【限定】間取りプランを無料で手に入れる方法

【土地探し検索サイトの罠】おすすめランキングの注意点とは?

検索

「ネットで土地を探したいんだけど、どのサイトを利用したらいいの…」

「ネットやアプリだけで、本当にお宝物件に出会えるのかしら…」

家にいながら簡単に土地を探せる方法が「土地検索サイト」。

私も数多くの検索サイトを利用し、理想の土地に出会うことに成功しています。

土地検索サイトについて、あなたに伝えたいことは3つ。

POINT

  1. 検索サイトを利用するなら「ライフルホームズ」が1番使いやすい
  2. ネットに情報を載せるには「広告宣伝費」が必要、良い土地に出会える確率はかなり低い
  3. 本気で良い土地を探したいなら「不動産屋」と「ハウスメーカー」の併用がおススメ

ただ、ネット検索の方法を間違えてしまい、土地探しに失敗した人がいるのも事実…。

検索サイトが教えない、土地探しの真実に迫っていくことにします。

どのサイトを利用して土地を探すのが1番便利なのかしら?

土地探しのおすすめ検索サイトランキング

ランキング

数ある土地検索サイトの中で、実際に使ってみて便利だった5つのサイトを紹介します。

  1. ライフルホームズ(LIFULL  HOME’S)
  2. SUUMO(スーモ)
  3. アットホーム(at home)
  4. 不動産ジャパン
  5. ニフティ不動産

1位 ライフルホームズ(LIFULL  HOME’S)

ライフルホームズ

数ある土地検索サイトの中でも№1なのが「ライフルホームズ」。

「ライフルホームズ」は使い勝手がいいのが特徴で、

  • 前回検索した「エリア」や「条件」を自動セットしてくれる
  • アカウント登録すると、スマホとパソコンで連携できる

などの便利な機能が満載です。

全国の土地を探す/ライフルホームズ

ライフルホームズは、注文住宅に欠かせないカタログ請求でも評判です。

関連 【ライフルホームズ 注文住宅の口コミは怖い】ローコスト資料請求の評判は?

2位 SUUMO(スーモ)

スーモsuumo

物件数でNo.1を誇るのが「SUUMO(スーモ)」。

  • 住みたい地域
  • 土地に求める条件
  • 予算

など、いろいろなテーマで土地情報を探すことができるのも特徴です。

土地購入・情報探し/スーモ

住宅相談ができる「スーモカウンター」も人気。ただ、講座にはデメリットもあるので注意してください。

関連 【スーモカウンターの評判・口コミは嘘】講座がデメリットだらけって本当なの?

3位 アットホーム(at home)

アットホーム土地

全国規模で豊富な土地情報が載っているのが「アットホーム」。

  • 通勤時間
  • 土地面積
  • 地域・沿線

など、いろいろな探し方ができるのが特徴です。

土地の情報を探す/アットホーム

4位 不動産ジャパン

不動産ジャパン

不動産ジャパンは、公益財団法人「不動産流通推進センター」が管理・運営する情報サイト。

次の不動産流通4団体からの情報を元に、物件の紹介をしています。

売土地を探す/不動産ジャパン

5位 ニフティ不動産

ニフティ不動産

ニフティ不動産は

  • スーモ
  • アットホーム
  • ライフルホームズ

などの情報を1つにまとめた「不動産検索のまとめサイト」。

便利なように思えますが、二次掲載サイトなので最新の情報が載りにくい問題点も…。

お宝物件ほど早く売れてしまうので、一次情報をチェックする方がおすすめです。

土地をまとめて検索/ニフティ不動産

POINT
最も使いやすいのは「ライフルホームズ」。カタログ請求も同時にできるので利用は欠かせません。

関連 【注文住宅カタログ 資料一括請求ランキング】無料のデメリットは何?

ネットで土地を探しても、本当に大丈夫なの?

ネットやアプリでの土地情報はレインズが中心

ネットワーク

検索サイトにはたくさんの不動産情報が掲載されています。

ただ、どの土地情報サイトも元にしているのはレインズ(REINS)が保有する物件情報。

レインズ(REINS)とは

建設省(現国土交通省)が企画し、不動産情報の標準化・共有化を目的に1990年に作られたネットワークシステム

どのサイトを利用しても、同じような「ダブり物件」に出会うことのが現実です。

検索サイトに載せると「広告宣伝費」がかかる

「レインズ」に物件情報を載せているのは「地元の不動産業者」。

ただ、不動産屋は「レインズ」に物件情報を載せることを極力避けます。

というのも、自分達のネットワークで見つけたお客さんに売った方が、

  • 土地の売主からの仲介手数料
  • 土地の買主からの仲介手数料

両方から仲介手数料を取れるから。

しかも、土地情報サイトに掲載するには広告費(掲載費)などの費用がかかるので、不動産業者にとって“うまみ”がさらに減少することに。

つまり、土地情報サイトに掲載されているのは、どうしようもない売れ残り物件がほとんど。

土地情報サイトで「いい土地」に出会う可能性はほとんどないのが現実です。

POINT
ネットの土地情報は、買い手が付かずに売れ残ってしまった物件がほとんどです。

関連 【いい不動産屋の選び方~土地購入~】初めてでも安心の見分け方とは?

ネットがダメなら、どんな方法で土地を探したらいいの?

上手な土地の探し方は「ハウスメーカー」と「不動産屋」の併用

チェック

本気で良い土地を探したいと思うなら、

  • 不動産屋
  • ハウスメーカー

の両方を利用するのがおススメ。

ただ、それぞれにメリット・デメリットがあるので、騙されないように注意が必要です。

1 不動産屋で土地を探すメリット・デメリット

不動産業屋と言っても

  • 大手不動産会社
  • 地域密着型の不動産屋

では、特徴が大きく違ってきます。

① 大手不動産会社なら場所を選ばない

大手不動産会社で土地を探すメリットは4つです。

大手不動産会社のメリット
  1. 取り扱っている物件の数が多い
  2. 支店の数も多いので、幅広い範囲で土地探しが可能
  3. 駅前など便利な場所に店舗があるので入りやすい
  4. 安心感あり、接客態度にも優れている

ただ、営業担当の転勤も多く、地域の情報に精通していないことも…。

地主さんとの関係も浅く、値引きなどの条件交渉が難しい場合がほとんどです。

② 地域密着型(不動産業屋)の特徴

地域密着型の不動産屋は2~3人ほどで営業している形がほとんど。

地域密着型のメリット
  1. 地域に精通していて、掘り出し物の物件情報を得やすい
  2. 地主さんとの関係が長いので、値引きなどの条件交渉がしやすい
  3. 周辺環境にも詳しく、地域の内情も教えてもらえる

ただ、地域密着型の不動産屋はエリアが限定されるので、物件数が少ないのがデメリット。

接客態度が悪い場合も多く、当たり外れが大きいのが現状です。

POINT
希望の地域が決まっているなら、地元密着型の不動産屋さんを頼るのがおススメです。

関連 【いい不動産屋の選び方~土地購入~】初めてでも安心の見分け方とは?

2 ハウスメーカーで土地を探すメリット・デメリット

ハウスメーカーで土地を探すメリットは次の4つ。

ハウスメーカーのメリット
  1. 家を建てるのにふさわしい土地を紹介してもらえる
  2. 住宅ローンが一本化できる
  3. 営業担当が現地を調査してくれ、値引き交渉まで担当してくれる
  4. 仲介手数料がかからない場合がある

ただ、ハウスメーカーの紹介する土地は「分譲地(建築条件付き)」がほとんど。

違法な「建築条件付き土地」も多く、解約でトラブルになることもあるので注意が必要です。

関連 【建築条件付きvs建売住宅】解約時に違法トラブルが多い理由とは?

POINT
「ハウスメーカー」と「不動産屋」を合わせて利用すれば、希望するエリアの土地情報を網羅することが可能です。

関連 ハウスメーカーで土地だけ探してもらう3つのデメリット

【まとめ】検索サイトでの土地探しのコツ

家

検索サイトでの土地探しについてまとめます。

POINT

  1. 検索サイトを利用するなら「ライフルホームズ」が1番使いやすい
  2. ネットに情報を載せるには「広告宣伝費」が必要、良い土地に出会える確率は低い
  3. 本気で良い土地を探したいなら「不動産屋」と「ハウスメーカー」の併用がおススメ

注文住宅の価格が高くなるのは、広告費や人件費も大きな原因。

ただ、広告費や人件費分は値引きもされやすく、300万円以上の値引きをされることも…。

相見積もりを取れば、安くて品質の高い注文住宅を建てることができますよ。

>>>【無料】700万円以上の値引きと間取りプランを手に入れる方法

土地の探し方の裏技を紹介

家

土地探しのために、不動産屋やハウスメーカーを1つ1つ回るのはとても大変…。

より効率的に土地情報を集めるための1番のコツは、

ハウスメーカーに一括請求すること

 

資料請求サイトは数多くありますが、なかでもおススメなのが「タウンライフ家づくり」。

タウンライフ

「タウンライフ家づくり」では、あなただけの「オリジナルの家づくり計画」を複数のハウスメーカーが提案してくれます。

実際に「タウンライフ家づくり」を利用してみて、あなたに伝えたいメリットは5つ。

POINT

  1. 無料でわずか3分、すべてネットで申し込むことができる
  2. 大手22社を含む600社以上のハウスメーカーから選べる
  3. 注文住宅専用の間取り図や資金計画、土地情報まで手に入る
  4. 見積もりを他社に見せることで、大幅な値引きを引き出せる
  5. 期間限定のプレゼントキャンペーン実施中

 

しかも、選べる600社の中には大手22社のハウスメーカーも含まれています。
ハウスメーカー

 

私が何よりもうれしかったのは、要望をくみ取った間取りを作成してくれる所。

タウンライフ

 

実際に、積水ハウスさんからこんなステキな間取りをいただいています。

積水ハウス間取り図

強引な勧誘がないか」と心配していましたが、私の所には1本の電話もかかってきていません(メールでの勧誘はあります)。

▼私の体験談▼
【タウンライフ家づくり】の評判や口コミは?資料請求で分かる5つのメリット・デメリット

 

他社の見積もりがあるおかげで、700万円以上の値引きに成功した人もいて話題になっていますよ。

 

あなたが理想の注文住宅を手に入れたいのなら、おすすめできます!

▼公式サイトはこちら▼

参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。