔することに…。

何とゴミ捨て場が我が家の前に置かれたんです。

ゴミ捨て場があるせいで、臭い匂いがいつも家の中に入ってくるし、ゴキブリもよく出て最悪です。

関連 【分譲地の売れ残りはどうなる?】値引きのテクニックを徹底解説

聞いていた話と違いました

小さい子どもがいるので「治安のいいエリア」を選んだんですが、実際に住んでみると電灯がなく夜間が不気味。

しかも、公園に不良みたいな高校生がたくさん“たむろ”していて、子供が思うように遊べません。

いろんな時間帯に実際に足を運んで調査をしておくべきでした。

日当たりのいい角地が台無しに…

日当たりのいい家を建てたかったので、南東の角地を購入。

実際に住んでみると、朝日は気持ちいいし、開放感もあるし、快適な暮らしができていました。

ところが、新築から2年後に高層マンションが家の前に建つことに…。

太陽の光はすべて遮られるし、上から覗かせているようで開放感もすべて台無し。

せっかく角地を購入したのに、何の意味もない結果になってしまいました。

関連 【分譲地の売れる順番ガイド】真ん中?角地?区画はどこがいい?

旗竿地の駐車場でトラブル…

共働きで平日は家にいないから、格安で売りに出されていた「旗竿地」を購入しました。

入り口部分を駐車場にしたんですが、間口が狭いせいで所有していた車が通らず、新しく軽自動車を購入する羽目に…。

外構までしっかり計画した上で土地を購入すべきでした。

関連 【旗竿地はトラブル多発!】駐車場はやめとけって本当なの?

新築の家が床上浸水して…

私が購入したのは人気のエリアにある川沿いの土地。

ハザードマップで調べてみたら「浸水の危険あり」となっていたんですが、「災害なんて起こらないでしょ」と安易に考えて購入しました。

でも、新築して3年目に台風による大雨で川が氾濫し、床上浸水する事態に…。

せっかくの新築一戸建てが一夜にしてすべて台無しになってしまいました。

関連 【ハザードマップは気にしすぎ!】意味ない?後悔する?信用度はどう?

POINT

  • 家の計画を立てた上で土地を選ぶと失敗が少なくなる
  • 現在だけでなく、将来的な環境の変化にも注意が必要
土地選びで失敗しないためには、どんなことに注意したらいいの?

土地選びを成功するための6つのポイント

土地選び成功

土地選びを成功させるコツは次の6つです。

  1. 土地代の予算オーバーに注意する
  2. 「悪いと土地」も発想しだい「良い土地」に変わる
  3. 「買ってはいけない土地」を知っておく
  4. 優先順位を決めておく
  5. 日当たりと方角の関係性を知っておく
  6. 土地探しの裏技を利用する

1 土地代の予算オーバーに注意する

お金

土地を選ぶときに最も大切なポイントは、「土地」と「建物」の予算配分のバランス

たとえ「いい土地」を購入できたとしても、「いい家」を建てられなければ意味がありません。

土地代で予算オーバーをしてしまい、

  • 思っていたより、ずいぶん小さい家になってしまった…
  • どうしても欲しかった設備が入らなかった…

など、建物の方で妥協して失敗するケースはよくあること。

建築工事費を削っていくのは大変ですが、土地には定価がないので交渉次第で100万円単位の値引きも可能。

たとえ土地代が予算内に収まっていたとしても、なるべく安く購入できるように値引き交渉するのがポイントです。

関連 【土地の値引きは何割が目安?】ハウスメーカーなら200万円も可能って本当なの?

2 「悪いと土地」も発想しだい「良い土地」に変わる

土地

一般的に「いい土地」と言われるモノが、あなたにとって最適な土地とは限りません。

あなたの発想次第で、悪く見える土地も「いい土地」に様変わりさせることは可能です。

⇒横にスクロールできます

悪い条件 発想の転換
都心から遠い のびのびした生活ができる
駅から遠い 電車に乗らなければ問題なし
目の前が崖 景色や見渡しがいい
土地の形が悪い 土地の形を生かした間取りができる
土地が狭い 必要のない部屋やスペースを削る
土地が道路に接していない 車を持たなければ問題なし
目の前が墓地 高い建物が建つ心配がない

他の人が避ける土地は値段も安いので、住宅ローンの負担も軽くなり一石二鳥ですよ。

3 「買ってはいけない土地」を知っておく

買ってはいけない家と土地

人によって優先順位や価値観が違うので、「絶対に買ってはいけない土地」は存在しません。

ただ、デメリットを知らずに購入してしまうと後悔する土地は存在します。

具体的には、次のような条件の土地には注意してください。

買ってはいけない土地
  • 角地だが道路に接していない
  • 土地の形がいびつ
  • 土地が周囲より低い位置にある
  • 抵当権が入っている
  • 境界が不明確
  • 災害や地盤が弱い
  • 後から想定外の費用や時間がかかる土地
  • 瑕疵のある土地
  • 市街化調整区域 など

後悔しやすい土地については、理由も合わせて知っておくことが大切。

要注意の土地についてもっと知りたければ、書籍「買ってはいけない家と土地」がおすすめです。

関連 【買ってはいけない家と土地をレビュー】中古やkindleで購入するデメリットは?

4 優先順位を決めておく

チェック

すべての条件が理想通りの土地が見つかることは99%ありません。

理想の土地を求めすぎると、良い条件の土地を買い逃してしまうことに繋がってしまいます。

土地を買い逃さないためには、自分にとって「ゆずれない条件」と「妥協できるポイント」をあらかじめ決めておくことが大切。

具体的には次の6つの項目優先順位を決めておくと、土地選びに迷いにくくなりますよ。

優先順位を付けるべき項目
  • 土地の広さ
  • 最寄り駅からのキョリ
  • 子育ての環境
  • 治安の良さ
  • 道路の交通状況
  • 日当たり

5 日当たりと方角の関係性を知っておく

紫外線

土地選び多くの人が優先しているのが「日当たり」。

ただ「南向けが日当たりがいい」と思い込むのは危険で、方角選びも重要になってきます。

横にスクロールできます⇒

方角 メリット デメリット
南向き 1日を通して日当たりが良好 夏場の強い日差しで冷房費がかさむ
東向き さわやかな朝日を浴びることができる 昼間以降は光が差し込まず
西向き 冬場は室内が暖かくなる 西日によって夜でも室温が下がらない
北向き 夏場は涼しく過ごせる 湿気がこもりカビが発生しやすくなる

日当たりを考えて「北向き」を避ける方が多いですが、家を北側に寄せて南側に「空きスペース」を作れば問題も解決。

「空きスペース」は外からの視線が届かない「プライベート空間」に様変わりすることに。

人目を気にすることなく子供を遊ばしたり、バーベキューを楽しんだりすることも可能です。

6 土地探しの裏技を利用する

土地の探し方 裏ワザ

土地探しのために、不動産屋やハウスメーカーを1つ1つ回るのはとても大変…。

土地選びで成功している人の多くが利用しているのが「タウンライフ家づくり」。

「タウンライフ家づくり」を利用すれば、どこにも出回っていない未公開の土地情報を手に入れることが可能に。

しかも期間限定キャンペーンを実施中なので、利用するなら今が最大のチャンスになっています。

POINT
土地探しで困ったら「裏技」の利用がおすすめ。誰でも簡単に未公開の土地を入手できます。

関連 【土地の探し方の裏ワザ公開】未公開土地を手に入れる賢い裏技とは?

【まとめ】土地選びで失敗したくないなら妥協も大切

家

土地選びのコツをまとめます。

POINT

  1. 土地選びでは「騒音」の失敗が特に多い
  2. 安い土地を購入すると、多額の追加費用が必要な場合が多い
  3. 「買ってはいけない土地」を知っておけば、安心してマイホームを建てられる

注文住宅の価格が高くなるのは、広告費や人件費も大きな原因。

ただ、広告費や人件費分は値引きもされやすく、300万円以上の値引きをされることも…。

相見積もりを取れば、安くて品質の高い注文住宅を建てることができますよ。

>>>【注文住宅一括見積もりランキング】口コミに隠されたデメリットは?

あなたに合った理想の注文住宅を手に入れる方法

家

注文住宅を建てると生活が快適になりますが、デメリットも多く失敗しがち。

失敗しやすい注文住宅を成功に導く一番のコツは

設計にとことん時間をかけること。

 

特に間取りは大切で、家族の要望に合わせた部屋の配置が大切になってきます。

思い悩み、家づくりがなかなか進まなかった私が頼ったのが「タウンライフ家づくり」。

タウンライフ

「タウンライフ家づくり」では、あなただけの「オリジナルの家づくり計画」を複数のハウスメーカーが提案してくれます。

実際に「タウンライフ家づくり」を利用してみて、あなたに伝えたいメリットは5つ。

POINT

  1. 無料でわずか3分、すべてネットで申し込むことができる
  2. 大手22社を含む600社以上のハウスメーカーから選べる
  3. 注文住宅専用の間取り図や資金計画、土地情報まで手に入る
  4. 見積もりを他社に見せることで、大幅な値引きを引き出せる
  5. 期間限定のプレゼントキャンペーン実施中

 

しかも、選べる600社の中には大手22社のハウスメーカーも含まれています。
ハウスメーカー

 

私が何よりもうれしかったのは、要望をくみ取った間取りを作成してくれる所。

タウンライフ

 

実際に、積水ハウスさんからこんなステキな間取りをいただいています。

積水ハウス間取り図

強引な勧誘がないか」と心配していましたが、私の所には1本の電話もかかってきていません(メールでの勧誘はあります)。

▼私の体験談▼
【タウンライフ家づくり】の評判や口コミは?資料請求で分かる5つのメリット・デメリット

 

他社の見積もりがあるおかげで、700万円以上の値引きに成功した人もいて話題になっていますよ。

 

あなたが理想の注文住宅を手に入れたいのなら、おすすめできます!

▼公式サイトはこちら▼

参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
藤井 イツキ
ライターのプロフィールが入ります。このライター情報を入れたくない場合は管理画面の ユーザー > あなたのプロフィールの「プロフィール情報」を未入力にすれば表示されません。逆に「プロフィール情報」を入力することでライター情報を表示できます。